FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

辛口インプレ 〜T○Y○TA PRI○S 

松山でレンタカーとして借りたクルマ。

200701211111554.jpg


※ 非常に辛辣な評価です。
総合評価:★☆☆☆☆ (燃費だけだな)
 走り(パワープラント):☆☆☆☆☆ (モーターって いつ動くの?)
 走り(シャシ):☆☆☆☆☆ (酷すぎ)
 静粛性:★☆☆☆☆ (アイドリング中だけはね)
 視界:★☆☆☆☆ (ショートノーズな分 前の足下だけは見やすい)
 経済性:★★★★★ 燃費は 30km/l でした。
 パッケージング:★★☆☆☆
 ユーティリティ性:★☆☆☆☆

基本的に 両親と俺の移動では俺が運転しました。そのときの感想です。ユーザーの方が見られていたらごめんなさい。かなり 辛口なインプレです。

スマートエントリー&スタートは装着されていないので、キーレスのボタンを押してドアロックを開ける。これがまた飛ばないのだ。他社も他車も見てきたが 何でこんなに飛ばないの!? ってほど。駐車場の枠1つ分以上に近づかないと反応しない。そして動きが遅い。ワンテンポ遅れてからアンサーバックが光る。ワゴンというカテゴリの中途半端さか、5人乗車状態では荷室容量は一般的なセダンの7割ぐらいしか無い感覚である。旅行鞄3つ+紙袋でカーゴはいっぱいになった。ただ その分だけリアシートは少し足下が広くなっているようだ。そして何故か締まりの悪いテールゲート。半ドアの見分けが付かずエンジンをかけるとドア警告灯が光っているので締め直す。そんなのが数回もあった。
目の前にそびえ立つAピラーが視界をふさぐ。ミラーの前に△窓があるが何のためにあるのか分からないほど視界確保に寄与しない。何故かポケットも何もないインパネとコンソール。後方視界もテールに向かってルーフが下がるデザインによって窓が狭いせいで無いに等しい。後方視界の真ん中を横に走るフレームで後方視界を半減する。
そしてライトが暗い。HIDではないせいもあるが、配光がイマイチで光ってるのか光ってないのかはトンネル内ではキャッツアイの反射でないと分からないほどだ。そしてオートライト(周囲の明るさによって点灯/消灯を切り替えるシステム)はトンネルのオレンジ色の照明に呼応して 付いたり消えたりするうざさ。暗くて点灯状態になったなら 多少 明るさが復活したぐらいでは再点灯しない仕様にチューニングするだけのことだろうに…。

エンジンのかけ方だが、スロットへキーを挿入しブレーキを踏み込んで、エンジンスタートボタンを押す。セルが回ることもなく静かに立ち上がるシステム。ただのIG1状態なのかエンジン稼働状態なのかプロでも見分けがつかない。使いやすいんだか使いにくいんだか分からないシフトをD(R)に入れて発進。普通のゲート型シフトでも良いような気がする シフトバイワイヤ。最初はモーターで音もなく動きだし途中からエンジンがブーンと動き出す。その瞬間 後ろの方からリレーかなにかの音が コツンコツンと心地悪く響く。

そして近未来を表現したのか単色発光のデジタルセグメントメーター。スピードだけが緑色で数字で表現される。俺としてはメーターは針の方がいいが、こればかりは好みの問題だからあえて言わないことにするが、黒い画面に緑の単色表示って何だか昔の電卓のようで、わざわざこれにするメリットを感じない。今時の針の自発光メーターの方がよっぽど煌びやかでかっこいい。ってLEXUS LSとかのメーターのことを言ってるんじゃなくて 軽自動車とかFitとかVitzのメーターのことね。

酷いのはパワープラントだ。正直、ハイブリッドのモーターはいつアシストしているのか疑問だ。発進時だとは思うが、肝心のアクセル踏み込みの加速時は1500ccのエンジンとしか感じられない。そんなときこそモーターアシストするのがハイブリッドではないか?

ワインディングでは全く足が踏ん張らず フラフラした強アンダーステア。ステアリングも高速時はプラプラと軽く、ワインディングではずっしり重い。ブレーキもリニアな感触がなく 効いたり効かなかったりで 最後まで感覚がつかめないものだ。ハイブリッド特有の回生ブレーキの感覚はメカに慣れているものとしては 気持ち悪い。エンジンブレーキはほぼ皆無でフットブレーキを峠の下りで踏みまくる不安さ。

そして高速道路。あかわkm/hぐらいになるとふらつく足。このぐらいの車速を越えるとエンジンからは心地悪いノイズが聞こえてくる。必要以上にローギアードな設定なのだろうか? 進路変更でスッとレーンを変えると足が着いてこず よれているのが分かる。高速走ってて右車線を悠然と走っているTOYOT□車に追いついた時に 道を譲るのがダラダラとトロい理由が分かった。素早くレーンチェンジすると挙動が不安定になるから したくても無理だったのだ。やっと理解できたよ。そして ややカーブの多い区間に差し掛かるとあさわkm/hぐらいで限界を感じる。直線であたわkm/hを出すと危険すら感じる。走りの評価としては足回りが走りの邪魔をするし、パワー的にも1500ccとしか感じられない。

ナビも何だか頭が悪い。VICSが付いていて画面にも「VICS」と表示されてるくせに、バカ正直に渋滞のある最短ルートを選んで案内する。地元民でもなんでもない俺が見ても併走するバイパスの方が早いのは分かる。NAVIのないカローラで地元でもなく偶然にも道を間違えてしまった親戚にすら道後温泉までの時間で負ける体たらく。しかも高速はけちけち設定で、必ず進行方向の先のICを案内する。わずか後方100mにICがあっても10km先のICから入れと案内するのだ。目的地周辺の駐車場やガソリンスタンドについても ついでに画面に表示すれば良いのに いちいち検索しないと表示されない。ユーザーから「頭悪い」と思われるNAVIも終わってるよな。オーディオを聴いていると NAVIがしゃべるタイミングで右のスピーカーをOFFにして左のスピーカーの音量をしぼってしゃべる。しかもしゃべるタイミングが多すぎて 正直 うっとうしい。案内上は 目の前のICで高速を降りるのに次の次のICの近くの工事情報をしつこくしゃべる。そのたびに音楽がぷつぷつと止まる。何故か 深くこもった音 これもどうしたもんかと。

返すときにガソリンを入れようとスタンドに立ち寄ったが、フューエルリッドオープンレバーの場所が分からない。のぞき込んだぐらいでは見えなかった。ドアを開けると シートの下に隠れていたので ぱっこんと開けた。

何でこんなクルマが売れるのか 俺には理解できん。

category: クルマ

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム