FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

SPDサンダル 

この頃、買い物が続いています。

spd_sandale.jpg

真夏のサイクルツーリングで愛用している、SHIMANOから発売されている SPDサンダルです。
夏なのでサンダルで走りたい。でもペダルとシューズを固定することで引き脚を使って効率よくペダルを回す SPDは外せない。でもシューズじゃ蒸れる… そんなジレンマを解決するアイテムなのだ。

このサンダルは意外と丈夫なのである。大学時代に発見して使い始めたのは、1996年夏の日本縦断から。このサンダルで4000kmを完走した。そして翌年の夏は北陸へ行き、福井県小浜から秋田県本荘まで1200kmを走り抜く。翌年の夏は長野方面へ向かう。浜松から北上し灼熱の佐久間・飯田を抜けて諏訪、松本、長野と進み、国道最高地点の渋峠を越える。この年もサンダルで山岳コース1000kmを走り抜く。そして翌年、そろそろニオイが厳しいが貧乏学生の俺はサンダルを買い換えられない。また、このサンダルで走る。次に行ったのは道東。旭川の西の滝川からスタートし、層雲峡、石北峠を越えて北見、阿寒横断道路と激晴れの摩周湖へ行き、網走、知床、根室、釧路と1300km近くを走り抜く。そして学生最後の旅として北海道の道南・長万部へ電車で向かっている最中に函館でストラップが切れる。靴屋さんに持ち込んだら修理をして事なきを得た。長万部から室蘭、登別、支笏湖、中山峠と札幌と600kmを走り抜く。結局、5年で8000km近くサンダルで走ったが、見事に耐え抜くだけの耐久性があるのだ。(最後の3年はホントに臭かったけど 笑)

去年まで使っていたのは社会人になってツーリング再開して以来、使い続けていたのだ。これも5年も使ったので天命を全うしたと言えるだろう。新たなサンダルを買って、また夏を走り続けたい。まずは裏にクリートと呼ばれる金具を着けます。肉球がペダルの軸を踏み込むように位置を調整します。少し前にするか後ろにするかで脚のストレスが違います。
spd_sandale2.jpg


仮に合わせてみたので試走してチューニングしたいですね。

category: 自転車

cm 2   tb --   page top

コメント

夏はシューズが蒸れて大変i-183
でもこれだったら夏のたびもバッチリだねi-234
みんと #- URL [2008/07/17 11:00] edit

みんとさん
コメントありがとうございます!
そうそう サンダルの開放感がありながらも、ちゃんとペダルをこげるだけのしっかり感もあって良いんですよ☆
ぐっさん。 #- URL [2008/07/20 19:55] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム