FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

余興物語 ① 依頼〜検討開始 

おそらく4回ぐらいに渡って 今回の壮絶な余興プロジェクトの裏側について語ります。





9月27日に備えた結婚式。7月に招待状をもらうと当然のように「余興をお願いします」の紙が入っていました。ある程度は事前に覚悟はしていたが、正式な依頼となると気が引き締まります…。と言いたいところですが、7月の俺と言えば燃え尽き気味で何もする気が起きない。新郎とは大学時代の同級生で余興メンバーは同じ学友である。こんな形で余興をやるのも3回目。いずれも俺がリーダーシップを発揮しながら進めてきて、それなりに成功を収めてきた。今回も当然ながら、その役を俺が引き受ける。しかしながら、当時の俺には メンバー達に「何やるか ネタ出しを頼む」というメールを打つのが精一杯。やはり返答らしい返答は無いままである。新郎・新婦の本人達も交えて飲んでみたりもしたが、結局のところは前回と同じものしか浮かばないままであった。

そして、ろくにアイデアも出ないまま7月は過ぎ、8月になった。「旅に出てる場合なのか?」 俺の中で迷いや自問自答があったが、その時の精神的に疲れている俺では何もできないだろう そう思って自分自身を奮起させるためにハードなコースに決めた道を走り始めた。しかしながら、新婦側の方は感動モノらしいビデオレターで 相当頑張ってるという様子も新郎から聞きつつ、旅の間も多少は気になる場面がある。自転車での厳しい走りも三陸へ突入して大雨のため宿を久慈に取った夜、一つの骨格とすべきアイデアは浮かんだ。それをたたき台として進めて行こうということになってきた。しかしながら、メンバーからはアイデアの提案も無ければ、それで良いかどうかの反応も相変わらず無い。旅をしながら、動かない周りをどうやって動かしていくかを考えていた。もちろん俺一人ではアイデアは何も出ない。全員の力が必要だ。俺にできることは走り回ることだけだろう。夏休みが終わったら俺が西へ東へと走って、アイデア出しの打ち合わせや飲み会を開きまくるしかない。それだけの行動力のあるのは俺しかいない。俺が動き回れば周りも動き始めるだろう・・・ そう考えるしかなかった。そして、旅を終えて俺自身は充実した気持ちとリフレッシュされた気持ちで行動意欲が出てきたように思える。

旅から帰ると中国への出張と量産寸前の車種の最終評価・・・と忙しい日々は続くが、あえて出張した後の週末を1回目の会議にした。しかし、一部には余興に関して打ち合わせの日程調整すら返事をしないメンバーも居る。怒りのメールを1本送りつけてみたりもする。3年前の余興の技術的失敗を引きずっていたり、いろいろと問題も抱えていたようだ。俺が一つずつ一人ずつフォローしていくしかない。成田から宇都宮へ戻るバスの中で少しずつ進めてみる。

category: 日記

cm 2   tb --   page top

コメント

ぐっさん。こんちゃぁ。
好きな事をやっている時の方が
アイデア浮びますよね〜。
読んでいる途中。
ぐっさん。は自転車をこぎながらきつい坂道、
何を考えて。何を思って。こいでいるのかなぁ〜。
なぁーんて思っていたケド。
やっぱり余興の事も考えていたんだね!
さすが☆
himekichi #k87Cp.wM URL [2008/10/03 14:21] edit

himekichiさん
コメントありがとうございます!
意外と走ってる間も考えることが多いですし、キャンプで一人眠る時も考える事が多いですね。だから、自分を振り返る時間は人一倍取れているような気がします。走りながら考えて考え尽くした結果、「俺が母ちゃんになる」しか浮かびませんでした 笑
ぐっさん。 #- URL [2008/10/04 18:31] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム