FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

終わった…。 

もはや エンジニアの私として、この会社では熱意のぶつけようはないのかもしれませんね。

量産寸前の新製品で ある不具合の対策を土壇場でやっているのですが、昨日まで頑張って完璧な対策(コストは少し高いですが)を模索して、無茶な要求に対しても 打ち返すだけの準備をして、私は研究所でギリギリまで技術的な詰めをしながら、えらい人の説得を上司(係長クラス)に任せようと言う分担になりました。説得も技術的な検討も ほんとはどっちもやりたいのですが、もう時間がありません。
そりゃ上司は経験ありますので 口八丁手八丁で説得してくるでしょう。俺が熱意を持って決めた仕様をもって説得してきてくれるものと思ってました。勝てる自信はありました。

しかし、結果は ここまで 俺が積み上げてきた物を崩すほど適当な対策案Aで、俺が不採用!とした コストオンリーで えらい人と仕切ってきてしまいました。ずっと「対策案Aでいいじゃん」と何も考えずテキトーに言うえらい人に対して そんな対策案Aでは(技術的な見解で)対策効果が全くないこと、10年10万?保証できるような仕様ではないことを食い付いて 跳ね返してきた俺でした。今回は 最後の砦として戦っていた俺が居ないのをいいことに 決められてきてしまいました。

つまり品質・効果は度外視で コストの安い対策をする というのが うちの会社の見解です。せめて それを技術論で跳ね返してきて欲しいです。それが研究所だろう。

俺が寝ずに仕事して お客様のために完璧を目指した 60時間を返せ。このグダグダな仕様を勝手に決めてきて、市場で何か起こったときの 責任って 結局 俺が取るんだよな? もうしらね。

こんな形で私の仕事が終結してしまったこと、最後の懸案を片づけられてしまい開発完了として幕を引かれたことが、心の底から悔しいのを越えて もはや、あきらめと失望です。

最近 正論をかざして戦う私が 組織にとって目障りになりつつあるようです。上司達から「おまえは自分の意見を曲げなさすぎる」と口癖のように言われてますが、「客を見ないで作ってるテキトーな都合論ばかりの技術の方が問題だ。こんなの客になんて説明するんですか!?」 といつも口論してます。このままじゃ俺がこの会社を変える前に 俺のクビが切られそうな雰囲気です。勝てるだけの強さが欲しい…。

そして ムカツク派遣(29歳 妊婦)は 本日付で 契約解除となりました。部署のみんなへの挨拶も一切聞きませんでしたし、もちろん花束へのカンパも拒否です。本人自ら挨拶回りしないと人も来ず、心が全くこもっていない花束を1つだけ持って帰る彼女を見たときに、心の底から嫌い合ってる俺の方が正しいことを確信しました。


さあ こんな毒にあふれた日々もあと1日。いよいよ 明日の夜から連休突入です。いつも、連休から連休の間を全力で頑張って疲れ果てて 連休でリフレッシュして という流れですが、どうも今回も変わらないようですね。

すまんね 最近 こう 汚い話ばっかりで。

category: 仕事

cm 4   tb --   page top

コメント

熱血ぐっさん。こんばんは!!
山羊座のO型って「頑固」なようですねe-263
・・・ってカブチョも一緒だよっv-12
お客様のことを第一に考えることって大切だと思うよ、やっぱり。
組織はイロイロとコスト削減だとか考えなくちゃいけないんだろうけどさぁ・・・
技術者としては変なもの作りたくないもんね。
結構、その場その場をしのげればイイヤ!って考えの人多い。
長い目で見れば、一つ一つ着実に進んでいったほうが間違いないはずなのに。
結局クレーム入って後悔しても遅いのにねv-390
ま、GWまであと1日!!
ラスト頑張ってくださ〜〜〜いv-411
カブチョ #u4hbh2AQ URL [2006/04/27 15:14] edit

>カブチョさん
こんな汚い記事ですが、コメントありがとうございます!馬鹿がつくほど正直で熱血なんですが 勝てない。うまく切り抜けるだけの人には 交わされて勝てない。そんな感じです。
やっぱり、これからお客様と接していく仕事をしようとしている、そしてお客様と接点のある民間企業で働いていただけあって、分かってくださる。きっとカブチョさんのドッグカフェもお客様とワンちゃんを大事するステキな店になるんでしょう と確信しますね。
ぐっさん。 #- URL [2006/04/27 15:30] edit

荒れてるなぁ・・
確かに世の中はコスト重視。アタシもそれで苦しんだこと いっぱいあるよ。
長い目でみたら、多少コスト上げてでも!と熱く語ってみても、結局は予算との兼ね合いで負けることも多かった。
数字を作らなきゃ、生き残れない世の中。ぐっさんは そんな世の中の犠牲者かもしれないね。
でも、明るい未来が きっとくるよ!
りお #- URL [2006/04/28 12:34] edit

りおさん
安かろう悪かろうで ガッカリさせたくないのって やっぱりあるけどさ…。なかなか 悩ましい話ですよね
ぐっさん。 #- URL [2006/04/28 13:55] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム