FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

行きたい! 鉄道博物館 

さいたまに開館しましたね。鉄道博物館。←HPも混んでて見れません 爆
SLのリアルなシミュレーターとか日本最大のHOゲージのジオラマとかあるみたいですね。

思えばいろいろと鉄道は利用しました。私の旅人生で鉄道とは切って離せない思い出が多いですね。
子供の頃、転勤族で関東や静岡に住んでいたころに乗って九州へ向かった思い出もありました。長距離列車のみが発着する東京駅のホームには遠い方から順に発車するブルートレインたちを見送りました。西鹿児島へ向かう「はやぶさ」は憧れでした。寝台特急「みずほ・さくら」「あさかぜ」には乗ったことがあります。電車に揺られる興奮で眠れない俺、明け方の車窓に見える瀬戸内海、渋い下関の駅舎を過ぎるとトンネルへ潜り抜けたら九州のまばゆい日差しを浴びて走るブルートレイン。
貧乏学生である俺を乗せて走る夜行快速ならムーンライトながら・大垣夜行(東京-大垣)、ムーンライトえちご(村上-新宿)、ミッドナイト(札幌-函館)なども乗りました。夜行快速の殺伐とした雰囲気の中に漂う旅情。楽しそうにガイドブックを見ている女子大生たち、さらなる長距離移動に備えて眠る人、夜中に移動して朝から仕事をするビジネスマン…。
そこから乗り継いでさらに遠くを目指す鈍行に5枚綴りの青春18切符。東京駅の3分ダッシュ乗り換え、一眠りして黒磯ダッシュ そうして北へ向かったものです。八戸、小樽の駅前で野宿して北へ目指した日本縦断出発へ向けての輪行。北へ向かうたびに景色は変わっていく。青函トンネルへ入り込むワクワク感、抜けたとたんに北海道の大地に迎えられる興奮。北海道の静かな大地を走り抜けて着いた日本最北端の稚内駅。その素朴な駅とあふれる達成感とほかの旅人とのふれあい。
そこから始まって目指したJRの4隅(最北端 稚内、最東端 東根室、最南端 西大山、最西端 佐世保)を制する旅。今やいずれの駅へ向かう路線も鈍行で完乗し、第3セクターで日本最西端のたびら平戸口にも最高地点の野辺山にも自転車で行きました。(今は端っこは沖縄のモノレールですが)
四国へ向かう列車に乗り換えたり、鈍行を乗り継いだ岡山駅のホームなんかも思い出がいっぱいありますね。足が悪くなってきた祖父さんを連れて浜松から四国へ向かう時の乗り換え。そこで必ず定番の駅弁は、岡山駅弁の「まつりずし」高松へ向かう列車、高知へ向かう列車… 発車ベルに乗せられて次々と出て行く列車を見ながら待ち続ける次の次の松山行き特急しおかぜ。足が悪いから確実に乗れる2本後の指定席にしたのだが、せっかちな祖父さんに「まだ乗らんのか?」と聞かれてしまう。
鈍行で九州へ向かうと、ちょうどお昼時で乗り換え時間も長い岡山駅と言えば おみやげと弁当を買う場所。定番は、なんと言っても きびだんごと まつり寿司。
新幹線も東北、上越、長野、九州、東海道山陽いずれも全区間乗りました。いろんなところで いろんな列車に乗ってワクワクした思い出があります。世界最速を目指し飛行機と真っ向から闘った東海道山陽新幹線500系の近未来的なフォルムと空力を追求したギミック… 狭いとか乗り心地が悪いと非難されたが そこまでして世界一になりたい そこまでして飛行機に勝ちたい そんな男達の魂の伝わる車両でした。近代的な内装と静かに速い最新の九州新幹線 つばめ、寒冷地でも減速することなく逞しく走り抜く東北新幹線…。
岐阜の山奥の美林を走り抜けていくワイドビューひだ、険しい崖のような地形に素朴な温泉地を走り抜けて湯布院・別府を目指す 特急ゆふいんの森、紀伊半島の海を眺めながら走っていく ワイドビュー南紀、どこまでも続く北海道の平原を強く素速く駆け抜ける特急おおぞら、特急スーパーホワイトアロー・・・ 各地で特急列車もいろいろと乗りました。

そんな旅情あふれる世界の中、ハイテクを追求したエンジニアの魂が見える列車もあれば、リゾートの心地よさを演出する列車もあれば、のんびりと地方を走り、誰も降りない乗らない駅に愛情を持って止まるローカル線もある。そんなローカル線から見えるその地方の色にドアが開くたびに感じるその街の風。味のあるモーター音にディーゼルのエンジン音と発車ベル 旅を演出する音ですね。

旅に欠かせないもの、それは 鉄道ロマン。

クルマばかりで鉄分が不足気味。そのうち行ってみたい博物館ですね。


オープン初日は客が殺到したみたいで、大混乱だったようです。前から思うんですが初日なんて混むのが目に見えているのに何故 こんなに殺到するんでしょう。人混みが落ち着いた頃に見に行ってみたいですね。混んでいるところに行って並んで苦労して見ることにステータスを感じているのでしょう。西の人間には理解不能な感覚ですね。

category: 旅について語る

cm 10   tb --   page top

コメント

こんばんは^^
そう、確かに新幹線は便利。。仕事ならなおさらにそう思う。
でも、そういうものとは別に鉄道のよさは、乗った物にしかわからないものかもしれませんねぇ〜**
私も子供の頃は田舎に帰るときもよく乗っていたなぁ。。
今は車での旅行が多くなったけれど、この年齢になってくると便利さより、どこか心をゆったりさせてくれる
旅を好むようになり、時間をかけて、そういう気長な旅もいいなぁと思うことが多くなりましたね。。。
ぐっさんと車もあうけれど、ぐっさんと鉄道というのも
良い感じだよ♪^−^
aya #EvmDRqhQ URL [2007/10/14 15:20] edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2007/10/15 07:55] edit

HP見れません(涙)
すごい! 感心するばかりです。
年を取ってからでも鉄道のたびは出来ますよね。
でも、ぐっさんと行ったら楽しそう♪
しかし、のぞみがとまらんのは なぜじゃ!
はなケンママ #81/lD5GQ URL [2007/10/15 09:07] edit

こんばんは!
私もHP見れませんでした(。´Д⊂)
鉄道ファンでなくても、
一度は行ってみたいと思う場所ですよね♪
ぐっさん。は静岡時代にSLは乗りましたか?
私は小学生の頃、社会見学で乗った以来乗ってません。
今からの季節は紅葉も綺麗ですからね〜。
電車での旅は憧れちゃいます♪♪
やまち。 #- URL [2007/10/15 10:25] edit

この時間だとかろうじてHPは見られますね。
ぐっさん。は軽めの「鉄ちゃん」ですか?特急の名前が羅列されている文章は読んでるだけで、旅している気分になれます。
余談ですが、私のダンナは重症の「鉄ちゃん」で、いつのまにか「友の会」なるものに入ってました。鉄道博物館入場に何らかのメリットがあるらしいです。まったくどこからそんな情報を....v-12
まろの #- URL [2007/10/15 13:02] edit

度々ドイツの話を持ち出して恐縮なのですが・・・ぐっさん。の文章を読んでいたらまた、思い出してしまいました(笑)許してね。
当時、車のなかったわたし達夫婦にとって(語学学校に在籍していたため)移動の手段は鉄道でした。
ご存知の通り、あちらは日本のように発着が正確ではありません。
で、乗り換えに間に合わず、次の朝一の列車が来るまで駅の構内で旦那と二人、夜明かししました。
寂しかったなあ・・・不安だったなあ・・・若かったなあ・・・(笑)
ここに来るまですっかり忘れていた思い出です。ありがとう、ぐっさん。。
鉄道ってなんでこんなにノスタルジー?
るーくまま #- URL [2007/10/16 11:14] edit

こんばんは〜(^^)
淡路島に昔あって今ないもの・・・そのひとつが電車です。
昭和41年に鉄道は廃止になったんですね。
その最後だったって日に、見に行った記憶がかすかにあるのですが
電車は出たあとで、あとにも先にも淡路島で乗ったことがありません。
そんな土地柄で育っているせいか、我が中学校の修学旅行の前には
新幹線の乗り方って運動場に線を引いて、
時間内に列車に乗る練習とやらがあったのです。
信じられないでしょうねぇ?(笑)
その何年か後のラジオ番組で、「私達の学校では修学旅行の前に新幹線に乗る練習をしました」ってのを聞いて
同じことしてる学校がある〜!と耳を傾けていたら
なんとそれは、うちの学校の生徒でした。
橋はできたけど、今、本州と鉄道でつながっていたらいいのになぁって思います。
まゆみ #N.vW.TCs URL [2007/10/16 12:39] edit

鉄道博物館、相当広いようですね。
先日のオープンの様子をテレビで見てましたが
すごい人数のファンで溢れてました。
ジオラマもすごいそうですね
sion #WO.8kER. URL [2007/10/16 13:01] edit

ぐっさん、「てつ」ですねえ・・
かなり乗り込んでいるではないですか。これは立派なオタですよ〜〜。
いいなあ、たくさん乗っていて。
ほんとにうらやましいです。しかも乗りたいやつばっかり!!
私は、鉄道は見るより、並べるより、集めるより、実際に乗るのが最高だと思います。
荷物を持ってホームに行って乗り込んでベルが鳴って
ゆっくり走り出す瞬間のワクワク感がたまりません。
昔青春18切符で3分乗り換えダッシュ旅行をしていたら、お昼が食べれず、車内販売も来ず、トイレにもいけずで死ぬ思いだったことを思い出します。
そして田舎の駅のトイレ・・これは女子にとってかなりの鬼門です
miyu-sakura #Wa8vY8KE URL [2007/10/18 05:27] edit

ayaさん
コメントありがとうございます!
鉄道での移動って旅の気持ちを駆り立てるという意味ではクルマより上だと思います。学生の時みたいに無限にちかい時間で、鉄道で遠くまで行って、遠くまで行った感覚を味わって、自転車で長距離の旅をするというロマンもいいですね。今は時間を金で買いますから飛行機でひとっ飛びですからね。
はなケンママさん
コメントありがとうございます!
思えば鉄道もいっぱい乗ったものです。男の子は生まれたときから乗り物が好きなので いろいろ思うところはあると思います。ぐっさん。の旅は気まぐれなので あれぇ〜 どんだけ〜 ってなっちゃいますよ 笑
やまち。さん
コメントありがとうございます!
静岡時代に乗りましたよ。中学校の遠足系イベントだったかな。金谷から行く奴。大井川沿いにマッタリと走る大井川鐵道がいいですよね。鐵道博物館は、もうちょっと空いたら、ねらってみるのがいいでしょう。
まろのさん
コメントありがとうございます!
軽症の鉄ちゃんですね。さすがに時刻表を読むだけで一晩は明かせません。3時間が限界です 爆
友の会って気になりますね。
るーくままさん
コメントありがとうございます!
そんなことが起こってしまうんですね。ドイツってルールは絶対に守る文化だから 遅れたりしないと思ってました。ドイツといえば鐵道も良いけどアウトバーンでAudiとかBMWとかPORSCHEでブンブンやりたいですね☆ (ベンツは嫌いです)
まゆみさん
コメントありがとうございます!
淡路島に鉄道があったなんて初めて知りました。その練習は凄いですね! どうせなら新幹線こだまで練習しますとかでも良いような気がしますが 笑
どこかの離島では交通ルールの学習のために島の中心の交差点に信号を付けているとか聞いたことがあります。それに似てますね。明石海峡大橋と大鳴門橋に電車を通して欲しいですが、「たこフェリー」も捨てがたいですよね。
sionさん
コメントありがとうございます!
これだけの展示ですから、相当広いと思います。初日は入場制限かかったみたいですね。もうちょっと落ち着いたら行きたいと思います。ジオラマはマジで見てみたいです。昔、鉄道模型で少しだけ遊んでいたもので。。。
鉄子のmiyu-sakuraさん
コメントありがとうございます!
やっぱり撮り鉄より乗り鉄ですよね。18切符って忙しいときと乗り換え待ちが多いときの差が多すぎるときありますよね。西に向かうと忙しいけど、北に向かうと黒磯から北は待ち時間が長すぎるとか…。
何か 特急とか乗りたくなってきました。
ぐっさん。 #- URL [2007/10/18 17:14] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム