FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

〆は温泉と喜多方ラーメン 



只見川を眺める露天風呂で汚れと疲れを落として、やや遠回りして喜多方ラーメンを食べていきます。
喜多方では朝食にラーメン食べるぐらい活力あるので開店時間が早い代わりに夜は閉まるのが早く店探しに苦戦しましたが 何とかありつけました。
煮干しの利いた出汁の醤油スープとモチモチとこしのある太い縮れ麺がたまりません。ガッツリとチャーシュー麺です。
夜の9時を回りましたが、宇都宮まで運転頑張りますか。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

赤カボチャのロールケーキ 





到着まで あと5km程で雨が降ってきたので、会津川口駅に雨宿りします。おやつの時間ということで向かい側のケーキ屋で 赤カボチャのロールケーキを買ってきます。自然な甘さやカボチャのコクがあり美味いです。
小降りになったところでラストスパートして道の駅に戻り、ゴールです。68kmの道のりでした。なかなかの健闘です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

川霧の只見川 






只見から金山に戻る道は下り基調なので楽です。行きと全く同じルートを往復なので坂道の具合も分かってます。
旧家に寄り道して、やや話し好きのガイドさんと 雨降りそうだから逃げ切らないと… という話をしていたら雨が降り出しました。
目当てにしていた 河井継太郎記念館に雨宿りがてら駆け込みます。見学しながら小降りになるのを待っていると、窓の外がえらいことになってます。
川面に沿って霧が立ちこめてます。霧の濃さや場所は刻一刻と変化しますが、静かな川面に映る山と霧が幻想的で、夢の中にでもいるかのようです。時間的に偶然の産物を目にして感動します。たぶん今回の旅でこれを見るためにすべての出来事が仕組まれていったのだろうと思います。
やっぱり、旅って良いですね。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

只見 十割そばとかき揚げ 


只見まで片道33kmを走り昼飯にします。シャキッとして香りが立つ絶品です。かき揚げも野菜たっぷり揚げ立てで美味しいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

只見川(1) 





圧倒的な絶景は無いですが、只見川を上る間にみる山の岩肌や川の流れは美しいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

大塩 炭酸水 




昨日のような山岳コースばりのアップダウンは無く 緩くアップダウンを繰り返しながら、徐々に登ります。昨日と同じボリューム感だとキツいとは思ったが、何とかなりそうです。
景色はあまり見やすくはないが、なぜか懐かしい気分になる田園や川沿いを走ります。途中に炭酸水が湧き出る井戸があったので寄ってみます。こんこんと水が湧く井戸にヤカンを入れて汲み上げます。そういえば井戸にやかんやバケツを入れて汲み出す体験って初めてな気がします。
飲み口はさっぱりして海外のミネラルウォーターを思わせます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

道の駅 奥会津かねやま 


キャンプ場から出発して今日は上流側の只見を目指そうかと思いましたが、終盤に激しいヒルクライムと日没後になるリスクを考えると一度 車で、下に降りて道の駅 金山から走る方が良いだろうという判断です。車で下っても坂道のボリューム感は凄いです。自分で言うのもナンだが よく登って来たと思います。
道の駅で自転車を組んだところで 今日のアイスです。
赤カボチャソフトクリームです。カボチャの効かせ方がさり気ないのであっさりいけます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

珍客 





テントに珍客です。蝉の幼虫がテントに登り 成虫に羽化しました。そこら中の木に蝉の抜け殻と羽が乾くのを待つ成虫がいます。キツツキと思われる音も頭上から聞こえます。
朝飯は 柳津の温泉で買ってきた あわ饅頭です。餅米の効いた生地がモチモチして美味しいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

枝豆と冷や奴とキャンピングざるそば 




夕飯は地元の枝豆と冷や奴でビールを飲みます。豆がぷりぷりで 味は濃厚です。味付けの塩も沖縄の天然塩です。
茹で上がりの写真を撮り忘れましたが、蕎麦は柳津の道の駅で買った 柳津博士そばです。キャンピングざるそばは 全国の蕎麦の名産地(上高地 戸隠 新得 幌加内)でやりましたが、過去最高レベルに美味いです。店の人が持ち帰りのコンディションを気にするのが分かります。凍らせた水のボトルと一緒に持って帰る作戦が成功です。
誰もいないキャンプ場を独占して最高の飯です。福島の里の幸に感謝。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

柳津から只見川を上る 





柳津からの道はアップダウンが激しくヘトヘトになります。圧倒的な景色はないですが、しみじみとした良い景色が続きます。
キャンプ場の沼沢湖は山の上で最後は強烈なヒルクライムでしたが、何とか日没に間に合いました。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

円蔵寺 





福満虚空蔵尊 円蔵寺に寄ります。アカベコ発祥の地で 狛犬が牛です。かなり荘厳ですが、牛が少し緩くて手頃な雰囲気を醸し出します。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

柳津 蕎麦とソースカツ丼 





アップダウンも登り切ると絶景です。目的地の柳津(やないづ)で昼飯にします。十割そばとソースカツ丼で欲張ります。卵の上のトンカツに酸味の効いたソースが美味いです。蕎麦も香りとのどごしと歯ごたえがたまらないです。これほど美味い蕎麦ってめったにない気がします。
道の駅の近くの斉藤清美術館にも寄ります。厳しい自然に生きる優しさを感じるのと、シンプルな画風にリアルを感じます。美術を語るのは得意ではないですが、一言でいうと好きな絵です。
前の記事で触れ忘れましたが、キャンプ場の沼沢湖にある 妖精美術館にも寄ったので今日は2つです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

沼沢湖と川沿い 





沼沢湖が美しいです。夜はさすがに気付けません。車で走っててもキツそうな川沿いの道は本当にアップダウンが激しくバテます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

只見でキャンプ 


会津の西へ只見に入ってきました。福島県って意外と西に広いもので、浜通りのあぶくま洞から高速だけで97km 全体で130km近くありました。びっくりするぐらい山奥で、途中でタヌキを2匹見ました。
すっかり到着が遅くなりましたが、夕飯はキャンプでパスタにします。産直コーナーの野菜だけで作りました。福島県田村市産ヒラタケと椎茸と茄子の和風パスタです。味付けはニンニクの香りを移したオリーブオイルとめんつゆです。香りが出て ナスの新鮮さも生きて美味いです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

あぶくま洞(2) 






スケール 繊細さ どれをとっても素晴らしいです。
探検コースはゴツい俺にはきつかった…。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

あぶくま洞 (1) 






金曜日の有休に準備して 車で福島県へ向かいます。まずは郡山から東に入った田村市にある あぶくま洞に行きます。
何だかんだで、鍾乳洞が好きなので 全国いろんな鍾乳洞に行きました。
どんな自然による演出があるのか楽しみです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

カボチャのカルボナーラ 



年間20日の有休を消化するうちの会社ですがGWにくっつけた休み以来 2ヶ月ぶりの有休で平日ランチです。何が忙しかったのか よく分からない忙しさです。
夏の旅に向けて準備しつつ、アウトドアショップ WILD-1の隣のWILD BARNで昼飯です。
ポタージュとサラダの後からカボチャのカルボナーラです。クリーミーなソースに溶け出したカボチャがよく合います。コクがあります。俺もこういうの作ってみたいですね。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

いくらなんでも 

すいません。最近 ネタがないです。

俺のケータイに久々に架空請求が来ました。
金額がなんと 「20億円」 です。
0を数えないと金額がわからないレベルの破格です。
しかもメールが来たのが週末の15時なのに今日中に振り込めと。
仮に持ってても手続きができないかと思いますが・・・

category: 日記

cm 2   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム