FC2ブログ
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

夜の旅路は… 

最近はさすがに金に物言わせて、時間を金で買う間隔で特急とか新幹線とか飛行機とか使いまくるのですが、若い頃は金はないけど時間はあったので、夜行の快速なんかもいっぱい乗ったものでした。学生の旅には欠かせない列車だったのですが、どんどん減っているのは残念です。

たとえば、学生時代にすんでた静岡あたりから北海道へ行こうとすると、ムーンライトながら→東北本線→・・・ と北上し、帰りだと 札幌−ミッドナイト(夜行)→函館−快速海峡→青森→村上−ムーンライトえちご(夜行)→新宿→浜松 みたいな感じで、夜行をフル活用して長距離移動をしたものでした。

先日の 寝台特急 はやぶさ・富士の廃止で東京から西へ向かう寝台特急が全廃となり、普通料金で乗れる夜行快速のムーンライトたちにも廃止の波が押し寄せています。都内から運行するムーンライトシリーズも以前は毎日運行していたのが今は臨時列車扱いになってます。大垣に向かうムーンライトながらなどは、これ無しに学生時代の旅は語れないほど乗りましたし、新潟・村上に向かうムーンライトえちごも帰りにはよく使いました。長野方面に向かうムーンライト信州ってのもありました。

そして、この夏からムーンライト九州、ムーンライト高知・松山など関西から西へ向かう夜行も全面的に廃止となりました。関東地区から西へ向かう人は、あまりなじみの無い列車ですが、関西地区の学生にはなじみが深いものと思われます。

こういうご時世になって、インフラの廃れとともに、”旅”ということ自体が廃れて、”旅”という価値観や概念が世の中から無くなってしまうのではないかという危惧があります。

99_midnight.jpg
写真は快速ミッドナイト (札幌→函館)
-- 続きを読む --

category: 旅について語る

cm 10   tb --   page top

しろくまイチゴ味 

20090621153826
20090621153824
練乳とかき氷、そこに載るトッピング。南国・鹿児島生まれにしてネーミングは"しろくま" 不思議な雰囲気と美味さがありますね。
そんな"しろくま"に、イチゴ味が出ました。イチゴのソースと冷凍イチゴがクリームの間に載っています。イチゴとクリーム、練乳の相性は良いですね。

category: ジャンク

cm 4   tb --   page top

愛犬ラッキー 

あまり知られていないが、私は婆さんの犬の散歩係をしていたことがあったのだ。
その名は「ラッキー」 雑種の室外犬だ。

時を同じくして巣から落ちてるカラスのひながいて、祖父さんが飼い始めた。

やがて 犬とカラスは交際に発展し、ついにフライデーに載ったこともありました。
lucky.jpg

古い雑誌を捨てていたら懐かしいのが見つかったのでスキャナで撮って処分しました。。。

category: 日記

cm 7   tb --   page top

 

ちくしょう!! 蚊 1匹殺せない!!
3回手でぶったたいて逃げられて、壁に止まってるのを見つけてティッシュで
叩き潰しにかかって交わされること2回。
その間に足を3カ所と手を1カ所刺されて耳元にプーンと来ること3回。

蚊1匹に 完全におちょくられてる…。(悔)

category: 日記

cm 14   tb --   page top

またまたペペロンチーノ 

20090615124307
簡単で美味くて自炊的にはハマってます。
今度はピーマンとベーコンでペペロンチーノしてみました。ピーマンは火を通しすぎず苦みを感じるレベルに止めます。今までペペロにしては辛さ不足だったので 鷹の爪を増量しました。1本(初回)→2本(前回)→3本(今回) ときました。ハンパなく辛くなりました。あまりの辛さにうほうほ言わないと喰い切れません。だが辛さの中にピーマンの苦みが立って美味いです。今までは甘味系の野菜ばかりだったので違う刺激が面白いですね。夏だしゴーヤでやってみるのも良いかもしれませんね。

category: 自炊日記

cm 3   tb --   page top

自炊まとめてUP 

090606_napo.jpg
まずは スパゲッティ・ナポリタン です。
パスタを茹でつつ具を仕込みます。タマネギ一玉を甘味が出るまで炒めます。残りは放置します。あり合わせの具ですが、ウィンナーとシメジを入れてソテーします。パスタから汁を少し移してケチャップで味をつけます。そこから残りのタマネギを入れます。これは食感を出すためのもので甘味狙いじゃないです。パスタをフライパンに移してソースと絡めつつ水分がある程度抜けるまで鍋をあおりながら炒めて完成です。今まではパスタがボソボソと乾ききってしまっていましたが、ゆで汁を加えることでなめらかさが増しました。ちょっとしたブレークスルーをつかんだような気がします。

090607_oyako.jpg
続いて親子丼です。割り下というか麺つゆでタマネギを半分だけ煮ます。これは良く火を通して甘みを出す用です。次に鶏肉を入れます。あくをすくいながら火を入れていき途中でタマネギを入れて火を通します。卵を軽くかき混ぜてから半分だけ入れます。固めるつもりが 汁が多すぎて固まりません。残りを入れて余熱で固めます。御飯に乗せて完成です。タマネギの火入れ具合の差で甘みと食感の差を出す技とか鶏肉の味を引き出す辺りと全体の味は決まりましたが 卵の食感がイマイチでぐずぐずと汁っぽくなりました。卵系は難しいですね。

090611_chahan.jpg
割と得意な料理になりつつあるチャーハンです。ご飯を炊いて次の日は白いご飯で食べますが、次の次ぐらいになってくると火を通したくなります。ご飯は必ず電子レンジで温めます。そうしないと崩れないためダマっちゃいます。まずはタマネギを半分炒めて甘味を出します。続いてベーコンを炒めます。チャーシューの方が理想ですが、金がないからベーコンです。ベーコンに火が通ったらご飯とピーマンを入れます。しゃっきりさせたい野菜は、このぐらいのタイミングが良いです。レタスならもっとぎりぎりですが。ご飯を崩しながら炒めていきます。卵を絡めていきます。積極的に生卵状態をご飯に混ぜていきつつ火を通します。すると、ご飯が卵に絡んでぱらっとします。あとは塩こしょうで味をつけて鍋肌から醤油を入れて香ばしさを出して炒めていきます。もちろん鍋を積極的にあおってご飯を空中に舞わせることを忘れずに。そして、完成です! ぱらっとしててピーマンと途中投入のタマネギが食感を出して美味しいです。それを卵がまとめて柔らかい中に引き立つ感じになりました。

090611_ohitashi.jpg
付け合わせというか野菜不足解消のため、水菜のおひたしゴマ和え です。
水菜を茹でて水を絞ります。切って麺つゆとあえて味を決めます。さらにゴマをふって香ばしさを加えます。ゴマが汁を吸うので少し味を追加して完成です。しゃきしゃきの水菜とゴマって合いますよね。

何だかんだ言って 今週もよく料理したもんです。うむうむ。

category: 自炊日記

cm 10   tb --   page top

スナップエンドウとブナシメジのペペロンチーノ 

20090602011831
またまたペペロンチーノ作りました。今回はキノコと豆を生かしたくなりました。
ブナシメジの根本を切り落として洗います。スナップエンドウの筋を剥いで塩茹でにします。茹で上がったら鍋から出します。パスタを茹でつつフライパンでニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒めて香りを移します。3等分ぐらいに斜め切りしたウィンナーを炒めます。ブナシメジを炒めます。スナップエンドウに油をなじませます。パスタの茹で汁を入れてかき混ぜて乳化していきます。アルデンテ気味のパスタをフライパンに移して絡めます。火は止めます。汁が垂れなくなるまでフライパンをあおり完成です。
焼き目付きのウィンナーとオリーブオイルとガーリックが合います。辛さも絶妙です。ブナシメジのぷりぷり感とキノコな香り、鮮やかに緑な彩りで爽やかなスナップエンドウの香りと歯応えもペペロンチーノに合います。ただスナップエンドウのシャキシャキ感と豆っぽさは良いですが大きくてパスタとペペロンチーノ味のスナップエンドウと言う感じになっちゃいました。キヌサヤやインゲンとかの方が美味いかもしれませんね。あと空豆や枝豆も合いそうな気がします。

category: 自炊日記

cm 9   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム