FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

八溝山ダウンヒル 

すいません。昨夜は記事を書く前に布団の前にノートパソコン広げたまま 爆睡こいてたら朝でした。ダウンヒルって朝も早いし何げにハードだから 疲れちゃうんですよね…。

ってことで ダウンヒル行ってました!
朝早く起きること5:30。自分のコメンサルは 大きすぎてPRELUDEのリアシートには乗らない(← じゃあ何で買ったんだ 俺!)ということで 俺のはサイクルショップカントウのハイエースに預ける代わりに俺はレンタルMTBとして使っている 比較的小さいのを預かっているのだ。だから寝坊ドタキャンは許されない緊張感で朝起きる。長袖のインナーと起毛付きのレーサージャージとレーシングタイツと短パンを1枚はいて出発。
サイクルショップカントウの前にPRELUDEを止めて 近所のファミマで朝食と昼食と糖分補給源としてきなこもちチロルチョコを買って待機する。朝からしっかりとパスタを食べながら待っていたら忘れ物に気付いたので ふとピッチがあがる。食い終わったら挨拶もそこそこに俺は先に出発して家に寄り道して、スペアのチューブと工具を取りに行く。最近の忘れ物の多さは困ったモノだ。空は晴れているが霧が立ちこめる道をすっ飛ばして馬頭の道の駅へ先回りして待機する。
八溝山へと向かっていく間に空は晴れてきた。霧も晴れてきた。スッキリした天気が気持ちいい。林道を下りてきたところの広場に2台クルマを残して、山頂へとクルマで向かっていく。下ってきたところにクルマを残しておいて、終わった後に運転手をそのクルマに乗せて山の上に取りに行くわけですね。
なかなか厳しくも面白い急な坂とコーナーをPRELUDEで走って上っていく。程なくして山頂について、泥対策と寒さ対策をして出発。いきなり押して歩くほど順調な走りで山頂への短い上りを耐えて、シングルトラック(クルマが走れないような登山道)を下り始める。
06_yamizo0.jpg

ほどほどにしなり、ほどほどに踏ん張るサスペンション。安定感のある走りを満喫しながら下っていく。とは言え右に落ちると ずるずると斜面を滑り落ちてしまいそうなところ(木には引っかかると思うが)を やや緊張しながら走っていくが、だんだん慣れてくると楽しくなってくる。たまに木の根っこに足を取られて横に滑るのもご愛敬。時々来る上り返しに苦戦しながらも 楽しんで下っていける。俺のシングルトラックデビューは前転2回に転倒2回とさんざんなものだったが八溝はまあまあ走りやすいですね。昨日が雨だったので足下がぬかるんでるかというとそうでもなくて助かりました。
06_yamizo1.jpg

ひとしきり下りを満喫すると、大神宮山への上り坂が始まります。足下もそこそこぬかるんでるし 体も自転車も重いので 押して歩きます。ただ転がしていくと言うよりは ラグビーのスクラムを思い出すほどの前傾姿勢で押してあがり、時折倒れている木はチャリを持ち上げて乗り越えます。俺って下りに来たんだよな?と思ってしまうほどの長い上り坂を上り終えると山頂で昼食です。風通しもよく半端じゃなく寒い中で よく冷えたおにぎりを頬張りながら 話をするもギャグが出ません。もっておいたフリースを着込んで カイロで手を温めながら休憩です。いっぱい買っておいたチロルチョコを持って甘いモノをメンバーと交換し、コンロでお湯を沸かしてもらったのでコーヒーを分けてもらって暖を取ります。
06_yamizo2.jpg


昼飯時に脱いでいたヘルメットは汗を吸っていて しかもキンキンに冷えていて 思わず絶叫するようなかぶり心地ですが出発です。先頭を行くベテランさんですが 絶好調に直線を下って、右へのブラインドコーナーを回ると横たわる丸太が…! いきなり転倒のアクシデントもとりあえずは無事なので笑えました。ていうか俺が先頭だったら えらいことになっていたような気がする罠(と書いてギャグと読む)でした。
そんな調子で楽しく下っていくと シングルトラックは終わって ダブルトラック(ジープロード)に出ました。しかし、本当にきついのはここからでした。足下は強烈にぬかるんでいて ホイールが1回転すると1kgちかい泥を巻き込んで回り3回も回るとサスペンションとタイヤの間に泥が詰まって回らなくなってしまいます。泥をかきおとして また 押して歩くが また詰まって前輪も後輪もロックされる…。川口浩探検隊か何かになったような気分です。しかも道は切り倒された木で覆われてふさがれています。MTBを持っていなくて手ぶらで歩いてもつらい道です。泥の罠を抜けて 最後は砂利道を下ります。タイヤに付いていた泥は全て顔へとはねてきます。昨日 カントウに行ったときに泥よけを買わなかった俺の負けです。そうです負け組です。顔はほくろのような泥がいっぱい付いて 着てる服も泥まみれ MTBやってたんだなぁ〜 という感じの見た目になっています。
06_yamizo_mud.jpg


そんなこんなで下ってきました。泥まみれの短パンなどを脱いできれいな面を出して靴も脱いで、下に置いておいたHonda LAGREATに乗り込みます。2台置いていたのですが 1台のオーナーは上のクルマにカギを忘れてきてしまいました。ということで9人がLAGREATに乗り込みます。俺はケツの半分だけシートに乗ってる状態で車ごと山へとあがっていきます。それでもさすが LAGREATこと US-ODYSSEY。V6 3.5Lのエンジンはうなることもなく力強くあがっていきます。
PRELUDEへと乗り換えて山を下って さきほど 自転車を置いてきた場所へ戻ります。下で待ってる人に自転車を洗ってもらいつつ下るのですが、そろそろ眠くなってきて前を走るCUBE3にカマ掘りそうになりますが 何とか戻ります。びっくりするほどきれいに洗ってもらった自転車を積み込んで次は温泉です。

余暇活用センターやみぞへ行き 風呂に入ります。まずは泥と汗を洗い流して さっぱりしたところで 湯船に入ります。いや洗い流さないで入るのは犯罪でしょう。湯船には大子の名産リンゴがたくさん浮いています。かけ流しで夕方だからかお湯にはリンゴの香りはほとんど残っていません。リンゴもお湯でふやけるかと思ったら結構固くて立派なものです。くずリンゴばかりでやってるのかと思ったら 普通に売って食べればええやんってぐらい立派なモノばかりです。写真はHPからパクりです。女湯に入りこんでパシャッと撮ったわけではありませんので あしからず。お湯に漂うリンゴに囲まれながら温泉で暖まって回復です。癒されます。でも露天風呂が無いのが何だか物足りませんね。
06_yamizo_ringo.jpg


ということで温泉で解散して MTBダウンヒルツーリングは終了で 帰り道は昨日の夕食につながります。ご静聴ありがとうございました。

category: 自転車

cm 5   tb --   page top

コメント

林檎風呂っo(゚∀゚)o
温泉イイデスよね〜。お肌がつるつるになりまするvv
ayaxxx. #Yc3yxOx6 URL [2006/12/12 07:12] edit

お肌

温まりそぉ〜 ぐっさんのお肌もつやつやですか?
ダルメシアンになった、ぐっさんもみたかったなぁ〜
全身点々でしょ(爆)
はなケンママ #81/lD5GQ URL [2006/12/12 09:13] edit

DHおつしゃっしたー(お疲れ様でした)
>よく冷えたおにぎりを頬張りながら…
自分は登山をやる(やってた)ので、「よく冷えたおにぎり」想像できますよ〜(笑)
それと疲れた体に、甘いもの&コーヒーは、ホントありがたく感じますよね〜★
リンゴ温泉おもしろいですね♪
なぉ。 #bBmFigmc URL [2006/12/12 09:20] edit

ほぇ〜〜!すごいなぁ^0^
こんなハードなドロドロ道もはしるんだぁ**
かなりの体力消耗ですね。。甘い物とあたたかい物が
体にしみるのがわかる気がします。
仲間とGO!もいいですね^−^
aya #EvmDRqhQ URL [2006/12/12 11:47] edit

>ayaxxx.さん
コメントありがとうございます!
温泉は良いですよね。疲れの抜け方が普通の風呂と違いますし やっぱり暖まるし 肌もつるつるに一時的になりますね。
>はなケンママさん
コメントありがとうございます!
ダルメシアンか〜 いい表現です。まさに そんな感じでした。そんなに可愛くないですが (爆) 肌は一時的につやつやになりましたが すぐに おじさん肌に戻りました。
>なぉ。さん
コメントありがとうございます!
自転車という乗り物にスイーツは欠かせませんね。ホントに山頂は寒かったので 暖かいコーヒーは助かりました。強烈な泥道でした ほんと 面白かったです。
リンゴ温泉は面白かったんですが 言っちゃー悪いが それだけでした(笑) まあ雰囲気を楽しめばそれでよしなのかなと割り切ってます。
>ayaさん
コメントありがとうございます!
MTBだと こんな ドロドロの道も行ってしまいますね。ただ、それはある意味では失敗で 土の道と砂利道ぐらいが楽しいんですけどね。自転車は甘い物はつきものです。仲間も面白い人ばかりで 結構 居心地もいいんです。
ぐっさん。 #- URL [2006/12/12 14:41] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム