FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

帰国。 

仕事については未だ収束はしないものの
ドイツでやれるだけのことはやって帰国です。
帰り間際にスーパーでお土産を買うと、
主婦の自転車がありました。
mamachari_01.jpg
ちょっとカッコイイですよね。

エアポートライナーというのが29Euroで空港まで連れて行ってくれます。
140kmぐらい離れた場所ですが、1時間半ほどで行ってくれます。
車はベンツでした。
空港に着いて土産を買って手続きを済ませて日本人だらけの
搭乗口まで来たら、緊張感が抜けて疲れが出ました。
空港はチェックインしたら店が充実してます。
結局、衝動買いでシュタイフのテディベアを2つ買いました。
姪っ子&甥っ子にあげます。
さすがドイツは自動車大国。車も飾られています。
BMW i-8 がカッコイイです。
munchen_airport_01.jpg
bmw_i8.jpg

ということで、最後まで仕事を頑張り旅を楽しみ尽くして
ドイツから帰ってきました。
munchen_airport_02.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 4   tb --   page top

ドイツの食を一気に振り返る 

二週間分を一気にまとめて紹介。ドイツのグルメです。

まずはビールで乾杯です。ずっしり濃い ヴァイスビアが人気です。
レーゲンスブルク周辺だけでも200種類もあるそうで、グラスは酒蔵の銘柄です。
これで500mlで標準サイズです。
bier_01.jpg
味も苦かったり酸味があったり甘みがあったり店ごとに違う気がします。

ソーセージとザウワークラウトはもちろん美味しいですね。
塩がきいて、肉の味もジューシーで、ザウワークラウトがさっぱりしめて
ビールで飲み込む。そりゃ最強です。これぞドイツです。
Die historische Wurstkuchl_04

それ以外でもドイツの肉料理は豪快で美味しいですね。
日本みたいに柔らかさは追求して無くて、赤身の美味しい肉です。
ドイツはさすがに体のつくりが違って肉をもりもり食べます。
若い女性もモリモリ食べます。
週末だと90近いと思われる老夫婦でも昼間からビールを飲みながら
肉をほおばってます。
あと、フレンチフライが大量に出ます。ポテトは付け合わせでは無く
主食(ご飯)と考えるしかないです。地元の人はさらにパンとか食べますが
さすがにポテトで腹一杯になります。
ステーキも300gあります。赤身の肉なのでずっしり来ます。
でも俺は日本の脂っぽくて柔らかい肉より好きですね。
味付けはシンプルでいじり回しません。
steak_01.jpg

ドイツに来て2日目のDULTで食べた豚のすね肉をオーブンでこんがり焼いた
シュヴァインスハクセ(Schweinshaxe)も豪快で肉本来の味を楽しめます。
骨の周りの肉は良いですね。ONE PIECE食い(骨を掴んで豪快に肉を食うこと)します。
pork_01.jpg


あと、意外と Schnitzel (シュニッツェル)という豚肉のカツレツが美味しいです。
薄めの肉に衣をつけて揚げ焼きにしてあります。
味付けはあっさりでトンカツに似ています。ソースはベリーのものだったり
ケチャップだったりソテーしたマッシュルームがあえてあったりドイツらしいです。
何となくトンカツのルーツのようなものを感じます。
Schnitzel_01.jpg
Schnitzel_02.jpg

そんな大量すぎる飯もたまには休息と思って一人で食事にでかけて
野菜をちゃんと食べたいと思い、パスタとサラダを頼んでみました。
パスタはサーモンのパスタ、サラダはスカンピ(エビ)のサラダです。
パスタに安心して油断したらサラダが爆盛りです。
肉をいっぱい食べる国なので、サラダを食うときのサラダの量も多いです。
ちょっと付いてるポテトサラダが ジャガイモと酢で味が付いていて意外と
うまいです。
pasta_01.jpg
salada_01.jpg
salada_02.jpg


デザートはさすがはヨーロッパ。やったら甘いものは無くて、
ほどほどに押さえられてます。
5人分ぐらいの巨大なスフレや盛り合わせをみんなでシェアします。
desert_01.jpg
desert_02.jpg

ちなみにホテルは朝食付きのビュッフェスタイルで
オープンテラスでの朝飯が気持ち良いです。
ハムやチーズの種類が多くてパンも美味しくて楽しめます。
お姉さんがコーヒーを注ぎに来てくれます。
breakfast_01.jpg


さすがに外食ばかりではドイツの食は重くなりがちで、
ちょうど良い量を追求すると自炊するかサンドイッチを買うのが良いですね。
パンはどこで食べてもハズレがないほど美味しいです。
自炊だとスーパーなど閉まるのは早いので遅くまで仕事すると
選択肢がないです。コンビニなんてありませんでした。

日本に帰ったら、さっぱりと蕎麦なんかが食べたくなりますね 笑

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

街で見かけた車たち 

ヨーロッパを彩る自動車たちです。

まずは公共交通機関の代表格でバスです。
狭い街に2両編成の大きなバスが走り回っています。
bus_01.jpg
bus_02.jpg

古い車を大事に乗ってる人も多いですね。
シトロエン 2CVのオーナーミーティングと思われる集団でした。
レーゲンスブルクの古い街並みとマッチしています。
2cv_01.jpg
2cv_02.jpg
2cv_04.jpg
2cv_03.jpg

あと懐かしい我らが Honda CRXも見かけました。
もう30歳に近いと思います。
crx_01.jpg

その反面、最新高級スポーツカーが普通に路駐されています。
フェラーリ、ポルシェなど日本だと1500万円を越えるような車たちですね。
ferrari_01.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

ミュンヘン ドイツ博物館 

ドイツを代表する工業技術が展示されています。
発電、水利、航空、自動車、電子技術、船舶、掘削・・・
説明も大人向きに細かいです。かなりマニアックな博物館ですね。
g_musium_01.jpg
g_musium_02.jpg
g_musium_03.jpg
g_musium_04.jpg
g_musium_05.jpg


エンジニアだけど幼稚園児並みの英語力しかない俺には読めません 笑

で、自動車と航空が凄いって地球の歩き方に書いてあったのですが、
10年前に展示は分かれて移転されていて、同じ問い合わせを10年前から
毎日 日本人にされると案内の人が笑いながら言ってました。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

ミュンヘン レジデンツ 

レジデンツ(王宮?)にも寄ってみました。
目の前にある大きな劇場もインパクトありますね。
resi_02.jpg
resi_07.jpg

レジデンツの方は そりゃもう豪華絢爛です。
落ち着かないほどど派手ですが装飾の手間のかかりようとスケールが両立してて
雰囲気に圧倒されます。
resi_01.jpg
resi_04.jpg
resi_03.jpg
resi_05.jpg
resi_06.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

ミュンヘン マリエン広場のあたり 

日曜日はミュンヘンへ出向きました。
3年前の海外出張でも来ましたがマリエンプラッツの新市庁舎は見事です。
marien_01.jpg
marien_02.jpg

他にも雰囲気に圧倒されるような建物がいっぱいあります。
街の雰囲気は古き良き町並みって感じで良いですね。
munchen street_02
munchen street_03
munchen street_04
munchen street_01

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルク~ミュンヘン 鉄道 

ミュンヘンにも行ってきました。まずは鉄道ですね。

まあ何のことはない快速列車ですが、海外だと雰囲気は違います。
2階建てで1階は自転車と人、2階は人という配置になってます。
輪行(ばらして袋に入れる)が不要な欧州らしいです。
レーゲンスブルクからミュンヘンはこれで行きます。
train_02.jpg

ドイツが誇る高速列車ICEは新幹線を見慣れるとフロントノーズからスピード感は感じませんが、
これでも300km/hで巡航します。シンプルなデザインがカッコイイですね。
今度 出張か旅行する機会があれば乗ってみたいです。
train_01.jpg
train_04.jpg
train_05.jpg

ミュンヘン市内を走る U Barnこと路面電車も5両編成です。
train_03.jpg

帰りはいかにもローカルな感じの列車で帰ってきました。
ただ、車両によっては動力は機関車で確保するので客車は静かでシルキーな走りをします。
駅のホームのベンチでサンドイッチを晩飯に食いながら鉄道を見てました。
train_06.jpg
train_07.jpg

自転車が好き、車が好き、鉄道も好き という俺にとっては旅のトレインウォッチングも楽しいです。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

ホワイトアスパラとグリーンアスパラのサラダとクリームソースパスタ 

そして海外出張なのに本格自炊です。
ホテルにミニキッチンがあるので料理ができます。
絶対に余るのにオリーブオイルとか買っちゃいました。 笑
rbg_cooking_01.jpg
まずホワイトアスパラとグリーンアスパラを塩ゆでします。
マッシュルームを塩とオリーブオイルでソテーします。
ベーコンかと思ったら生ハムを炒めます。
全て半分はサラダ、半分はパスタに使います。

サラダは全てを添えてチーズを添えて完成です。
オリーブオイルでニンニクをいためて牛乳を入れます。
そこにチーズを入れて溶かします。先ほど炒めた
生ハムを入れます。しばらく煮詰めてコクを出します。
塩気は強くて追加で味を調える必要がなかったです。
ソースのめどがついたら、パスタ(タリアテッレ)を茹でます。
アスパラのうまみが出てる塩水で茹でて味を移します。
ソースと絡めてアスパラをのせて完成です。

rbg_cooking_02.jpg
サラダは何も足さない 何も引かない アスパラの旨さが全て出ています。
何でこんなに美味いのかと思うほどホワイトアスパラは美味いです。
爽やかさと甘さと歯ごたえがたまりません。グリーンも負けじとうまみを
主張しています。
炒めた生ハム? の塩気とマッシュルームが箸休めになって美味いです。

rbg_cooking_03.jpg
パスタは絶品でした。チーズがうまく溶けませんでしたが、
チーズさりげない味とアスパラの自然な甘みがよく合います。
本当は生クリームを買おうと思ったのですが、完全にドイツ語のため
そもそも買おうとした物が生クリームかどうかあやしかったので
100%意味が分かった牛乳を煮詰める作戦でいきました。
これはこれで 美味しくて乳製品とアスパラがたまりません。
マッシュルームも良い香りを出していて最高です。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~子煩悩のオモチャ屋さん 

目に入れても痛くないほど可愛い愛しの姪っ子&おちびちゃんたちのために
市街地のオモチャ屋さんに寄りました。
toys_01.jpg
toys_02.jpg
toys_03.jpg

外国のオモチャ屋さんって面白いですね。日本とは違うオモチャも見えます。
子供は工事用のパワーショベルのオモチャに夢中でした。

で、ここでも子供にじーっと見られたり、いきなり喜んできたりで
子供に好かれやすい子煩悩おじさん全開でした。
レジでは 「ずいぶんいっぱい買いましたね」と笑われました。

俺の子煩悩は唯一 世界に通用する才能かもしれません。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~遊園地 

昼間のDULT(ドゥルツ)に行ってみました。

夜は豪快にビールを飲んで肉とパンとチーズをむさぼり、
胸元がセクシーな地元女性の民族衣装が彩り、
歌って踊る場ですが、昼は子供の遊園地のような場所です。
dult_04.jpg
dult_01.jpg

ただ、乗馬なんかもあるのですが馬を調教するおじさんがムチを
振り回して馬を操っていて馬に乗ってる子供が怖がっています。
馬が徐々に内側を回ってショートカットしたがるので、外側を回るように
内側からヒモで馬を脅しています。
泣きっぱなしの子もいます。遠目には幼児虐待にしか見えません・・・
dult_02.jpg

dult_03.jpg
dult_05.jpg
露店・・・というより店のファーストフードも充実しています。
可愛いお菓子、ソーセージ、魚を焼いた物、ビール、ワイン・・・

ちなみに、この大量の遊具やお店 全て移動式です。
3週間にわたる祭りが終わると全て撤収されます 笑
これでも オクトーバーフェストと比べると半分以下の規模だそうです。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~自転車 

rbg_bicycle_03.jpg
これをケッタと読んだあなた 愛知・岐阜・三重県民ですね。
KETTLERの電動アシスト自転車ですがバッテリーがコンパクトでスポーティです。
自転車屋のショーウィンドウを覗いてみました。(店は週末だが休み)
rbg_bicycle_04.jpg

このあたりは自転車が多く、単なる足にしてはギアもちゃんとあるスポーツ系です。
ぴちぴちのレーサーパンツで乗る人もいればジーンズで乗る人もあり。
後で見つけましたがレーゲンスブルクの駅にレンタサイクルもありました。
クロスバイクかMTBしか貸し出して無かったです。

子供用は目立つようにぴーんと伸びた旗が付いてます。
これもヨーロッパらしくてカッコイイですよね。
rbg_bicycle_01.jpg
rbg_bicycle_02.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~橋の上と民族衣装 

古くからある石橋からと石橋の眺めが最高なのですが工事中でした。
橋の上からの眺めは良いですね。ドナウ川の向こうに古い町並みが広がります。
rbgstreet_06.jpg
rbgstreet_07.jpg

DULTの祭りで見られた民族衣装の女性たちの衣装です。
割と良い値段します。子供が着てると可愛いですし、
大人だと胸元が出ています。
rbgstreet_08.jpg

民族衣装のお姉さんたちが昼間っから街で飲んで歌ってます。
俺も歌ってしまいました。
rbgstreet_09.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~街の風景 

歩いてて飽きない街ですね。
大胆な明るい色使いの壁とか造形とかすばらしいです。
古い作りを守り続けてきた街は貴重ですね。

rbgstreet_01.jpg
rbgstreet_02.jpg
rbgstreet_03.jpg
rbgstreet_04.jpg
rbgstreet_05.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~ドナウ川 

ドナウ川遊覧船でバーハラ神殿とか行ってみようと思って
船のチケット売り場に急ぎます。慌てて買って乗り込みます。
ドナウ川沿いに船は走り始めました。
donau_01.jpg

ちょっと上流に行って水門の前で引き返します。
レーゲンスブルクの町を川から見ながら下っていきます。
中州で分断されていた川が合流しているところで
中州の向こうに行きます。また引き返します。
合流したところでUターンして元の船着き場に戻ります。
donau_02.jpg
donau_03.jpg

川から見る市街地も良かったんですが短いです。
散歩でいける範囲でクルーズしても・・・
2時間のと1時間のがあり、俺のは1時間のでした。。。
クルーズ船は種類が多くてレストランが入ってる大型の物とか
色々でした。
donau_04.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~Die historische Wurstkuchlのソーセージ 

レーゲンスブルクでは有名なソーセージ屋さんでランチにします。
Die historische Wurstkuchl という店で、世界最古のソーセージ屋です。
1378年からやっています。
ドナウ川を見ながらオープンテラスで昼間っからヴァイスビアと
焼きソーセージにザウワークラウト 贅沢な週末ですね~
顔がほころぶほどビールもソーセージもザウワークラウトも美味いです。

気さくな店員のおじさんもまた良い味を出しています。
相手の人種を見ながら 「Kanpai」と言いながらビールを出してくれたり
犬を散歩させながら食事に来たら犬に1本ソーセージをあげたり・・・
有名でも驕り高ぶらない姿勢はドイツの余裕のようなものを感じます。
Die historische Wurstkuchl_01
Die historische Wurstkuchl_02
Die historische Wurstkuchl_03
Die historische Wurstkuchl_04
Die historische Wurstkuchl_05

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~夕飯の食材をお買い物 

今夜は自炊しようと思って買い出しに出ます。
DOMの近くのマーケットで新鮮なアスパラガスを買っていきます。
今はホワイトアスパラがドイツのごちそうです。
白いのが美味ければ緑も美味いでしょう。
露店用の車でチーズや肉やソーセージ、野菜や花など売ってます。

スーパーでパスタの食材を買います。
絶対に余るのにオリーブオイルも買いました。
market_01.jpg
market_02.jpg
market_04.jpg
market_03.jpg
market_05.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

レーゲンスブルクを歩く ~大聖堂 DOM 

レーゲンスブルクを象徴する建物ですね。
大聖堂で DOM と地元で呼ばれています。

中に入ると荘厳、雄大、それでいて優しい気持ちになれます。
ステンドグラスも見事ですし、2009年から入った世界最大の壁掛け式
パイプオルガンも見事です。
朝は曇ってましたが、夕方は晴れ 雰囲気が少し変わります。
夜になるとまた違う雰囲気があります。

DOM_01.jpg
DOM_02.jpg
DOM_03.jpg
DOM_04.jpg
DOM_05.jpg

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

Sushi haus 

すいません。ドイツに来てから食の話ばかりです。
景色をじっくり見に行く暇が無くて、仕事してるか食事してるか寝てるか・・・
ってことで海外出張で初めて迎える週末です やっほーい
土曜日はレーゲンスブルクの町を歩いて、日曜はミュンヘンに出てみます。

重い食が続いているので、ドゥルツに向かう途中で見つけたSushi Hausに行ってみます。
中には「寿司」と書いてあったので、間違いなく寿司屋さんです。



予約席に座っていたイケメン&美女カップルに席を空けてもらいました。
ちゃんと笑顔で挨拶するし美男美女だし、ドイツの懐の深さを感じます。
ドイツ人って仕事を一緒にしてる感じだと、ものすごくまじめです。
我を通しますが理にかなってることは徹底的にやります。
ただ、切り替えはものすごく上手くてしっかりしています。
ディナーやランチで仕事の話は一切しません。
ドゥルツでのはじけ方とか19時にはオフィスに誰もいないのは
そういうことですね。俺はビジネスパートナーとしてもフレンドとしても
ドイツは好きです。
ここでも子煩悩で隣のテーブルの子供が帰りがけに俺のいすの前に
立ってよちよち歩いてて、立ち止まって俺をじーっと見てました。
ドイツ人のあやし方が分からねぇ~ って感じでしたが、
ばいばーい ってしてあげました。これまた可愛いんですよね。

サイドメニューは充実していて日本料理(笑)があります。
餃子とか唐揚げとか照り焼きとか焼き鳥とか蕎麦とかうどんとかご飯とか・・・
メニューのカテゴライズが面白くて前菜に「Gohan」って書いてありました。
こっちじゃご飯は前菜です 笑 そばやうどんはスープの欄に載ってました。
麺がメインでは無く汁がメインです。所変われば解釈も違って面白いですね。

あとカップルはどこでもいますが、女性客がとても多いですし人気の店です。
女子会(ドイツにそんな概念ないと思うけど)のテーブルが3つか4つあります。
寿司はヘルシーで軽いから女性に人気なのかもしれませんね。
日本の寿司で女性に絶大な人気というよりは老弱男女問わずですからね。
海外で女性との出会いを求めるなら寿司です。 笑



お寿司の国 日本から来て、餃子の町 宇都宮としては餃子は外せません。
肉感が少なく野菜が多くとろっとした中身で揚げ餃子です。たれはエスニックです。
うーん。まあ、日本と比べて勝ち負けを考えようなんて野暮なことはしません。
餃子は日本料理かというと解釈難しくて色々考えた結果こうなったんでしょうね。



そして寿司は橋の上に乗っています。確かにこの橋って日本的な風情があります。
時代劇に出てくるし錦帯橋の一部とか日本庭園の中とか神社の中とかにありますよね。
寿司自体は・・・ 握りは妙にガッチリ握られてます。笑
巻物は何故かクリスピーなものが巻かれています。
エベレスト巻きやレインボー巻きなんてのもあります。
キュウリとアボカド、クリームチーズなんかもあって、少しこってりしてます。
寿司だけどこってりしてます。
味は強いのが好きなドイツ人だからか 醤油をべったり吸わせて食べてる客が多いし
寿司自体もこってり感が少しあったりで面白いですね。

所変わればってところで、日本の完全トレースじゃなくてドイツに少し合わせてるところが面白いですね。
美味しい寿司を期待したわけではないですが、意外とまともだけど個性的。
そんな感想でした。

仕事はタフですが、まだまだドイツ楽しみます。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 3   tb --   page top

ドゥルツ 






今はホップは旬で街は祭りです。
旧市街地が世界遺産の街 レーゲンスブルクは盛り上がってます。あと、美人が多いですし祭りの民族衣装が可愛いです。
ビールも肉も美味いですね!

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

ビールとソーセージ 

ビジネスクラスだが寝ることと仕事に専念して機内食と全てのドリンクサービスを断って12時間は持ち込んだ水しか飲んでません。離陸直後は大爆睡してたものの物音で目が覚めたが食欲より睡眠欲でした。着陸前は機内食が来たが頭が仕事に燃えてパソコン使ってたから断りました。体を全く動かさないのに飯だの酒だの欲しくもないんですね。前にミュンヘン→成田に乗った時も飲まず食わずだし、成田~広州の往復もそうでした。旅や出張の国内線も『お飲み物いかがでしょうか』に「要りません」の繰り返しです。どうも俺は飛行機ではストイックです。食いたいものは買い込むし放っておいて欲しいんですよね。






ミュンヘン付近は夏のような熱気で30℃あり、20時になっても明るいので昼間からビールを飲んでる錯覚と確実な旨さもソーセージの美味さも楽しめます。本場は違いますね。白いヴァイスヴルストの美味いこと美味いこと…
デザートのアップルストゥリューデルもなかなかの味でした。アップルパイとアイスクリームの組み合わせが絶妙です。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

ドイツの走り 



ミュンヘンは夕方の7時ですが明るいです。ホップの畑を見ながらアウトバーンを走ってもらっています。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 0   tb --   page top

脱 日本 



ということで、羽田空港の国際ターミナルに来ました。ドイツのミュンヘンに飛び、レーゲンスブルクに行きます。

取り敢えず月末までで予定を組んでますが、終わりの見えない海外出張です。楽しめるものは楽しんできたいですね。

category: 2014 ドイツ レーゲンスブルク・ミュンヘン

cm 2   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム