FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

抑えの切り札 

20080831223437
やや疲れの隠せないドライビングながら 東北道の蓮田まで来ました。
眠気対策 ?歌う、?スタバの最大サイズコーヒーでカフェイン強化、?普通のガムで咀嚼による眠気防止 に続いて ?ロッテのブラブラガムです。
あと100kmほど 気を付けて頑張ります

行きは2stop でしたが帰りは4stopで来てます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 10   tb --   page top

富士川SA 

20080831194823
20080831194821
なかなか良いペースでコブクロとサザンを熱唱しながら富士川まで来ました
釜揚げしらす丼と桜えびかき揚げで夕飯です。ふわっとして良い香りと旨味たっぷりな塩気 サクサクの桜えびに身は小さいながらもぷりっとしてます。今回はスルーですが、好きです静岡

右車線を走りながら言うことではないですが のんびり行きます

category: 静岡

cm 4   tb --   page top

復路 浜名湖 

20080831180335
20080831180333
20080831180331
20080831180328
名古屋市公会堂の会議室を借りて昨夜の打ち合わせで酔いにまかせて出したアイデアを整理しました。公共の会議室は安いし使いやすいですね。
学生時代の友人は栃木に首都圏に静岡に名古屋に岐阜と散っているので簡単には集まれません。リーダーの俺が行動力と体力を示したからかメンバーが協力してくれはじめて良い感じに進みました。
何とか形に仕上げたいですね。まだまだ走り続ける日々は続きます。

ということで宇都宮まで片道500kmの走りは浜名湖SAまで来ました。唐突ですが 今日のアイスです。静岡の夏といえばメロンでしょう。メロンソフトです。

今回は のんびりと120km/h巡航で帰ります。

category: 静岡

cm 2   tb --   page top

なごや 

20080831080230
20080831080228
20080831080225
ど祭りで混んでる街で店探しに苦戦しながらも何とか見つけて、飲みながら余興の打ち合わせをしたら 一気に進みました。名古屋まで頑張って運転した甲斐がありました。今日も会議室に篭もって頑張って栃木まで運転して帰らなきゃいけません。徐々にメンバーの結束が強くなりつつあるので、あとはリーダー的に進める俺が体力と行動力を出していくのみです。
今年は公私ともに名古屋に来る回数がやけに多いような気がします。

そして名古屋と言えば 喫茶店のモーニングでしょう。これが400円だからお得です。

category: グルメ

cm 0   tb --   page top

諏訪湖SA 

20080830143257
20080830143255
20080830143253
20080830143251
20080830143248
余興の打ち合わせのため帰りの出発が遅くなるのを見越して 行きの諏訪湖SAで土産も買います。雨のためテンションは低いが、おやきを喰っていきます。野沢菜とあんこが好きです。
今回は珍しく東名ではなく中央道から行ってみてます。いつも混むのにさらに昨日の豪雨で被害の出た岡崎を通り案内板に工事渋滞が表示されていたので避けました。全体的に80km/h制限の区間が多いですが、東名と違い右車線でもたつく車はいないので快適な走りが楽しめます。あと200km 頑張ります。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

出発 

20080830104818
今週は名古屋へ

category: おでかけ(ケータイ)

cm 3   tb --   page top

中国出張記③ 

紹興酒と青島ビールの飲み過ぎか、少し二日酔いのような疲れが残っています。
でも度数が強い割に、次の日への影響が少なくていいですね。

今日も中国語でよく分からないニュースとCMを見て雰囲気を楽しみながら
朝のひとときを過ごして、ホテルの朝食です。
またしても中華ばかりをチョイスです。お粥もチャーハンも美味いです。
生地がやたら甘くて口に合わなかった肉まんはスルーです。
08_china_brakefast2.jpg
08_china_okayu2.jpg

ホテルをチェックアウトして、またクルマで空港まで送ってもらうわけですが、
やはりめちゃくちゃな交通マナーに苦笑するばかりです。目の前のクルマとバイクが
衝突してしまう衝撃的瞬間を目撃してしまうのではないかという緊張感とスリル。
事故の刑罰は重いらしいので、きっとAudiに乗ってる方が金で解決してしまうのかな
とか想像してしまいます。

雑然とした街を抜けて空港にたどり着きます。
チェックインにやたらめったら時間のかかる中国人たち。
とにかく早め早めの行動をしないと危なそうです。何とか飛行機に乗り込んで、
シャントウの街をあとにします。相変わらず離陸寸前まで電話している中国人、
滑走路を走り始めてもウロウロしているわ、適当に前の方に座って怒られたら
席を空けるので席になかなかつきません。
08_china_plane.jpg

そして離陸です。行きほど飛行機は揺れません。行きの飛行機は着陸時に機体が
たわんでいるのが目に見えてましたからね 笑
また上空でクッキーとミネラルウォーターが配られます。この怪しいテイストがまたイイですね。
そして、広州の空港に着陸します。やたらふらふらしながらランディングしています。

シャントウと比べると一気に近代的な感じになる広州の空港です。
柱や壁はホンダ車の広告があふれています。仮に 鈴鹿国際空港とか作ったとしても
きっと こんな状況にはならないでしょう。そう考えると 凄いことですね。
08_china_guangzhou.jpg

そしてチェックインして出国カウンターへ行きます。
機内持ち込み荷物に液体はダメだと書いてあるのに、バッグに液体のボトルがいっぱいで
やたらほじくり返されていて進まない中国人。やはり早めに行動しておいて正解でした。
空港でお土産を買って、ラウンジで食事をしながら搭乗時刻を待ちます。
08_china_miyage.jpg
08_china_coke.jpg


そして飛行機に乗り込みます。中国南方航空と比べたら、きれいで丈夫な飛行機です(笑)
入国書類を書きながら離陸を待ちます。離陸してリクライニングを倒せるようになったところで
眠りにつきます。ドリンクを配りに来ましたが、断ります。
今回は眠りに集中できたのか、起きたら残り1時間半ほどで成田と言うところまで来ました。
2時間半ぐらいは飲まず食わず起きずですね。もうすでに九州上空まで来ています。
あくびをしながらのびをしていると、CAが来ました。機内食について聞かれましたが、
着陸は19:40だし、残り1時間ほどだし 行きに続いて断ります。
しっかり寝てしまったので、もう眠くは無いのですが、起きてると色々とサービスされるのが
鬱陶しいので寝たふりをします。また ANAビジネスクラスの機内サービスを何も受けない
フライトでした。そうこうしているうちに成田空港への着陸に入ります。そして成田着陸です。

荷物を受け取って、成田空港でメシを食おうと思ったが、出発機はほとんど出払ったからか
店は閉まってるところが多く選択肢が少ないですね。

そして高速バスに乗って帰って行きます。並んでいるのは俺一人。第2ターミナルから来たバスは
乗客が誰もいません。高速バスを貸し切りにしてしまいました。運転手も「途中は止まらなくてイイですよね?」と聞いてきましたので、直通でいいですと答えてバスは出て行きます。
独占してもシートの広さは変わらないので、あまり贅沢できた感じはありません。
唯一できることは 思いっきりあくびするか 屁をこくか ぐらいのことです。
宇都宮駅にたどり着いたのは23:40。タクシーで自宅に帰って 旅 いや 出張は終わりました。

category: 2008 広州

cm 2   tb --   page top

中国 出張記② 

取引先さんに迎えに来てもらい、ホテルに向かいます。
やたら路面が悪くゴツゴツと突き上げます。ハイエースかと思ったら地元ブランドのクルマでした。
車線もアバウト、逆走するクルマもあれば 何のためらいもなく流れている道を横切るクルマもいます。
リアカーを引いてるバイクが広い車道のど真ん中をちんたら走っています。
うちはクルマの運転に関してはプロが多く現地実走なんかも多いのですが、中国での運転だけは
禁止されています。その理由も十分すぎるほどに分かる感じがします。

そんな雑多な雰囲気の街を抜けてホテルへたどり着きます。
いきなり雰囲気がガラリと変わりました。駐車場に泊まっているのは高級車ばかり。
BMW 7シリーズ (なぜかナンバープレートが無い 笑)、メルセデスSクラス、LEXUS LS460など。
あとAUDI、VW、拠点が近いだけあってホンダ車は多いです。
シャンデリアが輝く広々としたロビー。部屋に入って広さに感動です。
そこにポーターが来ました。俺のトランクを置いて行きました。
チップを要求されたので、コーヒーのおつりで作れたお金を払います。
細かいお金を作っておいて正解でした。
08_china_hotel.jpg
08_china_hotel2.jpg


中国にある日本料理の居酒屋で食事して今夜は眠りにつきます。

起きてみると少しだけ街を眺められます。13階だし なかなかの眺めです。
08_china_shanto2.jpg
08_china_shanto1.jpg

ホテルの1階のレストランで朝食です。接客係だけはスリットの深いチャイナドレスを着ています。
これぞ中国です。
そして 結構 美味しいお粥や、食べてみたら想像と違う味のする野菜などありましたが、満喫です。
せっかくなので中華料理に特化してみました。
08_china_brakefast1.jpg
08_china_okayu1.jpg

仕事を終えて、ホテルへ送ってもらいます。
夕方の混雑時間帯になると昨夜のマナーに輪をかけてひどいです。
信号が赤になってもクルマ達が止まる気配がない通り。
道路自体も線が引かれていないし、いきなり幅が狭くなって、逆走してるクルマもいて
目も合わさず何のためらいもなく入ってくるクルマ、ホーンを鳴らす回数がハンパないです。
08_china_shanto3.jpg

その夜は中華料理です。
高級なホテルみたいな建物の料理屋で部屋を借り切って食事会となっています。
海に近いので海鮮料理が結構 美味しいです。紹興酒も本場のは飲みやすくて美味しいです。
青島ビールと紹興酒をグイグイ飲みまくって絶好調です。

この先、主婦ブログ で通してきた ぐっさん。らしくもない話題になりますが。。。。

2次会ということで、ホテル内にあるカラオケ(日本で言うところのキャバクラ)に付いていきます。
日本ですと一般的には席に着いたら 女の子がわらわらと隣に座ってきて会話を楽しみながら
飲むというスタイルですが、ここはずらーーーーーっと25人ぐらい並んだ女性から、
各が相手を選びます。工業都市ではあるものの 上海や北京のような都会ではないからか、
日本語なり英語なり話せる人はほとんどおらず、筆談でしか会話が成立しません。
曲を入れようにも 知ってる曲を探すのが精一杯。選ぶ余裕は無く、知ってる曲があったら
そのまま入れて歌う! それしかありません。
接客も行き届いているものでもなく、ケータイで勝手に話し続ける子もいれば
歌ってる最中に ぶつっと中止されたり・・・ 筆談での会話も苦労が続きます。
日本語の熟語を書いたら通じるかと思ったら全く通じません。
俺の腕の日焼けの話題になって なぜ 手だけ白くて腕が黒いかを説明するのに、
文字ではなくて絵で説明します。壮絶な 筆談の紙がテーブルに散らかり、
何だか不思議な夜でした。(笑)

category: 2008 広州

cm 0   tb --   page top

中国 出張記① 

久々にまともに記事を書いてみようじゃないかということで。

連休を縮めてでも準備をせざるを得ない出張です。これもやむなしです。
旅から帰って2日間出社して1日休んで海外出張という忙しさ。Around 30 は忙しいです。
成田のフライトが9:50で国際線なら2時間前には空港入りしてチェックインしておきたいところで
8時前にたどり着こうとすると、我が家からですと朝4:30発の高速バスしか選択肢は無いです。
で、元来 夜型なので 寝てしまうと起きれません。起きない自信があります。
真夜中にタクシーを呼んで家を出て駅へ行きます。
雨が降りしきる高速バスの待合室でバスを待ち、バスが来て乗り込んだら、まずは寝ます。
成田に着くとフライトまで寝れませんから、ここがチャンスです。
しかし、地上の移動体では眠れない俺は睡眠に苦戦します。
イマイチ よく眠れないままバスは進んでいきます。
7時過ぎに成田空港に到着し、展望デッキで飛行機でも見ながら上司の到着を待ちます。
チェックインを済ませて、ラウンジで朝食を取りながら搭乗時刻を待ちます。
海外出張が初でビジネスクラスに乗るのも初で 当然ながらラウンジも初です。
飛行機に乗り込むと速攻で寝ます。国内線には いっぱい乗っていますが、
いつも高速バスで徹夜明けとか そういうのばかりなので、飛行機=寝る という習慣が
身についています。リクライニングしていないビジネスのシートは余計に寝づらいのですが
離陸時から寝ています。リクライニングを倒してフットレストを出して本格的に寝ます。
少し目を開けると飲み物を勧めてきますが、全て断って寝続けます。
エコノミーなら放置プレイしてくれるのですが、ビジネスクラスはサービスが細かすぎます。
機内食の時間にざわめきで目が覚めました。しかし、これも断ります。今はメシより睡眠です。
寝続けていると、着陸まで1時間半というタイミングで目を覚ますと、また食事や飲み物を
勧めてきますが、まだまだ眠りたいです。アイマスクを借りて さらに眠ります。
会社の金でビジネスに乗っておきながら、メシも食わなきゃドリンクも飲まず、
枕や毛布を借りることもなければ ビデオなどを見ることもなく
何のサービスも受けずシートの座り心地のみを満喫して広州への着陸です。

何というか ぐっさん。という男は、自分のことは自分でしたいタイプです。
到着までに腹が減りそうなら空港で買って持ち込んで勝手に食う(長距離系のフェリーと同じ)
水分だって搭乗口前の売店でペットボトルのお茶でも買ってのどが渇いたら勝手に飲む。
寝たければ勝手に寝る。そういう旅の仕方があっています。

会社手配なのに わざわざ「エコノミーにしてください」というのも変な話で、
ビジネスクラスという席に座っているので仕方ありませんが、
サービスされること自体が煩わしく感じます。
根っからの貧乏旅派の俺は ビジネスクラスじゃなくてもいいや ってレベルではなく、
ビジネスクラスよりエコノミークラスの方がいい
そう思います。まあCAからしてみりゃ 全くかわいげの無い客でしょうけど。

広州の空港に降りて、荷物を受け取って国内線へ乗り換えです。
中国南方航空に荷物を預けて空港で時間をつぶすこと4時間という厳しい状況です。
成田で買い込んだ雑誌で時間をつぶし、喫茶店でコーヒーを飲んで時間をつぶします。
喫茶店のコーヒーがやたら高い!! 1杯で70元します。サンドイッチが50元、後で知りましたが
コンビニでペットボトルの水を買うと8元。物価の勝手が分かっていないので、損した気になります。

眠気に耐えて雑誌を読んだり、会社に電話して仕事したりで時間をつぶしていきます。
そして時計を見ると いよいよ30分前。
ついに時間をつぶしきった!!
そう思ったのもつかの間。時差が1時間あることを忘れてました。
時計は日本時間のままなので1時間半残っています。
空港内も歩き尽くしたし、雑誌も読み尽くした。電話でやれる仕事もこんなもん。

そして、中国南方航空に乗ります。凄く古い機体です。スイッチの類が時代を感じます。
3+3列の小さな飛行機で 多くは中国人。席も適当に座り、怒られたら移動する そんな人ばかり。
シートの間隔も日本の国内線より大幅に狭くテーブルを出すと足に当たります。
リクライニングは壊れて動きません。やたら強風が吹き荒れるエアコン。
離陸寸前まで電話し、飛行機が動き出しても歩き回っている人がいる。
何とか離陸したものの、やたら揺れます。尻餅でもついたかと思うほどの振動が来ます。
どう見ても英語が分からなそうなCAのお姉さん。
上空でお菓子が配られます。少し怪しいテイストのクッキーとミネラルウォーター。
08_china_cookie.jpg
08_china_cookie2.jpg


そして着陸です。
着地して減速しきれないうちから携帯電話で電話し始める中国人。
降りると並ぶとか待つとかそういうマナーのかけらもなく我先に前へと向かいます。
降り立つと蒸し暑い空気が漂い、戦闘機が離着陸する轟音が響く小さな空港です。
荷物を受け取ると上司のトランクは鍵が破壊されていました。

ということで現地に到着です。

category: 2008 広州

cm 0   tb --   page top

ぞろ目 

20080829085215
愛車PRELUDE 通算走行距離66,666mile達成 ちなみに1mile=1.6kmです

category: PRELUDE

cm 5   tb --   page top

快挙 

20080827215438
中国から帰国しました。日本って真面目だと思います。
成田空港から宇都宮の高速バスは、客が俺一人なのに、運行してくれます。貸し切り状態のバスが異様な雰囲気です。

category: 2008 広州

cm 12   tb --   page top

朝のシャントウ 

20080826102229
20080826102227
20080826102225
朝から中国語で何言ってるか分からないニュースとCMを見て朝食に行きます。
時々 想像と違う味ですが なかなか美味しいです。

category: 2008 広州

cm 5   tb --   page top

シャントウの街 

20080826083233
20080826083231
20080826083229
20080826083227
少し雑全としたかんじが中国らしい地方都市に来ちゃいました。ホテルは豪華ですが、少し出ると道も悪く逆走したり いきなり曲がってきたり 堂々と渡るリアカーが居たりで雑全としてます。

category: 2008 広州

cm 0   tb --   page top

広州へ飛ぶ 

20080825175330
20080825175328
ほぼ徹夜明けでのフライトなので爆睡しました。チラチラと目が覚めても機内食やドリンクサービスも全て断りながら映画などを観ることもなく寝ました。
飛行機=寝る が定番の俺にしてみれば たかだか4時間のフライトならサービスなんか要らないから放っておいて欲しいんです。会社で手配すると国内系の航空会社のビジネスクラスになりますが エコノミーで十分です。
そして広州でトランジット4時間待ち かなりヒマです。空港内をいろいろ回ってみると異国感はありますが 怪しさはないですね。

category: 2008 広州

cm 0   tb --   page top

フライト寸前 

20080825092417
20080825092415
間もなくフライトです。隣のゲートのスイス航空が気になります。

category: 2008 広州

cm 3   tb --   page top

マロニエ成田号待ち 

20080825035021
朝の4:30発の成田空港行き高速バスに乗るためバス停に来ました。かなり早くに家をでましたが まだまだ時間はあります。これ以上 家にいたら寝ちゃいそうなので出発です。

category: 2008 広州

cm 2   tb --   page top

2008 夏の旅 終了 

真夏の下北半島&三陸 自転車の旅実況 お楽しみ頂けましたでしょうか。

今 栃木の自宅に戻り、旅の全行程が無事に終了しました。

旅の間も、たくさんのコメントを頂き、大変ありがとうございました。
おかげさまで大変 充実した良い旅となったように思えます。

また 今夜から通常通りのBLOGへと戻りたいと思いますので、
今後とも宜しくお願いいたします。

category: '08 夏 東北

cm 8   tb --   page top

盛岡を撤収 

20080821161021
いよいよ撤収です。さらば俺の旅路 さらば夏。
また 旅への熱意とともに、この旅路に戻って来たいですね。

category: '08 夏 東北

cm 3   tb --   page top

南部せんべい 

20080821142712
20080821142710
20080821142708
旅の最後の楽しみは土産選びにありと言います。
南部せんべいが種類も豊富で日持ちもして美味しいし旅の間の空腹回避に愛用していたので土産にはいいでしょう。
この店は、北国である岩手らしい美白の可愛らしいお姉さんが目の前でせんべいを焼いていて、ホカホカと暖かい焼きたてのせんべいを差し出してくれて試食させてくれるんです。さらに店の奥では、いくつかのせんべいと共に、お茶も振る舞ってもらえます。味もサクサクと香ばしくて、美味いです。南部せんべいを扱っている店は何軒もありますが、何と言っても、お姉さんが決め手ですね。

category: '08 夏 東北

cm 2   tb --   page top

チャリ&荷物 撤収 

20080821141712
20080821141710
ホテルの正面の郵便局から荷物の梱包も発送も完了して、チャリのバラシも昼前には完了してしまいました。天気も悪いし作業も慣れたもので、あっさりした片付けでした。
ラストスパートする余力も無く『もうこれ以上は走れない』そう思うほど走った今回の旅の日々ですが、片付いてしまうと寂しいものです。秋を思わせるような肌寒さと土砂降り雨が寂しさを演出します。
旅の終わりに寂しさを感じる人間味というか そういうのを感じられる感受性って大事ですね。

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

盛岡の街 

20080820172257
20080820172255
20080820172253
当てもなくぶらぶらと街を歩いてみました。今日は自転車を完全休業ですが たまには良いですね。
盛岡城趾まで行きました。天守閣などはありませんが石垣と公園があります。

category: '08 夏 東北

cm 5   tb --   page top

盛岡冷麺 三○里 

20080820135145
20080820135142
20080820135141
じゃじゃ麺、冷麺、ぼく イケメン!

結構な老舗で今日は冷麺です。しっかりとしたこしのある麺にあっさりしたスープがいいですね。付け合わせのキムチを全て入れてピリ辛でよく冷えた方がいいですね。

店員同士が喧嘩してるし 3人掛けのカウンターにすでに2人いるのに その間に座り食べてるそばから床をモップで拭くし てめぇの作業中の麦茶入りのやかんを俺の横にドンッと音と衝撃を立てておくわ 居心地の悪い店でした。もはや味以前の問題です。昨日のじゃじゃ麺も店員と常連の会話がうるさくて居心地悪いし、味はまともなのにスタッフがぶちこわしです。

スタッフゥゥゥ!

category: '08 夏 東北

cm 2   tb --   page top

日記をまとめて 

20080820103416
不安定な天気だからか予報が全く当たらず晴れています。レンタカーでどこかに行きたくなります(←チャリじゃない 笑)
タリーズで7日分たまった日記を書こうとしてますが商談してる人や大声で電話してる人や仕事してる人ばかりで居心地が悪いです。同じビジネスマンの俺にしても他でやれと言いたくなります。
ためた夏休みの日記をまとめて書くところが子供の頃と変わってません。三つ子の魂百まで忘れず ですね。

category: '08 夏 東北

cm 3   tb --   page top

打ち上げ 

20080820084019
20080820084017
20080820084015
20080820084012
実り多く楽しかった旅の完走に乾杯!!
最近 脚についで肝臓も疲れ気味かなと思いますが、飲みの方も最後の力をふりしぼって頑張ります。…という疲れを忘れさせる魚に酒 一人で居酒屋で打ち上げです。完走の日の一杯は いつもの晩酌とは違う旨さがあります。
〆は盛岡名物のじゃじゃ麺です。辛味噌とキュウリと柔らかめの汁なしの太麺が美味いです。

category: '08 夏 東北

cm 3   tb --   page top

完走!! 

20080819171253
20080819171251
青森を出てから函館と下北半島と三陸と遠野を抜けて 822km。ものすごく長く険しい道のりでした。急で長い坂の連続に苦戦し平地を走った記憶のないルートでしたが、何とか盛岡まで完走しました。
自らを奮い立たせるためにあえて厳しい下北半島と三陸と遠野への山越えを入れたコースを計画しました。そこは想定以上に厳しい道のりでしたが、体と心は道の厳しさを上回る力強さと頑丈さを示したと思います。
このように完走という最高の形で旅を締めくくれたのは ブログを通じて見守り応援しコメント頂いた皆さま、旅の途中で暖かく熱い心を頂いた皆さまのおかげと思っております。心から感謝と御礼を申し上げます。大変ありがとうございました。

category: '08 夏 東北

cm 10   tb --   page top

最後のページ 

20080819162111
20080819162108
20080819162106
コックピットに鎮座するツーリングマップルの最後の1ページをめくる時 感慨深いです。
いよいよ あと7km

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

盛岡突入!! 

20080819153434
ついに盛岡市に突入です。長かった旅も最後の街へと入りました。
あと13kmほどです。ここに来て午後の降水確率70%を覆すか 晴れてきました。ただ湿気を帯びているので蒸し暑いです。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

デザート国道 

20080819150436
産直の度に様々なソフトクリームを見かけます。遠野から盛岡へ向かう国道369号はデザート天国です。ちなみにここは道の駅・紫波(しわ)です。

盛岡まで20kmというところに迫りました。もはや満身創痍な状態ですが無理せず頑張ります。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

ワインレッドの心 

20080819134448
昨日みたいに昼は何も食えず 買い置きのランチパックだけを食って峠を登る日もあれば、朝昼とやたらに充実してる日もあります 今日は充実日です。

ということで今日のアイスです。
花巻市大迫(おおはさま)のワインシャトーの近くにある産直センターのワインソフトです。甘口の赤ワインの風味をまろやかに仕上げています。結構美味しいです。御当地ソフトで俺の中で10傑に入りそうです。

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

ジン ジン ジンギスカ〜ン 

20080819124051
20080819124049
三陸ほどではないがアップダウンもそこそこあり 雨が降ったりやんだりで路面はウェット。そこそこ苦戦しています。サイクルツーリングの神様は楽をさせてくれませんね。
昼だしランチです。岩手は肉もうまいんです。スタミナつきそうなラム肉の焼肉です。独特の味と香りと厚切りでしっかりした歯ごたえが良いですね。

盛岡まで残り40km がんばって走りますよ〜

category: '08 夏 東北

cm 2   tb --   page top

南部曲がり家 

20080819105636
20080819105634
20080819105632
南部曲がり家 千葉家に寄り道です。古く貫禄あるたたずまいに ウマを家の中で飼うために曲がった独特の造り 遠野らしい場所ですね。

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

道の駅 遠野風の丘 

20080819093423
20080819093421
20080819093419
20080819093417
20080819093415
道の駅・遠野 風の丘で休憩と朝食です。味噌焼きと大根味噌漬けのおにぎりです。素朴な味で美味いですね。
この道の駅は眺めも良く物産も充実してます。

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

雨 雨 雨 

20080819083427
土砂降り雨の遠野を出て盛岡を目指します。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

遠野の夜 

20080819123028
20080819123026
20080819123024
昨夜アップし忘れてました…。

俺から自転車と旅と酒を引いたら何も残りゃしない

遠野で飲んでます。たぶん俺が走った道にある畑でとれた枝豆は豆粒が大きくて歯ごたえがしっかりして味が濃厚 チャリで一山だからホヤも美味いです。遠野の地酒と合いますね。

北三陸の完走と本州最東端到達と、いつか走る南三陸が幸多い旅であること最終日の完走を祈念して乾杯

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

旅も終盤へ 

今夜から雨になりそうです。今日は遠野に宿を取りキャンプはしてません。
1日早まりますが 明日でゴールの盛岡を目指したい気がしてきました。遠野をもう少し観光したい気持ちもヤマヤマですが天気悪い日に回るのも体力の無駄だし 遠野は釜石から南の三陸を旅するときに また来るつもりです。

1ヶ月に40日雨が降る屋久島ですら晴れたのに、去年に続いて東北では 超・晴れ男ぶりが発揮できないですね。

category: '08 夏 東北

cm 3   tb --   page top

遠野 伝承園 

20080818172445
20080818172443
20080818172440
20080818172438
続いて伝承園に寄り道です。時間的に観光はぎりぎりです。茅葺き屋根の曲がり家と呼ばれる遠野らしい雰囲気です。

学がない俺には よく分からない伝説がいっぱいなので感想は雰囲気だけです 笑

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

カッパ淵 

20080818172427
20080818172425
20080818172422
20080818172418
遠野に着きました。田畑が山の麓に広がり古き良き山里という感じが漂います。
最初の寄り道は遠野では定番中の定番 カッパ淵です。サラサラと流れる川とカッパ伝説 すぐそばの常経寺ではカッパの狛犬もあります。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

笛吹峠 

20080818162505
20080818162503
20080818162500
20080818162457
今回の旅で最高地点(820m)となる釜石から遠野へ抜ける笛吹(ふえふき)峠を越えました。最後の山場としてふさわしい険しさと長さでした。三陸で疲れがたまった脚に ぐぉぉおんと疲労感が来ます。
義経伝説があったり遠野物語の山姥が何とかと由緒ある峠らしいのですが 教養のないぐっさん。には分かりません。

下りも慎重かつ安定した走りでした。昨日 キャンプ中にブレーキをメンテしておいたのが利きました。坂自体は三陸の海岸線のような壁みたいな坂はなく挙動をコントロールしやすい坂でした。

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

三陸の旅 ひとまず終わり 

20080818114020
20080818114018
20080818114016
20080818114014
浪板海岸は鮮やかなコントラストです。きれいなリアス式海岸が この旅における三陸の最後を飾りました。
いよいよ三陸の旅は釜石から南半分を次以降の旅に残して終わりです。楽しく美しく厳しく美味しく暖かく試練の旅を演出した三陸の地にありがとう。
これから内陸へ向かい遠野を目指します。高低差800m地獄のヒルクライム開始です。

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

あずきばっとう あかもく 

20080818093413
20080818093411
今朝はのんびりと出発です。朝飯は宮古のご当地銘菓 あずきばっとう です。ほうとうのような小麦麺が小豆の中にあります。夏は冷やしてもよし 冬は暖めてもよし ということなのでそのまま食いました。もちもちした麺が小豆と合いますね。ほうとうと言えば味噌に野菜に肉というのが定番ですが 汁粉風にするのもいいかもしれませんね。
あかもくはぬるぬる系の海藻です。秋田のギバサに似てます。酢醤油で喰うとウマーですね。

今日は三陸を離れて内陸に一山越えて遠野を目指します 久々にすかっと晴れてますので 最後の10kmの三陸海岸を楽しみたいですね。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

めかぶうどん 

20080817214704
宮古沖海洋深層水と岩手産の小麦のみでできたうどんを冷やして昨夜と同じ宮古産のメカブを混ぜて… 写真撮るの忘れました。
メカブを刻んだ方がいいんですが 包丁とまな板と腕が貧弱で無理でした。

ぐだぐだやな俺 笑

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

鯨と海 

20080817213726
20080817213724
20080817213722
鯨と海の資料館(正式名称は忘れた)にも寄ってみました。閉館寸前の時間なのに快く入館させてくれた受付のお姉さんに感謝です。
マッコウクジラの骨格標本や海やクジラに関する展示でした。いろんな展示内容の中にしっかり見所もあり 受付もきれいで融通がきくし良い博物館でした。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

道の駅 やまだ 

20080817162512
20080817162510
壮絶な坂を越えてきたので時間も体力も想定外に消耗しました。最初は今いる山田より25km先の釜石を目指していましたが ややナイトランに食い込みそうだし そこまでしても寝床の保証もありません。何より今日限りの行き先に無理している自分が昨年 秋田で事故にあった俺に重なりました。
ということで今日は山田に宿泊です。道の駅の近くにキャンプ場も温泉もあります。道の駅で夕食と朝食の買い出しもすませました。そして

お待たせしました 今日のアイスです。
三陸産ワカメとヨーグルトのコラボ わかめソフトです。ワカメの香りが少しします。

category: '08 夏 東北

cm 4   tb --   page top

本州最東端 到達 

20080817153926
20080817153924
20080817153922
20080817153920
魚毛ヶ崎への距離は徐々に減って森の向こうに岩と海が見えてきました。
ついに本州最東端 魚毛(とど)ヶ崎にたどり着きました。岬の向こうには太平洋が広がります。
本州は残すところ 最西端のみになりました。最東端への到達はサイクルツーリストの足跡として一つの節目になりました。

category: '08 夏 東北

cm 1   tb --   page top

魚毛ヶ崎への道 

20080817153910
20080817153907
20080817153905
20080817153903
20080817153901
秘境の重茂(しげもえ)半島内の峠を越えて寂しげな漁港にたどり着きます。旅人のための配慮か一応 キャンプ場があります。
ここに自転車を置いて登山道を歩いていきます。片道4kmで1時間程度かかります。時々 木々の間から海が見えますが 眺望はあまりないです。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

朝の宮古湾 

20080817071011
20080817071008
今日は早めの出発で本州最東端 魚毛(とど)ヶ崎を目指します。朝の宮古湾がきれいです。

category: '08 夏 東北

cm 2   tb --   page top

宮古の晩餐 

20080816221427
20080816221425
20080816221423
20080816221420
宮古にある道の駅みやこで食材を買い込んで 久々に まともな自炊です。
刺身二点盛り(宮古産カレイとカジキ)とメカブの味噌汁(豆腐もメカブも宮古産) 龍泉洞天然水炊き御飯の3品です。地産地消のなかなか良い感じの夕飯です。切らずにぶち込んだ乾燥メカブが戻るとえらいことになった以外は味も上々で良い晩飯でした。
今夜は元キャンプ場の誰もいない明かりもない公園でゲリラキャンプです。しかも雨が降ったりやんだりで昨夜みたいな中途半端な状況です。

上手く行けば明日は本州最東端に到達し三陸最終日となり明後日から内陸に向かいます。あえてチャレンジャブルな三陸を選んだ俺ですが意外に走れている自分に少し自信を取り戻しつつあります。

category: '08 夏 東北

cm 3   tb --   page top

岩手県立水産科学館 

20080816155444
20080816155442
前に北海道で漁業関連の博物館に寄ったら意外に面白かったので立ち寄ってみました。
岩手の魚に漁法に海の仕組みなど展示してありました。動く漁船と漁具の模型もあり 面白い展示でした。特別展示で生きてる磯の生き物ということでウニやアワビやホヤやソイなど生け簀 ぃゃ 水槽にいました。習性などの説明はありましたが 味や調理法についての説明や試食はありませんでした。見てるうちに腹が減ってきました。ハァハァ

category: '08 夏 東北

cm 3   tb --   page top

浄土ヶ浜 

20080816154647
20080816154644
20080816154642
20080816154640
20080816154638
感動的な海岸です。白い岩と緑色の海の不思議なコントラストがいいですね。
ここは多少 天気が冴えなくても問題なしですね。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

たろう 

20080816131707
20080816131659
20080816131657
20080816131655
20080816131652
田老の道の駅で昼食です。
最近は 道の駅など無いような秘境で昼を迎えることが多かっただけに 今回は期待してみましたが意外に華やかさに欠ける感じもします。飯は平凡に天ぷらそばと味噌焼おにぎりとなってしまいました。
リアス式海岸を貫く幹線国道45号線で標高が低い場所に必ずある標識です。昔から津波の多い地域だからか敏感です。時報や終戦の日の黙祷などのサイレンが街に鳴り響くとビビります。サザンのTSUNAMIを歌いながら走ってる場合ではなくなります。

category: '08 夏 東北

cm 0   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム