FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

屋久島地魚茶漬け 

20080430084754
20080430084752
20080430084749
縄文杉からは膝の大爆笑を披露しながら下りきり ヘロヘロになりました。歩きの場合は下りもきついですね。
旅先で知り合った仲間とバスに揺られながら宮之浦に帰ってきました。

そして今夜の自炊です。刺身三種盛り(赤いのがツンブリ、白身で左がエバ、右の量が少ないのはコメジロ) コメジロ茶漬け これはコメジロの身を醤油と酒(芋焼酎)に漬けてゴマとワサビと海苔をふって炊き立てのご飯に載せます。魚の味が強くないとダメなんですが 魚の味が汁にしっかりでて コメジロの身には味がしっかり染みて これがご飯と合います。
ツンブリは赤身で脂が乗っていて美味いです マグロのトロより少し赤身の味が強く出ます コメジロはブリ系の味がしてなかなか美味いです エバは柔らかい身で鯛に近い食感です。今日も屋久島の地魚を満喫です。
明日ですが 蓄積疲労がきつく 風邪引いたようなので屋久島に止まります リカバリーは別途です。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 5   tb --   page top

縄文杉トレッキング② 

20080429183423
20080429183421
20080429183419
20080429183417
20080429183414
1ヶ月に35日 雨が降ると言われている屋久島だというのに天気は快晴 最高のコンディションで上って行きます。ただ 体は上る前から筋肉痛というハンディはありますが そんなの関係ねぇ

トロッコ道を終えると本格的な登山道が始まります。かなり急な傾斜の階段とセクションが続きます。疲れが抜けない脚には厳しいコースです。
そんなのをいくつも耐えながらも見渡せば手付かずの原生林が続いて 時々 1000〜3000年もの樹齢を誇る杉がそこにそびえ立っています。その風格ある姿には感動します。変化に富んだ森を楽しみながら進んでいきます。
切り株すら大きな空洞で不思議な空間を中に持つ貫禄と歴史を感じるものがあります。
そんな感動的な森を進んだ先にあるもの
-- 続きを読む --

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 3   tb --   page top

縄文杉トレッキング① 

20080429174929
20080429174927
20080429174925
20080429174922
20080429174920
早朝 ていうか夜中3時に起きて 朝5時のバスで荒川登山口へ行きます。まだ暗いバス停からバスに乗り明け行く空を見ながらバスは進みます。ものすごく急で狭い林道をバスが進み 絶景を楽しませながら登山口へたどり着きました。
登山者で混み合う登山口を出てトロッコ道を歩いていきます。原生林と杉 大きな岩が転がる渓流 山々を眺めながら歩いていきます。距離は割と長いです。ペース配分がつかめませんが できるだけ速いペースで進んでいきます。新緑の森が気持ちよく 線路を歩く俺にはガタンゴトンと鉄道らしい音を感じています。鉄道好きにはたまりませんね。

続く

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 0   tb --   page top

屋久島 首折れ鯖 

20080428220642
20080428220640
20080428220638
20080428220635
刺身用の屋久島産 首折れ鯖が見つかったので買っていってさばきました。小さな包丁で三枚に下ろして切り身にします。腹骨が残りましたが ここまでは まずまずの出来映えです。切るのは切り身より小さな包丁では厳しいです。見た目は美しくないですが サバの身は かなり美味いです。生臭さなど全くなく 知らなかったサバ本来の味を感じます。飛び魚とムロアジをすり身にしたものを買って 味噌汁にしました。まさか茹でたら膨らむなど想像もせず えらいことになりました。薩摩揚げ用にと みりんで甘い味付けをしているので味噌汁との相性も×でした。海に帰すことにしました。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

屋久島一周 完走 

20080428214958
20080428214955
何とか屋久島一周を完走です。最後は上り坂でも脚に力が入りません。こんなに一周がきつい島は無いかもしれません。
走りきった満足感はホントに大きいですね。きつく楽しい思い出をありがとう。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 0   tb --   page top

ガジュマル園 

20080428165157
20080428165155
20080428165153
20080428165150
一周完走まで あと10kmというところで ガジュマル園を見ていきます。木に絡みついたツル状の植物で寄生した木と一体化してます。ジャングルのようなガジュマル園は不思議な雰囲気でした。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

山中で昼飯 

20080428152355
20080428152353
20080428152351
20080428152348
20080428152346
町まではたどり着けず 比較的 猿の気配が少ない路肩で昼飯です。買っておいたアンパン 屋久島の黒糖 冷凍みかんならぬ 冷凍たんかんです。糖分とクエン酸を補給します。飯を食っていたら鹿は出てきました。猿だと飯の取り合いになるところでした。
そんな西部林道の最後に島の最西端にあたる長田岬の屋久島灯台を見ていきます。海が広がっていて来た道を振り返ると原生林と複雑な形の海岸線が美しいですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

西部林道 

20080428152306
20080428152304
20080428152302
屋久島一周ルートのハイライトで最大の難関は 西部林道です。海まで世界遺産登録されている原生林を貫きます。道には猿や鹿がいっぱいいます。坂道も半端ないです。海沿いのアップダウンではなく 本格的な峠が3本続いています。傾斜も距離も厳しいです。ただ海まで続く原生林や迫力ある山を見上げる景色は壮観です。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

大川滝と難関前の一時 

20080428151752
20080428151749
20080428151747
20080428151745
20080428151743
平らな道がない屋久島の海岸線に苦しみましたが ハイビスカスが咲いていたり 南の島らしい道が続きます。
最大の難関へ突入する前に 屋久島最大の滝 大川滝があります。森を抜けてきたきれいな水がすごい迫力で流れ落ちてきます。滝のすぐそばの海岸線も 流れ込む清流そのままにきれいな海です。
最大の難関に向けて湧き水をボトルに入れて パッションしていきます。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

モッチョム岳と坂道 

20080428102007
20080428102005
20080428102002
坂が半端ないです。屋久島に平らな場所はないと言われていますが のんびり流せる道が全くなく ずっとアップダウンが続いています。
ただ途中に見える山々は素晴らしいです。切り立った岩が迫力あるモッチョム岳が感動的です。屋久島の川は海にたどり着くまで清流ですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

曇りの朝にパッション 

20080428080458
20080428080456
趣味の入りまくったキャンプ場を出て島を回ります。
今日は曇りスタートになります。山とか眺めたいですが スッキリとはいかないですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 2   tb --   page top

屋久島で自炊 

20080427210029
20080427210027
20080427210025
20080427210022
距離は白谷雲水峡で体力を使い果たして目標より15kmほど未達に終わったが 安房(あんぼう)でキャンプだ
自炊で夕飯をプロデュースします。まず ご飯を炊きながらビールです。屋久島鯖のなまり節と屋久島の地魚の薩摩揚げをつまみに飲みます。なまり節は味が付いてないから マヨネーズと新タマネギを一緒につまみます。これが合うんです。ツーンとした味と鯖の強い個性が融合します。
ご飯が炊き上がったら蒸らし(火から下ろして放置プレイ)ながら 野菜炒めです。薩摩の黒豚バラ肉 鹿児島産の新タマネギ 茄子を塩で炒めて最後に醤油で味を整えます。
ビールの後は野菜炒めで飯です。実はこのご飯は屋久島の天然水で炊いてます。米は鹿児島産ひのひかり わき水で炊くと飯に甘みが出ます。
今日も鹿児島の美食を満喫した夕食でした。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 4   tb --   page top

厳しい海岸線 

20080427184432
20080427184430
20080427184427
宮之浦から時計回りに回り始めましたが、白谷雲水峡で脚を使い果たしたので 今日は売り切れです。屋久島一周ルートが予想を遙かに超えてきつく 苦戦です。アップダウンが多いだけでなく標高にして150mから200m近く上っています。ちょっと寄り道に… と、海へ下ると急で長い坂が続いていました。しかも それを上って県道に戻らなきゃなりません。

クエン酸を補給したくて ご当地ドリンクの タンカンジュースです 南国らしくマッタリした甘味と酸味が良いです。
ヘコみながら下ってきた海岸は枕状溶岩です。屋久島の溶岩で険しい海岸で溶岩の上からガジュマル?が生えてます。ただ屋久島のきれいな海は良いですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 2   tb --   page top

屋久島の飛び魚 

20080427150526
20080427150524
白谷雲水峡のすごかった坂は下りも当然ながらすごい。疲れが出てるので気を付けてスピードを殺しながら行きます。まだ左コーナーの出口が怖いですね。
少し遅い昼飯は 宮之浦で 飛び魚刺身定食と屋久島の魚を使った薩摩揚げです。青臭さもなく 少し脂の乗った歯ごたえある身が美味いです。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

白谷雲水峡トレッキング 

20080427150132
20080427150130
20080427150127
20080427150125
20080427150123
白谷雲水峡をトレッキングしました。4kmの原生林と苔むした沢を貫いた道を歩きます。屋久島らしい立派な杉と切り株が独特の雰囲気を醸し出してます。
自転車でのヒルクライムと登山のコラボレーションなので脚はかなり疲れます。すれ違う登山者から「自転車で登ってきてた方ですよね」と声をかけられます。そして天気の良い もののけ姫の森にたどり着きます。神秘的で不思議な雰囲気の森です。
下りつつ樹齢3000年の弥生杉を見ていきます。木の太さや貫禄がすごいです。いろんな自然の姿を見せてくれた白谷雲水峡に満足です 頑張って登ってきてた甲斐がありました。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 2   tb --   page top

白谷雲水峡ヒルクライム 

20080427144950
20080427144938
20080427144936
20080427144934
20080427144931
白谷雲水峡へのハードな坂を上って行きます。上れども上れども終わらない急な坂に苦戦しました。高低差600mかなりきついです。
達成感を満喫する暇もなく、わき水をくんで急ぐように白谷雲水峡へと入って行きます。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

屋久島上陸そして 

20080427084155
20080427084153
20080427084151
20080427084149
フレンドリーなフェリーの乗客達と互いの良い旅を願ながら別れて、屋久島上陸です。天気も上々 楽しみですね

早速 白谷雲水峡へのヒルクライムです。初日の朝からどぎついですが 屋久猿と屋久鹿に励まされながら登って行きます。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 3   tb --   page top

朝飯は九州らしく 

20080427062708
20080427062706
結構 揺れます。手ぶれしないで写真を撮るのが難しいです。夜中は種子島に停泊していたので寝るには全く問題ない乗り心地でした。
朝食は両棒餅(じゃんぼもち)とかしわおにぎりです。じゃんぼ餅は仙厳園の近くでいっぱい売られてます。大きめで少し平たいみたらし団子で串が二本付いてるのが特徴です。あと 九州は鶏が美味いのでかしわ飯が良いですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 1   tb --   page top

フェリーのデッキで乾杯 

20080426191054
20080426191052
20080426191050
20080426191048
20080426191046
早速 たくさんのコメントありがとうございます

フェリーは夕方発で買い出しも済ませて乗り込みました。今日は乾杯です。連休初日の一杯はたまらんですね。薩摩揚げをつまみにフェリーのデッキかは夕日と桜島と海を見ながら飲む幸せを噛みしめています。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 3   tb --   page top

貨物船 

20080426162111
20080426162109
屋久島へ渡るフェリー乗り場まで来ました。先に乗船手続きしてから買い出しに行こうとしていますが フォークリフトが次々と物資を積み込んでいて貨物船のような雰囲気で 予約は全く問題なく取れました。
去年も香川の高松と岡山の宇野までトラックだらけのフェリーに乗りましたがプロっぽいフェリーは熱いですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 2   tb --   page top

むじゃきの しろくま 

20080426145441
20080426145439
皆様、お待たせしました。今日のアイスの時間がやってまいりました。

鹿児島のアイスといえば なんと言っても しろくま でしょう。ミルクで作ったかき氷にフルーツやゼリーが添えられています。鮮やかで 本場の作りたては ふわふわと柔らかくて 美味しいです。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 4   tb --   page top

薩摩の黒豚 

20080426143854
20080426143851
鹿児島で飲まずに食うなら 薩摩の黒豚でしょう 男ならガッツリと特撰ロースカツでしょう。
半端じゃなく旨いです。肉の歯ごたえと味がしっかりしていて肉汁がジュワッと来ます。ややもすると豚肉の高級なステーキのような感じすらします。
こんなに旨いトンカツは未だかつて食べたことありませんでした。感動しました。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 3   tb --   page top

薩摩 仙厳園 

20080426131633
20080426131631
20080426131629
20080426131627
20080426131624
篤姫ゆかりの地 薩摩島津の仙厳園に寄り道です。錦江湾と桜島をバックに南国らしい日本庭園が広がってます。今日は晴れてはいるが桜島は霞がかかっていて写真写りはイマイチですが迫力あります。庭園は南国的な雰囲気で開放感と少し新しい感じがして薩摩らしいですね。石の使い方が面白いですね。抹茶と茶菓子とガイド付きで巡れます。茶器は薩摩焼でお菓子は飛竜頭で餡には柚子がきいてます。

一言でいえば 旅はいいですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 2   tb --   page top

鹿児島空港から 

20080426105034
20080426105032
鹿児島空港に着いてチャリを組み立てました。空港の表に足湯があります。
いざ 出発!

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 3   tb --   page top

羽田空港にて 

20080426064727
20080426064725
20080426064723
20080426064720
20080426064718
羽田空港行きの高速バスは混み合っていたので 大物荷物は運転手から嫌われまくりながら積まれます。やはり初日は荷物をホテルに送って自転車だけで行きたいですね。
連休開始がきっちり週末からというカレンダー繰りからか かなり混んでます。フェリーが要注意ですね。

早速 飛行機を見ながら朝食です。羽田のアナゴとアサリ飯です。鹿児島に着くまで待てなかったですね。

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 2   tb --   page top

バス待ち 

20080426030804
20080426030204
時間に余裕をかなり持たせてるので 高速バスの1時間半前には バラシ完了しちゃいました。

画像アップロード失敗だよ… さい先悪い いいかげんにして欲しいFC2の不具合体質

category: '08 GW 屋久島&種子島&南九州

cm 2   tb --   page top

我ながら 

何というか、GWまでのカウントダウンも残り 1 。

旅の準備もほぼ完了した。金曜の夜だけで全て完了して、夜中のうちに出発だ。

我ながら よく耐えたと思う。

仕事で心身ともに削られながら、連休を待つ。
連休になれば思いっきり旅をして自分を見つめ直しリフレッシュする。
こうして、仕事と私事をギリギリのところで回していく自分。

特に今回は昨年の秋ぐらいから様々なトラブルが続いている上に仕事も絶頂を迎えている。
栃木での私事の人間関係は全て崩壊するストレス、
仕事は全く休む間もなく年末年始も年越しも家で仕事をして、平日は毎日午前様。
それでも3月に嵐のように忙しかったプロジェクトの方は一段落した…。
次の新たなプロジェクトが続々と控えているが、糸が切れた感じのする危機感。
最近の俺は開き直りもワガママさも度胸もなくなってきている。

無事な体と心でGWまで逃げ切れるか そんな勝負だった。
俺が連休まで逃げ切れずに力尽きるときは、きっと立ち直るきっかけを得るのは困難だろう。

相変わらずプレッシャーとストレスと、やってもやっても仕事が増えていくばかり、
増えていく負担、とはいえ泣いても笑ってもGWは心を鬼にしてリフレッシュしよう。
屋久島の海と森で俺の毒を洗い流してこよう。

category: 日記

cm 9   tb --   page top

心すでに屋久島 

今週土曜日から5/6までのGWは自転車での旅に出ます。ケータイからBLOG実況しますが、コメントへの返事はできません。いただいたコメントについては、ケータイに通知して一言逃さず全て読ませて頂いておりますので、GWも変わらずコメント頂ければ幸いです。大変 勝手ながらよろしくお願い致します。GW 屋久島・種子島・鹿児島の旅 実況 お楽しみ頂ければと思います。

20080423011954
20080423011952
20080423011933
衣類圧縮袋は圧力に負けて爆発 予備がないから大ピンチ しかし 何とかイトーヨー○ドーで調達して事なきを得るわけで。今夜から少しずつ荷物をまとめ始めてます。
有休の月曜にアウトドアショップで買った屋久島ブック2008がかなり面白いです。役立つ情報満載で自転車で一周した人のレポートなんかもあります。山に登ったことのない俺でも興奮するような登山コースも紹介されてます。屋久島の魚を使った料理のレシピも泣けます。

心すでに屋久島にあります。準備を進めなきゃいかんですね。
ついでに最終目的地の宮崎もガイドブック購入です。

category: 旅について語る

cm 11   tb --   page top

最後の週末 

20080420143819
今日は荷物の総点検です。見れば見るほど気になる点が出ますね。

category: 旅について語る

cm 11   tb --   page top

機種変へ 

20080418213212
20080418213209
ケータイを横に向けて写真を撮って画像回転すると、画面の幅以上では端が切れるから横枠の写真が撮れないauのPのケータイ。実に使えない。
夏に秋田で買ったばかりではありますが、ブログ実況に使えないし早々と機種変です。メーカーが同じなら使い勝手が同じだから扱いやすいんですが、最新のW61Pですら対策してませんからPは選択肢から消えました。ケータイ売り場で写真を撮っては回して試してみるマニアックな選び方をしているわけで。
でも閉店間際のヨドバシカメ○のケータイ売り場はauだけは早々と閉まっているので明日ですね。

category: 日記

cm 3   tb --   page top

春の大北海道物産展 

20080414004256
20080414004254
20080414004252
20080414004250
20080414004246
春の大北海道物産展に行きました。ショッピングセンターは近所なので二日連続です。帯広の豚丼(2日目)とイカ飯とコロッケ(1日目)を買います。ロイズとか六花亭もいいですよね。試食も充実して北海道を満喫しました。

category: 地元

cm 14   tb --   page top

Web Site更新 

ぐっさん。のHome Page (Blue Randonneur) を久々に更新しました。

Blogで実況して 数々のご支援を頂きました、2007年夏の旅 (裏磐梯、北東北)の様子です。

Topページ → 左のフレーム 旅記録・'07 夏 裏磐梯、'07 夏 北東北 からごらん頂けます。

お楽しみください☆


ふぅ 何とかGWの旅に出る前に書きあげたぜ。。。
ためちゃうと収拾がつかなくなっちゃいますからね。

category: 更新情報

cm 6   tb --   page top

緊張の回転 

20080411221532
20080411221529
近所にできた回転寿司「はま寿司」で夕食です 一皿105円の安系の店です。
壁際の席に押し込まれました。トンネルを抜けてきたネタを即断即決しながら選ばなければならない玄人向けの席です。回っているのを見て どうしようかな などと考えるヒマはありません。トンネルから出て目の前に現れた皿が、食いたいネタかどうか即座に判断し、見た目から周回数を予想し、皿の色が黒がわさび有りなのでそれを選ばなければなりません。そして流出する前に捕る!なかなか緊張感ある回転寿司です。
でも、味はスシローの方が上かな。カッパ<はま<スシロー ですね。自転車通勤なら帰り道にあるので ちょくちょく来たいかな。最近は通勤路に 回転寿司、スーパーたいらや、すき家、(地名)食堂、TSUTAYAができて食も暮らしも楽になりました。あとは、はなまるうどんができたら 完璧です。期待したいですね。

category: ジャンク

cm 11   tb --   page top

ソールを変えてみる 

20080408000139

前々から気になっていた点がある。長距離を走ると足の裏から痛みが来るのだ。特にペダルを踏み込むときに最も力が集中する土踏まずの前のところだ。どうも、そこに接地面が集中しているからではないかと考えて、ペダルの面積拡大したり色々と試行錯誤しているが、完全な解決はせず苦慮している。靴を剛性あるものに変えて面積の大きいSPD-SL(ロード専用ビンディング)なんかにすれば良いのだが、靴自体はそれだけでも歩けるものでないと旅はできない。
今時点で貧弱なソール(靴の中敷き)を変えて、土踏まずまでフィットして支持するものに変えてみる。変えた直後は慣れないものだが、今から3週間の慣らしで慣れればいいなぁとはおもうわけで。

category: 自転車

cm 11   tb --   page top

桜の有休 

20080407132145
20080407132142
20080407132140
20080407132138
仕事も一段落したので久々の有休だが、会社に行って小仕事を一件だけ片付けて軽く花見をして帰ります。会社の前が花盛りです。
帰りにはショッピングモールに立ち寄るも収穫はなく、さらにひとっ走りして有休の定番となりつつあるパスタランチです。アサリとほうれん草のボンゴレです。今が旬のアサリの出汁が出ていて美味いです。手頃でボリュームもあって雰囲気は良いから好きな店で、飛びっきり美味いイタリアンと言うわけではないですが 学ぶところの多い店です。
この前 作ったホタテとアスパラのパスタについて味の方向性が間違いではないことを確かめられた気がします。ただ俺のはもう一手間が足りない気がしますので頑張りたいですね。

category: 日記

cm 8   tb --   page top

空飛ぶP 

4月1日に イギリスBBCが発表したニュース。空飛ぶペンギンが発見されたそうです。

-- 続きを読む --

category: 日記

cm 12   tb --   page top

恋愛・人生 「スベシ!」診断 

黒ラブのレオママさんのところで見かけたので、やってみました。

subeshi.gif

気になる ぐっさん。は 何を スベシ! なのか・・・
-- 続きを読む --

category: Check!!

cm 10   tb --   page top

コース決定!? 

それにしても計画が組みづらいです・・・。

奄美大島、屋久島、種子島全てをねじ込むと日程的には奄美大島からの帰りは飛行機になりそうで。船の便の悪さと距離の長さが計画を難しくしていますね。今年は車が不調で自転車通勤をしているので体はまあまあキレている方なので距離は走りたい。スタートは鹿児島であるものの、ゴールは鹿児島にしてしまうか熊本にしてしまうか はたまた宮崎か。いずれにしても都会で終わらせて打ち上げをきっちりとやりたいですね。そう考えると、奄美大島は次回以降に持ち越しとなりそうです。次回以降 鹿児島−フェリー→奄美大島−フェリー→沖縄本島 (ついに沖縄県 上陸)といきたいですね。

今回は 鹿児島(谷山)→屋久島 で夜行フェリーに乗って早朝から屋久島を回って、3日目には宮之浦岳の縄文杉へアタックし、次の日に種子島に渡って 夜間か明朝に鹿児島に渡って、桜島をヒルクライムしたいです。黒豚とかキビナゴとか初鰹なんか食べながら芋焼酎で中締めも決めたいところです。

行ければゴールは熊本にしたいのですが、色々回ろうとするとたどり着けなさそうで、島への交通の便の悪さはしわ寄せとなって こういうところに出てしまいます。。。

鹿児島から熊本までまっすぐと国道3号線で行くのも面白みもないから、枕崎・野間崎・吹上浜経由で行こうとすると日数が全く足りないので、このあたりは天草を絡めた時に回るとして、霧島高原経由でヒルクライムして えびの→人吉→熊本と回ろうとすると、最終日が計画時点で125kmという無茶振りになってしまうわけで・・・ それとも鹿児島県だけで旅を完結させてしまう 完全 周遊コースとしてしまうか?

何か発想の転換が必要かもしれませんが、そこが (自称)ベテラン サイクルツーリストとしての腕の見せ所で。計画をあれこれ考える時間というのも楽しいモノですね。

まだまだ考えますよ〜 悩みますよ〜。
行きの鹿児島行きの飛行機始発便だけは手配しちゃいましたが。


という記事を書きながら考えちゃいました。
-- 続きを読む --

category: 旅について語る

cm 4   tb --   page top

俺の旅路は 

ついに踏ん切りが付きました。GWには自転車を持って
-- 続きを読む --

category: 旅について語る

cm 7   tb --   page top

リング 

20080404203633
20080404203628
一時期はそうでしたライダーやチャリダーに好評を博したものの製本コスト高からか二年程でなくなった待望のツーリングマップル リングversionが復活です。逆開きしやすいから開いたままフロントバッグに載せると収まりがいいですね。GWに向けて九州・沖縄版を購入です。値段は少し高いですが使い勝手の良さは抜群です。

category: 旅について語る

cm 2   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム