FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

久々のナイトラン 


CATEYEのフラッグシップにあたるヘッドライト2個にリフレクタライト2個 反射テープもマッドガードとサイドバッグに付いてるし安心のナイトランです。
出雲大社から出雲市駅までの10kmを20:00から走るハードさです。出発時点で今日の走行距離は90kmに達しており、今回の旅で最長を越えてます。
しかし俺の足は絶好調で好調さから余裕が生まれてる感じで路面や周囲がよく見れてます。

こんなハードなナイトランと言えば2003年以来。あのときは北海道の浜頓別から峠を抜けて美幌まで90kmを走る予定だったが現地で会った若手を連れていった。しかしながら連れてた若手がキツいパンクをしたが貧乏旅で予備のチューブなども無くパンク修理でドツボにハマって直せなかった。彼はヒッチハイクでチューブを買える街まで進み、俺は4時間近い遅れを走りで取り返そうとした時だった。最終日の1日前なので遅れたら即完走できずになりそうな計画だったのだ。走りながら頭をよぎっていたのは『もし、今回の旅で完走を果たせなかったら半分は あの若手のせいになる』という話を絶対に避けたいベテランとしてのプライドが真っ暗闇の北の丘で俺を前に走らせた。

今回は段取りの甘い俺の問題だが、あの時の熱い気持ちを思い出し、ハードな状況を懐かしく楽しんで走れました。大社あたりで宿に駆け込むなり風呂に入らずテントを張って寝るなりナイトランを避ける努力のしようはあったが、むしろナイトランしちゃえという気持ちが圧勝した感じで腰も軽く走り出した感じでした。走りきった快感はいつも以上のモノですね。俺自身も2003年なんかと比べたら体力も熱意も衰えを隠せないが、今こんな気持ちと体が俺の中にあったことが驚きであり歓びですね。

今夜は出雲市駅前のホテルで一泊で駅前の温泉で風呂にも入れて快適な夜です。20:45で走行終了 101kmの道程でした。

category: '10 GW 山陰

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム