FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

'12 GW 奄美大島・沖縄をUPしました。 

ぐっさん。のHP Blue Randonneur を更新しました。

ブログでも実況させて頂きました '12 GW 奄美大島・沖縄の旅の様子をUPしました。

ブログより文章充実、写真もいっぱいですので、お楽しみ頂ければと思います。
フレームの左の「旅記録 - '12 GW 奄美大島・沖縄本島」 からご覧ください。

category: 更新情報

cm 4   tb --   page top

旅終了 

無事に羽田から自宅に帰ってきてました。
これにて この旅は終了しました。

今回は従来の16連休とかと比べたら期間は短かったものの
全体的に順調では無い感じの中に楽しみをいくつも見つけたり
充実の旅でした。

ブログを通じて応援くださった皆様に
心から感謝を申し上げます。

category: '12 夏 北海道

cm 3   tb --   page top

さらば 北海道 




土産選びは旅の最後の楽しみですね。新千歳空港はホント充実してます。でも定番モノ以外は選びにくいので試食を充実化させて欲しいですね。

ということで、東京行きの飛行機に乗り込みます。もう ここまで来ると 満足した喜びのみです。また この夏の旅路に帰ってきたいと思います。それまで強く生きて もっと強いサイクリストになりたいです。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

日記 


さて定番ですが 日記のまとめ書きです。子供の頃から変わりません。夏休みの終盤にまとめて宿題をしていたものです。

三つ子の魂アラフォーまで忘れず ってな

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

撤収っ!! 



558kmを走ったこの旅は終了しました。
特急スーパーカムイで新千歳空港に向かいます。ばたばた走りながら乗り込んだため旅の終わりを寂しく振り返る余裕はありませんでした。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

スープカレー 


郵便局で荷物を送りだして、遅めの昼飯です。昼間の旭川って意外と飯を食べる店が見つかりません。ふと通りの奥に小さな店を見つけました。『ふわわ』です。
野菜とカマンベールとポテトのスープカレーがスープにトマトが利いてて 野菜はうま味があり ジャガイモはさらりと崩せてホクホク 美味いです。スープカレーは北の大地をもっともよく味わえる一皿かもしれません。
北海道では最後の食事は大満足でした。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

そば 



北海道は蕎麦どころです。
朝飯をセイコマで食べてからコインランドリーで洗濯しようとしたらセイコマが見つからずJAの産直内に蕎麦屋を見つけました。
地元の野菜とそば粉を使った野菜天ざるそばが美味いです。野菜の味も豊かで蕎麦の香りも喉ごしも気持ちが良いです。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

打ち上げ 


よき旅路の完走を祝し 皆様の応援に感謝を込めまして、乾杯!!

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

くそっ 凸 


バスで旭山動物園まで来ましたが、今日は夜の動物園なんてものは やってませんでした。

ていうか夏休みの週末なんだから やれよ

category: '12 夏 北海道

cm 6   tb --   page top

go to zoo 


打ち上げでぱぁ~っと飲みたい気持ちを我慢して、旭山動物園に向かいます。結構遠いし、これ以上はチャリに乗りたくないのでバスで行っちゃいます。
夜の行動展示が面白いみたいです。21:00まで開園してます。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

完走! 旭川到着 


釧路から始めて 549km 無事に旭川まで完走しました。
いろいろと思うところもある忙しい旅立ち 衰えを感じずにいられない体 思うように晴れない天候… 今回も決して順調で楽な旅ではありませんでした。
でも色んなアクティビティに挑戦でき、色んな出会いもあり、走りで攻めに出て強い自分を見たり 充実の旅でした。
このような素晴らしい旅を完走できたのは、このブログにコメントを頂いたり御覧頂いて応援してくださった皆様のおかげだと思っております。心から感謝しております。ありがとうございました。
まだ少しですが旅は続きます。引き続きお楽しみください。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

ついに 


最終目的地の旭川市に入りました。市街地までは20km程度ありますので気を抜かずにいきたいですね。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

美瑛の祭② 




祭の屋台では珍しく もりそば です。美瑛の新そばです。香りも喉ごしも気持ちいいですね。うっすらと緑がかったそばが新そばの証です。
麺類ばっかの昼飯でしたが 力が付きました。旭川に向けてラストスパートです。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

美瑛の祭① 





美瑛は祭です。祭の名前はわかりませんが、食をテーマにした祭のようです。
出店のものが全体的に安いし、北海道全体から美食が集結してます。美瑛の豚肉を試食できたり 浜頓別のホタテを使った焼きそば 美味いです。マジ 美味いです。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

美馬牛峠 






深山峠からちょっとだけ上った美馬牛峠(びばうしとうげ)の かんのファームの花畑は見事です。ラベンダーは終わってますが、サルビアやマリーゴールドや三尺バーベナの花がいいコントラストを出してます。山から見下ろす丘も気持ちいいです。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

富良野の眺め 





富良野のなだらかな丘に広がる畑や森の眺めが気持ちいいですね。ここに雲の晴れた十勝岳がどーんとそびえ立つと迫力があるんですが、分厚い雲をかぶっています。ラベンダーはとっくに終わってます 笑

今日 唯一の峠(と言ってもちょっとしたアップダウンの一部だが)である深山峠を越えました。美瑛に下っていきます。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

富良野を出発 


いよいよ最終日です。
富良野から美瑛を抜けて旭川を目指します。このルートは3回目なので 気は楽ですが、最終日もツーリングプレジャーを見つけながら楽しみたいですね。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

富良野 



富良野まで来ました。峠越えを含めて80km 厳しいノルマではありましたが我ながらよく走りました。明日は旭川まで60kmを走りきるのみです。
富良野の駅前はだいぶ変わりました。昔はこじんまりして、ツーリングトレインなんかもあって、エンドレスで北の国からのテーマ曲が流れていて、カットメロンや茹でトウキビを売ってる屋台がいて 気さくなもんでしたが、まとまりすぎました。あとデカ盛りのカレーが出る喫茶店とか。
調べてみると銭湯の数もだいぶ減りました。もう我々みたいな貧しい旅人がたむろする街ではなく観光地ですね。

category: '12 夏 北海道

cm 3   tb --   page top

三ノ山峠(樹海峠) 





狩勝峠を順調に下りつつ、ちょっとした山越えがありました。峠から見下ろす富良野の樹海は見事な景色です。


狩勝峠はとにかく下りが気持ちいいですね。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

発送&試食 





ホワイトショコラ 美味いわ~
ふらのメロンも甘くて香りが良いね。

実家と姪っ子のところに送りました。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

鉄道員(ぽっぽや) 






南富良野 幾寅駅が、映画鉄道員のロケ地(幌舞駅)です。風情があります。

映画は見てません…。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

狩勝峠の下り 






下っていると霧が晴れました ていうか雲の下に降りたら 広がる森を豪快に横切りながら下る快感があります。この気持ちよさ 写真と文章だけでは伝わらないかもしれません。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

狩勝峠 





何とか標高644mの狩勝峠を登り切りました。今回の旅では後半戦最大の山場であり、北海道の中では数少なくなってきた未踏の峠を越えた達成感があります。

そして十勝の頂点に立ち、振り返り見下ろす景色は… なんも見えねぇ~

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

大苦戦 狩勝峠の上り 





坂自体はそんなに急ではなく上りが2車線なので上りやすいです。走り自体は好調に見えましたがギアをインナーに入れて厳しくなってきた傾斜に対応したらチェーンが暴れます。よくよく見るとセンターとアウターのチェーンホイールを止めるネジが1本ありません。走行信頼性には影響ないが、何とかだましながら走ります。
動物のイラストで峠の何合目まで上ったか示してます。上りの途中でキツツキを見かけたり、自然が豊かなルートです。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

朝から軽く雨 




天気予報は晴れですが曇ってるし霧雨もパラパラ降ってます。上ってるうちに晴れれば良いですが…

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

鶏とネギと椎茸のつけ蕎麦 





新得は日本一の蕎麦産地でもあり、地鶏の産地でもあります。鶏とネギと新得産の原木椎茸を炒めてつゆで煮ます。蕎麦を茹でてザルにあげて水洗いします。キャンプ装備でもここまでやれます 笑
椎茸も鶏も美味いです。つゆには味が出てますし、蕎麦との相性も予想通りに素晴らしいです。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

短い夏 



狩勝峠にアタックする寸前の街 新得(しんとく)で一泊です。走行距離は50km程度でしたが全体的に上り坂基調 とにかく筋肉に負担をかけない走りに徹しました。明日の勝負は今年の旅の完走可否に大きく影響しますが、体は少し回復しました。

ところでニュースによると 今週末が北海道の夏休みでは最後の週末です。北海道の夏は短いものです。俺の旅も あと2日走って終わりです。悔いがない旅をしたいですね。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

牧場のソフト 






距離は短くても 蓄積疲労もあり徐々に上っていく道は結構しんどいです。でも日高山脈の山並みは見応えあります。

やたら客が多く目立つソフトクリーム屋さんに立ち寄ります。少し野生の勘も働きました。

ということで今日のアイスです。何も言うことはありません。ミルクの濃厚さが光ります。トッピングなんか何もいらないです。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

コーン炒飯 


帯広から15kmほど西に行った芽室で昼飯です。芽室のグルメと言えばバターで炒めたコーンがたっぷり載ったコーン炒飯です。炒飯の塩気と香ばしさ そこにコーンの甘さと香ばしさが加わり美味いです。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

今日は雨かと 


昨夜は雨が降りました。今日も降ったり止んだりの天気で走るのかと思いきや 意外と降らない上に晴れ間も見えてきました。明日は後半最大の山場である狩勝峠ですが晴れて迎えられそうです。今日はトータルで50kmも走らず これと言った峠もない安息日です。明日に向けて体の回復を図りたいのと、一昨日 昨日と作ってきた距離の貯金はここで使います。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

帯広 平原まつり② 




祭と言えばビールですね。地ビールが飲みやすくて美味いです。ホルモンがよく合います!

と思ったら 20:30には盆踊りが終了し、撤収が始まりました…
なんだか慌ただしいです。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

帯広 平原まつり① 





ここ3日ほどハードでした。道東最大級の山岳コースのあと遅い就寝 110kmの攻めの走りで午前様 今日もナイトランでの帯広入り 生活が全体的に後ろにずれて疲れがたまりました。しかも明日は夜中から始まる雨… キャンプはやめて宿を取りました。
しかししかし 今夜の帯広は平原まつり(盆踊り)です。キャンプは無理だったかもしれません。ホテルで温泉に浸かってから、祭に繰り出します。やはりテンション上がりますね。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

幸福へ 





まあ定番と言えば定番ですが、幸福駅に来ました。今でもお盆には無駄に賑わってるのが何か笑えます。
帯広からジリジリと上り坂を走ること22km このためだけによく走って来たものです 笑

また同じ道を22km 帯広に戻ります。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

愛の国から 






ま、定番っていえば定番ですね。帯広の愛国駅です。

次は自転車で幸福駅を目指します。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

オレンジのオアシス 






北海道にはカリスマ的なコンビニがあります。オレンジに鳥のマークでおなじみのセイコマことセイコーマートです。
コンビニだけど生野菜やジンギスカンなど生鮮食品もあります。弁当はどれも温蔵庫で暖められていて美味いです。基本的にハズレはありません。茹でとうきびも売ってます。オリジナルの飲み物も安いし種類が豊富です。
日本で一番好きなコンビニかもしれません。

今日はセイコマの弁当で昼飯にします。さんまの蒲焼き重 なかなか美味いです。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

池田 ワイン城 






昨日 飲み過ぎ気味で出発も遅れに遅れたため試飲はしませんでした。少し小高い丘にあるワイン城とキャンプ場からの眺めはいいです。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

星空の夕食 




第一の山岳コースを走りきった喜びをディナーで表現します。
十勝産の大豆からできた豆腐を冷や奴にします。黒い方は黒大豆です なかなか美味いです。
イカゲソとホタテをソテーして白ワインでソースにします。これも魚介の良さとワインの良さが出て 美味かったです。

写真は撮れませんが 満天の星空に酒が進みます。最後はナイトランでたどり着きましたが、足が止まるほどの星空でした。頑張って池田まで走って良かったと思います。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

攻めにでる 


足寄峠越え(250m UP)を含む走りでした。
今日は足寄まで走りきれば最低限OKで、足寄から12kmの本別(ほんべつ)まで行ければ良いかなってレベルで走行距離60~70kmにまとまる予定でしたが、川沿い下り基調な上に今日は調子が良かったので攻めに出ました。
足寄の時点で15:00でしたが、足寄の45km先の池田まで走りました。着いたらすっかり日が暮れましたが、明日以降に向けて距離を稼げました。久々の100km超えになりましたが、強い自分も久々に見れました。

北海道の真っ直ぐな道に 長く伸びた自転車の影が今日の走りを象徴してます。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

道の駅 足寄 






足寄は松山千春の出身地です。道の駅は松山千春の一色です。
廃線跡の駅にできた道の駅では鉄道を表現してます。

おっと 足寄は『あしょろ』と読みます。

ということで今日のアイスです。
螺湾ぶきを甘く煮てすきこんだ らわんぶきソフトです。ミルキーなソフトクリームとも合います。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

足寄のふき 


道ばたにたくさん生えています。ラワンブキっていう巨大な草です。となりのシャベルと比較するとわかります。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

上足寄 ひまわりと農園の昼飯 





今日は賞味期限切れのパンでわびしい昼飯かと思ったら ひまわり畑の向こうに産直が見えてきました。
ジャガイモは試食で食べれて イモモチもトウモロコシも安くて美味いし 手作りの飲むヨーグルトも濃厚で美味いです。
気持ちも腹も満たされました。これが北海道の昼飯ですね。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

峠越え 



朝っぱらから上り坂がきついです。昨日の疲れは隠せませんね。それでも天気はすっきりしてるし、昨日を走りきったという自信があるので 何とか越えていきます。
足寄峠を越えたら気持ちいい直線的な下り坂が続きます。これが北海道の峠の特徴です。下りは長くて、トウモロコシ畑を見ながら走るのが気持ちいいです。姪っ子はトウモロコシが大好きです。子煩悩おじさん 物欲がでてきました。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

雨上がりの朝 




塗れた装備品を乾かしてみますが、夜中まで降り続いた雨で なかなか乾きません。
ようやく朝には晴れてきました。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

じゃが&じゃが 





踊りを見て洗濯してキャンプ場に戻ると夜の10時過ぎになりました。
自炊しないって選択肢もありましたが、自炊です。昼飯がかなり遅いとは言え腹減りました。疲れました。
飯を炊くのが面倒だったので、弟子屈で買ったレトルトじゃがバターを飯の代わりにします。コッフェル(鍋)で袋ごと3分茹でるだけです。これがとろけるような美味さです。北海道のじゃがいもは、さすがです。
おかずは肉じゃがを作ります。今日は無性にジャガイモを食いたいんです。材料は白滝も含めすべて北海道産です。フライパンで簡単に作っちゃいます。味付けは昨日買った豚丼のタレを薄めます。豚肉と合うために考え尽くされたタレが肉じゃがに合わないわけがありません。調味料の在庫を減らすためにも重要なアイデアです。
来ました。俺の勘は当たりました。甘さとコク そこにジャガイモの風味とタマネギの甘さ そして地元の豚肉から出たうま味。出汁をすったジャガイモと白滝 最高です。俺が今までに作った肉じゃがの中では最高峰です。

いろんな意味で調子が上がってきた気がします。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

アイヌ古式舞踊 






歌も踊りも力強くて女性の踊りは可愛さもありました。踊り手の骨格は少し日本人離れしたものを感じました。そこに旅の情緒を感じますね。
最後の踊りは前に出てみんなでやるものなので俺は踊りに出ました。楽しめました。

category: '12 夏 北海道

cm 0   tb --   page top

土砂降り&阿寒湖 





ラーメンがっつりでしたが
雨もがっつりです。

阿寒湖を楽しむ余裕もないし、テントを張るのも買い物するのも風呂に入りに行くのも一苦労です。

コインランドリーに洗濯物を叩き込んだところで アイヌコタンに古式舞踊を見に行きます。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

がっつり 


腹が減りきってヘロヘロの俺の五臓六腑に染み渡ります。

味噌チャーシューバターコーンラーメンで昼食です。美味すぎます。疲れた体に必要な物がすべて入ってる気がします。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

阿寒横断道路 





弟子屈(てしかが)から阿寒湖に抜ける道東屈指の峠(阿寒横断道路 双岳台・双湖台 標高は推定750~800m)を越えました。このルートは逆方向から1回 同じ方向に1回 走り抜けてるので今回で3回目です。晴れたら絶景すぎるルートでお気に入りです。ただ、天気は悪く何の眺めもありませんでした。それでも峠越えは楽しいですね。

前半から終盤まで調子よかったのですが、自転車を止めて休める場所がなかったので、昼飯を食わずにチョコを何個かつまむだけで騙し騙し行ったのと 雨が激しいこともあり頂上付近まで追いつめてから大苦戦でした。結果はもちろん走りきりだし 途中まで良い走りができたのは俺の中でも手応えを感じました。

雨でも休んでストレッチする 腹が減ったら飯を食う 無理が利かなくなったアラフォーサイクリストの体を大事にしないといけないという教訓かもしれません。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

Rainyday 


今日は雨ですがコースは最大の山場 阿寒横断道路を上ります。何にしても楽しみたいですね。 そして登り切る喜びを味わいたいですね。

category: '12 夏 北海道

cm 1   tb --   page top

野菜炒めと摩周豚の豚丼 



ぐっさん。の旅行自炊史に残る逸品ができました。
摩周のブランド豚 摩周豚のトンカツ用ロース肉をあえて焼きます。焼き上がったら豚丼のタレを絡めて、フライパンに残ったソースも御飯にかけます。
甘辛でうまいし豚肉の力強い味がソースに合います。添えてるスナップエンドウが爽やかさを与えてアクセントを付けます。美味すぎます。

category: '12 夏 北海道

cm 2   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム