FC2ブログ
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

リンゴ発送 


最後は産直から 目に入れても痛くないほど可愛い姪っ子&ツインズに青森のリンゴを送ります。実家にも送って一段落です。種類が豊富ですが、リンゴの種類の差が分からんです。青森の人はリンゴをリンゴと呼ばず品種で呼ぶとか 見ただけ一口食べただけで品種が分かるとか言われます。それも楽しそうです。ツーリング中に大事に収穫されてる農家の方々を何度も見ましたし、こんな大自然に抱かれて育ったリンゴは美味しいに決まってます。
ということで、今日のアイスです。
嶽きみソフトクリームです。嶽(だけ)きみは岩木山の周りで作られる絶品のトウモロコシです。甘さとこくがたまりません。

宇都宮に向かいます。片道570km… 頑張ります。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山神社(2) 






今日は新天皇陛下の御即位の礼なので そういう雰囲気です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山神社 (1) 






旅も終盤です。2016年の旅でも立ち寄りましたが、今回も素通りはできません。1300年の歴史を持つ神社は風格があります。参道の向こうに岩木山がそびえ立っているのですが、雲に隠れます。岩木山の湧き水で手を清めます。いつもより多めに清めます。車の中にカメムシが来て駐車してる左手に止まってニオイを発射していきました。洗っても取れません…。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

津軽そばとおでんとおにぎり 




やや寒くなって来たし暖かいそばが美味しくなってきます。具だくさんのおにぎりにおでんで満たされます。
津軽三味線のライブを窓の外に聴きながらの飯に体験価値が高まります。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山からの絶景 






岩木山 最高です。
秋の青森といえば十和田湖や奥入瀬渓谷の紅葉ばかりが着目されがちですが、津軽平野の独立峰 岩木山も絶景です。津軽の人たちが心の拠り所にし愛する山であることが改めて感じます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山リフト 






8合目の駐車場からリフトで山頂へ向かいます。リフト降り場から岩木山山頂までコースタイム40分程度ですが山を舐めきった服装なので、鳥海山の方へ行きます。こっちは10分程度の道で、一部を気をつければ辿り着けそうです。
絶景は表す言葉が見つかりません。日本海、白神山地、津軽平野の眺めが素晴らしいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

津軽岩木山スカイライン 




岩木山を一周回れる道を走ります。2016年の夏に白神山地から来て走って雨のナイトランに突入して嶽温泉(だけおんせん)に泊まった思い出が深いです。車で走ってみても「よくあの時 フル装備のチャリで走るよなぁ」と思うほど坂もカーブも厳しい周回路です。
岩木山スカイラインは岩木山の山頂に向かう自動車専用道路なので自転車では行けないため車であがっておきたいルートです。紅葉の中を走る感覚は異次元の自然美です。VEZEL HYBRID RSの走りは素晴らしく踏ん張る足まわりにハイブリッドのトルクを与えながら気持ち良く上れます。登り切ると日本海や津軽半島の十三湖、南には白神山地を一望できます。下界の紅葉が素晴らしいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

岩木山の周り 




空は曇ってきましたが、山頂はくっきり見えて裾野からグラデーションになってる紅葉は見事です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

朝らー 


地元のラーメンを買って朝から作ります。かなりにぼしい味です。形容詞を作りたくなるぐらい煮干しの香りが濃厚で、縮れ麺とよく絡みます。チャーシューを買い忘れたので、宮城で買った笹蒲鉾を具にしてみたら魚同士の相性の良さです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム