FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

ぐっさん。 10大ニュース 2006 

年の瀬になってきましたが、
BLOGで振り返る ぐっさん。10大ニュース 2006
ということで。

色分けしました。
良いニュース:青悪いニュース:赤 です。

10位 初めてのボウズ
年々 髪の毛を短くするようになった俺、ついにボウズにチャレンジ。前々から一度 丸めてみたいという構想はあったのだが やる勇気がなかった。しかし意を決してやってみた。寒かった。風邪ひいた。反応はびみょうだった。見た目はエロいか怖いか。そして そのまま免許更新へ。
9位 新型CR○ 無事に発表・発売
開発の初期から担当し、若手が多い担当者たちの中で いくつかの苦難を無事に乗り越え、こだわり抜いて仕上げた1台でした。対策に半年もの年月をかけた不具合を大逆転で乗り切り量産に導けました。目立った不具合もなく順調にお客様の手に渡っていく。しかも販売好調 何機種 開発〜量産〜発売となっても自分が手がけた車というのは感慨深い物です。街で見かけると おっ と思ってしまいますし 自分のシステムをお客様が使っているところを見ると嬉しくなりますね。

8位 職場の素敵な先輩派遣社員
先輩であり同僚である同い年の派遣社員(女性)。本当に心の豊かな素敵な人でした。入社時の受け入れ係で出会って6年目。春から衝撃の異動。情けない話 この荒んだ職場 隙を見せれば突き落とされる覚悟で闘っている職場で唯一 弱いところを見せれる相手だったような気がします。俺が入社以来 人間的におかしくなってしまうような大ピンチの時には何故か側に居て さりげなく目にかけてくれていた人で きっと多くの人は彼女に励まされて前に進んできたのでしょう。お別れの日の花束の数は彼女が埋もれてみえなくなってしまうほど。3人でも運びきれないほどのプレゼント そして 社交辞令じみたメッセージなどみじんも見あたらない寄せ書き。それが彼女の人間性の大きさだと実感しました。
その後は 会ってませんが ちょくちょく連絡は取ってます。旦那さんとも うまくいっているようで その人柄の良さから新しい職場でも うまくやっているようで ひとまずは安心です。ここには書きませんでしたが、彼女は車を買い換えることになりました。買うに当たって いろいろと俺に相談してくれました。そんな会話の中で、少々 お買い得感はなくて勧めにくい装備でしたが 私が開発を担当したものだからということで あえてオプションで選択してくれました。開発で苦労している場面を たくさん見られてるからね… とほほ。
俺にとっては一つの悲しみでもある出来事だったが、彼女にとっては 仕事漬けから脱出して少し余裕のある暮らしをするためには 良い異動だったと思います。あえて悪い出来事ではなく良い出来事としてカウントしましょう。

7位 S姐 MTBダウンヒル デビュー
去年は 男2人を自転車界へと引きずり込んだので、今年は女性1人以上をという目標のもと…。何とか目標達成ですっかりMTBにはまってしまった。うかうかしていると 止まって写真を撮る暇もないほど速い。今季絶不調の俺は上り坂ではちぎられるものの まずまずのエスコートぶりをみせたかと。一応、今季2戦ほど参戦したので そこそこリピーターになったかと。2戦目は参加者が一人迷子になるなどトラブル多発で(今となっては)笑えるイベントでした。来年は このBLOGの誰か(女性)を自転車界へ引きずり込むのを目標に頑張ってみようかと…。

6位 くさった上司たち
意志もない。戦略もない。人材使い捨て。無能な高給取り。完全に尊敬心もついて行こうという気持ちすら失った相手。数々の成果をあげた業務も俺の存在も全く評価されない今年。ただの工数として俺を確保しているようにしかみえない。新機種を無事に量産に導いても「まあ、販売後に不具合も出てないようだし」で片づけられた。わけの分からん派遣社員の言うことを真に受けて俺の給料を下げる程度の器なので 底が知れてる。もう人間関係は復旧する気もなく忘年会は欠席。理由を聞かれて「忘年会に出る時間と金と体力あれば他に飲みに行きたい相手はたくさんいるから」と答えるし、忘年会の日程を聞かないうちに「欠席です。」と回答。来年はせめて日程ぐらい聞いてから回答しよう。爆

5位 困った派遣社員(妊婦 29歳)
つわりだの元々能力がないせいだので仕事のできないフォローから何から さんざん世話をさせられたのに 何故かある日突然 とんでもなく嫌われてしまった。こいつの存在のせいで上司からの評価も下がって給料も下がる形であらわれた。つわりに苦しむ会社での日々を俺にだけ打ち明けておきながら つわりの苦悩のはけ口に使われた屈辱。もともと向上心もなく仕事もできず人間的にも最低 まあ 俺の方が正しいが女性を甘やかしがちな職場と人格に問題ありの人に振り回された苦悩の半年間。産休を持って派遣契約解除なので一生会うことはないが 正直 こいつに人の親がつとまるとは思えない。無事に生まれたという上司経由の連絡にも 許す気が全く起きない。産休前 最後の出社で誰からも見送られずに帰っていくあたりに人間性の乏しさが伺える。

4位 鬼(元上司)の目にも涙 鬱病寸前の危機を脱す
今は配置転換により上司ではないのですが、精神的に危険な状態を察して声をかけてもらって飲みに誘ってもらった夜。あの夜が無ければ俺はたぶん心ない上司への怒りや失望感で1週間後から会社に行かなくなっただろう。そしてあの夜があったから俺は後ろ盾の存在を強く感じながら 腐った会社と戦える。鬼とおそれられる上司の涙は一生忘れられないものかもしれません。

3位 自転車の旅(琵琶湖一周+六甲山登頂+淡路島一周北海道)
BLOG実況というスタイルをツーリングに取り入れた初の試み。BLOGで頂けるコメントのおかげで いつも以上に楽しみ尽くした旅でした。BLOGで皆様に見て頂いているという事実は 俺に楽しみ尽くして その楽しさを伝えなければならないという使命感をいざなった。美食あり、絶景あり、出会いあり、ハードMな走りあり。旅の間に数々のコメントをくれた皆様、そして何と言っても北海道の打ち上げでお世話になりました 「寿司屋のおかみさん小話」の鮨処いちいの大将に感謝します。

2位 BLOG開設 出会えた仲間たち いくつかの別れ
このBLOGを始めて、たくさんの出会いがあったことですね。何がびっくりって 俺でも未だに理由が分からない 女性訪問客の多さ。ここでも いくつかの出会いもあれば 私の至らないところによる別れもありました。何の気なしに始めて見たこのBLOGをきっかけに精神的な変化があったのは事実です。

1位 祖父さん 天へ旅立つ (見舞いから別れまで)
俺にとって不幸の連鎖だった史上最悪の2006年。それを締めくくる形になってしまった俺の半生で最大の不幸。それは最愛の祖父の最後の闘病そして別れでした。何度も浜松に通って見舞いをした日々。そして偶然 入った出張ついでに行って会った次の日に祖父さんは一人で旅立ちました。自立心の強い祖父さんらしい最期だったと思います。生まれて初めて心の底から号泣しました。死に目ではないですが 死に目直前に会えたのと何度も通ったので 後悔のようなものは全くなく 今ではすっきりした気持ちで天を眺めています。


残念ながら仕事も不調、自転車も不調、精神的な限界を一度迎えたりで不幸なできごとが多く苦しい一年の中でしたが、「負けそうで負けない」という形で ここまでの人生 全て乗り切ってきた俺を救ったのは BLOGの存在だったのかもしれません。今は ひとしきり苦しみの年というのも終わりつつあり徐々に成果が出始めているのも事実。来年へとつなげていきたいものですね。

次は部門ごとに細かくランキング出します。

category: 季節のご挨拶

cm 6   tb --   page top

コメント

色んな事があった2006年だったんですね。
ぐっさん。のブログにお邪魔させてもらったのは私がブログを
始めた7月以降だから初めて知った事もあり楽しく読ませて
いただきました(^ω^)
ボウズ頭は今もですか?実は、家族や友達には前から言って
るのですが私も一度はボウズにしたいと思っているんですv-509
なんだか似合うような気がするんですv-352シャンプーも
楽そうでとっても憧れますv-441
やっぱり働く男はお仕事の悩みが多いですねv-29お仕事に
趣味に・・・頑張ってるぐっさん。素敵だなって思いますv-22
お疲れさまでしたv-424
prmr #- URL [2006/12/29 11:03] edit

はうぅ〜〜一気に全部リンク読んだよ〜〜(;^_^A
感じたことを一言で言わせていただくなら
ぐっさんは、この1年で確実に大きく、そしてたおやかというか
しっとりというか一皮むけたように思えたよ。^−−^
ほとんどのぐっさんの1年を私は知らないことの方が
もちろん多いのですが・・・言葉尻とか、コメントの
書き方とか、なんか伝わってくるものが・・私なりの感じ方ですが。。。
人に泣き、人に励まされ、人に失望し、人に希望をもち・・
忙しくも、ひとつ階段をステップUPしたことを、
きっとぐっさんはこの年の瀬に感じていることでしょうね^−−^
前へ進む、進めると言うことは、とても素晴らしい気持ちですね。。。
私はひとつ心残りが・・・ぁぁ〜〜〜〜坊主姿のぐっさんと
一枚記念写真が撮りたかったなぁ〜〜(殴)。。ヘ(;^^)ノ
aya #EvmDRqhQ URL [2006/12/29 11:57] edit

ぐっさん。こんばんわぁ。
私もブログの存在大きいなぁ〜。
ホント人生が変わったと言っても過言では
ないと思っています。
ここで出会えた素敵な方々のお陰で
今の自分があるなぁとも思います。
来年もパワフルにお互い頑張りましょうね☆
ちなみに私は短髪の男の人が好きです♪
茶坊主とかもいいなぁ^^
himekichi #k87Cp.wM URL [2006/12/29 13:31] edit

ちょっと早いですが。。。

ぐっさん。さん、今年ブログの中ではありますが、色々とお世話になりありがとうございました。
年の瀬で多忙な日々をお過ごしかと思います。
今は自宅の大掃除で何かと忙しいかと思います。体調にだけは気をつけて、良い年をお迎え下さいね。
来年も今年同様、よろしくお願いいたします。
ぐっさん。さん、そしてご家族共々素敵な一年になりますよう、心よりお祈りいたします。
P.S
悪いニュース・良いニュース半々でしたが、来年は良いニュースが多い一年だといいね。
Miwapyonta #- URL [2006/12/30 11:43] edit

10大ニュース 2006読ませてもらいました

いつも、温かいコメントありがとうです!
ぐっさん。の言葉に、いつも励まされているちょびであります。
ぐっさん。の2006年は、色々な事のある1年だったんですね。
そして、いつも人生に大きく関わっているのが、人と人との関係という事なんでしょうね。
人に傷つけられ、人に救われ、人間は、やっぱり1人じゃ生きていけない生き物なんだと思ってしまいます。
ちょびの2006年のニュースの1位を決めるとしたなら、札幌ドームで見た、ファイターズの胴上げかもしれません。
プレーオフの時だったけど、ぐっさん。が言ってたように、目の前で見る胴上げには感動しました!!
ちょび #KByZX6mQ URL [2006/12/30 18:14] edit

>prmrさん
コメントありがとうございます!
今年も濃い1年だったように思えますね。今はほどほどにのばしてますが 短めってところですね。prmrさんの髪は丸めちゃもったいないっすよ〜。やっぱり仕事が充実しないと生活って充実しないものだと思いますよね。損な性格かもしれません (苦笑)
>ayaさん
コメントありがとうございます!
自分では実感はないですが そうかもしれませんね。荒んでいた状態から脱出していく過程になるんですが それは脱出ではなく一皮むけたのかなという解釈もありますよね。
次に丸めるのはいつになることやら… 意外と不評?だったので なかなか踏み切れないかもしれません。
>himekichiさん
コメントありがとうございます!
そうですよねぇ。himekichiさん自身にとっても 出産〜育児と変化の大きかった1年だったでしょうね。その中にBLOGという存在もあったわけで。
茶坊主みたいに可愛ければ良いんですが、俺の場合は 一時期話題になっていた 一夫多妻制やってる怪しい宗教家とか 言われてました。 orz
>Miwapyontaさん
コメントありがとうございます!
自宅の大掃除で忙しいというところをズバッと見抜かれましたが、「年内に」 という感覚もなく片づけてます。来年は もうちょっと 良いことの多い年になると良いと思いますね。大台突入前に気を引き締めろっつーことで 試練が多い年だったのかなと思ってます。今年はいろいろとありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。
>ちょびさん
コメントありがとうございます!
人間って 良い意味でも悪い意味でも人の影響を受けながら生きなければならない生き物なんですね。それを感じずにいられない1年でした。独身でいること=一人で生きる とはなりえないわけですね。
そうでしたね 今年は野球に関しては北海道の年でしたね。俺は札幌駅で札幌市民と一緒に見ていた高校野球の決勝で 駒大苫小牧が勝てなかったのだけが残念でした。確かに目の前で見る胴上げってかなり感動しますね。特に私のホークスは10年前のどうしようもなく弱いころから見てましたからね。
来年もよろしくお願いします。
ぐっさん。 #- URL [2006/12/30 19:36] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム