FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

山田うどん 



明日からの出張の前乗りで埼玉県に来ました。

埼玉県といったら だうどん こと 山田うどんです。かき揚げ丼と赤パンチです。こしがあまり無いうどんは安心する味です。福岡出身だから こしがないうどんは割とスタンダードなところがあります。
かき揚げ丼は卵と出汁でふよふよに閉じてあります。俺はふよふよした天ぷらは好きです。
パンチはもつ煮込みですが、本場はピリ辛の赤パンチがあります。味覚がおこちゃまの俺には辛いですが夏には良いですね。元気が出ます。
今日から2泊3日 山田うどんの旅は続きます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

野生生物観察センター 



在宅勤務からのロケットスタートで
緊急の出張に続いての休日出勤ですが悪くないね。

社員用駐車場の水たまりでカルガモが戯れてます。
平日じゃ絶対に見れない光景です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

N700S 



来年から営業運転の新幹線の新型テスト車N700Sに遭遇します。現行のN700/N700Aと見た目は変わってませんが、足まわりや内装は変わっていくようです。デビューが楽しみです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

通天閣 







通天閣に上がります。見たことはありますが、登ったのは初めてです。大阪は大都会なので抜け感と建物が遠くに見える景色は独特ですね。風が強くて 俺の体重で言うのもあれですが飛ばされそうでした。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

新世界 串揚げ 






月曜日に一家を見送ってから掃除して、おふくろと出掛けます。せっかくなので新世界に行きます。
だるま で串揚げです。土手煮と串揚げとビール なかなか美味いです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

富士山 



今年は雪をたっぷりかぶって富士山 美しいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

博多へGO 



博多へ向かいます。
まだピークではないですね。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

上品系のほうとう 





最後は温泉で疲れをいやし汚れを落として、ほうとうを食べて帰ります。
あと半月 今年のラストスパートを頑張る活力を得て、ノンアルと鶏もつ煮で乾杯です。ほうとうは店のおしゃれな外観と内装から分かるような上品な出汁です。アワビの煮貝も入ります。こういう上品なほうとうもアリですね。
ぐっさん。の旅はGWと夏がメインですが、今年は即位の礼や仕事の区切りで4連休が出来たこともあって異例の年ではあるものの秋や冬も楽しみを取り入れていきたいですね。
頑張って宇都宮まで運転していきます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

朝霧高原の富士山 



朝霧高原あたりな日没前に富士山を見れるラストになりそうです。単なる路側帯ですが、富士山をドーンと眺めるお気に入りの場所です。
3泊4日の旅を締めくくる絶景ですね。黄昏色の光を受けて輝く日暮れの富士山と枯れススキが良い味を出してます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

一人キャンプで食って飲んで寝る 


<


田貫湖の奥まで歩くと風が遮られてるか波が少なく富士山が映り込んでます。素晴らしいです。
冬ですがキャンプしてる人が多いです。俺の車も青森キャンプ以来 生鮮品とガス以外は積みっぱなしなのでシュラフさえあれば出来そうです。焚き火とか自転車旅と違うセットアップを手に入れたいですね。
金曜日のドラマみたいにキャンプしたいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

田貫湖トレッキング 






富士ICで降りて田貫湖(たぬきこ)にきます。富士山を見ながら1周歩きます。富士吉田のモンベルで買った新しいウェアを着ます。良い値段するのですが、ゴアテックスのアウターで風を切り湿気を排気しながらインナーはダウンで暖かいし、めちゃくちゃ軽いです。シューズはワークマンのスリッポンです。快適なトレッキングを楽しみながら水鳥や富士山を満喫します。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

富士川楽座 




東名で東に向かいます。Honda SENSINGのクルコンとレーンキープアシストで気持ち良く走るものの いつもの飛ばしどころは工事中で渋滞してます。VEZELは低速追従は付いてないのでブレーキ踏むとクルコンが解除されます。うちでいうとCR-Vのハイブリッドとかならあるんですが、こういう時に付いてると楽そうです。あとTOYOTA C-HRには付いてます。もう~。
富士川SAの上り線で飯、景色、土産と3つのミッションをこなします。飯は定番の釜揚げしらす丼と桜海老のかき揚げです。何回 食べても飽きない静岡の美食です。ホワッと柔らかいシラスからは旨味と海の香りがします。桜海老はぷりっとサクッとして海老の香ばしさがきます。
写メを撮りながら『孤独のグルメ』を意識しながら美味そうに食べてると隣の老夫婦に話し掛けられます。なんかこう可愛がられるものがあるんですね。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

ワークマンplusで靴 




靴がヨレヨレになってインソールが割れ始めて来たのでワークマンで靴を買います。前にSmart Newsで見て気になってたスリッポンを買います。デザインも良いし踵は踏んでもOKな構造な上に安いです。1足1500円なので色違いで2足買って、車の前で履き替えます。キャンプとかツーリングにも良いしフィット感があるのでドライビングシューズとしても重宝しそうです。
最近の経済番組やニュースで話題のワークマンに来たのは初めてですが、楽しいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

豊橋 カレーうどん 




居酒屋はどこも混みまくりなので、うどん屋さんで軽く晩酌ってことで、豊橋のちくわでビール飲んで、カレーうどんです。
ルー、麺、とろろ、ごはん という層になってます。スパイスの味と香りに出汁が最高にハモってます。
ご当地グルメでしょうけど、この店は良い味だしてる女将さんを中心に店員さんが とことん優しいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

豊川稲荷 霊狐塚 










霊狐塚や奥の院を見ていきます。夕暮れだから不気味さがありますが、これだけの数の狐は見応えあります。赤い布が雰囲気を作ります。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

豊川稲荷 






前から気になっていたので高速で愛知県に足を延ばして豊川に行き、豊川稲荷に行きます。お稲荷さんだから狐ですね。本殿は立派で狐の狛犬がお稲荷さんです。厳かな雰囲気を少し緩めてくれる可愛さがあります。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

いなり寿司 




豊川稲荷に来ました。やっぱりお稲荷さんは、いなり寿司です。普通のは濃厚です。わさびいなりは皮はあっさりしてます。
お稲荷さんの境内でいなり寿司 うま~

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

ウォット 








浜名湖の弁天島にある水族館に寄って行きます。今朝のローカル番組で出ていたので最近 水族館が好きだし見ていきます。浜名湖の魚が飼育されてます。川から海に変わる汽水湖なので変化に富んでます。
弁天島にはキャンプ場もあります。ここを拠点に浜名湖一周なんてのも楽しめそうです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

館山寺ロープウェイ 

















これまた 浜松に居ながらやらないことで、館山寺ロープウェイに乗ります。山の上から眺めを楽しみます。市街地や富士山まで見えます。気持ち良いです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

館山寺 







浜松には祖父さんが住んでて大学と大学院は浜松で過ごしたし、卒業した後も自転車で何度も来てますが館山寺に館山寺という寺があると知ったのは初めてで見に来たのも初めてです。自転車だと浜名湖一周の序盤だから急ぎ気味に通り過ぎることが多いです。
なかなか厳かで趣があります。ちょっとした山なので温泉街や湖を楽しめます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

浜名湖の ~ 





浜松から浜名湖を見ながら館山寺まできます。サイクリングで何度も来てましたが、最近 ご無沙汰でした。祖父さんと一緒にも来た覚えがあります。何かと思い出が多いです。
浜名湖と言えば泣く子も黙る鰻重でしょう。香ばしくて脂の乗った柔らかい身が美味いです。ちゃんとした鰻重は久しぶりに食べます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

浜松餃子 



川根の温泉宿が取れないかと狙ったが駄目だったので浜松にホテルを予約して、もうひとっ走りです。島田あたりまで降りてきて高速に乗ろうと思ったが、遅いトラックが追い越せないので、裏道にグイッと曲がると 夜の峠越えになります。1車線の狭いワインディングをグイグイ走ります。カーブミラーや遠目のライトを見つけては待避場に避けたりたまに来る対向車に対処します。これも40km近く続いて、さすがに山道の走りに慣れました。山道は時々は走らないと感覚が鈍りますからね。MT並みに変速しながら走る道は夜でも楽しいです。一生分とは言わないですが、3年分ぐらい山道を走った気分です。新しいVEZEL 最高です。
やっと高速に乗ったらPAからICまでの6kmぐらいなので、静岡~浜松の80kmをほぼ秘境の峠道だけで走りました。いつか自転車で同じルートを走りたいですね。
浜松では晩飯がてら飲みます。浜松餃子 侮れないです。というか様式が統一されていて宇都宮より分かりやすいです。野菜の甘みが効いてます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

大井川鉄道 




金谷から大井川沿いに千頭(せんず)まで来る大井川線と千頭からさらに上流の井川まで行く井川線があり、千頭は境界になります。ちょうど井川線の列車が踏切に来ました。レアです。トロッコ列車的な構造で秘境に向かう感じです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

寸又峡の眺め 




歩き甲斐がある道です。見下ろす寸又峡はきれいです。紅葉や新緑が観光のピークで今は時期を外してますが、紅葉は凄いでしょう。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

寸又峡 夢の吊り橋 






高さはそんなにないですが、怖いです。よく揺れます。落ちはしないと思いますが歩ける幅が狭いです。
橋を越えたら谷を上ります。これもなかなかハードです。渓谷美が見事です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

静岡から山道で寸又峡へ 





学生時代から自転車には乗っていて、静岡~浜松はよく往復してました。静岡の下宿から浜松の浜名湖の北にある祖父さんの家(老人ホーム)に土日に行っていて、国道1号から行くのが王道で海沿いを完全にトレースする国道150号が お楽しみという感じです。一つ憧れというか挑戦したいと思ってましたが果たせないまま今に至るルートがあります。静岡から北西に向かいながら峠を越えて川根に行き もう一つ山を越えて浜北から行くルートです。
車で行ってみますが、15%の坂が連発してヘアピンカーブが続いてます。自転車じゃ厳しいですが、車には最高です。VEZEL HYBRID RSの足まわりとモーターのトルクとエンジンのトルクをダイレクトに使えて走りを楽しみます。アクセル シフト ステア ブレーキを鮮やかに連係していきます。パドルシフトで操るDCTが楽しいです。60kmぐらい山道ばっかです。
川根から寸又峡(すまたきょう)へと入って行くと道はさらに狭くなります。無駄のない操作でキビキビ走って突き当たりまで行きます。
ここから1時間以上も歩いて吊り橋と渓谷を楽しみます。川の色が独特で美しいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

丸子のとろろ 




食の話ばかりになってますが…
静岡は自ら選んだ大学に入って住んだ街なので、原点みたいな場所です。
静岡市街地から西に行くと丸子(まりこ)宿があります。老舗の丁字屋(ちょうじや)で、あひる御飯にします。名物の とろろ汁です。出汁で伸ばしても粘りは強く芋の旨さも感じられます。麦飯と合います。東海道の宿場の浮世絵を見ながら古民家で味わえます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

静岡でしーすー 






静岡で贅沢にカウンター寿司です。
いつもなら居酒屋かおでんですが、今回は奮発です。
魚、美味いです。最高です。

木曜日の静岡は さすがに空いてます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

富士吉田からの富士山 



仕事で大きな山を乗り越えて、有休消化で4連休です。VEZELを飛ばして静岡に向かいます。東名が大渋滞のようなので中央道で、富士吉田にきます。富士山 良いね。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

茨城空港 de 北海道 






イベントがあって車で茨城まできました。霞ヶ浦から帰りはナビに任せて走ってたら茨城空港の前に来ました。
そこで、夏休みにはオレンジのオアシスと呼んでいる旅の生命線ともいえる セイコマの看板があるじゃないですか。茨城と兵庫にあるのは知ってましたが、ちゃんとホットシェフもあります。作りたてのカツ丼やふんわり握られたおにぎりも揚げたてポテトもあります。ガラナも豊富の牛乳やヨーグルトもあるし、トレイ入りのパスタやポテサラもあります。さすがにレジ横のトウモロコシやジンギスカンはないですが、生鮮品もあります。
茨城は海はあるけど新幹線も世界遺産もないし魅力度ランキングも栃木は46位だから47位の茨城に勝ってるから下に見てましたが、セイコマは栃木にありません。よく考えたら栃木は空港ありません。負けを認めないといけないでしょう。
羽田に行くより楽だしセイコマあるし、茨城空港いいかもしれません。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

リンゴ発送 


最後は産直から 目に入れても痛くないほど可愛い姪っ子&ツインズに青森のリンゴを送ります。実家にも送って一段落です。種類が豊富ですが、リンゴの種類の差が分からんです。青森の人はリンゴをリンゴと呼ばず品種で呼ぶとか 見ただけ一口食べただけで品種が分かるとか言われます。それも楽しそうです。ツーリング中に大事に収穫されてる農家の方々を何度も見ましたし、こんな大自然に抱かれて育ったリンゴは美味しいに決まってます。
ということで、今日のアイスです。
嶽きみソフトクリームです。嶽(だけ)きみは岩木山の周りで作られる絶品のトウモロコシです。甘さとこくがたまりません。

宇都宮に向かいます。片道570km… 頑張ります。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山神社(2) 






今日は新天皇陛下の御即位の礼なので そういう雰囲気です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山神社 (1) 






旅も終盤です。2016年の旅でも立ち寄りましたが、今回も素通りはできません。1300年の歴史を持つ神社は風格があります。参道の向こうに岩木山がそびえ立っているのですが、雲に隠れます。岩木山の湧き水で手を清めます。いつもより多めに清めます。車の中にカメムシが来て駐車してる左手に止まってニオイを発射していきました。洗っても取れません…。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

津軽そばとおでんとおにぎり 




やや寒くなって来たし暖かいそばが美味しくなってきます。具だくさんのおにぎりにおでんで満たされます。
津軽三味線のライブを窓の外に聴きながらの飯に体験価値が高まります。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山からの絶景 






岩木山 最高です。
秋の青森といえば十和田湖や奥入瀬渓谷の紅葉ばかりが着目されがちですが、津軽平野の独立峰 岩木山も絶景です。津軽の人たちが心の拠り所にし愛する山であることが改めて感じます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

岩木山リフト 






8合目の駐車場からリフトで山頂へ向かいます。リフト降り場から岩木山山頂までコースタイム40分程度ですが山を舐めきった服装なので、鳥海山の方へ行きます。こっちは10分程度の道で、一部を気をつければ辿り着けそうです。
絶景は表す言葉が見つかりません。日本海、白神山地、津軽平野の眺めが素晴らしいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

津軽岩木山スカイライン 




岩木山を一周回れる道を走ります。2016年の夏に白神山地から来て走って雨のナイトランに突入して嶽温泉(だけおんせん)に泊まった思い出が深いです。車で走ってみても「よくあの時 フル装備のチャリで走るよなぁ」と思うほど坂もカーブも厳しい周回路です。
岩木山スカイラインは岩木山の山頂に向かう自動車専用道路なので自転車では行けないため車であがっておきたいルートです。紅葉の中を走る感覚は異次元の自然美です。VEZEL HYBRID RSの走りは素晴らしく踏ん張る足まわりにハイブリッドのトルクを与えながら気持ち良く上れます。登り切ると日本海や津軽半島の十三湖、南には白神山地を一望できます。下界の紅葉が素晴らしいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

岩木山の周り 




空は曇ってきましたが、山頂はくっきり見えて裾野からグラデーションになってる紅葉は見事です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

朝らー 


地元のラーメンを買って朝から作ります。かなりにぼしい味です。形容詞を作りたくなるぐらい煮干しの香りが濃厚で、縮れ麺とよく絡みます。チャーシューを買い忘れたので、宮城で買った笹蒲鉾を具にしてみたら魚同士の相性の良さです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

津軽の海とリンゴのカルパッチョ、十三湖シジミのボンゴレビアンコ 



17時にキャンプ場近くに戻りましたが、あっという間に真っ暗です。すぐにランドナーをVEZELの中に片付けて、車で買い物に行き、風呂に入ります。
さっぱりしたら飯にします。まずはカルパッチョです。リンゴ世界一を刻みます。そこにリンゴの酒をブレンドしてレモン汁で引き締めます。瀬戸内海の藻塩とコショウで味を整えます。野菜はスーパーの詰め合わせですが、魚はヒラメとマイカとホタテ いずれも青森産にこだわります。驚くほど合います。青森の海と里の恵み同士 合いますね。今回は味の優しい白身やイカやホタテなので、柑橘より穏やかなリンゴが合うのかもしれません。四国 内子に続く成功で、地方でカルパッチョやるのが定番化するかもしれません。
次はパスタです。青森県産のニンニクを刻んでオリーブオイルで煮て香りを出します。冷凍の十三湖産シジミを入れます。リンゴのワインで煮ます。パスタのゆで汁を加えて乳化を試みます。パスタに絡ませます。出汁が圧倒的に美味くて、夢中ですすります。パスタをすするのは欧米の人に馬鹿にされる下品な食い方ですが、構いません。これが出汁を味わえる食い方です。ニンニクとよく合いますし負けてません。
青森の持ち味を出せた晩餐です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

木造(きづくり)駅 


土偶を模した駅舎が名物の 五能線の木造駅に寄ってみました。
工事中でした… orz

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

中まで赤い 



ということで、今日のアイスです。
五所川原 立佞武多(たちねぷた)の館 中まで赤いリンゴのソフトクリームです。五所川原の名物である中身も赤いリンゴで作られてます。さっぱりした味わいでリンゴの持ち味を出してます。フルーツ系ソフトでは5本の指に入る美味さです。香りと酸味と甘みがたまりません。ジュースも美味いです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

立佞武多(たちねぷた)の館 (2) 






迫力だけでなく考え抜かれた立体的な造形や光の漏れ具合まで計算し尽くされた絵が美しいです。ほぼ毎年作られていて その時の社会現象から世の中が良くなるように願いを込めた絵になります。
こんな世界観があったんだ…と圧倒の中にある人の優しさに感動します。青森のこういう所が大好きです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

立佞武多(たちねぷた)の館 (1) 






青森県は各地で ねぶたやねぷたと言われる祭りがあります。有名なのは青森のねぶた 次いで弘前のねぷたですが、五所川原のねぷたは独特です。
立佞武多と呼ばれ その名の通り立ってます。高さ22mもあり、これが人の手で押されて練り歩きます。見ていきなり圧倒されます。土台が小さいのに高くて大きいです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

やってまれ丼 





鶴の舞橋を出て弘前へ向かおうとしたんですが、体調がイマイチなので逆方向でキャンプ場から近めの五所川原へ行きます。青森県を自転車で走るのは6回目ですが、初めて行くエリアです。ストーブ列車とかがある辺りです。津軽の素朴なところを味わえそうです。
五所川原で昼飯にします。ご飯だけ買って刺身を選んで乗せてもらうスタイルです。マグロづくし 津軽の恵みスペシャルです。スミイカが甘みがあり、マグロの中落ちは微笑んでしまう美味さです。十三湖のシジミも美味いです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

丹頂鶴 



橋の名前の由来なのか丹頂鶴が飼育されています。北海道で野生の姿は見てますが、間近で見るのは初めてです。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

鶴田町 鶴の舞橋 






前からずっと来てみたい場所がありました。1600年代からある溜め池ですが、太鼓橋の向こうに岩木山が見えます。秋なので黄色や赤に染まる湿原と橋と山がきれいに見えます。
この景色 見覚えありませんか? JR東日本のCMやポスターで吉永小百合が訪れてます。きれいですよね。どっちも。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

リンゴ畑 




リンゴ畑を見ながらのポタリングは気持ち良いです。意外と鈴なりにするんですね。可愛い赤いリンゴがずっしり枝にぶら下がる様子は壮観です。その向こうには津軽を見守る岩木山が雄大にそびえ立ってます。里と山の絶景です。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 2   tb --   page top

津軽の朝 




体調はイマイチな朝ですが、昨夜 炊いておいた飯でカレーにします。レトルトなのでお手軽です。スカッと晴れてますがサイトからは津軽富士 岩木山は見えません。VEZEL ランドナー テント 全て青でそろえました。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

つがる地球村でキャンプ 




無事に弘前郊外のキャンプ場に着きました。19時過ぎなので真っ暗で寒いです。秋のキャンプは寒さに耐えながらやるのが醍醐味です。
テントを張ったら温泉で暖まってお湯を沸かしながら牛タンでちんかちんかに冷えたルービーで乾杯です。長距離運転 なかなか良い走りでした。津軽の郷土料理 けの汁で暖まります。刻んだ野菜と油揚げと凍み豆腐(今回は普通の豆腐)を味噌で味付けします。結果、イマイチでした。さすがに出汁を取らないと味気ないですね… 油揚げと豆腐はいい味になってました。
寒さに震えながらシュラフに潜り眠りにつきますが、なんか体調がイマイチで お腹がグルグルいいます。

category: おでかけ(ケータイ)

cm 0   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム