FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

去る者 去る車 

俺がVEZEL Hybridへの買い換えを決意したのと時を同じくして
また一つの車が歴史の幕を閉じました。
insight_skyblue.jpg

俺のマイカーでもあり、開発を担当したインサイトです。

こいつ1車種だけを見てると悪い車では無かったと思います。
価格も安く走りは小気味よくて1.3Lとは思えない軽快さがありました。
後ろにバッテリーを乗せてるので重量配分は良く走りやすかったです。
ハイブリッドカーとして当時は初だったパドルスイッチによる
手動の変速が楽しめました。
ギアを落としてモーターアシストをかけながら加速すると
排気量を大幅に超えたプレジャーがありました。

ただ、この車は形と立ち位置から、ある車種と常に比較される運命にありました。
その点では非常に残念な車であり負けを分かっていながら出した理由が不明でした。

アイドルストップするとエアコンが止まったり、
やたら早くアイドルストップを抜けてエンジンが始動したり
Hondaが得意のセンタータンクなど広さを稼ぐ技術はおざなりになり
無理矢理納めた5ナンバーサイズと安っぽい内装…
一世代前のライバルにすら負けてる商品性でした。
そこまでの我慢をユーザーにさせておきながら燃費も負ける。
そして価格すら大差ないレベルに迫られる。

大事なところを見失った妥協の連続で商品が出ていた当時の迷走Hondaの
暗黒時代を象徴する車だったように思えます。
「ハイブリッドを低価格で」という価値はインサイトから始まって今でも
確実に引き継がれていますが、その方法論の象徴と技術の礎して出た
インサイトの役目は終わりました。

ライバルの強さは認めるべきですが、ほろ苦く反省すべき点の多い車に思えます。

category: クルマ

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム