FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

ミュンヘン ドイツ博物館 

ドイツを代表する工業技術が展示されています。
発電、水利、航空、自動車、電子技術、船舶、掘削・・・
説明も大人向きに細かいです。かなりマニアックな博物館ですね。
g_musium_01.jpg
g_musium_02.jpg
g_musium_03.jpg
g_musium_04.jpg
g_musium_05.jpg


エンジニアだけど幼稚園児並みの英語力しかない俺には読めません 笑

で、自動車と航空が凄いって地球の歩き方に書いてあったのですが、
10年前に展示は分かれて移転されていて、同じ問い合わせを10年前から
毎日 日本人にされると案内の人が笑いながら言ってました。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

ミュンヘン レジデンツ 

レジデンツ(王宮?)にも寄ってみました。
目の前にある大きな劇場もインパクトありますね。
resi_02.jpg
resi_07.jpg

レジデンツの方は そりゃもう豪華絢爛です。
落ち着かないほどど派手ですが装飾の手間のかかりようとスケールが両立してて
雰囲気に圧倒されます。
resi_01.jpg
resi_04.jpg
resi_03.jpg
resi_05.jpg
resi_06.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

ミュンヘン マリエン広場のあたり 

日曜日はミュンヘンへ出向きました。
3年前の海外出張でも来ましたがマリエンプラッツの新市庁舎は見事です。
marien_01.jpg
marien_02.jpg

他にも雰囲気に圧倒されるような建物がいっぱいあります。
街の雰囲気は古き良き町並みって感じで良いですね。
munchen street_02
munchen street_03
munchen street_04
munchen street_01

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルク~ミュンヘン 鉄道 

ミュンヘンにも行ってきました。まずは鉄道ですね。

まあ何のことはない快速列車ですが、海外だと雰囲気は違います。
2階建てで1階は自転車と人、2階は人という配置になってます。
輪行(ばらして袋に入れる)が不要な欧州らしいです。
レーゲンスブルクからミュンヘンはこれで行きます。
train_02.jpg

ドイツが誇る高速列車ICEは新幹線を見慣れるとフロントノーズからスピード感は感じませんが、
これでも300km/hで巡航します。シンプルなデザインがカッコイイですね。
今度 出張か旅行する機会があれば乗ってみたいです。
train_01.jpg
train_04.jpg
train_05.jpg

ミュンヘン市内を走る U Barnこと路面電車も5両編成です。
train_03.jpg

帰りはいかにもローカルな感じの列車で帰ってきました。
ただ、車両によっては動力は機関車で確保するので客車は静かでシルキーな走りをします。
駅のホームのベンチでサンドイッチを晩飯に食いながら鉄道を見てました。
train_06.jpg
train_07.jpg

自転車が好き、車が好き、鉄道も好き という俺にとっては旅のトレインウォッチングも楽しいです。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

ホワイトアスパラとグリーンアスパラのサラダとクリームソースパスタ 

そして海外出張なのに本格自炊です。
ホテルにミニキッチンがあるので料理ができます。
絶対に余るのにオリーブオイルとか買っちゃいました。 笑
rbg_cooking_01.jpg
まずホワイトアスパラとグリーンアスパラを塩ゆでします。
マッシュルームを塩とオリーブオイルでソテーします。
ベーコンかと思ったら生ハムを炒めます。
全て半分はサラダ、半分はパスタに使います。

サラダは全てを添えてチーズを添えて完成です。
オリーブオイルでニンニクをいためて牛乳を入れます。
そこにチーズを入れて溶かします。先ほど炒めた
生ハムを入れます。しばらく煮詰めてコクを出します。
塩気は強くて追加で味を調える必要がなかったです。
ソースのめどがついたら、パスタ(タリアテッレ)を茹でます。
アスパラのうまみが出てる塩水で茹でて味を移します。
ソースと絡めてアスパラをのせて完成です。

rbg_cooking_02.jpg
サラダは何も足さない 何も引かない アスパラの旨さが全て出ています。
何でこんなに美味いのかと思うほどホワイトアスパラは美味いです。
爽やかさと甘さと歯ごたえがたまりません。グリーンも負けじとうまみを
主張しています。
炒めた生ハム? の塩気とマッシュルームが箸休めになって美味いです。

rbg_cooking_03.jpg
パスタは絶品でした。チーズがうまく溶けませんでしたが、
チーズさりげない味とアスパラの自然な甘みがよく合います。
本当は生クリームを買おうと思ったのですが、完全にドイツ語のため
そもそも買おうとした物が生クリームかどうかあやしかったので
100%意味が分かった牛乳を煮詰める作戦でいきました。
これはこれで 美味しくて乳製品とアスパラがたまりません。
マッシュルームも良い香りを出していて最高です。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~子煩悩のオモチャ屋さん 

目に入れても痛くないほど可愛い愛しの姪っ子&おちびちゃんたちのために
市街地のオモチャ屋さんに寄りました。
toys_01.jpg
toys_02.jpg
toys_03.jpg

外国のオモチャ屋さんって面白いですね。日本とは違うオモチャも見えます。
子供は工事用のパワーショベルのオモチャに夢中でした。

で、ここでも子供にじーっと見られたり、いきなり喜んできたりで
子供に好かれやすい子煩悩おじさん全開でした。
レジでは 「ずいぶんいっぱい買いましたね」と笑われました。

俺の子煩悩は唯一 世界に通用する才能かもしれません。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~遊園地 

昼間のDULT(ドゥルツ)に行ってみました。

夜は豪快にビールを飲んで肉とパンとチーズをむさぼり、
胸元がセクシーな地元女性の民族衣装が彩り、
歌って踊る場ですが、昼は子供の遊園地のような場所です。
dult_04.jpg
dult_01.jpg

ただ、乗馬なんかもあるのですが馬を調教するおじさんがムチを
振り回して馬を操っていて馬に乗ってる子供が怖がっています。
馬が徐々に内側を回ってショートカットしたがるので、外側を回るように
内側からヒモで馬を脅しています。
泣きっぱなしの子もいます。遠目には幼児虐待にしか見えません・・・
dult_02.jpg

dult_03.jpg
dult_05.jpg
露店・・・というより店のファーストフードも充実しています。
可愛いお菓子、ソーセージ、魚を焼いた物、ビール、ワイン・・・

ちなみに、この大量の遊具やお店 全て移動式です。
3週間にわたる祭りが終わると全て撤収されます 笑
これでも オクトーバーフェストと比べると半分以下の規模だそうです。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~自転車 

rbg_bicycle_03.jpg
これをケッタと読んだあなた 愛知・岐阜・三重県民ですね。
KETTLERの電動アシスト自転車ですがバッテリーがコンパクトでスポーティです。
自転車屋のショーウィンドウを覗いてみました。(店は週末だが休み)
rbg_bicycle_04.jpg

このあたりは自転車が多く、単なる足にしてはギアもちゃんとあるスポーツ系です。
ぴちぴちのレーサーパンツで乗る人もいればジーンズで乗る人もあり。
後で見つけましたがレーゲンスブルクの駅にレンタサイクルもありました。
クロスバイクかMTBしか貸し出して無かったです。

子供用は目立つようにぴーんと伸びた旗が付いてます。
これもヨーロッパらしくてカッコイイですよね。
rbg_bicycle_01.jpg
rbg_bicycle_02.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~橋の上と民族衣装 

古くからある石橋からと石橋の眺めが最高なのですが工事中でした。
橋の上からの眺めは良いですね。ドナウ川の向こうに古い町並みが広がります。
rbgstreet_06.jpg
rbgstreet_07.jpg

DULTの祭りで見られた民族衣装の女性たちの衣装です。
割と良い値段します。子供が着てると可愛いですし、
大人だと胸元が出ています。
rbgstreet_08.jpg

民族衣装のお姉さんたちが昼間っから街で飲んで歌ってます。
俺も歌ってしまいました。
rbgstreet_09.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~街の風景 

歩いてて飽きない街ですね。
大胆な明るい色使いの壁とか造形とかすばらしいです。
古い作りを守り続けてきた街は貴重ですね。

rbgstreet_01.jpg
rbgstreet_02.jpg
rbgstreet_03.jpg
rbgstreet_04.jpg
rbgstreet_05.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~ドナウ川 

ドナウ川遊覧船でバーハラ神殿とか行ってみようと思って
船のチケット売り場に急ぎます。慌てて買って乗り込みます。
ドナウ川沿いに船は走り始めました。
donau_01.jpg

ちょっと上流に行って水門の前で引き返します。
レーゲンスブルクの町を川から見ながら下っていきます。
中州で分断されていた川が合流しているところで
中州の向こうに行きます。また引き返します。
合流したところでUターンして元の船着き場に戻ります。
donau_02.jpg
donau_03.jpg

川から見る市街地も良かったんですが短いです。
散歩でいける範囲でクルーズしても・・・
2時間のと1時間のがあり、俺のは1時間のでした。。。
クルーズ船は種類が多くてレストランが入ってる大型の物とか
色々でした。
donau_04.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~Die historische Wurstkuchlのソーセージ 

レーゲンスブルクでは有名なソーセージ屋さんでランチにします。
Die historische Wurstkuchl という店で、世界最古のソーセージ屋です。
1378年からやっています。
ドナウ川を見ながらオープンテラスで昼間っからヴァイスビアと
焼きソーセージにザウワークラウト 贅沢な週末ですね~
顔がほころぶほどビールもソーセージもザウワークラウトも美味いです。

気さくな店員のおじさんもまた良い味を出しています。
相手の人種を見ながら 「Kanpai」と言いながらビールを出してくれたり
犬を散歩させながら食事に来たら犬に1本ソーセージをあげたり・・・
有名でも驕り高ぶらない姿勢はドイツの余裕のようなものを感じます。
Die historische Wurstkuchl_01
Die historische Wurstkuchl_02
Die historische Wurstkuchl_03
Die historische Wurstkuchl_04
Die historische Wurstkuchl_05

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~夕飯の食材をお買い物 

今夜は自炊しようと思って買い出しに出ます。
DOMの近くのマーケットで新鮮なアスパラガスを買っていきます。
今はホワイトアスパラがドイツのごちそうです。
白いのが美味ければ緑も美味いでしょう。
露店用の車でチーズや肉やソーセージ、野菜や花など売ってます。

スーパーでパスタの食材を買います。
絶対に余るのにオリーブオイルも買いました。
market_01.jpg
market_02.jpg
market_04.jpg
market_03.jpg
market_05.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~大聖堂 DOM 

レーゲンスブルクを象徴する建物ですね。
大聖堂で DOM と地元で呼ばれています。

中に入ると荘厳、雄大、それでいて優しい気持ちになれます。
ステンドグラスも見事ですし、2009年から入った世界最大の壁掛け式
パイプオルガンも見事です。
朝は曇ってましたが、夕方は晴れ 雰囲気が少し変わります。
夜になるとまた違う雰囲気があります。

DOM_01.jpg
DOM_02.jpg
DOM_03.jpg
DOM_04.jpg
DOM_05.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

Sushi haus 

すいません。ドイツに来てから食の話ばかりです。
景色をじっくり見に行く暇が無くて、仕事してるか食事してるか寝てるか・・・
ってことで海外出張で初めて迎える週末です やっほーい
土曜日はレーゲンスブルクの町を歩いて、日曜はミュンヘンに出てみます。

重い食が続いているので、ドゥルツに向かう途中で見つけたSushi Hausに行ってみます。
中には「寿司」と書いてあったので、間違いなく寿司屋さんです。



予約席に座っていたイケメン&美女カップルに席を空けてもらいました。
ちゃんと笑顔で挨拶するし美男美女だし、ドイツの懐の深さを感じます。
ドイツ人って仕事を一緒にしてる感じだと、ものすごくまじめです。
我を通しますが理にかなってることは徹底的にやります。
ただ、切り替えはものすごく上手くてしっかりしています。
ディナーやランチで仕事の話は一切しません。
ドゥルツでのはじけ方とか19時にはオフィスに誰もいないのは
そういうことですね。俺はビジネスパートナーとしてもフレンドとしても
ドイツは好きです。
ここでも子煩悩で隣のテーブルの子供が帰りがけに俺のいすの前に
立ってよちよち歩いてて、立ち止まって俺をじーっと見てました。
ドイツ人のあやし方が分からねぇ~ って感じでしたが、
ばいばーい ってしてあげました。これまた可愛いんですよね。

サイドメニューは充実していて日本料理(笑)があります。
餃子とか唐揚げとか照り焼きとか焼き鳥とか蕎麦とかうどんとかご飯とか・・・
メニューのカテゴライズが面白くて前菜に「Gohan」って書いてありました。
こっちじゃご飯は前菜です 笑 そばやうどんはスープの欄に載ってました。
麺がメインでは無く汁がメインです。所変われば解釈も違って面白いですね。

あとカップルはどこでもいますが、女性客がとても多いですし人気の店です。
女子会(ドイツにそんな概念ないと思うけど)のテーブルが3つか4つあります。
寿司はヘルシーで軽いから女性に人気なのかもしれませんね。
日本の寿司で女性に絶大な人気というよりは老弱男女問わずですからね。
海外で女性との出会いを求めるなら寿司です。 笑



お寿司の国 日本から来て、餃子の町 宇都宮としては餃子は外せません。
肉感が少なく野菜が多くとろっとした中身で揚げ餃子です。たれはエスニックです。
うーん。まあ、日本と比べて勝ち負けを考えようなんて野暮なことはしません。
餃子は日本料理かというと解釈難しくて色々考えた結果こうなったんでしょうね。



そして寿司は橋の上に乗っています。確かにこの橋って日本的な風情があります。
時代劇に出てくるし錦帯橋の一部とか日本庭園の中とか神社の中とかにありますよね。
寿司自体は・・・ 握りは妙にガッチリ握られてます。笑
巻物は何故かクリスピーなものが巻かれています。
エベレスト巻きやレインボー巻きなんてのもあります。
キュウリとアボカド、クリームチーズなんかもあって、少しこってりしてます。
寿司だけどこってりしてます。
味は強いのが好きなドイツ人だからか 醤油をべったり吸わせて食べてる客が多いし
寿司自体もこってり感が少しあったりで面白いですね。

所変わればってところで、日本の完全トレースじゃなくてドイツに少し合わせてるところが面白いですね。
美味しい寿司を期待したわけではないですが、意外とまともだけど個性的。
そんな感想でした。

仕事はタフですが、まだまだドイツ楽しみます。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 3   tb --   page top

ドゥルツ 






今はホップは旬で街は祭りです。
旧市街地が世界遺産の街 レーゲンスブルクは盛り上がってます。あと、美人が多いですし祭りの民族衣装が可愛いです。
ビールも肉も美味いですね!

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

ビールとソーセージ 

ビジネスクラスだが寝ることと仕事に専念して機内食と全てのドリンクサービスを断って12時間は持ち込んだ水しか飲んでません。離陸直後は大爆睡してたものの物音で目が覚めたが食欲より睡眠欲でした。着陸前は機内食が来たが頭が仕事に燃えてパソコン使ってたから断りました。体を全く動かさないのに飯だの酒だの欲しくもないんですね。前にミュンヘン→成田に乗った時も飲まず食わずだし、成田~広州の往復もそうでした。旅や出張の国内線も『お飲み物いかがでしょうか』に「要りません」の繰り返しです。どうも俺は飛行機ではストイックです。食いたいものは買い込むし放っておいて欲しいんですよね。






ミュンヘン付近は夏のような熱気で30℃あり、20時になっても明るいので昼間からビールを飲んでる錯覚と確実な旨さもソーセージの美味さも楽しめます。本場は違いますね。白いヴァイスヴルストの美味いこと美味いこと…
デザートのアップルストゥリューデルもなかなかの味でした。アップルパイとアイスクリームの組み合わせが絶妙です。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

ドイツの走り 



ミュンヘンは夕方の7時ですが明るいです。ホップの畑を見ながらアウトバーンを走ってもらっています。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

脱 日本 



ということで、羽田空港の国際ターミナルに来ました。ドイツのミュンヘンに飛び、レーゲンスブルクに行きます。

取り敢えず月末までで予定を組んでますが、終わりの見えない海外出張です。楽しめるものは楽しんできたいですね。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

旅終了 

自宅に戻り旅は全行程終了しました。
たくさんの応援ありがとうございました。

社会復帰しなきゃなぁ…

category: '14 GW 四国

cm 3   tb --   page top

新幹線 




岡山で新幹線に乗り換えて東京に向かいます。弁当も岡山で買います。お気に入りの まつりずし です。やっぱり美味いですね。
日記もまとめて書いてます。子供の頃からそうでした。夏休み終了間際にまとめてやる。三つ子の魂 アラフォーでも忘れずってな。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

高知から撤収 




鉄道ウォッチングを楽しみながら、残りわずかな高知での時間を過ごして、岡山行き特急 南風の発車を待ちます。アンパンマンのチャイムの後に流れる放送が楽しげです。
今回も良い旅でした。17年ぶりの四国ツーリングでしたが、また来たいと思います。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

はりまや橋 






こうち花なんとか祭りを軽く見て、日本三大がっかり はりまや橋を見て駅に向かいます。なんというか大通りの車道と歩道を分けるだけの欄干でしかなく、やたら新しいのが演出不足ですね。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

高知城 






高知城は見ておきたい城です。古い天守閣が残っている城は少ないですが、高知城はその一つです。
中は解説が詳しくて見応えあります。眺めもいいですね。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

ひろめ市場 の近くでたたき 






ひろめ市場は活気ありますが混みすぎて落ち着いて買い物もできません。
市場の近くでも、鰹の店はありましたし、店の前で藁焼きしてます。焼き立ての鰹のたたきを自家製秘伝のたれで食う! これ以上の物はないですね。ウツボもふわっもちっとした食感がたまりません。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

雨の撤収日 


今日は雨です。
昨夜のサウナ休憩室の寝心地が悪かったですが、風邪は快方に向かっているような気はします。
荷物も早々に送り出して一段落しました。軽くなったし旅の終わりを象徴する姿に寂しさを感じます。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

打ち上げ 





皆様の応援に感謝し完走を祝して乾杯!!

何と言ってもカツオが美味いです。塩たたきは美味しんぼでは読んでましたが、美味すぎます。厚切りの刺身もたまりません。野菜も肉も魚も酒も何でも美味しいですね。居酒屋のカウンターで一人で「うまいっ!」と叫んでます。
1997年以来の四国ツーリングですが、高知はまだまだ奥が深いです。また来ます。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

完走! 高知到着 


出発が遅いだけのせいですが、すっかり日も暮れた今にやっとゴールの高知駅に着きました。
仕事が忙しすぎて鍛える暇もなく、自転車も馴らす暇もなくギリギリで納車、自責も他責もあり、なかなかハードでした。
でも節々に四国の大らかさと厳しさに耐え切れた自分を垣間見れたのは良かったと思います。急遽、オーダーした新型ランドナーも良いパフォーマンスを見せてくれました。
香川の丸亀から474.7kmを何とか走り抜くことが出来たのはブログを通じて応援いただける皆様のおかげと思います。心から感謝申し上げます。また、旅路で暖かく支えてくださる地元の方々、ともに旅を楽しむ旅人にも感謝を申し上げます。
残り少ないですが皆様も素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

坂本龍馬像 




忘れてました。
坂本龍馬像です。海に向かって立ってます。前側は混んでるし逆光なので来た人しか見れない後ろ姿を。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

桂浜水族館② 




ショーの時間は終わってますが、イルカが遊んでるところを見れました。頭と運動能力が凄いですね。

多少 せきが出ますが風邪は大丈夫です。体温は計ってません。体温計ないので…。あと10kmほど走りゴールへ向かいたいと思います。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

桂浜水族館① 






桂浜水族館にも立ち寄ります。
。地元の海について触れてるので最近は水族館に寄るのが好きになりました。
小さくて手作り感があります。ていうか表示プレートは手作りで、水族館としてはタブーと思われる釣り方と食べ方と味について丁寧に説明されています。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

桂浜 




混んでる道で坂を上り下りするのはイヤだから、チャリは置いて海岸を歩きます。まあ一大観光地だから仕方ないが海の自然な風情はない桂浜ですね。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

坂本龍馬記念館 




大渋滞の桂浜に来て坂本龍馬記念館に来ます。人が多すぎて展示物は読めんぜよ…。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

カツオのたたき 



どうも風邪気味のようで午前中は寝てました。ツーリング中の風邪は面倒くさいですね。
昼飯は待望の鰹たたきです。もっちりして美味いです。去年のGWも枕崎でカツオを食いまくりましたが、高知のも美味いです。
ただ、ものすんごく混んでます…

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

牛丼 





今夜は早く寝ようと焦ったせいでキャンプの判断ミスをして、 香美市から高知市桂浜まで20kmを20時から走りました。ナイトランって雑念がなく車が少ないから走りは捗り、1時間ほどで着きました。昼間もこれぐらいパキパキ走れよとセルフツッコミを入れてキャンプにします。ゴールは明日の高知で目と鼻の先まで来てます。今夜がキャンプ飯は最後になります。
新タマネギと牛肉で牛丼にします。タマネギはクタクタに柔らかくなるまで炒めて甘みを出します。スナップエンドウも炒めてどけておきます。牛肉を炒めたら醤油とみりんと水を入れて少し煮ます。ご飯に載せて見た目のスナップエンドウを載せて完成です。
黒毛和牛と地物の新タマネギだから旨味が濃厚です。食べてる途中で、すだちの汁を入れると味がしまって、さらに美味しくなります。最後の晩飯も四国の恵みを存分に味わえました。

category: '14 GW 四国

cm 3   tb --   page top

アイスクリーン 



ということで、今日のアイスです。

高知ではなぜかアイスクリーンと呼んでます。ゆずとバニラでシャーベット状です。シンプルが美味いですよね。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

珍鳥博物館 






珍鳥博物館にも寄りますが、尾長鶏(おながどり)はちょっとかわいそうな気がします。箱に入れて動きを止めないと尻尾が切れてしまうそうです。大軍鶏の鋭い目つきにはひびります。

土佐ジローを食べたくなりました。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

龍河洞 






実は鍾乳洞大好き野郎です。なかなかの坂を上り洞窟内でも上り。足がキツいです。所々に中腰で歩くところは足も腰も痛いです。
長年かけてできた歴史は感じますが、自発光の看板とか編み目のフェンスとか少し邪魔に思えたのは残念です。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

四国 車の博物館 






フェラーリやカウンタックなど世界の名車が並んでます。なかなか見応えあります。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

絵金蔵 



海岸沿いの自転車道を走ったり絵金を見たりしてました。撮影禁止のためどんなもんか見せられませんが、血が生々しく描かれた絵がありロウソク型のライトでのみ照らされて不気味です。ただ、すべてレプリカだから撮影ぐらい許可して欲しいです。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

安芸の見所 





安芸を楽しんでから出発です。室戸岬付近はビワの産地です。野良時計というのが見所のようですが、正直イマイチでした。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

高知産 茄子と豚のフレッシュトマトソースパスタ 



ここ最近は海の味ばかりだったので陸の味にしてみました。今夜の宿(ていうか野宿だが 笑)ひ安芸市ということで、トマトや茄子が美味いんです。
オリーブオイルでニンニクの香りを引き出します。ニンニクも高知産です。本当は鳥肉が良かったんですが高知産が無かったので豚肉を焼きます。安芸産の茄子を入れます。贅沢に安芸産のフルーツトマトを入れて煮詰めて、塩で味を調えます。塩は徳島の海から作った天然塩です。最後に煮詰めないフレッシュトマトを入れます。ソースは完成です。
パスタを茹でてソースと絡めて完成です。

美味いです。高知は大地も豊かです。トマトの味や香りは力強く茄子は受け止めきれてます。

category: '14 GW 四国

cm 2   tb --   page top

古民家カフェ 






今日は追い風で気持ち良く走ってますが、朝が遅すぎて昼を兼ねるあひるご飯になってしまったので、腹減ってしまいます。腹にたまるものを食べるには中途半端でちょいちょい糖分補給する感じです。
まずは走りながら見つけた古民家カフェに立ち寄ります。話し好きの婆さんのペースでのんびりしてしまいました。

ということで、今日のアイスです。ご当地ではないですがバニラとチョコです。道の駅 田野駅のプリンもなかなかのものです。

あんまし進んでませんが、完走への目途は昨日までの3日間の走りで立ちましたので気楽に楽しみながら行き急がず、楽しみを探しながらゴールの高知に向かいたいと思います。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

遅い朝飯 



朝飯を食いそびれていたのですが、念願の鰹のたたきとウツボの唐揚げです。カツオは焼きたてじゃないのでイマイチです。次こそ藁焼きのをいきたいです。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

室戸岬周遊 




室戸岬を巡ります。険しい山が迫りますが岬の周りはフラットな道が続いてます。洞窟の中にある寺 御厨人窟(みくろうどう)など空海ゆかりの地も多いです。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

室戸岬灯台 






良い朝ですね。盛り上がったキャンプの後でそれぞれの道に走り始める寂しさと清々しいような前向きな出発は何ともいえない感覚です。
室戸スカイラインを下り、坂の途中にある最御崎寺と灯台に立ち寄ります。水平線が丸く見えます。
寺の厳かな雰囲気は良いし歴史が古く立派です。もちろん四国八十八カ所の一つですが、手前の札所である日和佐の薬王寺から78kmもあります。たぶん寺の間隔としては一番離れてるかと思われます。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

室戸の晩餐 




地元の野菜で豆を見つけたので豆ご飯にします。豆に吸われる水を想定して加えたのが失敗でしたが、ふたを開けて炊いて水を飛ばしたりでリカバリーしておかゆ化を防ぎました。
ブリは地元産の天然 わざわざミリンを買って照り焼きにしました。砂糖は飴を溶かして使いました。これもハンパない美味さでした。素材の味を生かしてたれの味も決まりました。
フランス人のサイクリスト、ライダーたちと話が盛り上がり楽しい夜になりました。

category: '14 GW 四国

cm 0   tb --   page top

室戸岬からの夕日 


夕陽ヶ丘キャンプ場からの夕日が美しい…

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

室戸スカイライン 





200m近く上りますが室戸スカイラインを行きます。かなりキツい坂があるが自分が選んだ回り道。楽しみながら苦しみます。頂上からの景色は最高です。自転車でキツい坂をあえて選んでしまう理由はそこかもしれません。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

昼飯 


刺身定食うま~
思いのほか走りは順調です。室戸岬に行くと見せかけて岬の6km手前から山に入ります。俺のドMぶりも筋金入りです。

category: '14 GW 四国

cm 1   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム