FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

被害・行動状況まとめ② 

テレビで報じられる映像は半端ではなかったです。次から次に襲いかかる津波。
3年前に俺が旅した久慈、宮古、釜石、野田、八戸… 全て壊滅的な被害が出ました。旅を楽しんだ街や立ち寄った道の駅や漁港… 全てが見るも無惨な姿になってしまいショックが隠せません。そうしてる間に栃木でも次から次に強い余震が襲いかかります。震源も宮城沖から福島沖に茨城沖と こんな地震は見たことがありませんでした。

揺れが収まったところで、おそらくぎりぎりのタイミングであろう時にシャワーを浴びて、車にロードレーサーを積み込んで浜松に向けて出発です。サイクリング大会は間違いなく中止と思いましたが、移動を決行します。揺れが収まらない栃木で余震の恐怖に耐え続けるよりは、2日も離れてれば落ち着くだろうという読みです。ガスの元栓も締めてブレーカーも落として行きます。
全て下道で向かう上に首都圏などメインストリームは避けます。4号線で小山まで南下し、50号線で群馬へ行き、熊谷-秩父から雪が積もる雁坂峠を越えて、甲府へ… 甲府にたどり着いた時点で夜中の2時。浜松までの道は遠いです。真夜中の国道52号線を南下して清水へ向かいます。海までは行けないので、手前で山道へと曲がっていきますが これが一本道。曲がるところだけでピクリとも動かない渋滞が続きます。時には車を降りて車の誘導に協力しながら進めていきましたが、この20kmだけで5時間半もかかりました。
PAP_0015.jpg

やっと清水の国道1号線に出て、東名高速で掛川へ向かいます。サイクリングイベントは中止の上に 元々の受付時間には全く間に合わない時間です。この時点で朝の9時。出発から15時間が経ちました。
PAP_0014.jpg
普段は滅多に立ち寄らない 日本平PAに立ち寄ります。交通誘導を一緒にやった神戸の社長さんとも少し話をしながら富士山を眺めます。これが日本人の心の拠り所の山です。今まで 何度も無茶なドライブをしてきた俺ですが、心の底から疲れたドライブは今回が初めてでした。空いてるけど飛ばす気になれない東名を西に向かって掛川の会場へたどり着きました。岡山から来たけど中止という事態に巻き込まれた夫婦やスタッフと話しながら一緒に鰻弁当を食べながら自転車談義に華が咲きます。
これだけの距離を移動して疲れたというのはありますが、何か貴重な思い出を得たような気がします。自転車には1mたりとも乗れなかったが、栃木から出てきた意味はありました。来年こそは開催できること、そして再会を祈りながら掛川を後にしました。

そして、また高速に乗って浜松に到着したら、既に昼でした。出発から19時間後となりました。

<続く>

category: 日記

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム