FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

旅 終了 

昨夜になりますが、無事に帰ってきて 2011 GW 紀伊半島 自転車旅 を終了しました。

たくさんの応援コメント、訪問 本当にありがとうございました。
この旅で皆様から力を得て 結果として自らの力とし、これからの厳しい戦いも乗り切っていけそうな気がします。
心より感謝し御礼申し上げます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 3   tb --   page top

三つ子の魂 三十路を過ぎても 


また1日分たりとも書いてなかった日記を必死に書いてます。こういう習慣は子供の頃の夏休みの宿題とかから変わりません 笑

category: '11 GW 紀伊半島

cm 2   tb --   page top

柿の葉寿司 





柿の葉の香り ほどよく締めた鯖 美味いですね。立ち乗りですがビールを飲みながら満喫してます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

さらば和歌山 



特急スーパーくろしおに乗り和歌山を後にしました。今回の旅に思い残したことはありません。とても充実しています。
ただ、またこの試練の旅路に帰ってきたいと思います。夏は父の1周忌と初盆で思うような旅は出来ませんが、来年のGWでもいつでも旅を愛し楽しむ気持ちを大事にしたいですね。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

撤収へ 


これにて自転車での旅は終了です。荷物を送りだしてスッキリしてしまった自転車をばらしていきます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

和歌山城 



最近 旅のシメとして定番になりつつある城訪問です。和歌山の街に紀ノ川の流れと海まで見渡せます。空気が澄んでる時期なら淡路島か四国ぐらいまで見えそうです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

和歌山ラーメン 井出商店 





昨夜は地元の人と意気投合してしまい 4時まで飲んでました。ゆっくりホテルを出て、コインランドリーで洗濯を済ませて あひる御飯にします。和歌山とくれば 和歌山ラーメンでしょう。超有名店の井出商店ですが回転が良いからか行列は長くなく 少し待つだけで入れました。
テーブルには高菜で御飯を包んだめはり寿司や鯖の早ずしが置いてあります。ラーメンのサイドメニューにしては珍しいですが意外と合います。ラーメンもとろっとしてコくはありますがしつこくなく、元々 醤油豚骨はクドいから嫌いな俺でも全然いけます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

打ち上げ 


完走を祝し 皆様の暖かい応援に感謝して 乾杯!!

category: '11 GW 紀伊半島

cm 4   tb --   page top

完走!! 和歌山駅到着 



ブログを御覧の皆様 三重県伊勢市を出発し504km 和歌山にたどり着きました。これにて、2011 GW 紀伊半島自転車旅は無事に完走を果たしました。

この旅を迎えるに辺り度重なる試練や悲しみや災難 俺自身の不調 色んな物を抱えて疲弊していましたが、敢えて厳しい道を選んで挑戦することで 何かを乗り越える力を付けたいと思っていましたが、そういう手応えと取り戻した自信 そして何より完走という結果を得ることができました。
このような最高の結末を今ここで迎えることが出来たのは ブログを通じて応援くださった皆様のおかげと思っており心から感謝しております。
本当にありがとうございました。

走りはここまでですが 旅はまだまだ終わってません。引き続きお楽しみください。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 2   tb --   page top

ついに 


和歌山市 突入です!!

完走もあと少しと言いたいところですが あと13km残ってます。頑張ります。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 2   tb --   page top

カウントダウン 


いよいよコックピットに鎮座する地図も最後の1ページです。

和歌山市街地まで残り16kmとなりました。下り基調だが向かい風 幹線国道のバイパスで追い越していく車から風をもらいながら走ります。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

久しぶりの人里 笑 


うーん 何日ぶりだろう。コンビニ
下手すりゃ 北山村に登る手前のマルK以来だから 5日ぶりかも 笑

高野山で遊びすぎて時間が押してきました。豪快にアウトインアウトしてぶっ飛ばしながら下ってきたが、16:30で残り30km。山岳地帯は下りきりましたが、気をつけて走りたいです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

やきもち 



大門の前を抜けたら高野山とはお別れ いよいよ下り坂です。

下り坂の途中でおやつにします。花坂の やきもち です。香ばしく少しだけ塩気を感じる表面と甘すぎないあんこが美味いです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

壇上伽藍&霊宝館 





壇上伽藍は真っ赤な根本大塔が見事です。もっと小さい物を想像してましたがスケールが大きくて驚きました。
霊宝館で高野山の文化財の展示をみましたが クイズに夢中です。全問正解で記念品をもらっていきます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

金剛峯寺 






総本山の金剛峯寺に行きます。
中には立派な庭もあり 法話を聞きながらお茶と菓子ももらえます。部屋にはいろんな襖絵がありきれいです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

高野山 精進料理 




大きな寺がたくさん並んでいます。それぞれに風情が異なり趣があります。
昼飯は また精進料理です。3連続禁酒 3食連続で精進料理 何だか健康的すぎて違和感を感じます(笑)が、高野山の精進料理は美味いです。

今夜こそ 不健康に徹したいです 笑

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

金剛峯寺 奥の院 






今日はのんびり出て高野山を観光です。
金剛峯寺奥の院に行きます。
大名や大企業創業者の墓が並んで厳かなムードで立派な杉の木の根に傾いてる墓があることからも歴史の長さを感じます。
水かけ地蔵で昨年亡くなった父の供養をして奥の院へ… ここから先は撮影禁止です。薄暗い中に灯籠の柔らかな明かりとお経の声にお香のにおい 何とも言えませんが思わず手を合わせてしまいます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

寺の朝 


朝のお勤めは椅子があって正座しなくて済んだのが救いです。かなり大きな寺で礼拝堂も立派でした。朝は5時半起きで6時からだったので眠かったですが厳かな気持ちではあります。
朝のお勤めを終えたら朝食です。がんもどきが美味いです。一人暮らしと旅で ちゃんとした朝食が久々なのでうれしいものです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

枝垂れ桜の夜桜 


今夜 泊まってる寺の枝垂れ桜がライトアップされて見事です。高野山は今が満開みたいです。
今日は高野龍神スカイラインの山桜に高野山の枝垂れ桜 かなり遅いが花見を満喫してます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

高野山 宿坊 





キャンプをする気力が残ってないのと キャンプ場自体も設備面が不明で温泉地でもないから風呂探しに苦戦しそうで、お寺の宿坊に泊まります。
かなり立派なお寺で観光できそうなぐらいです。宿坊は初めてなので勝手が分かりませんが足が筋肉痛な俺には正座は地獄なのは確かです(笑)

着いてすぐ17:30には夕飯です。風呂に入る時間もなく何とか着替えたぐらいです。精進料理ですが どれも美味しいです。特に胡麻豆腐の滑らかさは凄いし 高野豆腐も旨味があります。『高野豆腐の味なんて染み込んだ出汁の味だろ』と思ってましたが ここの高野豆腐は出汁だけではありません。
ただ飯の時間が早すぎてヘルシーすぎて、あとで腹が減るのは確実です。本当は『祝 高野龍神スカイライン走破!!』ってことでビールでも飲みたいですが明日の打ち上げまでお預けです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 3   tb --   page top

高野龍神スカイライン⑦ 




ごまさんから下りで高野山に行くのかと思いきや強烈に上り返す峠(標高900m→1100m)を含んでアップダウンが激しいです。登る体力も気力も龍神→ごまさんで使い果たした感じでした。
足は動かないわ息上がるわ ごまさんから先は天気が悪くて少し寒いわで調子が上がりません。
でも下り坂のない上り坂はありません。峠を越えたら傾斜がちょうど良く楽しんで下れる道にたどり着きました。寒さでウィンドブレーカーまで着込みましたが高野山に下り着いて 高野龍神スカイラインを無事に完走です。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

高野龍神スカイライン⑥ 新記録&珍記録 





山桜が良い感じに咲いてます。ちょっとした花見状態を楽しめます。道の左にも右にも紀伊の山々の大パノラマが広がります。

おもしろいことに県境を走る道のため 和歌山→奈良→和歌山→奈良→和歌山→奈良→和歌山→奈良→和歌山→奈良→和歌山→奈良→和歌山と和歌山県と奈良県を6回も行き来しました。道路脇に小さな県境標示があります。
実は『自転車で1日に越えた県境の回数』としては新記録達成です。今までの最高は6回で '96年に日本縦断した時に 栃木県矢板市→東京を走って、栃木→茨城→栃木→茨城→千葉→埼玉→東京でしたが、記録を塗り替えて12回になりました。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

高野龍神スカイライン⑤ ごまさんタワー 




ごまさんスカイタワーというタワーがあります。駐車場よりは少し上がるので眺めはパノラマです。
重なる山々や続く尾根や谷が見えます。谷に生える山桜のピンクが鮮やかです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

高野龍神スカイライン④ 



ということで 登り切った喜びを噛みしめながら昼飯です。
高野龍神スカイラインの ごまさんスカイタワーのレストランで天空プレートをオーダーしてみました。和歌山や奈良の山海の幸を使ったメニューがいずれも美味しいです。席からの眺めが素晴らしいです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

高野龍神スカイライン③ 





終盤は傾斜が急になり苦戦しましたが なんとか標高1280m 護摩壇山まで走りきりました。想定よりもかなり早い時間です。
自分を追い込み奮い立たせる旅として敢えて紀伊半島の山岳地帯をステージに展開した自転車の旅でした。クライマックスである高野龍神スカイラインの厳しいヒルクライムでしたが、しっかり決めて結果を出すことができて 感無量です。
旅に来る前は、連発する悲しみや混乱やピンチや俺自身の空回りに疲弊し 何をして生きてるのか見失いかけていた昨今 しっかりと強い自分と自分自身の芯というか幹や根っこのようなものを見つけ直した気がします。それを見つけた今 次の休み 次の旅までの厳しい人生の道を がんばって走れる気がします。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 3   tb --   page top

高野龍神スカイライン② 




厳しいばかりではありません。山桜の花びらが散りながら道を渡っていきます。斜面に咲く桜の花が綺麗です。自然の厳しさと闘ってる桜の力強さを感じます。
標高1000mを越えると展望が開けてきました。見下ろす谷と山々の絶景には感動します。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

高野龍神スカイライン① 





厳しい道が続きます。しかし意外とペースは良いです。傾斜10%近い坂が続いてますが ペダルは何とか回っています。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

勝負の道へ 


いよいよ 最後にして最大の山場 高野龍神スカイラインへアタック開始です。
俺として やり残していることはありません。走りきることだけを目標にがんばります。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

龍神産椎茸で2品 




今夜は龍神村に一泊で、龍神村唯一のスーパーで豚肉と椎茸とスナップエンドウを買いました。椎茸は龍神村産です。
まずは飯を炊いて、蒸らしてる間にフライパンで肉を焼きます。椎茸とスナップエンドウも付け合わせに焼きます。
しかし!! 肉の存在がかすむほど椎茸が美味いんです。スナップエンドウも甘みがあり香り豊かです。肉も愛用の 和歌山県北山村産じゃばらポン酢でさっぱり食えます。
名残惜しむように焼き椎茸を終えたら、味噌汁にします。椎茸を刻んで水で煮て味噌を入れただけ。それだけで美味いです。

明日は大一番の 高野龍神スカイライン 夕飯が激ウマで勢いに乗れそうです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

秘密基地みたいなキャンプ場 






小又川バンガローって ややもすればオートキャンプ場かとも思うキャンプ場は豪快です。
まず崖の上に駐車場(ていうか待避スペース?)があり 階段か滑り台で河原付近に降ります。俺は管理人の爺さんの振りに従い櫓の上にテントを張ります。星が見えて川も滝も見えていい場所です。

何というかネタに事欠かない感じがイイですね。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

酷道 



温泉のあとはキャンプに向かいますが基本1車線 ガードレールもなく踏み外したら谷底へ落ちるのみの険しい道が続きます。その国道425号線は酷道なんて言われ方もします。
道を間違えたかと思うほど狭い道です。国道とは思えません。もちろん日没後は怖くて走れません。良い判断だったです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

龍神温泉 美人過ぎるサイクルツーリスト 





やっと龍神温泉に着きました。
昼過ぎには来たかったが夕方近くになりました。一度 キャンプ場に行ってテントを張ってから行こうかとも思いましたが キャンプ場に向かう道が秘境ムード満点なので万一日没を過ぎると危険と判断し先に風呂に入ります。
龍神温泉は日本三美人湯と言われてます。美人過ぎるサイクルツーリストになっちゃう!? 本当に癒される良い湯でした。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

龍神への上り坂② 



お昼は峠を越えたところで あまごの甘露煮を食います。柔らかく煮えていて美味しいです。あまり関係ないですがスタッフが3人居ましたが、かなり美人揃いでした。
とにかく足に負荷をかけないよう低めのギアで高回転型のペダリングを心がけていきます。調子は上がってきたものの 上り坂で足に強烈な疲労感が来て止まってしまいます。もう一息回復して欲しいところですが…

それでも途中で見下ろす川の美しさに感動が続きます。いつでも感動できて止まって眺めて写真を撮る これがサイクリストの特権です。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

龍神への上り坂① 




国道を一旦離れて県道の峠で標高を稼ぎながら龍神温泉へ向かう道に入ります。
傾斜自体が緩いこともありますが足の調子が良くて どこまでも踏み込めますし息もさほど乱れません。
本当の山場は明日 今日はオーバーロードで足の疲労を積み増さないように気を付けたいです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

滝尻王子 


中辺路の近露からは ほぼ下りですが多少の登り返しでも足は動きます。筋肉痛や疲労が筋肉増強に移りつつあるのを実感しています。紀伊の山々と川の美しさを楽しみながら走ります。
熊野の霊域の入口と言われる滝尻王子まで下ってきました。熊野本宮から滝尻まで苦しみも楽しみも味わいました。熊野古道に感謝です。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

野中の清水炊き御飯 



今日は買い出しにトラブって シンプルな夕飯です。ガスが切れていたのですが、ガスを調達する前にスーパーが店じまいして小さな商店でガスと食材を買うことになりました。でも運良く地鶏の肉が手に入りました。

ご飯を野中の清水で炊いてみました。天然水だと米がたって艶が出て甘みが出ますね。美味いです。
うめ地鶏の鉄板焼 北山村のじゃばらポン酢 これも焼いてポン酢で食うだけですが美味いです。

今夜はシンプルでしたが素材で勝ちきった気がします。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

熊野古道を歩く④ 






足湯のあと もう一頑張りしてみようと戻ってきた道の先にある牛馬童子(ぎゅうばどうじ)像まで行きました。
0.5kmと書いてあったので楽勝だろう♪と高をくくっていたら かなり急な坂で やっと熊野古道らしい未舗装の道でした。
登り詰めると箸折峠に小さな石像がありました。頭だけ新しく修復されていますが牛と馬にまたがってます。

これを下ってきて終了です。90分のコースを4時間も楽しんじゃいました。また他の熊野古道も歩いてみたいですね。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

熊野古道を歩く③ 






少しだけ土の道を歩けましたし、春に山を歩くと見かける花も咲いてました。(名前が分かる方は是非コメントで)

近露(ちかつゆ)まで帰ってきたら箸折茶屋で休みます。足湯もあるし食事もあります。足だけをしっかりと温泉で癒せるので俺には助かります。
そこで 今日のアイス?です。
地元 中辺路産のヨモギだけを使った よもぎアイスクリームです。香りが心地良いし中に入ってるあんことも合います。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 5   tb --   page top

熊野古道を歩く② 






中辺路(なかへち)の辺りの熊野古道は舗装路が多いですが 杉やヒノキや竹の林を抜けていく狭い道は険しいです。下りで良かったと思うコースです。
歩いていると糖分を欲するときがあります。そこで 那智黒(なちぐろ)です。黒糖のコクと旨味がたっぷりで甘くて疲れには効きます。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

熊野古道を歩く① 






ホントは昨夜のうちに中辺路に来て熊野古道を1日歩きたかったのですが、洗濯都合でこれず昼過ぎから歩きます。
DVDを見て 継桜王子に近いところまでバスで送って(登って)もらい、そこから歩いて帰ってきます。
まずは野中の清水で湧き水を汲んでいきます。大きなヒノキと鳥居が印象的な継桜王子があります。時折 見下ろせる里に熊野の雄大な山々が見事です。

続く

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

親子丼とみかんソフト 



何とか峠を越えて中辺路に来たところで、古道歩きの里ちかつゆで昼飯です。
うめ地鶏の親子丼です。肉も卵も柔らかく濃厚で美味いです。
ここで、今日のアイスです。
和歌山産みかんソフトです。日本中のご当地ソフトクリームを食べ歩いてる俺が美味いっと叫びました。みかんの甘酸っぱさが濃厚で爽やかです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

本宮から中辺路への峠越え 




紀伊半島の分水嶺・小広峠は ハンパないです。新緑と川の流れが気持ちいいですね。
足はぱつんぱつんですが インナーを使わずセンターだけで踏み込んでいきました。想定よりだいぶ時間がかかって苦戦しましたが、内容のあるヒルクライムでした。ただ足の疲労回復がいつもより遅い気がします。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

焼肉とじゃばら 





今夜は熊野本宮近くで泊まります。ホントは中辺路(なかへち)ぐらいまで行きたかったです。昨夜のキャンプ場にコインランドリーがあったのですが乾燥機がなく洗濯を断念したのですが中辺路にはキャンプ場含めて洗濯できるところがなく手前の熊野本宮に一泊です。
ついてないことに雨のキャンプになりました。早くも2敗目で自称晴れ男にしては雨率高いです。

テントはまだ張ってませんが、乾燥機を待ちながら夕飯にします。熊野古道麦酒で乾杯 あっという間に梅酒に進みます。今夜は『筋肉痛を筋肉に! 〜タンパク質補給』というテーマで焼肉します。和歌山県北山村特産の柑橘類『じゃばら』のポン酢でさっぱりと食います。鮮烈な香りで美味いです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 2   tb --   page top

サブリミナル効果 


和歌山県をツーリングしてると そこら中で見かける この看板。那智黒(なちぐろ)という100年以上の歴史を誇る黒飴です。
これから和歌山県を走ると擦り込まれて買っちゃいそうです。サブリミナル効果って偉大。

那智黒って、結構 美味しいです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

ちらっと奈良県 さらば三重県 





今日は 和歌山県→三重県→和歌山県→奈良県→和歌山県 と渡り歩いていますが ちらっと数kmかすめただけの奈良県十津川村は川の登り返しだけと思ってたら なかなかパンチの利いた峠でした。下りは急すぎて恐怖すら感じるし道も狭く大変でした。
でも十津川村を抜ける前に川の流れが絶景を見せてくれました。

奈良県は今回の旅ではもう通りませんが ありがとう!
あと三重県もこれでお別れになります。美しくきつくおいしい思い出をありがとう! また来たいです(仕事は除く)

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

【酷評】紀和の雉肉 けんけん丼 


店の対応が悪すぎます。
・満席で待ち状態なのかわからない 入って座ると発覚
・そもそも挨拶しない
・片づいてないのに席に案内
・席に座るとメニューも持ってこずに注文を聞く(牛丼の吉○家か!)
・注文しようと声をかけたが待たされたまま聞きに来ない しまいには注文はお済みですか? と来る 呆れて言い返す言葉すらありません
・後から頼んだ人のメニューが先に出る

と、こんな体たらくなら味は想像できますが 雉でもササミでもブロイラーの胸肉でも何でも良さそうな味付け はっきり言ってはずれです。田舎の観光地は『混む』ってことに慣れて無さ過ぎです。はずれを引くとへこむわ〜

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

丸山の千枚田 



坂に苦戦です。筋肉疲労的なモノではないが左足の尻から太股裏と足の裏外側に痛みが走ります。右足は好調 左足は絶不調… こんな日もあるものです。
苦労して登り切ると丸山の千枚田が広がります。急な山に切り開いた無数の田んぼが見事です。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

朝から子煩悩 そして峠 



ちなみに荷物は30〜35kg程度あります。自転車自体は15kgあります。コックピットにはナビ(地図) オーディオ(SDカードプレイヤー) サングラスホルダーがあります。

キャンプ場では1歳7ヶ月の女の子がじぃーっと俺を見つめていました。子煩悩おじさんの俺も 当然あやします。最後は姿が見えなくなるまでバイバイしてくれました。日焼けして髭が生えてる怖いおじさんなのにありがたいものです。旅と子供ってイイですね。
早速 北山村から南に山を越えて三重県に抜ける峠を走ります。距離は短いがこれもキツいキツい。でも明らかに出発前より増強されたトルクの上に疲れがある感じです。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 2   tb --   page top

あ い う え おにぎり〜♪ 






北山村は秘境で何も買い物できませんでした。夕飯は非常食のレトルトのカレーです。ビールなど酒類も無いです。
ただ荷物を減らしたい欲求があるので アオサの味噌汁と明日の朝食におにぎりを作ります。水で戻して出汁すら無しで味噌汁にするだけで美味いです。おにぎりの具はアオサの佃煮風にして イメージとして『ごはんですよ アオサVersion』を目指します。醤油はあるが砂糖はありません。途中で買った蜂蜜飴を甘みとして入れます。煮詰めていくと味の方向性が見えてきました。甘すぎます 煮詰める汁から砂糖の焦げてるにおいがします。
さらにオニギリを成形できない俺… orz

category: '11 GW 紀伊半島

cm 1   tb --   page top

秘境 北山村 






いよいよ秘境 北山村へ入ります。国道だというのに1.5車線が当たり前 川沿いに崖の形をトレースしながら走ります。道は曲がりくねり 時折 (経験上)猿がやったと思われる木の揺れた音が頭上から聞こえます。
ダムを抜けたら 三重県熊野市から和歌山県北山村に入ります。この北山村は日本唯一の飛び地です。三重県と奈良県の県境に和歌山県北山村があり他の和歌山県の市町村と隣接してません。陸地より川からの交通が主流だった名残で川を通じて繋がっていた和歌山県に属します。それだけ山深い秘境です。
川はいろんな表情を見せて景色に心を打たれます。夕暮れの静かな川面に山々や岩が映り込んで神秘的です。

category: '11 GW 紀伊半島

cm 0   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム