FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

旅 全行程終了 

自宅に帰り着いて旅の全行程が終了しましたことをご報告致します。

たくさんのコメントや応援メッセージ 大変ありがとうございました。
今回ほど 皆様が居て下さることが 前に進むパワーとなった旅は
無かったかもしれません。皆様のコメントのおかげで完走という結果が
得られたものだと思っています。

この旅で得られたものを生かして 明日から仕事です。
明日からは 通常のブログ活動に何とか戻していきたいと思います。

本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

category: '07 夏 東北

cm 16   tb --   page top

最後の乗り換え 

20070819202035
無事 宇都宮に止まるMAXやまびこに乗り換え完了です。
こうして少しずつ現実に引き戻されていくんですね。青森って遠いようで近いです。ただ 新幹線を早く青森まで繋いで欲しいですね。たぶんダメだけど はやても宇都宮に停車してくれ。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

牛めし弁当 

20070819183807
20070819183804
朝昼で魚分をかなり摂取できたので夜は肉分です。
八戸駅で買いました十和田牛を使った牛めし弁当です。甘辛い味付けで牛肉を煮てご飯に乗ってます十三湖のシジミ佃煮も入っているあたりがにくいです。昼に寿司屋でビールを飲んだので夕飯はビールレスです。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

撤収!! 

20070819170115
20070819170113
撤収です。特急つがるに乗って八戸に行き、東北新幹線はやてに乗り換えて 仙台でやまびこに乗り換えて宇都宮に向かいます。さらば青森、さらば俺の夏

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

青森市内観光 

20070819144710
20070819144709
20070819144707
荷物を送ったら棟方志功記念館に行ってみました。青森出身の板画家です。個性的なタッチの版画が多く 私は好きな作風です。青森の郷土を描いた作品が多く 通ったルートも多くて楽しめました。
街は よさこい祭りで賑わっています。そこを通り抜けて昼食は寿司屋のカウンターで楽しみました。大間の大トロがたまりません! 大きめのネタで店のフラッグシップでした。写真はありません。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

送出! 

20070819115448
20070819115445
国際の段ボール3つ分を送り出して すっかり 軽くなりました。青森市内観光に出かけます。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

アウガ新鮮市場 

200708190918542
20070819091854
200708190918532
20070819091853
20070819091851
青森駅前にある アウガ新鮮市場で 実家にお土産を送りました。朝5時から営業してます。殻がパクパクしている陸奥湾のホタテに 津軽海峡のマグロでしょう。トウモロコシだけでは胃が落ち着かないので市場の中で朝飯です。中落ち丼が最高に美味いです。
ホタテを送るついでに試食です。貝柱が柔らかくて甘くて美味いです。青森には何度も来てますが こんなに美味いホタテは初めてです。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

茹でキビ 

20070819072533
昨日の飲み屋で食べた茹でキビ 相当酔っていたようで、あまり記憶にないんですが 2本貰ってきてました(笑)。朝食にしちゃってます。粒がびっしり甘みが強くて美味しいですね。津軽名産のブランド物なんですが名前は忘れました。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

打ち上げ 

20070818210457
20070818210455
今日は飲みましたよ。カウンターのお客さんと話が盛り上がりました。良い夜になりましたよ。酒も魚も美味い美味い!

category: '07 夏 東北

cm 3   tb --   page top

完走!! 

20070818165716
20070818165714
今年はホントに ここまでの道のりが長く感じました。時には精神的に苦痛で止めてしまおうかとも思う旅でした。残念ながら人様に迷惑をかけた旅なので手放しには喜ぶわけにいきませんが 今は青森駅の前でフレームに乾杯できる瞬間を迎えられたことを素直に嬉しく思います。
史上最大級に厳しかった旅の中で 何とか楽しみを見つけながら自分を奮い立たせていけたのは ブログを通して見守って頂いている皆様から多数頂いたコメントやメールのおかげと思います。心から感謝し御礼を申し上げます。

category: '07 夏 東北

cm 5   tb --   page top

三内丸山遺跡 

200708181610412
20070818161041
200708181610402
20070818161040
20070818161037
三内丸山遺跡に寄り道です。縄文時代の遺跡です。九州の吉野ヶ里遺跡 静岡の登呂遺跡に並ぶほどの規模で なかなか見応えがあります。用途不明な出土品があったり 歴史ロマンを感じます。ただ歴史は苦手なので地理を履修してましたが…。歴史より地理が好きなぐっさん。としては寒冷地ならではの出土品や生活慣習のようなところがもう少し知りたかったですね。

そんな小難しい話はさておき 久々となってしまいました 今日のアイスです。三内丸山遺跡で売っています ソフト栗夢(くりーむ)です。モンブラン好きにはたまらない一品です。確かに栗でした。追い打ちをかけるように、りんごジュースです。紅玉とふじの両方あって迷ったんで 両方いきました。それぞれ 味が違って楽しいですね。りんごの品種ごとにジュースがあるのが素晴らしい!

ということで そろそろ青森駅へ行き旅のゴールを決めたいと思います。あと5km 頑張ります。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

change! 

20070818141410
フロントバッグの上に鎮座する 昭文社ツーリングマップルも最後のページになります。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

ついに 

20070818132831
青森市 突入!!

あとは三内丸山遺跡によって完走を目指したいですね

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

陸奥湾に沿って 

200708181059232
20070818105923
アップダウンの高さ幅はだいぶ減ってきました。少し不思議な色をした陸奥湾を眺めつつ 向かい風と格闘しながら走ります。なかなか 脚がきついです。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

ゴミ 

20070818105623
近年の観光地は問題に感じる。料金を徴収しているキャンプ場や物を売る店にもゴミ箱がない。決まってそこに書いてあるのは「持ち帰りください」
客に物を売ることで その土地の経済をうるおしている以上 ゴミ回収まで含めて その土地の義務であって 売った土地のゴミを違う町で処理するやり方は正しくないと思う。今持っているゴミはどこかの街まで30km近く運んでゴミ箱に捨てるだろう。
俺はゴミを回収しない店ではものを買いません。店としての義務だと考えているからです。
ゴミ処理費用を徴収してでも処理する世の中の仕組みを確立して欲しい。その方がその土地の経済にもプラスになると思うんですが。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

泣いても笑っても 

20070818095741
20070818095739
今日は最終日。何としても青森まで走りきります。きつかった旅を完走の歓喜でしめてこそ 数々の試練たちは俺の糧となる。負けて終わればそこに残るのはつらい思い出のみ。体も自転車も満身創痍だが 精神力で進みたいですね。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

最後の夜 

今夜は最後のキャンプです。明日は青森だし宿を取って打ち上げに行きたいと思います。
竜飛崎の灯りとイカ釣り船の灯りだけが幻想的に揺らめく夜の津軽海峡を眺めつつ 最後の夜を楽しんでます。

いろいろありましたが 盛岡への移動中から秋田を抜けるまで試練が続きました。俺の足りないこと弱いこと 全て出て振り回されながら 何とか克服して って流れでした。結果的には全て耐えてきたことになります。
自転車のことだけでなく 仕事も人間関係も まだまだ弱いところあったし 特に帰ったら急激に規模が拡大することになった今のプロジェクトに対応する力が俺にはなかったと思います。今回の旅で自分のメンタルを鍛えた気がするし 次の旅を迎える頃には鍛えたメンタルで 仕事も人間関係もモノにしていきたいですね。
あとは 旅先で母をみました。俺と同じ歳ぐらいの息子を持つ人。秋田の居酒屋のカウンターの人、60歳で自転車の旅をして東京から青森の竜飛崎まで29歳の息子と走ってきた人… 話を見て聞いても息子の俺に真似はできない。だから、「よく旅に出ては何かを送ってくる息子」になるしかないと思うわけです。
旅で自分と向き合う時間が必ずあるから今まで生きて来れたと思っています。旅情の中に身をおいて、旅情を楽しみながら日常の自分を想う一時。きれいな宿に泊まるばかりでなく、旅先の自然の中にひとり身を置く。ただ、それだけのことで人はリフレッシュできる。
俺は何のために旅をするか、細かい目的は多々あれど突き詰めれば幸せを感じるため幸せになるため。苦難があっても結果的に幸せでありたい。それは、何のために生きているかという問いと答えは同じだと思う。

いろんなことを思う旅であり今宵でした。少しセンチな気分になる最終日ですが 自転車にまたがればゴールを目指すだけに集中し 青森で歓喜の時を迎えたいですね。明日も応援のほどよろしくお願いします。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

イカ釣り船を見ながら 

200708172038472
20070817203847
20070817203846
高野崎キャンプ場まで来ました。青森まで残45km ここまで来れば上出来でしょう。
なかなか風光明媚な美咲いや岬です。海を見渡すと竜飛崎も下北半島も北海道も見えて足下には箱庭のような海岸線が見えます。夜にはイカ釣り船の明かりがいっぱい見えます。
さて今日の飯ですが買い出しできなかったのでレトルトのカレー
…だけでは終わりません。昨日のアスパラとニンニクをベーコンと一緒に炒めますがニンニクはたっぷり二玉です。昨日はパンチが足りない気がしました。ぶなしめじに花を持たせるため脇役になりました。今日は青森産ニンニクを主役に据えた一皿にしました。ニンニクの美味さが絶大です。アスパラも負けない力強さがありました。

ちなみに津軽海峡のイカ釣り船ですが 彼らの本命はマグロで マグロ釣りの餌のためにイカを釣っているのです。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

光と海の美 

20070817175333
陸奥湾に沿って高野崎(たかのさき)に向かって走っています。竜泊ラインと竜飛崎の坂と蓄積疲労で売り切れた脚力でアップダウンが多い道を苦戦しています。足以外は元気ですけどね。
海の向こうの竜飛崎のあたりだけスポットライトのように日が射していて 何だかきれいです。

category: '07 夏 東北

cm 3   tb --   page top

 

20070817165347
20070817165346
青函トンネル 入口(本州側)です。
向かい風がすごかったり、道に迷って採石場に出たりで苦戦しましたが何とか来ました。去年は北海道側から見ました。
-- 続きを読む --

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

竜飛崎 階段国道 

200708171518512
20070817151851
20070817151848
寄り道ばかりですが やっと竜飛崎(たっぴざき)に着きました。
あの有名な階段国道も歩きました。意外ときついけど紫陽花が満開で海を見下ろせて気持ちいいですね。
岬からは北海道も下北半島も見渡せます。

あああ あー 津軽海峡夏景色〜♪

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

タコ&ツブ 

20070817135822
20070817135821
昼は竜飛崎近くの店でタコ刺しにツブ貝です。味も香りも濃厚で美味かったです!こんな立派なタコ足もツブ貝も珍しいですよね。
晴れてきたので運搬の難しさはありますが 夜は魚食いたいです

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

青函トンネル記念館 

200708171343166
200708171343164
200708171343162
20070817134316
20070817134314
青函トンネル記念館に寄り道です。青函トンネルは何度も快速・海峡で渡ったし去年は北海道側の記念館とトンネル入口をみたので今年は本州側に来てみました。
青函トンネル建設に関する博物館の他に ケーブルカーで行く坑道体験もあります。今でも保守や点検、万一の避難経路になってる作業坑に降りていきます。掘削作業に使われた工器や掘削方法の説明などあります。
なかなか見応えありました。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

竜泊ライン 眺敢台 

20070817113322
20070817113321
この旅で最後の山場 竜泊ライン 眺敢台への上り坂を制しました。北には竜飛崎 対岸の北海道 西には日本海 東には下北半島が見渡せるパノラマです。これがあるから きついヒルクライムも頑張れますね。
慎重に下って竜飛崎へ向かいます。

category: '07 夏 東北

cm 3   tb --   page top

竜泊ライン 上り坂 

20070817103341
200708171033402
20070817103340
20070817103338
背後に不思議な色を帯びた日本海と複雑な形の海岸線を時々見ながら坂を上がっていきます。10%オーバーの坂に急なカーブ かなりの難所です。雨はなく気温が低いのが救いで さらに昨日のニンニクが効いて自らの体にスタミナを感じます。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

津波!? 

20070817073404
昨日 隣にテントを張っていた家族から頂いたおにぎりで朝食です。
ネットでニュース見て驚きましたが南米で発生した地震により大平洋側から津軽半島の竜飛崎までは津波注意報が発令されてたんですね。今夜なんかは波打ち際から50mぐらい離れて海面からの高さも3mぐらいはある海沿いのオートキャンプ場で、わずかに注意報発令エリアからずれますが そういう時の避難指示とかホントに来るのか心配になります。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

青森と秋田の晩餐 

200708162108366
200708162108364
200708162108362
20070816210836
今夜の晩餐はヒット連発です。まずは御飯を炊いて 火から下ろして蒸らしてる間にメインディッシュを作ります。生産量日本一を誇る青森産ニンニクと 秋田白神のぶなしめじにベーコンをあわせて 男鹿半島の塩で味付けしてソテーします。ニンニクは少しホクホク感が出るよう厚めに切ります。ねらい通りの美味さでした。二皿目は青森鰺ヶ沢産アスパラの塩茹でです。塩はもちろん男鹿半島の塩です。色鮮やかで甘みがあって柔らかくアスパラの美味さが強く出ました。塩味を与えつつ邪魔しない男鹿半島の塩にも脱帽です。
御飯は 十三湖で買ってきたシジミ出汁味噌で食べます。これも お湯で溶くだけでシジミ汁になるほどの味噌なので最高でした。ビールの写真を撮るのを忘れるほど 美味かったです。頭を使いつつ美味しいものにありつけるよう旅を展開したいですね。
天気はさえませんが 明日は朝から竜飛崎へ向かう竜泊ラインのヒルクライム&ダウンヒルです。最後の山場ですので頑張ります。

category: '07 夏 東北

cm 4   tb --   page top

小泊にたどり着く 

200708162051582
20070816205158
20070816205157
20070816205156
割と余力を残して、小泊に着きました。洗濯もできたし、距離も稼げたし上出来です。青森への完走に向けて大きな一歩になりました。今日は、こんなに曇ってるのに津軽海峡の向こうに北海道が見えます。

小泊のマルKです。また能代以来120kmぶりのコンビニでした。次は蟹田まで80km無いです。比べるのもあれですが対岸にある雄大な大地を誇る北海道の片隅でも もっとあります(笑)

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

十三湖だし シジミでしょう。 

20070816145054
200708161450532
20070816145053
十三湖まで来ました。空が曇っているので鮮やかさはないですが なんと言ってもシジミでしょう。貝から出るダシがいいですよね

category: '07 夏 東北

cm 3   tb --   page top

十三湖へ向かう農道 

200708161326252
20070816132625
20070816132623
今日は走りが快調です。俺の中では戦略上で勝負日と思う今日。津軽半島の西側を北上し、最低目標で十三湖、これがたどり着かないなら完走か打ち上げはあきらめる形になる。行ければ10km先で一山越える小泊まで行きたい。そこまで行ければ明日からの展開で一気に選択肢が増えるし、明日は最後の山場となる竜飛崎の眺敢台への上りと下りに午前中は専念できる。
小雨が降ったり止んだりする天気の中、車の少ない湿原や畑の中を真っ直ぐ抜けます。直売所から漂うメロンのアロマにクラッと来たりしながら久々の平地の道を楽しみます。
あと15kmで十三湖、25kmで小泊 まだ 今の時間帯なら勝機と思います。欲張らず無理せず行きます。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

鰺ヶ沢の街 

200708161023196
200708161023194
200708161023192
20070816102319
20070816102316
日本海沿いにある鰺ヶ沢の街に北から入るとイカ焼き通りのイカ焼きの香りが迎えてくれます。今日は地元の祭りでにぎわってます。
港のすぐそば 海の駅わんずに 寄り道して買い出しとリンゴジュースを楽しみます。リンゴジュースコーナーに何種類もあって悩みます。そして甘み香り喉ごし どれも最高でリンゴの美味さが全てこの一杯にあります。ホタテとか海産物を買いたい気持ちは山々ですが まだかなり走るので断念です。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

千畳敷 

200708160828512
20070816082851
ゴツゴツした一枚岩が平らに続く千畳敷です。海が微妙にあれ始めてるのがいいです。
強い追い風が吹いているので存分に生かしたいですね。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

40,000km 

200708160743134
200708160743132
20070816074313
ランドナーで旅をすること13年目に快挙達成です。4代目になりますが 通算40,000km 達成しました。まだまだ通過点だと思っていますが ここまで走り続けたことを喜びとして また走り続けたいと思います。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

早朝出発 

200708160735112
20070816073511
20070816073509
今日は祭りの会場で 少しヤバめのキャンプなので早めに撤収です。明日からの戦略とか考えると 海沿いに行って十三湖を越えたいですが 無理はしません。
笹餅 ウマー

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

深浦 海祭り 

200708152051484
200708152051482
20070815205148
20070815205147
20070815205144
祭りですよ 祭り☆
ビールと露店メニューに限りますね。真正面の舞台では歌ってます。うぉー 俺も歌いたい!!
明るいムードの後で灯籠流しがありました。船で港の出口ぐらいまで灯籠を持っていきスタッフが流してくれます。港では地元の和尚さんがお経をよんでくれます。特に今年のお盆は、いろんな想いがありますね。
そして最後は花火です。ぶっちゃけ田舎なので派手な連発もないですが夏の旅を象徴していいですね。

祭りに参加できるのは キャンプ場でのちゃんとしたキャンプではなく街でのゲリラキャンプならではの楽しみかもしれませんね。お盆の祭を終えると旅も終わりに向かっていきます。距離はかなり残ってますが 日程は残り3日 楽しく行きたいですね。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

今夜は深浦町 

200708151848024
200708151848022
20070815184802
20070815184800
今日も十二湖に苦戦して走りが伸びず 深浦で終了です。上り坂で足が踏ん張れません。八幡平のクライムで見せたキレが戻らないものか…。
風呂入れて飯食えてゲリラキャンプでも一泊できて…を求めると45km先の鰺ヶ沢で体力的に無理です。
十二湖から深浦までの海岸線はアップダウンが強烈で車が多くて道は狭いけど 絶景でした。
おばあちゃんの口車に乗せられて焼きイカを買うと激ウマでした。身が分厚くて柔らかくて臭みのない素直で濃いイカの味がします。今日は深浦の祭りがあり花火と灯籠流しがあります。俺もおじいさんへの言葉を乗せて流したいと思います。
風呂に入ってから夕日を眺めようとしたら強い風に乗って流れてきた雲が沖にたまって 中途半端な夕日になっちゃいました。でも夕暮れの海は好きです。いろいろ考えごとにふけりながら 眺めてます。何を考えてるかは秘密です。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

十二湖 青池 

200708151555424
200708151555422
20070815155542
坂を上り詰めると いくつかの池をみた後に 青池があります。静かなブナの森にひっそりと青く澄んだ水を湛えて 神秘的な雰囲気です。森と湖が本当に気持ちいい場所ですね。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

名水仕立て 

200708151555096
200708151555094
200708151555092
20070815155509
寄り道王 ぐっさん。です。
十二湖への上り坂途中に沢が流れて湧き水が湧く十二湖庵があります。湧き水で淹れた抹茶と秋田銘菓のもろこしを無料で振る舞ってくれます。かなり粋なはからいです。
沢の音を聞きながら原生林をわたる風を浴び 抹茶の味と香り 原生林にさしこむ柔らかな光 五感を癒してくれます。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

日本海と十二湖上り 

200708151554472
20070815155447
20070815155444
日本海沿いを満喫してから、内陸にチラッと入って十二湖のヒルクライムに悪戦苦闘してます。暑さ 傾斜 蓄積疲労 車が来たら一度足を着いて やり過ごしてるんですが数が多すぎてペースが取れません。
ただ時々 原生林の中に見える 湖が気持ち良いですね。
途中には白い岩壁の日本キャニオンも見えました。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

お殿水 

200708151111024
200708151111022
20070815111102
20070815111059
森と海の眺め 襲いかかるアップダウン
盛り上がってきました。白神山地の湧水を楽しめる お殿水で一休みです。まさに甘露です。

そして さらば秋田県

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

朝飯 うまー 

20070815091343
キャンプ場すぐそばの はたはた館で朝飯です。焼おにぎりが美味すぎます。柔らかい握り具合 甘辛く香ばしい味付け ホタテも甘みを感じるし味が濃厚です。
今日は白神山地へと入り、行き先は未定です。日本海沿い深浦の不老不死温泉か鰺ヶ沢を目指します。
事故の影響の左肩と左ふくらはぎの打ち身の痛みや違和感は完全になくなりました。テンションも上がってきました。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

朝トマ 

200708150832242
20070815083224
秋田産の完熟ミニトマト 本来のトマトの美味さが味わえます。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

んむ!? 

20070815071857
蒸し暑く寝苦しい夜が明けて、昨日までとは一変して曇りの朝です。どうしたものかと天気予報を見たら明日から先は 全て雨の予報が出てます。当たらないことを願うばかりですが…。
と書いてる最中に晴れてきました。ぐっさん。が明日からの天気予報を覆す奇跡の日々が始まる。

MJ大学サイクリング部 会うのは3組目だが 味のある人が多いね。好きか嫌いかでいうと 大好きです 笑

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

秋田県 最後の晩餐 

200708142232394
200708142232392
20070814223239
今日は頭を使いました。能代で秋田県産のブランド枝豆「湯上がり娘」と 道の駅で石川そばを買い 万全の夕食体勢です。キャンプ場で自家製のはたはた寿司もビールも入手しました。はたはたのなれ寿司ですが鮒寿司ほどの臭みは全くなく美味いです。枝豆はマメマメしい香りがして甘みもあって美味いです。塩ゆでの塩は男鹿半島の塩で秋田の海と大地の融合を楽しめました。枝豆あればビールの味も引き立ちます。そばも水切りが完璧でいい感じに仕上がりました。
今夜は途中で抜きつ抜かれつの走りをした大学生とキャンプです。楽しい夜になりました。

雨の下りから始まった厳しい走りに 数々の不運に交通事故 なにをしても全てがかみ合わなかった秋田県も最後はうまくしまったと思います。秋田県 苦しかったが 俺を一回り強くした場所だと思います。強くなったメンタルで青森県も頑張りたいですね。

category: '07 夏 東北

cm 5   tb --   page top

日本海の夕日 

20070814221620
さんざん苦しんだ秋田県でしたが いよいよ今夜が最後の夜です。明日からは青森県に入ります。
余裕のキャンプインで、やっと 夕日が見れました。日本海に沈む夕日は最高です。たくさんの応援をいただいた感謝をこめて贈ります。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

ババヘラアイス 

200708141631404
200708141631402
20070814163140
20070814163137
能代を出て日本海が見えないけど海沿いに北上です。このあたりの名産品はメロンですが重すぎて買っていけないのでカットメロンで満喫しました。
さらに北の展望台で休憩し 炎天下の秋田の道ばた各所でお婆さんがパラソルの下で売ってる ババヘラアイスを頂きます。味より その重労働に頭が下がります。アップルシャーベットっぽい味でした。

category: '07 夏 東北

cm 4   tb --   page top

能代 筋子丼(自作) 

200708141333182
20070814133318
200708141333172
20070814133317
20070814133315
頭使います。能代の街まできましたが田舎のお盆という感じで飲食店は閑散としてます。
駅前のスーパーで能代のマスの筋子と御飯を買ってきて筋子丼です。駅舎の中には銘酒 喜久水の水で淹れた麦茶もありました。つまらない飯にしないため なかなかのアイデアが出たものだと思います。なかなか美味いですよ。夜は夜で腹案があります。

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

touch your heart 

20070814120125
男鹿半島に入る前 以来だから100kmぶりのコンビニです。
中部圏のイメージが強いマルKですが 北東北にも多いです

category: '07 夏 東北

cm 2   tb --   page top

交差点で 

200708141102492
20070814110249
20070814110247
今日も酷暑です。
八郎潟の一部を眺めるキャンプ場でインスタントのスパゲティを食って 八郎潟の大田園地帯の真ん中にある 北緯40度と東経140度の交わる点に行きました。下一桁が0での交差点は日本で唯一のものです。そのまま道に迷い未舗装の農道をさまようこと15km 抜け出したら ほぼ出発地点 なかなか苦戦が続きます。

category: '07 夏 東北

cm 0   tb --   page top

面白みのない夜 

200708131932346
200708131932344
200708131932342
20070813193234
20070813193232
男鹿半島は かなり ハードな走りと思い出を残して過ぎていきました。最後の最後に八郎潟に出るまで しつこいほどにアップダウンが続きました。
八郎潟の大潟村で一泊ですが村に開いてる店は一軒もなく温泉にある飯屋で唐揚げとカレーです。旅だというのに面白味のかけらもない食事です。店はコンビニすら今日一日見てませんからね。何だかいろんなことが全くかみ合わない「つまらない」旅になってきました。相当、頭を使う必要がありそうです。

category: '07 夏 東北

cm 1   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム