FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

旅 終了 

ということで、無事に宇都宮へ帰り着きました。
旅・帰省は実りある何かを得て、終了したことを御報告いたします。

旅の間もたくさんの御訪問、コメントありがとうございました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

生まれて初めて 

20090506181902
『母の日』らしいことをしました。
まずは花を買いに行きました。やはり母ですから育てがいがあるよう半分は蕾でこれから咲かせる楽しみを味わってもらいたいので満開は一輪ではなく寄せ植えにしてます。見るからに無骨で親不孝者っぽい俺が花を母の日にと言って買うと小さな花屋の店主は嬉しそうにカーネーションを勧めてくれて育て方も教えてくれました。
そこに小さな手紙を添えました。趣旨は『最大のピンチを共に乗り切ろう。遠くにいる俺は父さんと母さんを元気づけることがすべき事で、そのためなら何でもするし、いつでも帰ってきて共に闘うから無理しすぎないように。』今の俺が唯一できてすべきこと それは、両親を元気づけて病気に対して決して諦めの感情を持たせず、遠くにいても共に闘う俺が居ることを実感させてあげることと思います。第一報から強行帰省(治療方針説明)と一人旅と帰省と進めながら考えた結論ですし、徐々に行動に移せた帰省だったと思います。
第一報の時はヨボヨボの声で自分はもうすぐ死ぬと言っていた父と 父さんは先が短いと言ってた母ですが、完全に癌を克服して老後を取り戻す気持ちに変わってきた気がします。またネガティブな気持ちが出たら俺が福岡に帰って流れを変えてきたいと思います。
帰れば 親戚は○○ちゃんが帰って来たからと飲みまくり話しまくりで存在すら忘れられるかと思っていただけに嬉しいですね。あんなに慕われて印象に残る俺だったかと思うと心強いですね。

そして俺は俺の闘う場所に帰り輝きたいですね。健康で強靱な体を作り直し仕事で趣味で自分らしさ親父のDNAを発揮して燃えて居たいですね。
そんな気持ちで新幹線に乗り込み博多を後にしました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 8   tb --   page top

豚骨スープが母乳の代わり〜♪ 

20090506183133
20090506183131
実家では美味しい物を食べてましたが、ちょっとラーメンを食いに行きました。博多の豚骨ラーメンはホントに美味しいですね。コクはあるがしつこさは無いです。チャーシューも柔らかくスープとマッチしてますし、麺もこしのある細麺がしゃっきりして昔ながらの博多ラーメンで食感が気持ち良いです。
まあまあ有名店とあり、混んでましたが店員は驕らず愛想良く良い店でした。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

門司港から撤収 

20090501204133
20090501204132
20090501204131
20090501204130
門司港駅は夜になるとライトアップされています。駅舎の中も全てレトロにまとまっています。

ものごっつい量の荷物を抱えて門司港から撤収です。実家のある博多へ鈍行で向かい、旅から帰省へモードチェンジします。
さらば俺の旅路。また次は体を鍛えて旅路に戻ってきたいです。この旅でリフレッシュできた自分自身で、また夏まで仕事に燃えたいですね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 7   tb --   page top

門司港 焼きカレー 

20090501202948
20090501202947
20090501202945
20090501202944
20090501202943
門司港駅前で夕飯を食べていきます。今や門司港名物にもなった焼きカレーを食べて帰ります。カレーライスにチーズと生卵と他いろいろを載せてオーブンで焼き上げています。こんがりしてカレーっ!という感じで美味しいです。カレー一つとっても複雑な味わいなのでこだわりがあってこその美味でしょう。
あと店員さんがめちゃ美人でした。

実家で夕飯でも良いんですが あまり待たせても悪いので宴会は明日に持ち越しです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

門司港駅到着 〜2009GWの旅 完走 

20090501180940
20090501180938
門司港駅に到着しました。
広島・宮島口を出発し岩国から津和野を抜けて萩から日本海側をぐるり回って下関そして九州に渡る旅 おかげさまで398km無事に完走する事ができました。
今回の旅は急遽 決断したルートの大幅変更 昨年冬頃からの燃え尽き症候群での史上最重の体や走りの絶不調など色々な不安要素がありながらも走りの予定には全て満額回答に対応出来た内容で熱く充実した旅になり無事以上の結果と内容で完了させることができました。
それもこれもブログを通じて見守っていただき数多く暖かいコメントをいただいた皆さまのおかげと思っております。心から感謝申し上げると共に御礼申し上げます。大変ありがとうございました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 3   tb --   page top

関門トンネル人道 

20090501173717
20090501173716
20090501173715
20090501173713
20090501173712
関門トンネル人道を渡り九州に上陸です。関門橋の下にトンネルがありエレベーターで地下に降りて道を抜けます。料金は20円で中を何往復もジョギングしてる人や観光客や使い慣れた地元っぽい人たちでにぎわいを見せてます。13年前に昼頃抜けたら閑散としていたものですが…。
トンネルは全体的に緩く下って上る道になっています。底の辺りが県境です。
押して歩けとうるさいので歩いてみましたが この荷物で押して歩くのはきついし人が少ない場所では乗ってみたら放送で怒られました。今のご時世だからか昔と比べてめんどくさくなったものです。
渡りきって門司側から海を見るとものすごい速さで流れ始めてました。まるで川みたいです。

いよいよゴールの門司港駅も間近になってきました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

火の山公園から眺める関門海峡 

20090501163256
20090501163255
20090501163253
20090501163252
歩いてでも上れる火の山ですが心折れてロープウェイで上がりました。やはり楽なのは良いことです。(←何を今さら 笑) 一気に山を駆け上がるロープウェイからの眺めは気持ちいいですね。
狭い海峡に船が行き交う様子 対岸に見える九州 そして関門橋 これが九州人の私たちの心の玄関口という感じがします。
関門海峡に自転車で来たのは3回目になりますが、何回来ても 気持ちに訴えかけるものがあります。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

火の山公園ヒルクライム 

20090501145527
20090501145526
最後の気合いを見せて火の山パークウェイの入口までヒルクライムして山の7割近く上ったところで自転車進入禁止の標識が…。無視していこうとしたら無料のはずの道にゲートと係員が…。

自転車禁止なら坂の入口に書いとけ!! 書いてありゃ最初から上らねぇわ この馬鹿ちんがっ!!

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

下関で昼飯 

20090501140516
20090501140515
20090501140514
20090501140512
1F ブランド品・化粧品売場を通り過ぎるアウェイな展開に耐えてデパートの回転寿司でランチです。下関の魚を満足しました。鯨も虎フクも最高です。
続いて火ノ山公園にでもヒルクライムしてしまおうかと ハードMなことも考えてます。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

本州最西端 毘沙ノ鼻 

20090501111405
20090501111404
20090501111403
20090501111402
20090501111400
下関市にある本州最西端 毘沙ノ鼻(びしゃのはな)に着きました。これで本州の東西南北の四端を全て自転車で走り抜いたことになりました。俺の自転車旅もついにここまで来たか!と思うわけで、この歓びと達成感は本当に大きいですね。
北を見れば遠くに角島が見え南を見れば九州が見えるほど天気も良いです。そして西には青い海と島と船しか見えません。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

最後の1ページ 

20090501092927
いよいよフロントバッグの上にある地図をめくり最後の1ページを走り抜くのみになりました。
短い旅だっただけに寂しく感じる瞬間ですね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

良い夜 良い朝 良い日 

20090501090344
昨夜は日本一周中のサイクルツーリストと一緒にキャンプしてました。年は60歳 俺の親父と同い年。サイクルツーリングの世界では俺の方が経験は長いので教えることは多いですが、学ぶことや感じることの多い出会いでした。かなり熱い人 熱い老後そして夢を持っています。重なるのは自分の親父です。方向性は違えど熱く楽しい60代を夢見ていたはずが今は癌と闘うのが精一杯な現実。この現実を必ず逆転してくれると信じてこれから共に闘っていく我々に力をくれたような気がします。俺もこんな男らしく熱い老後を過ごせるよう心身ともに充実し鍛えていきたい そんな目標のような人でした。
たくさんの力をもらって万感の想いをペダルに込めて今日を走り抜きたいと思います。
そして彼の旅の無事であること 無事以上の輝きがこの先の長い旅路にあることを願います。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

川棚温泉そして美食 

20090430200534
20090430200533
20090430200531
20090430200530
20090430200529
Cyclistamarioさん 良い読みです&アドバイスありがとうございます。今夜は川棚温泉でゲリラキャンプです。
なにはともあれ 風呂とメシは大事です。もちろん温泉で疲れを癒します。そして川棚温泉と言えば瓦そばです。熱々の瓦の上で蕎麦を焼きながら食べます。パリパリと香ばしく焼け始めた蕎麦が美味しいです。蕎麦自体の香りがさらに引き出される感じです。

明日で旅は終わりますが短い期間で濃厚なプレジャーがありました。数多くのコメント 本当にありがとうございます。
明日も感動のラストに向けて盛り上がっていきたいと思いますので よろしくお願いいたします。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 3   tb --   page top

日本海沿いも終盤だが 

20090430170114
20090430170113
20090430170112
考えてみれば俺が自転車で描いた日本地図の本州日本海側は長門から下関までを残すのみ。青森の竜飛岬から福井の敦賀までは南北に敦賀から山口県の角島までは東西に走ってきたわけで今は角島から下関に南下中で真っ直ぐ行けば30km弱というところまで来た。
全てを自転車で走り抜いてきて言えることで、どこにも平らな海岸線がないのが日本海側。やはりその流れは最後の角島から下関の間も変わらない。
坂の連続で太股もふくらはぎもペダルを踏み込む足の裏までも痛くなってきました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

角島灯台 

20090430141154
20090430141153
20090430141152
角島の先端にある角島灯台まで走りました。角島大橋の海を思い出させる海岸線と広がる日本海がきれいです。白亜の灯台ではなく御影石で造られてるところも渋いです。
高いところが苦手なのに上りました。上からの眺めは最高ですね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

角島のイカ焼き&イカ焼きそば 

20090430132457
20090430132455
20090430132454
20090430132453
橋を渡り島を走り抜けてみます。
新鮮なイカを焼いたイカ焼きとイカ入り焼きそばで昼飯です。がたいが良く愛想も良い兄ちゃんが売ってます。イカは柔らかくて美味いです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

角島大橋 

20090430131854
20090430131853
20090430131852
20090430131851
20090430131848
ハンパなくヘッポコな走りで西の果てにある角島(つのじま)まで走りました。足の蓄積疲労が出て走れません。とは言え15kmぐらいしか無いので何とかなるレベルです。
それにしても砂浜と透き通った海と橋がきれいです。もはや言葉は要りません。(←何この手抜き 笑)

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 3   tb --   page top

味わかめ飯 

20090429212244
20090429212243
20090429212242
キャンプ場の近くにある温泉ホテルに風呂入りに行くと売店に生鮮食品とはいかずとも美味しそうな食材はありました。
試食しただけで御飯に合いそうなムード満点の味わかめ 長門の仙崎の蒲鉾 荷物に2個入ってる萩で買った完熟トマト これだけあれば夕飯は成立しそうだしホテルにビールもありました。意気揚々と持ち帰ってきました。
御飯と味ワカメを炊き込みます。しかし黒緑に濁った飯にイヤな予感がします。とにかく炊きます。炊きながら蒲鉾でビールを飲みます。やはり仙崎の蒲鉾はスッキリした素直な味です。
その間も飯からは目を離さず火加減と鍋の振動で炊き具合を確かめます。できました。炊き具合は完璧です。

味としては塩を加えないと不足でしたが食べながら 味わかめを入れてやれば美味かったです。やはり炊きあがりか蒸らしの段階で入れて混ぜ御飯にすべきで炊き込むべきではなかったですね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

日本海の夕日 

20090429203114
20090429203112
受付してないが一応 営業中のオートキャンプ場に泊まります。サイトは油谷湾に面していて俺のテントもオーシャンビューです。

買い出しする店が無く今夜はレトルトカレーになりそうな厳しい現実です。魚を喰いたいんだけどなぁ〜。
旅に出てからボリュームダウンした俺の腹ではありますが、史上最重で旅に出てる現実もあり上り坂はパワー対ウェイトが本当に厳しいし下り坂のブレーキ力不足も招いています。
収入不足な昨今で旅がコストダウンできているかというと全くそうでもなく、厳しい現実にホントどうしようか考えます。

静かで鏡のような油谷湾の向こうの日本海に沈む夕日を見ながら、そんな厳しい現実を忘れます 笑

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

川尻岬 そして坂 

20090429162109
20090429162108
20090429162107
20090429162106
20090429162105
川尻岬まで またも山越えです… あんたも好きねぇ〜 と言いたくなるほど坂ばかり上ってます。坂から見下ろす棚田と砂浜の海がきれいです。
川尻岬は今日1日走り回って遊んだ半島の北端にあたります。そして本州の最西北端でもあります。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

潮吹かず! 棚田を眺める道 

20090429140957
20090429140956
20090429140955
20090429140954
20090429140953
自転車をコントロールすることすら大変な坂を下って波が岩の隙間から吹き上げると言われている竜宮の潮吹きに寄ってみましたが 天気良すぎて海は凪で全く潮を吹く気配すらありません。
そこからの道は山から海に向かう斜面に棚田が広がっていて見事な景色です。それにしても今日は坂が気持ちよく走れています。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

千畳敷 山の上のレストラン 

20090429123452
20090429123451
20090429123450
20090429123449
20090429123448
こんな山の上なのにシャレた感じのレストランがあります。何かを焼く香りに惹かれて昼飯いやランチにします。
やや大物に走りすぎた感はありますが、長門産鶏のローストチキンと天然酵母パンです。他にも手頃で惹かれるメニューはありましたが、長門産の鶏というところが決定打でした。ぱりっと焼けた皮にジューシーな鶏肉の味が良いしパンもふっくらしつつもしっかりした食感があり香りも良く美味しいです。
窓からの眺めを楽しみつつ最高のランチでした。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

千畳敷へのヒルクライム 

20090429120237
20090429120236
20090429120235
20090429120232
昨日は安足日だった上に宿はホテルにしたのに スタートはダラダラ後ろにずれ込みヘッポコな走り出しを披露してました。
今日は国道から外れて油谷の半島の方に行きます。行ってみたかったのは半島の山頂(標高333m)にある千畳敷。
前半のヘッポコぶりは忘れるほど上り坂は走れました。三陸や長門〜下関以外の日本海沿い全海岸線など厳しい所を走り尽くしてきた自負がありますので坂の凄さを見ても笑いつつ全力をペダルに踏み込みました。傾斜は間違いなく10%を越えて13〜15%程度ありそうな壮絶な坂でした。今日は暑く坂も厳しいですが何故か楽しんでいます。
そして下界がだんだん開けて見えてきて、ついに山頂にたどり着きました。上り坂の苦労に十分に応えてくれる絶景が広がります。真っ青で穏やかに広がる日本海に浮かぶ島々 青海島や長門の街も見下ろせます。広がる芝生も気持ちいいです。
自分の体力の限界まで頑張って絶景を楽しむ これがサイクルツーリングの最大の醍醐味であり楽しみでもあります。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

長門の焼鳥 

20090428201635
20090428201634
20090428201633
20090428201632
何だか寒いキャンプばかりで調子が上がらないので今夜はビジネスホテルで一泊します。長門市駅前にあり13年前も泊まったホテルでした。
長門と言えば最近は魚より焼鳥がブームになってます。寒い中で自炊する体力もなく焼鳥屋に陣取ります。海沿いでも焼鳥って良いですね。
でも魚も逃しません。鯖塩焼きもレアで楽しめますし、鰯のミリン干しも柔らかくて魚の旨味が満点でたまりません。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 3   tb --   page top

青海島観光船を断念して今日のアイス 

20090428153558
20090428153557
20090428153556
20090428153555
長門の青海島・観光船乗り場まで来てみましたが風が強いからか近場しか回らないようで最大の見所には行かないようです。13年前も雨で沖に出てから引き返したのでリベンジと思ってましたが それも叶わずとなりました。
やや寒いけど、この旅で初の今日のアイスです。夏ミカンソフトです。ほろ苦い酸味が美味しいです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 3   tb --   page top

萩から長門への裏道 

20090428143343
20090428143342
20090428143341
20090428143340
萩から長門に向かう道 一つは国道191号で鎖峠を越える道 もう一つは海沿いの県道。
ハードMかつ13年前に国道の方は越えたことがあるので県道から行きました。
一言でいうと県道ではなく険道でした。アップダウンは多いし道も狭いし坂も急… かなり体力を消耗しました。ただ日本海と険しい地形 それに沿って走る鉄道が趣ありました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

海岸通りのレストラン 

20090428121314
20090428121313
20090428121312
昼は海岸近くの店でカレーと夏ミカンジュースです。フレッシュな甘酸っぱさが心地よいです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

萩の街 

20090428121252
20090428121251
20090428121250
20090428121249
20090428121246
昨夜は洗濯する体力が無かったし今日は萩から長門まで30km弱の安足日なのでコインランドリーで朝から洗濯しました。
スルーしようかと思っていた萩の街もしっかり散策していきます。白壁 土壁の塀が並ぶ狭い路地に夏ミカンの木、なまこ壁の家屋、西日本らしい日差し やはり萩の街は風情がありますし道に迷うことすら楽しいですね。
前に萩に来たのは13年前でしたが観光施設は充実しました。萩博物館も見応えあります。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

メジ茶漬けとフグの味噌汁 

20090427220338
20090427220336
20090427220335
20090427220334
20090427220332
萩港産メジで茶漬けを作りました。切り身にしたメジを酒と醤油に漬けます。御飯を炊きながら作れば大丈夫です。ネギとすりゴマを加えてさらに寝かします。その間に刺身で一杯飲みます。魚 地酒 醤油 全てが萩のものです。刺身も酒も刺身や茶漬けの材料 全てが最高です。
さてメジ茶漬けが仕上がりました。身への味の染み具合 ダシの出具合ともに最高です。御飯も慣れたもので最高の炊き具合。熱々の御飯にかけて喰います。もう最高です。
続いてふぐの味噌汁いきます。山口とか福岡は、ふぐが安いです。トラフグじゃなければアジやイワシより安いです。沸騰した水に身を入れて味噌で味を付けます。豆腐とネギを散らして完成です。ふぐはホントに良いダシがでますね。

大満足の晩餐でした。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 5   tb --   page top

萩での買い出し 

20090427171643
20090427171642
20090427171641
20090427171638
アップダウンの絶えない道を走り抜いて日本海側の萩まで来ました。
ウマーな夕飯に向けて準備です。萩しーまーと で、買い出しです。萩港産の美味しそうな魚を買います。
寝床探しに風呂 洗濯と やることてんこ盛りですがウマーな夕飯に向けて頑張ります。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

源氏巻きの端っこ 

20090427143338
20090427143337
ウマー 糖分補給に最高ですね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

馬草峠 さらば島根県 

20090427134933
おそらく今回の旅の最高地点 馬草峠を越えて再び山口県に突入しました。
きついです。体にキレがないので冴えません。しかしながら悪いなりに結果を出すベテランの味を出したいですね。
萩に向かって下るぞー

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

津和野 美食 

20090427121724
20090427121723
20090427121722
津和野名物 源氏巻きを買うと 切れ端をサービスしてもらいました。走りながら腹が減ったら喰いたいですね。どらやきと似てる組み合わせですが生地はしっとりしてあんこはさらっとしてます。
昼飯は津和野の郷土料理 うずめ飯です。野菜や高野豆腐を底にうずめて セリとわさびを乗せてダシが入ります。お茶漬けのようにかき混ぜて食べます。色んな具の味に柔らかな高野豆腐 それにセリとわさびの爽やかさがシメます。なかなか美味いです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

津和野散策? 

20090427120954
20090427120952
20090427120951
20090427120950
津和野駅前には蒸気機関車D51(デゴイチ)が置いてあります。力強さと気品と機能美を感じます。津和野-新山口にはSLが走ってますが時間帯が遅くて見れません…
続いて 稲成神社に行ってみます。山の中腹なので眺めも良いです。さらさら流れる川と里を眺められます。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

津和野散策? 

20090427120052
20090427120051
20090427120050
20090427120049
20090427120047
今日は萩までの50km程度の道のりなので午前中は津和野の街を散策します。鯉が泳ぐ水路に白壁の古い町並み 風情が良いです。こういう小京都という感じの街は大好きです。
やや寒さが残るものも昨日と晴れて日差しが心地よいです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

イノシシ焼肉 

20090426210453
20090426210452
道の駅の片隅で野宿です。温泉もあるし売店で安い産直の野菜もあるし何でもありです。
寒いし疲れてるしスタミナが欲しいところで天然のイノシシ肉を買ってネギと椎茸も合わせて焼肉にします。醤油とレモン汁でポン酢風にしたタレで食うと美味すぎます。ただ今夜はビールレスなんです… まあ そんな夜もあるさ

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 3   tb --   page top

峠を越えて津和野へ 

20090426205957
20090426205956
20090426205953
かなりハードでした。午後3:30から峠にアタックしました。県道と林道のコラボで傾斜も厳しいし 相変わらずの寒さもあり 体のキレもイマイチで苦戦しました。
何とか5:30には超えたものの津和野までの下りもウェット路面で慎重に行きます。途中 眺めも良かったりしましたし なかなか楽しい峠越えになりました。
下りきって津和野にたどり着いたら 積算走行距離44,444km 達成です。数字はあれですが… ちなみに4,444kmは鳥取で達成しました。
走りはヘッポコでしたが頑張ったと思います。津和野にたどり着いたおかげで明日がだいぶ楽になります。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

寒い… 

20090426152136
20090426152135
島根県に下ると雨と向かい風がますます厳しくなってきました。気温も7℃です。
冷え切った脚を道の駅のストーブで暖めます。つかの間の暖を取ります。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

峠越えして山賊のメシ 

20090426133940
20090426133939
20090426133938
20090426133937
20090426133936
坂自体は見た目それほど 厳しくもないのですが 体のキレが全く無く 晴れて暑くなったり雨と向かい風が突如吹き荒れたりでペースが乱れ気味で思うように進みません。
何とか峠を越えて島根県に入りました。岩国から50km上り基調なので走り切れただけ御の字でしょう

囲炉裏と炭火焼きの店 いろり山賊がありがたいことに峠にあったので昼飯です。大きな山賊おにぎりに豪快にかぶりついて 炭で焼いた山賊焼きにむしゃぶりつきます。豪快なメシを楽しみました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

錦川沿いの上り坂 

20090426113555
20090426113554
20090426113553
20090426113552
20090426113551
岩国からは錦帯橋の下を流れる錦川の清流に沿って上っていきます。景色はかなりいい道です。
そして、黄色いガードレールを見ると山口県らしさを感じます。
道は当然ながら上りで風が強く正面から吹きます。時々霧雨が吹き付けます。調子しだいでは津和野まで行きたいところで 朝早く動き出したので進捗は悪くないです。ペースというか体のキレはイマイチなので何とも言えないですが…
道の駅で休憩して分水嶺になる峠にアタックします。

自慢のチャリステレオでテンション上げていきたいですね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

岩国から出発 錦帯橋 

20090426082508
20090426082506
20090426082505
20090426082504
ホテルを出発していよいよフル装備のチャリで走り出しました。
走り出してすぐの場所にある錦帯橋はほんとに見事です。さらさら流れる清流に連なる5つの木と石垣のアーチ 造形美と自然美の融合です。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

初日の夜 

20090426062410
岩国まで走りました。

やっと乾杯です。
しかし 回転寿司はハズレだった…

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 0   tb --   page top

厳島神社? 

20090425145540
20090425145538
20090425145537
20090425145536
20090425145535
宮島の参道も楽しいですね。鹿もいっぱい居て人懐っこいです。もみじ饅頭や焼き牡蠣を売ってる店の誘惑に耐えて耐えて負けて揚げもみじ饅頭を買いました。饅頭の天ぷらは意外に美味いです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

厳島神社? 

20090425145143
20090425145142
20090425145141
20090425145140
20090425145138
厳島神社 海の回廊ですが引き潮なので雰囲気は弱いです。ただ歩いて鳥居まで行けて楽しいですね。
この神々の宿る島の雰囲気は独特ですね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

宮島航路 

20090425131735
20090425131734
20090425131732
20090425131731
フェリーで宮島へ向かいます。穏やかな海にカキ養殖の筏がいっぱい浮いて瀬戸内海らしい雰囲気が満点です。10分ほどで渡りきりました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

宮島口うえの 穴子飯 

20090425125208
20090425125206
整理券を受け取って55分、やっと呼ばれました。旅のメシはケチるなってことで 満を持して穴子飯の特上です。
焼き上げた香ばしい穴子がたまりません。濃い旨味が駆け抜けていきます。初っぱなから良いメシになりました。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 4   tb --   page top

宮島口到着 穴子待ち 

20090425123347
20090425123346
今や宮島の名物になりつつある 穴子飯を食いに行きます。宮島口の前にある人気店『うえの』で整理券をもらってから自転車を組みます。待ち時間の間に楽々組み上がって しかもその間に待つ人数はぐんぐん増えてます。穴子だけど鰻登りな感じです。我ながら良い判断をしたと思います。
穴子が俺を待っている。待ち時間は続く
To be continued...

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 2   tb --   page top

広島入り 

20090425110744
20090425110740
広島まで来ました。山陽本線に乗り換えて宮島口に行きます。
雨は止んでます。宮島口から岩国まで走れそうだし宮島観光も楽しめそうです。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 1   tb --   page top

春爛漫弁当を持って新幹線へ 

20090425071226
20090425071225
宇都宮から上野まで東北本線の鈍行で行き、東京までジジイに睨まれながら京浜東北線で行き東海道山陽新幹線に乗り換えます。
切符ぐらい さっさと買えよ! と叫びたくなる窓口に並ぶとろくさい人たちに苛つきながらも何とか切符を買って、始発の新幹線 のぞみ広島行きに乗れました。まだ さほど混んでません。座れて楽に行けそうです。
夜が長かったというか起きたのが 0:30なので空腹で弁当を買います。あまり真面目に選ぶ時間はなかったが山菜御飯とタケノコ御飯のコラボがなかなか美味いです。エビそぼろもフキノトウの天ぷらも美味しいです。旅路に向かう列車で味わう駅弁は特別な雰囲気と味がありますね。

category: '09 GW 西山陽・西山陰

cm 3   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム