FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

宇佐神宮(3) 






下宮にもお参りに行きます。上宮だけだと片参りってことで、良くないそうです。くぐるとパワーもらえそうな木があります。くぐってみました。まだパワーは実感してません。
昭和40年まで宇佐神宮に来ていた小型のSLも見ていきます。このサイズのSLはかなり珍しいです。

category: '19 GW 四国・九州

cm 0   tb --   page top

宇佐神宮(2) 




本殿の上宮は立派です。樹齢800年の楠の御神木が良い雰囲気を醸し出してます。2礼4拍手1礼ということで、他の神社より多めに柏手を打ちます。

category: '19 GW 四国・九州

cm 0   tb --   page top

宇佐神宮(1) 






過去にも東九州をツーリングした時に参拝しましたが、また参拝していきます。
本殿までの参道は雰囲気が良いです。

category: '19 GW 四国・九州

cm 0   tb --   page top

USA 


C'mon baby アメリカ♪ 運転席が左~♪

宇佐市に入ります。

category: '19 GW 四国・九州

cm 0   tb --   page top

豊後高田 




国東半島の根本にある豊後高田で遅い昼飯です。九州では珍しく蕎麦の産地です。昭和レトロな街並みもあります。
メンチカツとコロッケと蕎麦です。蕎麦は何となくもちっとした食感です。

category: '19 GW 四国・九州

cm 0   tb --   page top

粟嶋神社 






縁結びで人気らしいです。願いを込めて岩のくぼみに石を投げ込むようです。4つ投げましたが入りません。眺めが素晴らしいですね。

category: '19 GW 四国・九州

cm 1   tb --   page top

朝からたこ 





まつりの雰囲気が楽しく出発が遅れます。ま、それもありでしょう。
昨日は閉店後にたどり着いた道の駅くにみで名物のタコ飯を食べていきます。やっぱりプロが作る味は違いますね。

category: '19 GW 四国・九州

cm 0   tb --   page top

タコとクルマエビ 






ビールを売ってる屋台を見つけて買ってきます。
タコを1匹、車エビを数匹 買って運んでました。車エビは国東半島近くの姫島で養殖されたものです。よく冷えたまま運び切れました。
まずは刺身です。塩とレモンだけでシンプルに食います。どっちも美味すぎます。タコ飯を作ります。タコの出汁がよく出て 塩加減もバッチリ決まりました。炊いてるときから香りが良いですね。前からずっとやりたかったアヒージョやります。香川県産のニンニクとオリーブオイルと瀬戸内海の塩で煮ます。良い味が出ますね。生でも食える新鮮さなので気楽に火の入れ具合を決めれます。特にクルマエビがたまりません。
満足の夕飯でしたが、早くも明日がラストキャンプです。悔いのない自炊キャンプをしたいですね。

category: '19 GW 四国・九州

cm 2   tb --   page top

にじのこまつり 




道の駅くにみを中心に、オートキャンプ場 海浜公園 夏しか営業してないキャンプ場ってことで、ダメ元でオートキャンプ場に電話したら満杯で 日没後にテントを張り風呂は諦めるか非合法なことをするかと考えていたら、なぜか夏のみのキャンプ場からズンチャカ聞こえます。テントいっぱい張ってるし野外コンサートイベントやってます。3000円とお高いけど参加することでキャンプします。200円でシャワーが使えるので非合法なことをせずに済みました。雰囲気は楽しめます。キャンプであってキャンプではないのでテントで出店してる人もいるし夜中まで歌って騒いでます。それでいて岬の突端なので星空がきれいです。

category: '19 GW 四国・九州

cm 0   tb --   page top

権現崎からの夕日 





何とか今日のキャンプ地に着きました。九州は3日間の走行ですが気を抜けません。九州1日目を無事に走り抜いたのは大きいです。
時間的にもよく夕日に間に合いました。国東半島の北の端なので西側には海が見えます。

category: '19 GW 四国・九州

cm 1   tb --   page top

国東半島サイクリングロード 





海沿いの国道を走っても海はほとんど見えず、アップダウンが激しい単調な道が続きました。終盤 少しだけサイクリングロードに行くと海を楽しめます。
ツール ド 国東の出場者たちと延々とすれ違い続ける展開で刺激をもらいながら走れたのと四国でのトレーニングが利き始めて手応えを感じます。

category: '19 GW 四国・九州

cm 1   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム