FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

背中を押され始めました。 

今日は仕事に燃えました。

朝の6:00から21:00まで15時間。昼飯の時間もカロリーメートを片手にパソコンに向かい、一日中 クルマに向かいました。これだけやってもNo 残業デイなので、勤怠の半分弱はサービス残業です。7時間のサービス残業。+2時間ぐらいやって 夜11時にでも帰ろうかと思ったが、明日も朝の6時から夜9時まで仕事だから燃えたぎる気持ちを抑えて帰った。

今日もさすがに、ため息や 「あーあ もうダメだ」という言葉が止まらない俺ですが、心と体にムチを打って仕事に燃えました。

現実に戻って、俺の栃木での今後の暮らしをどうするかを考えると解がありません。今さら違うショップに自転車を買ったわけでもないのに行けるわけでもなく、あの店員さん以外に俺のランドナーみたいなマイナーなチャリまで面倒見てもらえそうな技術を持った人もいません。だからといっておめおめと店には行けないです。今 発注しているランドナーのホイールとBBが届いたら頭を下げて謝って店やみんなの前から去ることだけは決定事項だ。

あの記事に込められた俺の本当の気持ちを読んでも、何とも思わない何も感じられない彼女に友達としての愛想も尽きました。そんな俺は 汚いヤツだ 小さいヤツだ 俺自身でもそう思う。弱くて汚くて小さい俺は そうやって自分の心を整理するしか 今はできない。もともと大きな人間でもないし強くもないし 肝心なところでヘマするだけの 中途半端な優しさしかないかっこわるい冴えない男だ。

人は弱いところを見せる相手がいるから、あるところでは強い自分で居られるのではないだろうか。俺は弱っている彼女の前では強く居たかった。俺に頼ってくれたのに不安にさせるわけに行かないからだ。でも、BLOGで弱い自分を表現できたから、あの場では強くなれたのだと思う。弱い自分を表現できるから、あれだけ強気で相談に乗って背中を押してあげられたのだと思う。だが、その裏に存在する弱い自分を表現し尽くしているブログを偶然見つけてしまったら、それは俺に失望するのは当たり前だ。たらればではあるがBLOGを見つけられてしまう不運な偶然が無ければ 最後までできたか分からないが、もっと強い自分を演じ切れたかもしれない。最後までばれなければ もしかしたら幸福な結末に導けたかもしれない。

こういう文章や文字に残らない世界で、俺にとって弱いところを見せれる場所や相手ってどこにいるのだろう。今の俺は親にすら見せれない。心配をかけたくないからだ。俺の人生は親の転勤に着いていくので別れと出会いは多かった。愛知で生まれて和歌山、広島、埼玉、静岡、福岡(実家)と来て、大学に入って実家を出て静岡、浜松と来て、会社に入り熊本、福岡、栃木と来た。そして、栃木は連続在住期間としては史上最長とも言える6年が過ぎた。小学生の頃などはともかく、中学以降に住んだ場所にはいずれも親友の存在がある。中学時代に住んだ静岡、未だに時々 連絡を取る友達もいる。嫌いで嫌いで仕方なくて出た福岡にすら親友と呼べる男もいれば、その嫁さんとも心底うち解けている。大学時代だって親友と呼べる友は4人、今でも近くに行けば飲みに行くこともある友達は何人もいる。そういう人生だったからか、どこに行っても それなりに 心の通う友達は作れていた。そういう自信はあった。ここに挙げた友達のためなら涙も流せる。弱いところも全て見せれる。良いことがあれば徹夜でそこに向かって祝うこともできる。この俺の心の奥底からわき出る感情を表すブログの場所を教えることすら何の抵抗もない。

しかし、今 俺が住む 栃木、会社には親友と呼べる友は一人たりともいない。俺が弱さや苦しさを見せることのできる友達はいない。会社では弱いところを見せたら負けと思っているし、闘う場所だと思っている。そんなストレス社会に耐える俺を癒す場であった店のサイクリングクラブですら、4年も在籍したが親友と思っている友はいない。ブログに訪れる皆さん以上に俺を理解してくれる友達はいない。

そんな栃木に、そんな今の会社にしがみついて生きる必要がどこにあるのだろう?
いっそ 出て行ってしまった方が幸せではないだろうか?

失意のどん底にいる今の俺の感情は発作的ではある。それは否定しない。しかし、俺の中にもやもやしていた栃木で暮らして面白みも感じない もどかしさがわき出してきた。転職という言葉を口にし始めて3年以上が経つが、30歳を過ぎても未だに踏ん切りは付かなかった。しかし、今 栃木にしがみついていても幸せが無さそうだと気付いた俺が行く場所、それは手っ取り早くなら静岡かもしれない、どこかほかの場所かもしれない。
ちなみに静岡(浜松)になら転職を検討してる気になる自動車メーカーがある。今、日本で最も元気と言っても過言ではないかもしれない。ただ、10年先を見据えた将来が本当にあるのかが少し心配なだけだ。脱・栃木を目指して転職を検討する時期に来ているかもしれない。
俺が鬱病寸前の どん底から一人で育てた 今 受け持っているプロジェクトを来年までに成功に導けば、必ず次の会社に自分を売り込める。会社の期待度は大きい。役員ですら このプロジェクトに一目を置いているし、名前を覚えている。仕事にだけは自信を持っている。この会社に横たわる多くの悪しき習慣や大企業病、お客様のため… からほど遠い悪しき伝統、俺が気に入らないと思っているものは全てたたき壊して、俺が思うものを作り上げつつある。そのためなら、人に頭も下げれば鬼にもなった。お膳立ては既に整った。あとは俺がゴールに向かって突っ走れば、きっとモノになる。ここから先は、俺の大胆さよりは、どちらかというと苦手な緻密さが求められるところではあるが・・・(苦笑)。こんな大きい会社ですら俺一人の存在で変われる。そんな大きな変化を起こした俺を売り込めば どこのメーカーも俺を欲しがるだろう。

思えば俺という男、失意の出来事から わずか二日。発想が発作的であることは否定しないが、ここまで強いものがみなぎるようになった。そこに成長も感じる。新しいフィールドを栃木以外に求めれば、こんな汚れてもつれた しがらみなんか捨てれる。将来性があるように思えない今の会社なんて捨てれる。あと何年住んでも幸福があるとも思えない今の街を捨てれる。帰る場所という言い方なら俺にとっては静岡かもしれない。中学時代、大学時代と通算で9年住んだ場所、今でも好きでよく通う。住めば短い期間で心が通じる友達も居れば、未だに仲良くしている自転車屋だってある。自転車という枠で見ても、栃木でできて静岡でできないことなど俺には見つからない。

もともと俺の人生に計画なんてほとんどないまま、ここまで来た。
当時の俺の頭のレベルで入れるだけの高校に入り、福岡から出たいという理由で九州から遠い場所を選んだ。寒いところも嫌だし、東京じゃ物価も何もかもが高いし… 結局、九州から出ることを反対する俺の親との賭けで「九州を出るなら国公立以外は認めん!」 と言われて 俺が選んだ地は静岡。チャレンジする価値はあったが関西の私立大学や都内の私立大学などは一切受験しなかった。これも大逆転で合格を決めて、受かっていた九州の私立大学は全て蹴った。今の会社も「就職先を決めろ」と言われて「えー! もう決めるの〜?」ということで俺より明らかに成績のいい人と競合しないように、情報を集めて選んで あとは愛社精神がありそうなストーリーと自分を会社に売り込む資料を作り上げて 受けただけだ。面接の間、自転車の話しかしなかった俺だが、そのまま受かって今の会社にいる。
だったら この先の人生だって無計画に感情で決めてしまえばいい。その場での野生の勘こそが道を造り出すだろう。

そんなしがない栃木 宇都宮の街で起こった出来事は俺の背中を押し始めたような気がする。何度も言うが 発作的な発想であることは否定しないが、そこに向かって頑張ってみるのも、いっそ解かもしれない。

category: 人生論

cm 10   tb --   page top

コメント

No title

こんにちは。
記事を読んで、
ぐっさん。がとても男らしい!と思えました。
(いつも思ってたけどそれ以上に)
具体的にどこが?と聞かれたら困るけど(笑)
きっと今はぐっさん。の人生の転換期なんだと思います。
ぐっさん。が進みたい道を選べばいいんです!
他の方も仰ってますが、
気分転換になんかするといいかもですよ!
やまち。 #- URL [2007/11/28 13:26] edit

No title

わたしが忙しくしてごぶさたしている間に
いろんなことがあったのですね。
わたしも人から「強い」と言われ続けてきた人間です。
たしかに人に弱みなんか見せられない!と思います(笑)
これまでの経験から考えると、わたしの場合
弱音を吐けないことがつらいのではなく
弱音を吐けるような相手がいない・・・と思うことがつらかったのかもしれません。
ぐっさん。
常に強くなくてもいいんです。
いつでも弱い所見せてください(笑)
ぐっさん。はぐっさん。だもの。
ふーたまま #Cz4O2mgQ URL [2007/11/28 12:29] edit

No title

なかなか遊びにこれなくて、詳しいことはわからないけれど・・
会ったことないし、声を聞いたこともない、ぐっさん。だけど
心の平安が早く訪れるように、大阪から祈っているよ。
こんなことしかコメントできなくてごめんよ。
ゆみごん #- URL [2007/11/28 11:40] edit

No title

こんばんは^−−^
それがきっかけであろうが
それがきっかけでなかろうが
自分の気持ちがそうしたいなら、そうするもいいさ!
どこに行ってもやらなくちゃいけないこと
向き合わなくてはいけないことはきっと同じ。
いつの時も自分を信じ、前を向いて足を進めるしかない。
目の前にたとえどんな事が待ち受けていても
自分の人生だからね。
自分にいつわりのない気持ちで進むめばいいよ!
起こる出来事をしっかり自分でうけとめてね^−−^
人間だから、いつの時も迷路の中で想いあぐねて
もがきながら、自分の幸せを見つけていけるんだもの。。。
起こる出来事から逃げるととらえるか
それをバネにするととらえるか、それは自分自身が一番よく知っていること。
全ては未来に繋がっていることだけは変わることのない事実ですものね^−−^
これからどう生きるかはぐっさんが決めればいいんです。誰の人生でもありませんから。
aya #EvmDRqhQ URL [2007/11/26 23:56] edit

No title

ご連絡、ありがとう^^
わけは、よくわかりませんが、
ぐっさんの人生。思ったように動くのがいちばん。
私の周りの男たち・・・息子も含めて。
仕事はたいへん。。サービス残業というと、もう数えきれないくらい。
弱い自分は、形に残らないもので表現するべきでしょうね。書くということは誰かに見られる、ということは、人を選べないということよね。
弱い自分をふくめて、その人の魅力になると思うので、かくす必要はないような・・・・・
勝手なことを書きましたね。また、よろしく!」
神は、その人が耐えられない試練は与えない
といいますよ^^
私のおまじないは「もとめない・もとめない」
と「ついてる・ついてる」
みえこ #- URL [2007/11/27 09:24] edit

No title

今のこの状況をいい方向に考えてくれただけでも良かったよっ!!
発作的になんの考えもなく・・・ただ逃げたいだけで会社を辞めたりしなくて(^_^;)
私も結婚を機に住み慣れた町から離れ、旦那以外・・周りには誰も知っている人が居なかったときとても辛かった!毎週実家方面に行っては私を分かってくれる人に会いに行ってました。。。とりあえず仕事を見つけいろんな人と出会いましたが、独身の頃と違って気心知れる中までにはなりませんでした(~_~メ) 
そしてサッカーと出会いその仲間として男の子と知り合って・・・そっちの方が女性よりとっても付き合いが楽で^_^; なので以外にレオママ男性との付き合いが多いです。。。
人は時に発作的な感情で物事を考えてしまいがちですが・・・
時間が経つともっと違う考えが出てくると思うので
とりあえず今の仕事を成功させることを祈ってます。。。
あまり無理せずたまには気晴らしに静岡に行って気分転換してきてください!
レオママ家でよかったらいつでもいらしてね(^_-)-☆
うちの息子たちが大歓迎でお迎えします!!
パピのレオママ #- URL [2007/11/27 20:23] edit

No title

お疲れ様です。
(´;ω;`)おうぅ・・・読んでいて涙が出そうになりました。
自分は一人ぼっちだ・・・と感じて悲しくなった時が
私もありました。この仕事を辞めたらどんなに楽
だろうって・・・辞めちゃえ〜!!そうだ〜!辞めよう〜!!!!!って思った事も。そしたら気が楽に
なったし、翌日は仮病でお仕事をお休みして一人でお買い物
したり、ランチをしたりして気分転換に行ったら
なんか落ち着いてきました。
ぐっさん。ももしお仕事お休みできるなら、どこかに
ふらりと旅に行ってみるといいカモです♪
自転車じゃなくて、車とか電車とか。
早く、ぐっさん。がスッキリな気持ちになりますよう
応援していますよ〜(●゜∀゜●)ノ
prmr #- URL [2007/11/27 21:14] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2007/11/28 17:42] edit

No title

しばらくネットとご無沙汰してるうちに、ぐっさん。の身に大きな出来事があったのですね。
詳しいことは分りませんが、読んでいて熱い物を感じました。
人は誰しも完璧ではありません。
人に優しく強さだけを見せてくれるような人ほど、とても繊細な心の持ち主なんだと思います。
だからこそ、自分の本音を吐き出す場所が必要なんですよね。
ごめんなさい。上手い言葉が浮かんできませんが、ブログを通して知った、ぐっさん。の人柄に、とても好感を持っている事だけは間違いありません。
ぐっさん。の人生を応援しているので、少しだけ見守らせて下さいね。
ちょび #KByZX6mQ URL [2007/11/30 23:04] edit

No title

皆様へ
たくさんの暖かいコメントやメールをありがとうございました。
終わったと思ったら、終わっていなかったり、今週は仕事が最大のピークを迎えたりで、なかなか厳しいものがありました。償う機会を私に与えてくれるなら、少しでも見直して行きたい。このまま終わるならクラブは去って栃木を捨てることも視野にこれからを検討する そんなところかなと思い始めています。まだまだ状況も気持ちも流動的ではあります。
私は本能で生きるのを大事にし、ここでは強い自分も弱い自分も表現していきたいと思います。これからも、よろしくお願いします。
ぐっさん。 #- URL [2007/12/01 02:02] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム