FC2ブログ
06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

日記 

20060507170956
さて 今からまとめて全部書くぞ〜! 俺のこういうとこ 小学生の頃から変わってねぇな…。
実は、いつもツーリングで日記つけてたんです。今回は何故か余裕がなくて 最後の移動でまとめて書いてます 笑
一日一日 どんな天気 どんな景色 どんな走り どんな人と会った すべて鮮明に覚えてます。それは10年前の旅でも今回の旅でも。それだけ 濃い旅なのです。

category: '06 GW 関西

cm 8   tb --   page top

撤収! 

200605071509532
20060507150953
寂しさを象徴するような雨の中 洗濯&乾燥して 郵便局で自転車以外の荷物(段ボール箱3つ分)を自宅に送って 土産を買って 自転車をばらして 長い帰路につく。少しずつ現実へと引き戻される。さらば明石の街。楽しく美味しい思い出をありがとう

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

明石の昼 

200605071210132
20060507121013
明石と言えば 明石焼でしょう。フワッとした卵にぷりっぷりの明石タコを香ばしく焼きあげて さっぱりした出汁で食べる。
明石では、きむら○に次ぐ人気店の た○磯にいきました。結論から言えば 所詮2位。1位と2位の差は大きいです。店員の態度は最悪。断りもなく相席、いらっしゃいませと言わない、座ったそばから注文を聞く、テーブルの上に片手で斜めにドンッと音を立てて料理をたたき付けるように置く、味はきむら○に比べて 一段落ちる。3月に行ったときのきむら○は店の外に列ができるほど忙しい店なのは同じだが決して客を粗末に扱ったりしない一流の店です。仮に俺が明石に初めて来て こんな態度なら二度と明石には来ません 寄りません。そういう意識を持ってもらいたいです。レジで「お前接客態度を考え直した方がいいぞ」 と一言放って600円をたたき付けて店を後にしました。明石を訪れる皆さん 明石焼きに並ぶなら きむら○です。
そんなカスみたいな店もありましたが 明石には魚の棚っていう雰囲気がよく活気のある商店街があります。新鮮な魚介類や加工品などなど軒を連ねてます。

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

一週間まとめて 

20060507084856
天気予報とblogしか見てない俺が一週間分のニュースをサソデ一モー二ソグでチェック
それにしても関ロ宏のスーツの色 なんだこれは!? 今に始まった話ではないが

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

打ち上げ 

20060507003454
今夜は明石の寿司屋で豪華打ち上げで〜す。明石の天然の鯛とタコと穴子が うんまいの。

今まで応援いただいて本当にありがとうございました。ケータイでやってる都合上どうしてもコメント返せなくて 本当にすいません。必ず帰ったら皆様のblogでお礼に伺います。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

出港 

20060506165845
さらば淡路島 さらばGW…。

category: '06 GW 関西

cm 5   tb --   page top

完走! 

20060506161913
淡路島一周 170km、ツーリング全行程600km 完走!! てことで俺と人馬一体で頑張った空色の自転車と乾杯!

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

 

20060506155510
あと500m… 寂

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

北淡震災記念公園 

200605061513162
20060506151316
淡路市(旧北淡町)の野島断層 北淡震災記念公園に寄り道です。阪神淡路大震災の震源になった活断層を当時のままに保存してあります。自然の力の凄まじさを感じるものでした。震災の思い出と言えば、震災の年に大学受験し その次の年の夏に自転車で日本縦断したときに震災の爪痕の残る神戸を通って泊まりました。まだまだ復旧していない街を訪れた旅人である私にとても親切にしてくれた神戸の人達が忘れられません。復興に向けて一生懸命でした。そんな思い出や自分の地震への考え方など、いろいろと考えさせられる博物館でした。
と、しんみりした気持ちもありますが、残り20km 風が強くてタイヘンですが頑張らなきゃです。ということで びわソフト でパワーを補給です。びわの素朴な味がふわりと口に広がる一品です。

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

淡路牛 

20060506130424
言葉は要らない…。(恍惚)

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

辛うじて… 

20060506085508
大潮の日に見にこないとだめっぽい。対岸の橋脚の下に勢いが弱いが渦潮が…。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

鳴門 

200605060807092
20060506080709
鳴門海峡に到着 川のように速い潮の流れは見て取れるが 渦は見えず。もう少し待ってみる つづく。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

最後の朝 

20060506052207
夕方から吹き荒れる テントを揺らすほどの強風で目が覚めた。早起きして準備したい俺には好都合である。大津→有馬温泉から続いていたもも肉の筋肉痛もようやく完治。代わりに一回り太くなった筋肉を足にまとって、ようやく俺らしい走りができるようになるか 少し期待してみたい。
今日は 鳴門の渦潮を見て 淡路島の西岸を北へと走り 震災の記念館に寄って明石海峡をフェリーで明石に渡ってゴールです。この旅を完走として締めくくりたいですね。
ということで 淡路島ラクトコーヒーです。淡路島の牛乳をたっぷり使ったコーヒー牛乳です。まあ 普通のコーヒー牛乳ですが 淡路島って実は酪農が盛んな場所なので乳製品が充実してます。野菜も牛も魚も果物も何でもある島だし景色もいいし ホント 淡路島はイイ所です。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

最後のキャンプ 

200605052155454
200605052155452
20060505215545
風呂にケータイを持ち込めないので文章だけで語りますが 今日は国民宿舎の風呂に入りました。露天風呂からはライトアップされた鳴門大橋が見えてました。四国から入って来て関西へ抜けて帰るであろう車が多くGWの終わりを象徴してるようで寂しさを感じました。リフレッシュし切った私はまた次の連休まで頑張る決意をしました。というほど熱い話ではなく、夏まで頑張れそうかな…て話です。
もう こうやって現地調達で温泉に入るのも キャンプを楽しむのも最後。改めて 旅行中にコメントいただいた方 blogをご覧いただいた方 ありがとうございます。
今日も自炊しました。昨日買った 淡路タマネギと春キャベツに豚肩肉を加えて 肉野菜炒め、地元の天然ひじきと地魚の丸天でご飯を炊いて ひじき御飯、淡路の地ビール で夕飯です。野菜炒めはタマネギが火を通すと甘く心地よい香りになり、キャベツもさらに甘みを増したのを塩胡椒と豚肉のコクがしめる 素晴らしい味でした。ひじき御飯は確かにうまかったのですが 乾燥ひじきが予想以上に水を吸ったので米に芯が残ってしまう失敗でした。戻してからやらなきゃいけなかったんですね。トッピングに散らしたジャコとひじきはうまかったです。まだまだ料理は修行が必要ですね。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

混浴露天… 

20060505162542
走ったあとは足湯に限るね♪
鳴門海峡まであと6km。南淡路 福良にて。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

シーサイド 

20060505144345
海沿いの道が気持ちイイ 超気持ちイイ。前には四国 左には紀伊半島と沼島 春の日差しにキラキラ輝く水平線まで見渡せる大海原。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

 

20060505140142
淡路モンキーセンターに寄り道して猿と戯れてみた。かわいいね。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

水平線! 

200605051325434
200605051325432
20060505132543
寄り道だというのに200mUPの由良の生石鼻の展望台に上ってみました。水平線と対岸の和歌山まで見渡せて かなり気持ちイイですね。きつかったが寄り道して正解☆でした。内陸人のハートを打つ景色ですね。
そして景色を眺めながらつまんでいるのは 淡路オレンジ まあ はっさくが少しみずみずしい感じかな。苦みのあるミカンて苦手だったけど 妙にうまく感じる これって大人になったっていうこと?

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

子供の日 

20060505083732
今日の朝食は いびつ餅 と ちまき です。柏餅と同じような味ですが小さい柏の葉を2枚使って挟んだ形です。
子供の日 ということで 子供が俺を見て 僕もいつか自転車で旅をしたい と思えるような かっこいいサイクリストを演じてみたいですね。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

初自炊! 

200605050352332
20060505035233
買い物に出かけました。ジャス○は淡路産の食材がないので商店街へ。タコと淡路牛を探してましたがタコは一匹丸ごと買ってしまったので牛肉は見送りです。次に淡路タマネギを買いに八百屋へいき、3玉買いました。店のお婆さんに「どうやって食べると一番うまいですか?」と聞いてみると生が一番というので、じゃあサラダかなと思っていたら何と春キャベツ一玉をサービスしてくれました。タマネギ3個で60円しか買ってないのに…。うれしいですね。
ということで、一品目 明石タコと淡路タマネギと春キャベツのマヨネーズサラダ。二品目 明石タコのタコ飯。
素材は極上だったのでマヨネーズの強い味や香りに負けなくて見事に調和しました。自分でもびっくりするぐらいウマかった。タコ飯はちゃんとピンク色のご飯になったけどもうちょい塩味が欲しかったかもでした。
暗いんで写真がイマイチですが、うちのblogのお客様は 料理上手な主婦の方が多いので 手料理を披露するのは怖いですが 素材重視ということで 甘口コメントでお願いします。料理記事だと 寿司屋のおかみさん ぐらいの見事なのを書いてみたいですが いかんせん腕が…。
カブチョさんには謝ります。いつも料理記事に辛口コメントですいません。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

本日、安足日 

20060504130754
ここまでは決められた時間の中に収まるように 必死で走ってる俺が居た。だが連休をあと4日残して 走るのは淡路島一周のみ。遅い上陸、たまった疲労、向かい風、絶望的なのに焦ってる 俺が居た。明日の12:40に鳴門の渦潮を見たいから。でも きっと焦ってガツガツ走っても楽しくはないだろう。渦潮のほかに大事なものを見落とす旅をしても仕方がない。ゆっくり行こう。
ミラーレンズのサングラスで日差しをよけながら 大好きなサザンを聴きながら 青空の下で明るい青い海岸線の道をゆったり走ろう。最後に目標半減の洲本に着いたら この旅 初の自炊をしよう。今までそんな余裕すらなかったから。淡路牛と淡路産タマネギをソテーしたおかずにして、蛸飯を作りたいね。
ふと 旅の本分を見つめ直した俺でした。
でも びわ聖茶 イマイチ…。どくだみ茶とか杜仲茶に近い味で ちょっと苦手。御当地グルメでハズレをひく これもまた御一興。

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

淡路島 上陸 

200605041134564
200605041134562
20060504113456
明石海峡を渡り 淡路島へ!
今日はフェリーのオープンデッキやね。明石海峡大橋の下をくぐる迫力と開放感のある景色がたまらん。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

海へ 

20060504111357
やっと出港 淡路島着は昼前に
つづく。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

完撮! 

20060504101955
超まーひー。
史上最速のペースで512MBのSDカード 使いきり。5日目の夜で終わりだから1日100MBのペース。我ながらおそろしい。
あっケータイじゃなくてデジカメね

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

明石海峡② 

20060504094410
もっとイイ写真が撮れたんで 再UP

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

ヤラレタ… 

20060504094402
朝のんびりしすぎて フェリーが長蛇の列。2本待ちのようだ。連休をナメてた…。
鳴門の渦潮は 次回三度目の正直に お預けやな 泣

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

明石海峡 

20060503170815
明石海峡大橋のすぐ手前まで来ました。いよいよ明日からは 海の向こうの淡路島へ行きます。今日は淡路島の向こうの四国がうっすらと見えるほど晴れです。
青い海 青い空 そして 青い自転車 って感じの今日。夕暮れ時の海って いいね。

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

六甲山 走破 

200605031526332
20060503152633
六甲山の 長くてきっつい坂を上って行く 満載の荷物、頑丈なフレーム、俺の腹…重さは合計で100kgにも達する自転車を山の上へとあげていく。その遅さは親子連れのハイカーが歩くスピードより少し早いぐらい。前をちぎっては 言い様のない疲労が足を襲い 200を超える心拍に息が上がり足が止まり追いつかれ また走り出してちぎる。そんなデッドヒートを繰り返しながら 着実に上ってゆく。
そして眼下に神戸から大阪まで一望できるような絶景が広がる。もうだいぶ高い所に来たのだ。最後の力をふり絞って、朝10時から走り始めて2時間半 やっと 六甲山山頂(標高931m)に到着! この旅 最大の山場を越えた。もう使い果たしたかと思っていた体もシンドイシンドイと言いながらも最後まで動いた。山を制する達成感は何にも替えがたいサイクリストの喜びである。
上ったあとは ヒルクライムを終えたサイクリストにのみ与えられる 下り坂 という快感。ぐんぐん上がるスピード、やってくるタイトなカーブ。ケツで体重移動しながら自転車を倒し上半身とペダルでバランスを取り アウトインアウト スローインファーストアウトして まさに人馬一体となり 速く鋭くコーナーを攻め倒す。
上りも下りも大満足(はあと)

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

炭酸煎餅 

20060503082313
ううう 足が筋肉痛でパンパンです…。温泉に入って久々に布団で寝たが回復できず。でも天気もいいし、何とか 六甲山を超えたい。
てことで今朝のおめざです。有馬温泉名物の炭酸煎餅。炭酸が入っているせいか カリッと軽い歯応えです。気のせいかもしれませんが。プレーンなものやクリーム入りがあります。生姜のクリームを挟んだものが ぐっさん。推薦です。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

ぼそっ 

そもそも上戸彩はスッチィになるには身長が足りんやろ…。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

有馬温泉。 

200605021959322
20060502195932
走りに納得いかないものの 手応えと疲労感を感じて 最後は少しフラフラになりながら 有馬温泉に到着。汚い格好の俺には不似合いなほど きれいな宿に戸惑いつつ まずは風呂だ 温泉だ。
露天風呂がないのが残念な限りだが 寝風呂で癒されて 温泉街へ散策。有馬の温泉街は急な坂に沿った感じなので歩いて出かけるに限る。さびれた感じの古い温泉街が好きな俺には少し残念なほど近代的な温泉街である。でも炭酸煎餅の試食と蒸したての温泉饅頭を満喫。もうちょい早く着けばという感じだが ライトアップされた橋もいい。

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

今日の山場 

20060502164432
明日の六甲山へのヒルクライムの前哨戦とも言える 宝塚→有馬温泉の坂道。朝から引きずってる疲れがどう響くか気になったが、思ったより上れてはいるものの やはり きついもんはきっつい。さあ有馬温泉まで あと3km 頑張ろう。
こういう坂を選んで上ってる俺 やはりハードM 笑

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

change! 

200605021238292
20060502123829
小さな楽しみ それはフロントバッグの上に鎮座した地図の1ページを走り抜いて めくるとき…。突き上げる達成感。そして、次のページにはどんなコース そして どんなできごとが 待っているのだろう そんな わくわく感。
また次のページも俺の足で走り抜こう。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

京都 

20060502110833
せっかく京都を通過するのに 何もしないのはあれなんで 東寺の五重塔です。雨はやみましたが 今日はやや寒いです。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

完全包囲 

20060502082034
テントの中でダラダラしてたら パークゴルフの人達に囲まれる 正直 困りながらも 爺さん婆さん達とのトークが弾む。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

Rainy Day... 

20060502062920
ポツポツとテントを打つ音、どんより曇った空、鉛色の琵琶湖。午前中は雨のようだ。たまには こんな日もあるさ。今日はこれと言って見所も少ない移動日なので どこか一日ぐらい雨降らせろと言うんであれば 今日だろう。最近ずっと暑かったし。滑りやすい路面に気をつけて走るべし。
でも自転車の色と俺のハートはFine Dayですよ。今日は大津から京都と宝塚を抜けて有馬温泉に向かいます。宿を予約してあるので 意地でも走り切らなきゃいけない日です。有馬温泉にたどり着くと、別府 草津に続いて 日本三名泉を自転車で全て回ったことになります。温泉街の雰囲気は大好きなんで楽しみですね。

お祝い ねぎらいのコメントありがとうございます。引き続き頑張ります!

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

琵琶湖うちあげ 

200605012017372
20060501201737
コインランドリーで洗濯しながら放置プレイにして 今夜は飲みます 飲まずにいられません 乾杯!
皆様 本当にありがとうございます 私が前に進めたのは皆様からコメント頂けたおかげです まだまだ旅は続きますので お楽しみ頂くとともに またコメント頂ければ 幸いです。

category: '06 GW 関西

cm 4   tb --   page top

琵琶湖一周 完走! 

20060501182343
スタート地点の 大津 なぎさ公園に到着。最後の最後はホント 辛かった。楽に終わらなかった分 感動した。神様は俺に楽をさせないことで感動を与えようとしたのだろう。人目もはばからずガッツポーズしながら 雄叫びをあげた。あわや男泣きしそうな勢いだ(してないぞ)。きつかった でも楽しかった 琵琶湖一周240kmでした。やはり 自転車は素晴らしい 生きてる限り 足が動く限り続けていきたい。明日からは舞台を淡路方面に変えて また 頑張ろう。夕暮れの静かな琵琶湖を眺めてまったり過ごす 俺でした。

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

グロッてる。 

20060501173554
日没が近いこの時間にして、まだ10kmを残す。依然として弱まる気配のない生温い風のせいでウェイトトレーニングに近い走りが続く。足が腰が肩が首が腕が悲鳴をあげる。山も含めてすでに100kmを越えた今日。久々にグロッキー入ってる俺 果たして無事に浜大津にたどり着いて琵琶湖一周を完走できるのか。
to be continued…

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

逆風 

20060501151149
午後になって突如吹き始めた向かい風 真夏のような日差し。ペダルを止めれば自転車に強力な力がかかり止まってしまう。まるで坂でも上っているかのように走りは重い。俺の行く手を阻む 厳しい自然は 晴れた琵琶湖の眺めの代償として 試練を俺に課す。ここは経験、体力、気力、走りの技術 俺の持つ全てを駆使して耐える。そして大津まで完走して歓喜の時を迎えよう。
てことで だいぶ 白波立ってきた湖面に浮かぶ 白髭神社の鳥居です。ちなみに この神社の名前ですが最近 私の髭に白髪が混じり始めたこととは関係ありません。

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

琵琶湖の北 

20060501110841
つづら尾からの眺め。坂はきつかったけど 眺めが気持ちいい! こういう景色を自力で走って楽しむ満足感 やっぱ自転車はいいね

category: '06 GW 関西

cm 0   tb --   page top

今朝のおめざ 

20060501062340
空色の自転車らしい晴天。今日は山と湖の眺めが素晴らしい山場を走るので ありがたいです。
さて 今朝のおめざは 菊水飴 です。木之本の隣りの余呉で作られてる銘菓です。砂糖と麦芽のみのシンプルな味わいですが 甘みは控え目で 飽きがこない味です。しばらくは糖分補給に楽しめそう♪

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

2日目 終了 

200604302021122
20060430202112
暖かいコメント 本当にありがとうございます。お陰様で 頑張って走れております。ようやく琵琶湖半周ということで木之本で一泊て感じです。今回は自分でも戸惑うほど 体のきれがありません。ついつい悔しくてガツガツとペダルを踏むだけで走りに没頭してしまいます。今回はblogで この世界の楽しさを表現することを目標にしてますので 俺が楽しまなきゃ魅力が伝わらない ってこともあることに気付き まずは楽しめと自分に言い聞かせてみたりしてます。皆さんのコメントに応援や期待が感じられるから たまにイライラする気持ちを転換して頑張れるのです。本当にありがとうございます。

その後 彦根城を見てから 大好きな日本庭園で癒されて また琵琶湖沿いに北端の木之本まで走りました。今日は温泉で疲れを癒します。普通の風呂と温泉では 疲れの取れ方が違います。あ〜極楽 極楽
明日は琵琶湖の西側を南下して大津へ戻り琵琶湖一周を完走となる予定です。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

抹茶ソフト 

20060430134530
うまい 近江茶の抹茶ソフトクリーム 風味が濃い。@彦根城下町

category: '06 GW 関西

cm 3   tb --   page top

琵琶湖名物 

20060430132713
…といえば 鮒寿司。美味しんぼでは 臭い臭いと書いてあるが どんなもんか。彦根の城下町のお店 きむら で昼食。もちろん頼んでみる。初心者だし 結構高いので このぐらいの量にしてみる。酒粕のようなほのかな香りだけで 言われるほど 臭くはない。少し酸味の利いた魚の身とほろほろと崩れる 鮒のたまご。やっぱ 日本酒と一緒に頂きたい 一品ですね。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

チャリ散策 

200604301324142
20060430132414
電池をつないで 充電するやつを買って何とかしのぐ。
今日は琵琶湖から少し浮気して内陸を抜けました。まずは400段もある石段を上って安土城址へ。歴史の教科書を見て惚れた城だったので想いはひとしお きつさもひとしお。
続いて 近江商人の町並みを 五個荘で散策。チャリのコックピットからの映像っぽくまとめてみました。
それにしても今日は暑い。まるで夏のよう。

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

電池ぎれ はやっ 

やっとコンビニのトイレで電源を勝手に借りながら更新 電池きれちゃった…。なかなか 難しいですね。今日は彦根で城下町の風情を楽しんでから湖沿いに回り湖の北端 木之本を目指します。私が11年前にデビューしたときに初ソロキャンプにして大雪が降った壮絶な一泊をした思い出の地です。懐かしい

やっとコメント 読めました みなさん ありがとうございます

category: '06 GW 関西

cm 1   tb --   page top

一日目 終盤 

200604291742242
20060429174224
近江八幡の古い町並みを自転車で散策。こういうの大好きですね。古き良き和の雰囲気。
キャンプしちゃう公園を探して 風呂へ。いつもはシャワーで済ます俺が足を伸ばして湯船に浸かるのは旅の楽しみの一つ。今日の疲れと汚れを洗い流そう。

category: '06 GW 関西

cm 3   tb --   page top

近江牛! 

20060429135121
曇、強い向かい風、体の出来具合がイマイチな俺、でも琵琶湖沿いの道を気持ち良く北へ走る。スタートから50kmの近江八幡で遅めの昼食。
気になるメニューは! 近江牛焼肉定食1155円 手頃に近江牛を楽しめるチョイス。やっぱ良い肉だけあって肉をかみ締めた時に来る味わいが違うね。疲れた俺にスタミナをつける一品。あとは近江八幡の古い町並みを歩いて 今日の走りは終了。無事 初日を完走ということで。
どんどん 心が洗われていくね。あと 女の人が喋る滋賀弁 超かわいい。(萌

コメント下さってる方 どうも ありがとうございます☆

category: '06 GW 関西

cm 3   tb --   page top

ソフトクリーム 

20060429111505
しばし休憩@道の駅 草津
今日のおめざ あおばなソフト

category: '06 GW 関西

cm 2   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム