FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

孫として。 

ある人のBLOGを見たら 自分の祖父さんを思ってしまいました。前にも書いた話の繰り返しになりますが俺の心のうちを語るとともに その方への言葉とさせていただきます。
その方の入院されたお祖母様は うちのおじいさんと症状は同じなんです。肺炎と心不全の併発。うちは もっと重いのか今年だけで この症状が3回連続で発生していて、俺が祖父さんを訪ねた1月、3月と連発してて せっかく顔を見せに行っても また病院か… 俺が行くと倒れるという不吉なジンクスというて感じにすらなってきましたが、半年ぶりに10月に行ったときは いよいよ危険な状態と言われて今に至ってます。

俺は 祖父さんが入院してから もう3回 見舞いに行きました。年内にもあと2回行きます。再来週 仕事で静岡に出張で しかも金曜日なので行きます。12月16日も学生時代の仲間と忘年会で名古屋に行くので 当然 寄っていきます。もちろん年を越して元旦も初日の出ダウンヒルの後から行きます。

行くたびに 良い意味でも悪い意味でも「変わらない」という印象でしたた。俺の顔を見ると体は動くが言葉は交わせません。ただ、医者からは年内もたないと言われていて、主治医に会って話を聞く度にいい話はないですが この調子で俺が通い続けている限り 「変わらない」が続いて いって 一緒に 正月を迎えることができると信じられるようになりました。

今は病気になったばかりで状況が理解できなかったかもしれませんが、もう少しだけ症状が落ち着いたら きっとあなたが来たことを理解できるようになると思います。そのときは ぜひ 元気づけてください。孫のパワーは ほんとに 半端じゃないんです。きっとあなたの顔を見ただけで生命力が どんどん湧いてきます。うちの親父や親戚が見にいっても無反応と言ってましたが 俺が行くと 目に一瞬輝きが戻って手が動くんです。話しかければ 保護用の手袋越しに手を握ろうとします。

お互いの大事な お祖母様とお爺さま。
どちらも 願いかなって 元気になって欲しいですね。

お大事に。

category: 日記

cm 4   tb --   page top

コメント

>saboさん
コメントありがとうございます!
元気でいることが お祖母様を元気づけることにつながると思いますよ。おじいちゃんっこ、おばあちゃんっこ同士 お互い頑張っていきましょう。
>ゆみごんさん
コメントありがとうございます!
うちは残念ながら残りは そんなに10年も20年も続くほど長くないと思います。今まで孫としてたくさん思い出は作ってきたし 本当に可愛がってもらえたと思ってます。残りの時間を大切にしていきたいと思います。
>管理人ONLYさん
コメントありがとうございます!
ぃぇぃぇ とんでもないです。うちに関しては 信じては居るものの 覚悟はしています。仰るとおり 最後の時まで しっかり 孫として可愛がられて来たいと思います。もちろん 徹夜で車を運転してでも 浜松へ飛んでいく覚悟は いつでもしています。後悔しないように 心の限り 祖父さん孝行したいと思います。
ぐっさん。 #- URL [2006/11/22 14:15] edit

ぐっさん、おはよう、そして。。。ありがとう。
日曜日は、あまりにも動揺して、
ブログにも何を書いたのかよくわからなかったけれど、祖母の顔を見て、
手を握って、心の中でいっぱい話しかけてきたらすごく落ち着いてきて、
「泣いてる場合じゃないでしょ、元気でいなさい」といわれた気がしました。おじいさま、同じような状況なのね。
私は、今年名古屋に 行くたびに 祖母が どんどん小さくなって、そういうことがとても悲しかったけど、
ちゃんと現実を しっかり見ていきたいなって今回 強く思いました。
ぐっさんも、お正月、おじいさんと迎えられるよ。そう信じてます。
ぐっさんが行くたびに、きっと生気が強くなるのでしょうね。
いっぱい行ってあげたら、ほんとにうれしいでしょうね。。^^
わたしも。。おばあちゃんには、両手で念力を送ってきたよ(笑)
色々あるけれど、元気でいたいなって思いました。
太陽みたいなおばあちゃんに怒られちゃうから^^:
ぐっさん 本当にありがとう。
sabo #- URL [2006/11/21 22:35] edit

ほんとうに孫の力はすごいです。
今年、主人の父を亡くしました。
意識不明の状態が続いて、もうあと数分で命が亡くなる・・
とき初孫が「おじいちゃん」と声をかけたら
誰が読んでも返事しなかったのに、このときは
「おう」と返事をしてくれました。
ぐっさん。辛いとおもうけど、人はいつか亡くなります。
それまでどれだけ愛情を送ったかだとおもいます。
おじいちゃんが、亡くなるまでどれだけ楽しく日々をすごせるか
そうおもって毎日病院に行きました。
どうか、おじいちゃんに微笑みかけてあげてくださいね。
ゆみごん #- URL [2006/11/22 00:26] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2006/11/22 03:15] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム