FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

スタンド使い 





スポーツ系の自転車にはスタンドが付いてませんし、ぐっさん。のランドナーにも付いてません。荷物満載で長時間耐えるようなスタンドは付かないですが、峠とか立てかける場所がない時に写真が撮れません。
普段はコンパクトにしまっておいて、クランクに差し込むだけで立つスタンドを見つけたので試してみます。空荷ならギリギリ安定してます。またがったまま使うことはないですが、荷物満載のケースは行ってからしか試せません。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナーのディープな部分をメンテ 

夏の旅に向けてGWの旅でたまに出ていた症状に手を打ちます。変速がシャキッと決まらない、クランクの根元からパキパキ鳴る いずれも旅の途中で症状が改善してしまいましたが、 新品フレームの1年経過だと起こりやすいもので経験済みのものです。
変速はレバーのカチカチに合わせてディレーラの位置を決めるSIS(Shift Index System)はないのですが手元でいくら微調整してもギアが落ち着かないことからディレーラ取り付け座の変形を疑います。ホイールを基準にして計る専用工具でみても公差はほぼ0mmで何ともありません。様子見で行くしか無さそうです。
shift_gauge.jpg

クランクのパキパキ音は佐世保の自転車店で点検した限りではペダル、クランクには異常なさそうなのでBBの締め付け部を見てみます。専用工具でバラしてみると左側の締め付けがゆるんでました。分解してサビをクレ666で落としてグリスを大量に塗り込んで強く締め込みます。これで根治するような気がします。
bb_clean2.jpg
bb_clean1.jpg

作業が終わると汗だくで暑さでフラフラなのでシャワーを浴びて車で出掛けます。エアコン全開夕方だというのにメーターの外気温表示が鬼です。日が傾きつつある18時ですら39℃という表示…。昼間はもっと暑かったんですかね…。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ブレーキ構造見直し③ 

コックピットビューでいうとこんな感じですね。
一応、手元でライトのON/OFFがコントロールできるようになるので、
走りながらでも制御できます。
15_brake_aft5.png
15_brake_aft6.png
ただ、かなり奥まった場所になったような気がしますね。
やっぱり旅に出てフル装備になってくると遮るものが多くなって、
元のポジションであるキャリアに戻るような気はします。
15_brake_aft7.png

元々やろうとしていたブレーキの握り心地改善の効果としては・・・
位置の変更とレバーの変更でここまで改善しました。
下ハンドルを握って下り坂を攻めてるときも安心してブレーキかけられそうな気がします。
15_brake_aft4.png

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ブレーキ構造見直し② 


ブレーキの近辺にチドリ(ワイヤーハンガー)とアーチワイヤーを通します。
やはりブレーキ本体の直引きよりはチドリをかました方がバランス取りしやすいし
扱いやすいです。フレーム同色のパーツにそろえます。
15_chidori2.jpg
15_chidori1.jpg
ついでにブレーキシューも新品に交換します。
これも SWISSSTOP製にこだわっています。
ワイヤーもPTFE(テフロン)でコーティングされたものをトライします。
徹底的に効きにこだわったブレーキを作り直します。

ブレーキレバーも使い慣れたダイアコンペ204QCに戻して位置を見直しました。
ハンドルごと持ち上げててっぺんが平らになる設定にしました。
15_brake_aft1.png

ワイヤも通して位置が決まったところでバーテープを巻きます。
いつもだと交換するほど劣化してませんが、ブレーキの位置を見直したら
新品にまき直すしかないですね。
我ながら良い巻き具合です。
賛否両論ありますが、一番よく握る手元の湾曲部分は
テンションをかけてピッチをつめて巻きます。
文字とか絵マークがついてるバーテープだと不均一なので
そこが目立たないデザインのものを選びます。
青いフレームに真っ赤なバーテープが映えます。
15_brake_aft2.png

今回から投入してみましたが、グリップエンドにライトを付けるための
座がついてるキャップを使ってみます。
以前、ハンドルバーの下側にライトを付けたことはあるのですが、
思った以上に後ろへ寄ってしまっているように思えます。
15_brake_aft3.png

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ブレーキ構造見直し① 

15_brake_bef3.jpg
15_brake_bef2.jpg
メインのワイヤにブレーキが直接繋がっているので輪行時に突っ張ってしまい
ハンドルからワイヤを抜きづらい状態になっています。

さらにブレーキの形状と位置で下側を握るとブレーキに一発で指が届いてません。
15_brake_bef1.png

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナーのチェーン 

moblog_af1b1747.jpg
夏の北海道で発生していたチェーンが固着する不具合が
ここに来て顕在化してきたので、修理します。
固着していた部分でチェーンを切ってつなぎ直しても
全く直りません。
1コマ分 詰めてつなぎ直せば使えなくもないですが、
自転車自体は用途が用途なので、チェーン交換に踏み切ります。

cutchain1.jpg
こんな感じの工具で古いチェーンのコマをねじで押して切ります。
新しいチェーンのつなぎ目に専用のコネクトピンを圧入してつなぎます。

cutchain2.jpg
以前は 手でチェーンをくいっと曲げて手放しても、形が戻らなかったです。

cutchain3.jpg
今度は手放せばまっすぐに戻ります。そもそも何故 固着したのかは未だ不明です。
MTBの10速用チェーンは初採用ですが、そんなに信頼性が低いものなのか・・・
そうは考えにくいですね。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

静岡への強行軍 



夜の11時半まで残業した後、車で飛ばして静岡まで来ました。着いたら3時半過ぎ…。さすがに疲れました。

朝はのんびり起きて寿司でブランチします。静岡の魚は旨いですね~

昨年の12月に盗まれて発注していた新型ランドナーが来ました。思ったよりビビッドな青でホイールを小さい26HEに変更して直径で6cmも小さいから雰囲気は違います。トップ寄りのギアが使いやすくなり、3×10速でクロスレシオかつ上り坂に強いローレシオのギアも着くので足への負担は減り、トルク勝負よりケイデンス(回転数)勝負になります。重心が低く荷物の位置も下がるため安定感もかなり向上しました。盗まれたのはショックでしたが新車はイイですね。また新しい旅の歴史と思い出を作りたいですね。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

困ったことに・・・ からの 

あのランドナーが家の前で盗まれてしまいました。
randonneurss.jpg

本当に困ったものです。警察に被害届を出しているものの
盗まれて3週間が経過しました。

ということで、これを機にランドナーをフルモデルチェンジします。
静岡のショップで発注してきました。

気になる新型ランドナーのコンセプト

ホイールは思い切って小径化します。700Cは踏み出しの重さと加速の重さを感じました。
結果、車速をハイギアでキープするのがきつかったです。
ステアリング周りを刷新します。今までのランドナーで初めて手を入れる部分です。
果たしてどんな仕上がりになるか・・

盗まれたランドナーが帰ってきたらスポルティーフ的な姿に変更して、
別のコンセプトの自転車に仕立て直してみたいと思います。
帰ってきてほしいです・・・

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

ブレーキ 大幅変更 

ランドナーのブレーキと言えば、今や絶滅危惧種のカンチブレーキ。
ワイヤーを上に引き上げると、指示点についているアームが
ワイヤーにつられながら左右に動く構造です。

2003年にランドナーをフルモデルチェンジして以来 9年ぶりにブレーキを変更します。

P4110005.jpg
-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

寂しいような 


ランドナーのフレームの塗装剥離と錆び取りと再塗装してオーバーホールして再組みが完了して新車のような爽やかさが戻ったが、フレームサイドに何か書いてないと寂しい感じだなぁ…

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナー オーバーホールの道? 

我がランドナーのフレームの子部品再溶接&再塗装に出すべく部品をすべて外してましたが、
塗装剥離 → フレームの錆取り・小部品の再溶接 → 再溶接 を終えてフレームが帰ってきました。
randonneur_repair_comeback.jpg


それにしてもキレイに錆が落ちて再塗装されたフレームは気持ちが良いですね。
再塗装されたフレーム


まずはフレームを持ち帰りパイプの中に防錆のためのオイルを入れます。
部品を組む前にやっておきたいのです。
randonneur_repair_cre666.jpg


入れるオイルは クレ6-66です。決して かの有名なクレ 5-56のぱくりではありません
同じメーカーから発売されている 5-56の強化版にあたりマリン用で水や塩水により強く落ちにくいものです。
フレームのパイプにノズルを入れて水抜き穴や逆側の穴から出てくるまで吹き付けます。
落ちてくるオイルを下で受けます。

これで1週間程度はオイルの乾燥待ちにします。

来週にでもBBやヘッドパーツやクランクなど大物パーツの取り付けをやりたいですね。

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

ランドナー オーバーホールへの道? 

20091017231208
20091017231207
店員さんと3人がかりでハンドルにハンマーを打ち込んで外します。かなり焼き付いてました。
これでフレームとフォークの単品になったので溶接修理と再塗装に出します。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナーオーバーホールへの道 ? 

だいぶ間が空きました・・・。

秋でオフシーズンということもあり、自転車を大幅メンテしたいと思います。
-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 4   tb --   page top

巻きでお願いします 巻きで 

20090719155157
20090719155152
バーテープ(ハンドルに巻いてるテープ)を巻き直しました。一番よく握る辺りが巻きが弱く伸びて剥けてきたので新品を巻き直すしかないです。初めてBONTRAGERのを使ってみましたが、先に粘着テープもあるしブレーキレバーのあたりにちょい巻きする分も入ってます。巻いてみると他メーカーより長く余りました。ピッチも細かくしていけば良かったと思うわけで。いつも握る位置は細かくできたから良いかと思います。ただロゴマークBの位置が揃ってないのが減点です。

通常は慣れが必要な作業ですのでプロショップに依頼するか指導の下で実施してください。

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

ランドナー ハンドル周り改造 III 

語ると長いのですが、ハンドル周りの操作性改善のための改造を続けてきました。フロントバッグを安定させるためのキャリアを取り付けて(改造?)フロントキャリアのエクステンションを追加(改造?)したのですが、少し欠点がありまして、輪行中に延長したキャリアの角が袋に当たるので穴が開いたり搬送中に危ないということもあって改善が必要でした。四国からの帰りには完全に外して発送してしまいました。

・輪行袋の中で収まりが良くなるように
 簡単に折りたためるような取付け方にしたい

・輪行袋に当たっても突き破らないように
 角にRを付けてエッジをなくしたい

ということで思い切って板材から買い換えて改造です。
こんな感じで作ってみました。
-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 4   tb --   page top

ランドナーのメンテ 

20070721225921
20070721225914
サイクルショップカントウへ行き、(基本的に自分で)リアハブをオーバーホールして ペダルを面の大きいSPDに交換して 変速の不調を直して ツーリングの準備です。
今までのペダルは面が少ないせいか長距離を走ると足の裏に痛みが走ります。これで少しでも改善されればいいんですが。

来週のプレツーリングで効果を検証したいですね。

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

ヘタレ仕様化 

20070417184602
20070417184600
免停は今日いっぱいで済みました。改心しなきゃいかんですね。鹿沼の運転免許センターからの帰りにサイクルショップカントウに寄り道です。
下りや追い風ですら踏めなかったアウターギア(フロントの一番大きいギア)は無意味なので 歯数を49T→44Tに変更ですね。小豆島の寒霞渓の下りは踏みまくるぞ〜! 平地でも、せっかく換えたアウターが踏めるように毎日 追い風だといいなぁ なんて心底ヘタレぶりを発揮したいところですが 日本って国は西へ走ると基本的に向かい風なんですよね。東風がふく時は雨の前ぶれか雨の日が多い気がします。てことで、下り坂以外では封印かな…。

アウターギア一枚に ここまでヘタレ自転車論を語る俺って 何なんだろう。

category: ランドナーいじり

cm 3   tb --   page top

ランドナー ハンドル周り改造 II 

右のエリアにGW期間中についてのお願いを記載させて頂きました。

金曜日は 簡易裁判ということで有休です。朝早く行ったのですぐ終わって、自転車のメンテなどに時間を費やせました。

前にフロントバッグ取付用のステイを付けましたが、最近になってデメリットが発覚しました。バッグが前に移動した分だけ、フロントキャリアより前の部分が垂れ下がって おそらく荷物満載だとタイヤと擦れてしまいそうです。
前の方が垂れ下がってきてしまっています。


キャリアがバッグの半分ぐらいまでしかないから 乗っかり切れてないんです。


そこで、
-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 7   tb --   page top

ランドナー ハンドル周り改造 

もともとドロップハンドルの手前のバーにストラップを使ってフロントバッグを取り付けてました。走ってるうちにバッグが左右にぶれて偏ってしまって、気が付いたら右手でブレーキブラケットが握りにくくなってたりするのです。
右に偏ってるし、手前のバーが握れない…。

13年前から気にはなっていたのですが、改善します。
-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 9   tb --   page top

自転車のメンテ(リアホイール) 

20060827005430


実は旅の間は書かなかったのだが、後輪のスポーク(軸とわっぱの間を結んでいる細い針金のような部品)が1本折れていたのだ。奥尻島を走り終えたあたりから、後輪がふらつくようになってきたので瀬棚でキャンプしたときにチェックして発覚したのだ。1本折れるとホイールバランスが狂って、だましだまし走っていると歪みが大きくなって2本、3本と折れていくのだが、過去に3本折れたまま500km程度(高知→足摺岬→松山)は走ったことがあるので 負荷や振動をかけないように走れば もつかなぁと判断しつつ不安を抱えて走っていたんですね。
1本折れるとホイールバランスが崩れるのでリム(わっぱ)が歪んでしまう可能性もある上、そのまま荷物満載で400km近く走ってしまったので、そうなったらホイールを交換となっちゃうわけです。自分で作業するのが好きな上、店もちょっと忙しそうだったので、振れ取り台を借りて自分で交換して締め付け具合を調整して、ホイールの縦や横の振れをこの台に乗せて回しながらチェックして、スポークをリムに接続するところのネジの締め具合を調整してバランスを取る。

一応 無事に復旧しました♪

category: ランドナーいじり

cm 16   tb --   page top

ツーリング車の整備 

今日は、ツーリングマシーンであるランドナーをいじります!
randonneur.jpg

-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム