FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

Tの問題 II 

ここで、エンジニアの俺はブチキレですよ。
toyota.jpg
トヨタ自動車の横山裕行常務役員(品質保証担当)は4日、東京都内で記者会見し、ハイブリッド車「プリウス」のブレーキに対する苦情問題について、「ブレーキを踏み増せば安全に車は止まる」と述べ、ブレーキの性能に欠陥はない、との認識を示した。

プリウスはガソリン車と同じ「油圧ブレーキ」と、ハイブリッド車特有の「回生ブレーキ」を併用。走行状態に合わせ、自動的に車自体が最善の組み合わせを選ぶ仕組みだ。ただ、凍結など滑りやすい路面で車体をコントロールするアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)が作動すると、回生ブレーキとの併用から油圧ブレーキ単独への切り替えに、時間差が生じるという。

これについて横山氏は「ブレーキを踏めば(車は)きちっと止まる。(制動距離が)伸びることはない」と車両の安全性を強調。ただ、トヨタはドライバーが感じる「違和感」を解消するため、2009年5月の発売から10年1月下旬にかけ国内で販売した車両を対象に、ブレーキ制御のコンピューターを改良ソフトに書き換える無料改修を行う。


---------------

人が怪我をしているような安全性に関する不具合事象なのにニコニコ笑いながら、
ユーザーの感覚のせいにしている最低な会見だ。


「ブレーキを踏めば(車は)きちっと止まる。(制動距離が)伸びることはない」
踏んできっちり止まらないから事故が起こってるわけだろ!!

凍結など滑りやすい路面 って言うけど、そもそも事故発生の1件目は真夏の千葉で急ブレーキでも何でも無い制動操作だ。とてもじゃないけどABSが作動してホイールロック(を防止)するような運転条件ではない。過去の天気を調査したところ、千葉県松戸市は事故発生日の2009年7月19日には雨は降っていない。路面はドライである。ABSなんて100km/h程度の高速から急制動かけない限り働かないコンディションである。これはブレーキが利かなかったことを原因にクレームいれれる運転状況ではない。

車の仕事でメシ食ってる俺に言わせりゃ原因はABSではなく回生ブレーキだ。嘘しか言わないトヨタの代わりに俺が推測してやると、バッテリーが満タンになってこれ以上回生しても充電できない状態または過熱状態になる。だから過充電保護動作に入って回生を一時的に止めたら油圧側を生かすのがシステム上で抜けていた。ブレーキの利かない時間帯は油圧も回生も利いてないためパッドを押し当てる脚力だけがブレーキ力となっている。今回の対策は油圧と回生のタイミングを変える対策のわけで、カタログ燃費より燃費が悪化する対策だ。対策後の車でモード燃費を再測定して公表すべきである。
プリウスの商売ネタのための燃費を稼ぐために、回生をぎりぎりまでやり続けて油圧を使わない制御をしている。その無理な設計がたたって油圧への切り替えが遅延して、バッテリー満タン付近で回生から油圧へ切り替えるタイミングを逸して、どちらも制動力を働かせないタイミングが出る。おそらく本当のことは最後まで言わないだろう。

やっぱり、TOYOTA車は危険 だ。乗ってはいけない。

category: クルマ

cm 0   tb --   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム