FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

テント防水再強化 

色々と見つかった課題も、まずはテントの補強からです。

テントの底の防水コーティングが終わってしまっていて、
雨の日の地面から水が室内にしみる症状と
フライシートが水を吸って雨漏り寸前の状態になっていた
事象についての対策ですね。

2012年のGWツーリングに向けて、
ホワイトベアーの防水剤を塗ったことがありましたが、
何だかテントにワックスがけしてるだけのような
手応えで、テントを張る度に剥がれて落ちきってしまって
今じゃ浸水し放題な状態です。
生地に染みこむような手応えの防水剤が欲しいです。
そこで今回はホワイトベアーではなく違う物を選定します。
parawet.jpg
今回は テムポのパラウェットを選んでみました。
さらっとしていて、ワックス状ではなく液体です。

tent_bottom1.jpg
刷毛で塗っていきます。生地にもどんどん染みこみます。
この手応えが欲しかったのです。
地面側を刷毛の向きをタテとヨコで二度塗りします。
室内側へ液が染みこんで行ってます。
さらに室内側からも塗ります。合計で3回塗ったことになります。
液が生地を貫通してるので間違いないでしょう。
生地の色も少し濃くなったような気がします。

petax.jpg
穴が空いてる場所には ペタックスの強力防水シートを貼り付けます。
トラックや商業用テントの補修に使う物なので粘着力もシートの強さも
頼れる感じです。穴が空いてるところを光で透かして探して、
室内側と地面側の両方に貼り付けます。

seamsealer1.jpg
seamsealer2.jpg
縫い目もぬかりなく防水強化をします。もともとシームテープが貼られてましたが、
完全に剥がれました。シームシーラーを塗りつけます。
糊を固めたような形で室内側と地面側の両方の縫い目に塗ります。

nuru.jpg
もうすっかり日も暮れかかってきて、フライシートの撥水強化をしようと思ったのですが、
このバフの作りがイマイチで撥水剤が全く広がらず塗りにくいです。
時間切れということでフライシートの強化は後日と言うことで。


対策効果確認をしようと思ったら雨の日にキャンプするしかないですね。
ただ、好きこのんでやる事では無いので気が進まないですね。。。

category: 旅の道具

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム