FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

笠間 (全編) 

ちょっとまじめに笠間をレポート。

夏の連休が始まるころに応募開始なので、店に頼んでまとめて申し込み。いつも通り クラブ一括で走り出せるようになる。そしてゼッケンも届いて自転車も前日 寝る前にすべての準備を終わらせて、体とウェストバッグだけを持って出発できるようにしておく。自転車ももちろんPRELUDEに積み込み済みである。

5:30 今年は順調に目覚めた。去年はスッキリと自然起床。そのときすでに6:30 受付は7:30までということで PRELUDEでVTECをうならせて笠間へ向かったものだが、優雅な朝を迎えた。さくっと出発。PRELUDEのエンジンに火を入れて出発。国道123号と霧の県道1号を気持ちよくとばしていく。カーブでシフトチェンジを楽しみながら進み、6:30過ぎに笠間 芸術の森公園に到着。自転車をおろしてクラブ員に挨拶し、受付と検車を済ます。ブレーキの効かない姉ちゃんが居たりで ほんとに危なっかしい検車風景を目の当たりにしながらも俺のは完了。あとは出走を待つだけだが すでに暑い。じっとしてるだけでも暑い。
06_kasama1.jpg

今は立ち直りつつあるものの 今年の頭からずっと地獄を見てきたので 体も重く走りが絶不調なのは自覚している。例年だと秋の笠間といえば夏のツーリング明けで体もできていて好調な方なのだが、今年はキレらしきものがない。まあそんな年もある。焦らず自分のペースで行けば十分に走りきれる距離だとは思うので あえて無理もせず 思うがままに漕いで行こう。今年は経費節減か 笠間観光大使のお姉さん達の見送りはなく出走。そして、予想通りスタート早々にクラブ員の「速い組」は どんどん前に離れていく。今年は敢えて追わない。
気楽に走っている間にコースの概要を簡単に説明しよう。笠間市は筑波山の北の笠間稲荷や笠間焼きが有名な町である。まずは群馬から水戸へと貫く国道50号を西へ走り、岩瀬から南へ下る。筑波山の周りをぐるりと時計回りに走るコースである。前半は平地がひたすら続く。そして後半からは梨や栗や葡萄の果樹園をアップダウンしながら走り抜く。そして笠間市のスタート地点へ戻った時点で93km程度。この時点でハーフセンチュリーは終わり。やる気と体力のある人は さらに60kmで一山越えるコースへと行きトータル155kmを走り抜けばフルセンチュリー完走ということになる。俺はハーフセンチュリーで終わりとしている。霞ヶ浦のように見所があるコースではないものの果樹園のアップダウンや筑波山の眺めに「旅情」を感じる大会である。
国道50号のちょっとしたアップダウンなんて平地の一部としか思わなかった去年と比べると本気でへばっている。足に力がちゃんと入っていない気がする。今日の調子は北海道の「黒松内→京極」の絶不調日すら思い出すほど 悪い。「どうしちゃったんだろう 俺…」と思ってしまう。その不調は力の入らない足とすぐに疲れがたまる上半身に来る。
最初の30kmで ひとまず休憩。今日は暑さもあり苦戦が続く。休憩している間にトラブルでゼッケンNo.が末番となって20分遅れで出走の店主が追いついてきたので 出発。第1CPを過ぎると アップダウンが始まる。ここからは かなり苦しい状況だがチーム走となって30km/h〜35km/hでの巡航となる。そんな中、メンバーの一人が路肩の草場にはまって落車。軽く修理して4人の集団で走っていくが、先ほど落車した彼が後ろに切れてしまった。ペースをあわせてあげながら走っていると 俺の調子が徐々にあがってきた。しかし ちぎってしまうと一人で走るので つまらん。ということでペースをあわせる。それが疲労を呼ぶ結果にもなっていった。今回はトラブルが多い。右からわたってきたネズミが俺の前を走っていた店主の後輪をぎりぎり交わして 俺の前輪の前を駆け抜けて茂みに入る。ネズミ轢いちゃったらトラウマになりそうだし、避けても轢いても危ない。ペースあわせでスピードを落として、後続の他チームのチャリを前にはけようとして左に寄せたらコントロールミスで草場に足を取られて落車寸前までバランス崩すわで ちょっと危なっかしい走りが続く。
それでも 初めてともいえるほど天気のいい筑波山の稜線はくっきりと見える。果樹園の中を縫うアップダウンするコースを多少は楽しみながら走れる。走りながらデジカメを出してパシャパシャと写真を撮りながら流していく。雄大な筑波山がいい感じである。
06_kasama2.jpg

コンビニでの休憩の後に最後の一山を越えて笠間市へ突入。坂を下ったところで今日は別のイベントに参戦していたクラブ員と会う。せっかく応援に来てもらっていたが、元気もなくテンションもあがらない。最後の向かい風や微妙な坂ですら俺には堪える状態であった。笠間市内を走り抜けて、最後に芸術の森に上る坂を登り切り、ゴール。155kmへのトライは今年もしないまま 95kmで「完走」ということで目標通り終了。調子が悪ければ悪いなりに走り切れたことでひとまずは満足しておこう。いつか取り戻すことを期待しつつ。完走賞の賞状をもらうまで芝生で休んで待つ。完走賞として 笠間焼きのコーヒーカップとタオルをもらった。一応「青いハンカチじゃないんですか?」と聞いておいた。もうその質問は○○人目(←たぶん二桁)だよとばかり 係員から冷ややかな笑いが起こる。
着替えて自転車を積んで、近くのデニー○で遅い昼飯を食べに行く。もはや疲れ切っている俺はテンションが低い。正直すまんかった。眠気をこらえるために、aikoのニューアルバムを爆音で聴きながら 時に歌いながら PRELUDEを運転して宇都宮へ帰っていく。家に帰るまでが遠足です。そんな声が頭に聞こえる中 家に到着した。3年連続の完走ではあるが、今年は一番内容が悪い。でも いろんな地獄を見て絶不調な年だから こればかりは仕方ない。まずは完走できたことを喜ぼう。次は9/24のサイクルマラソン、その次は10/1狩野川100km、10/8の もてぎロードは誘われてはいたが、ツインリンクもてぎは嫌いなので参戦見送り。ちょっとずつ調子を上げていくさ。

category: 自転車

cm 4   tb --   page top

コメント

ぐっさん、おはようでございます^^
心も体もBESTのときって どんな苦難も乗り越えられる
気がするけど、どちらかがとぎれると、
バランスが崩れるよね。その部分を補うのは
経験と精神力のみになってしまう。
仕事も、人生も、ほんとそんな感じですね^^
 そしてまた、雲の隙間から光が差し込む様に
なにかが吹っ切れて どんどん前へ進めるときがくる。
 ぐっさんの自転車は、人生そのものだなぁ〜(*^^*ゞ
aya #3/VKSDZ2 URL [2006/09/04 23:32] edit

ぐっさん。完走おめでとうございます!&おお疲れ様です!
正直95Kを自転車で完走するって想像を絶すする世界ですが何かをどんな時もやりきれるってすごいなぁと思います
こういうときもあるさといいながらちゃんとできる!これって人生でもすごく大事なことですよねぇ
ホントぐっさん。すごいなぁ〜尊敬!
あんっこ #- URL [2006/09/05 08:37] edit

ぐっさん、ひとまずお疲れさまでした。
絶不調なときでも走りきったんだからすごい事だと思うよ!
もっと自分を褒めてあげて〜(アンタにゃ言われたくないって?)
焦らずちょっとずつ調子を元に戻していってね。
情熱派ぐっさんなら大丈夫さ!v-392
あやち #Mq5ZM32k URL [2006/09/05 13:47] edit

>ayaさん
コメントありがとうございます!
そうなんですよね、心と体 どっちか不調になると一気にバランスが崩れちゃうんですね。今年は特に心をやられる事が多かったですが、得意だった自転車ですら まともに走れない苦痛に襲われたりしますね。心がまあまあになってきたら 体が不調です。v-12 まあ気長に頑張りますよ!
>あんっこさん
コメントありがとうございます!
実は言うほど大変なことでもないんですが、悪ければ悪いなりに結果を出せれば それはそれでいいのかなとは思いますね。(走り出しちゃうと帰ってくるまであきらめるって選択肢は 実はないんですけどね 苦笑)
>あやちさん
コメントありがとうございます!
あははは 俺が隠しコメントで いつも あやちさんに言ってることを言われてるし(笑) ありがとうです! ちょっとずつやっていくしか無いですね。また去年とか一昨年みたいな熱い走りを取り戻すぞー。
ぐっさん。 #- URL [2006/09/06 23:35] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム