FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

余興物語② 〜準備編 

壮絶な余興プロジェクト おそらく4回ぐらいのうち 第2回です。


旅に中国出張の疲れもどっぷり残るまま、俺のPRELUDEは名古屋へと向かう。出発前から疲れを感じていたが、心にも体にも鞭を打ち土砂降りの雨の中で東北道と首都高と中央道を疾走していく。片道500kmの壮絶なドライブが始まる。雨の中で洪水後の騒ぎ、ど祭りの喧噪の中にある名古屋にたどり着いた。まずは夕方に居酒屋で会議は始まった。本人抜きの打ち合わせは初で第1回に位置づけられた会議である。会って飲みながらアイデア出しをしていくと次々と出てきた。一見するとボツ案かと思っていた案がブレイクスルーになったりもする。勢いに乗ってきたので本人にケータイメールで色々と確認しながら行く。しかし、聞けば聞くほど懸案が多いことも判明する。初回としては上々な出来映えであったが、越えるべき壁がいくつもありそうである。史上最も難しい余興になりそうな様相すら漂ってきた。頭を悩ませて土曜の夜は終わったのであった。
日曜日は大雨を忘れるほどの好天に恵まれた。名古屋市公会堂の会議室へとこもって昨夜のアイデアを整理していく。シナリオを書いていくと、頭が整理されていく。そしてすべきことや不足分も明確に見えてくる。とにかく冷静に技術検討をして終わる。夕方から宇都宮へと戻る。走り出す前から疲れを感じる片道500kmの地獄の帰路が続いていく。ただ、無気力・非協力的とも思えたメンバーからは いくつかの協力も得られて手応えを感じ始めてきた。この調子で俺らしく行動力を示して全員を奮い立たせていこう そう心に決めて、アクセルを踏みしめてステアリングを握る。どっぷりと疲れて宇都宮へと帰り着いた。

ウィークデイの間にシナリオを改訂しつつ、いれれるアイデアを入れて進めていく。そして週末はあっという間にやってきた。次は関東在住者で打ち合わせだ。今回は都内なので車の運転は伴わず、比較的 楽ができそうだ。まずは上野へ行き昼間はカラオケ店で進める。元ネタにするDVDからヒントを得ながら考える。しかしながら、昼間のカラオケ店でしらふではアイデアなど出るわけもない。秋葉原のドンキホーテでモノを見ながらアイデアを出したり本番に使う小道具を物色し、これと言って成果の出ないままに居酒屋へ。そして、再び我々に神が舞い降りた。面白いアイデアは次々と出る。そして基本骨格については、ほぼ出来上がったように見える。この2週間での躍進ぶりは凄いものを感じた。
日曜日は海老名のマンションの会議室を提供してもらって、そこで打ち合わせを進める。昨夜のアイデア+αを入れながらシナリオを仕上げて行き、読み上げる。色んな話をしつつ、アイデアを少しずつ具体化していく。少し冷静に進んだ今週は充実して終わった。電車で宇都宮へ戻り、比較的楽だった週末は終わった。

ウィークデイの間に全てをきっちり整理する。本番を2週間前に控えた週末 そして3連休は静岡で迎える。土曜日は打ち合わせや技術練習もあるが、式場との打ち合わせも入れたのだ。式場打ち合わせは土曜の16:00〜ということで、うっかり寝て寝坊して昼に出発なんてことになると絶対に間に合わないしドタキャンになるので、金曜日の夜中にPRELUDEを走らせた。出発は夜中の3時。疲れた体に鞭を入れて車を西へと走らせて行く。大声で歌う、ガムを噛む、コーヒーを飲む、世界のナベアツを300までやる・・・ 色々な事を試みて行く。富士川SAでカミングアウトしたいところだったが、足柄が体力限界だった。やや調子を崩し気味の腹に不安を抱えつつ、寝心地の決して良くはないPRELUDEの助手席でつかの間の眠りについたのは、早朝の5時であった。
1時間半ほどの眠りの後で静岡へと向かう。寝心地も悪いので これが限界だ。清水ICに降りて静岡市内へ行き、余興に使うグッズを探して回る。農協の駐車場に車を止めて会場係に検討を依頼する内容を改めて整理する。そして仲間と合流して打ち合わせをする。メンバーの一人の長男の可愛さと力強さに癒されながら進んでいく。体育館の会議室に集合して練習や打ち合わせをこなす。絶対に来れないほど忙しいと言っていたメンバーも飛び入りで岐阜からやってきた。その心が俺には最高に嬉しい。
そして俺だけが一人で会場へと向かう。カップル以外の進入を許さない雰囲気の式場打ち合わせコーナーで担当者を呼び出す。待たされる間の地獄の放置プレイ。ドMで自信を持って独身主義を貫こうとしている俺でもアウェイな雰囲気がつらい。そして担当者の方は俺のような馬鹿な暑苦しいタイプではなく冷静沈着なタイプで正反対の人。この熱意が伝わっているか疑問の打ち合わせに どこかかみあわ無さを感じつつ進めて行く。話を進めるほどに俺らが描いていたストーリーの実現性がますます苦しいことに直面する。そして、会場を見せてもらって、さらに厳しさを感じる。ここはへこんでいる場合ではない。必要な寸法や情報を会場で全て集めて写真を撮る。高砂から見た会場の写真を撮る これが後の検討に大きく役立つのだ。
何とかやれるだけの事はやった。俺と多少の時間違いで打ち合わせに来る新郎新婦と待ち合わせて、新婦経由で新婦ご友人様へ余興の一部協力依頼を渡す。幸せいっぱい、期待いっぱいの二人にモチベーションUPとプレッシャーを感じて会場を後にした。
そして、真顔の俺は戻って緊急会議が行われた。しかしながら、ピンチに強い我々だからかアイデアは次々と出て対策が進んでいく。むしろ不利な条件を生かせということになってきた。そして、メンバーの一人は岐阜まで終電で帰るので駅で飲むことにした。静岡駅の中の居酒屋「大作」で静岡の美食と美酒に酔いながらアイデアを出してシナリオを広げていく。オチに向かっていく伏線で核になるアイデアも出た。見せ場もうまく落とせるだけの演出も決まった。
日曜日はそれを整理しつつ進めて行く。シナリオを描いてみて時間計算をして技術的な検討も進めた。ようやく形が見えてきた。そして夜には新郎新婦の二人も交えて飲む。偶然にもというか新郎に教えてもらった駅内の店「大作」で今日も飲む。俺のペースも好みも知り尽くしている店主は飲み物の注文を取りに来るタイミングを心得ている。昨日の緊急会議で自信を得つつある俺と二人は楽しく飲みつつ、最後のオチの部分で二人に頼むことを明確にする。そして、この二人と会うのは結婚式の本番となるだろう。固い握手を交わして、余興の成功と式の盛り上げを約束して別れた。
月曜日はプロジェクタで表示するスライド作成のためにマクドナルドに集合した。やや恥ずかしいが、フリースポットの無線LANを使って必要な用品の発注と材料の収集、スライド作成へと進める。かなりの力作が仕上がりつつある。マクドナルドで書くには恥ずかしすぎる1枚もある。つい勢い余って読み上げながら作って流してしまう恥ずかしい俺…。笑
そんなこんなで土曜日のうちに会場確認しておいて、月曜のうちにみんなで集まってスライド作成をしておいてよかったと上手く事を運べた今週を振り返りつつ、静岡を後にする。雨の中を宇都宮へ向けて帰っていく。静岡−宇都宮移動の第1回目だし、勝手知ったる道路なので順調に帰って行く。

いよいよ残す週末もあと1回となると眠れない夜が続く。残項目も絞り込まれているが、一部は技術的に未成立な部分もある。同じ宇都宮在住のメンバーと音声関連の打ち合わせを済ませて、順調に進んではいる。残すところ何を決めるかを明確にして週末を迎えた。今度は金曜日に休みを取って、少し準備をしてから静岡へ向かう。休みの間に自転車屋に行って保険の更新をして、よからぬ噂を耳にしたりで精神的な動揺が発生する。悩める相談相手の相談にも乗ってあげたりで精神的に忙しい。

category: 日記

cm 2   tb --   page top

コメント

なぁーんか。
こんなに頑張ってくれるぐっさん。
新郎新婦の方本当に嬉しいでしょうし。
素敵なお友達を沢山持って。
幸せでしょうね〜。
余興どんな事をやるのか。
さっぱり想像がつきませぬ。i-239
himekichi #k87Cp.wM URL [2008/10/03 14:30] edit

himekichiさん
コメントありがとうございます!
おそらく誰も見たことのないレベルの余興だと思います 笑
結婚式と8時だよ全員集合をコラボしてしまうというアイデアも3年前に良く出たものだと我ながら思ってしまいます。そして 私の身のまわりなら世代的にもちょうど合うし 笑
ぐっさん。 #- URL [2008/10/04 18:41] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム