FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ランドナーに乗って Ⅲ

自転車そして旅… のはずが、全然乗ってねぇ!!

準備万端 

自転車のメンテをしました。
ペダルを踏み込んだときに、クランクの根元からパキッという音が
鳴るときがあったので、ばらしていきます。
専用工具が必要ではありますが、意外と簡単です。
19_bb3.jpg

外した後のフレーム側にはパーツクリーナーを吹いて
ねじ山をキレイにしてグリスを塗り込みます。
19_bb2.jpg

ここは賭けなんですが、ベアリングを覆っているキャップを外して
パーツクリーナーで古いグリスを落とします。
ごりごりした感触で回っていたのがシルキーな回転になりました。
新しいグリスを充填していきます。
ちなみに、この部品 ボトムブラケット(略してBB)といいます
19_bb1.jpg

フレームに戻して組み戻します。
19_clank.jpg

一応、試走してみたらなめらかです。
実際は荷物満載で走らないとトルクが掛からないので、なんとも言えないですが
効果があれば良いかと思います。

気がついたら10年目になっていたビンディング付きのサンダルも
そろそろ寿命が迫ってるようなストラップのやれ具合なので
買い換えます。
19_spd_sand.jpg

前モデルは地味ーに困ってた問題がありました。
ソールの面が黒なので近年の猛暑であっちんちんになります。
今度のモデルはグレーになってるので少し改善するかもしれません。

さあ、行くぞ!

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

スタンド使い 





スポーツ系の自転車にはスタンドが付いてませんし、ぐっさん。のランドナーにも付いてません。荷物満載で長時間耐えるようなスタンドは付かないですが、峠とか立てかける場所がない時に写真が撮れません。
普段はコンパクトにしまっておいて、クランクに差し込むだけで立つスタンドを見つけたので試してみます。空荷ならギリギリ安定してます。またがったまま使うことはないですが、荷物満載のケースは行ってからしか試せません。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナーのディープな部分をメンテ 

夏の旅に向けてGWの旅でたまに出ていた症状に手を打ちます。変速がシャキッと決まらない、クランクの根元からパキパキ鳴る いずれも旅の途中で症状が改善してしまいましたが、 新品フレームの1年経過だと起こりやすいもので経験済みのものです。
変速はレバーのカチカチに合わせてディレーラの位置を決めるSIS(Shift Index System)はないのですが手元でいくら微調整してもギアが落ち着かないことからディレーラ取り付け座の変形を疑います。ホイールを基準にして計る専用工具でみても公差はほぼ0mmで何ともありません。様子見で行くしか無さそうです。
shift_gauge.jpg

クランクのパキパキ音は佐世保の自転車店で点検した限りではペダル、クランクには異常なさそうなのでBBの締め付け部を見てみます。専用工具でバラしてみると左側の締め付けがゆるんでました。分解してサビをクレ666で落としてグリスを大量に塗り込んで強く締め込みます。これで根治するような気がします。
bb_clean2.jpg
bb_clean1.jpg

作業が終わると汗だくで暑さでフラフラなのでシャワーを浴びて車で出掛けます。エアコン全開夕方だというのにメーターの外気温表示が鬼です。日が傾きつつある18時ですら39℃という表示…。昼間はもっと暑かったんですかね…。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ブレーキ構造見直し③ 

コックピットビューでいうとこんな感じですね。
一応、手元でライトのON/OFFがコントロールできるようになるので、
走りながらでも制御できます。
15_brake_aft5.png
15_brake_aft6.png
ただ、かなり奥まった場所になったような気がしますね。
やっぱり旅に出てフル装備になってくると遮るものが多くなって、
元のポジションであるキャリアに戻るような気はします。
15_brake_aft7.png

元々やろうとしていたブレーキの握り心地改善の効果としては・・・
位置の変更とレバーの変更でここまで改善しました。
下ハンドルを握って下り坂を攻めてるときも安心してブレーキかけられそうな気がします。
15_brake_aft4.png

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ブレーキ構造見直し② 


ブレーキの近辺にチドリ(ワイヤーハンガー)とアーチワイヤーを通します。
やはりブレーキ本体の直引きよりはチドリをかました方がバランス取りしやすいし
扱いやすいです。フレーム同色のパーツにそろえます。
15_chidori2.jpg
15_chidori1.jpg
ついでにブレーキシューも新品に交換します。
これも SWISSSTOP製にこだわっています。
ワイヤーもPTFE(テフロン)でコーティングされたものをトライします。
徹底的に効きにこだわったブレーキを作り直します。

ブレーキレバーも使い慣れたダイアコンペ204QCに戻して位置を見直しました。
ハンドルごと持ち上げててっぺんが平らになる設定にしました。
15_brake_aft1.png

ワイヤも通して位置が決まったところでバーテープを巻きます。
いつもだと交換するほど劣化してませんが、ブレーキの位置を見直したら
新品にまき直すしかないですね。
我ながら良い巻き具合です。
賛否両論ありますが、一番よく握る手元の湾曲部分は
テンションをかけてピッチをつめて巻きます。
文字とか絵マークがついてるバーテープだと不均一なので
そこが目立たないデザインのものを選びます。
青いフレームに真っ赤なバーテープが映えます。
15_brake_aft2.png

今回から投入してみましたが、グリップエンドにライトを付けるための
座がついてるキャップを使ってみます。
以前、ハンドルバーの下側にライトを付けたことはあるのですが、
思った以上に後ろへ寄ってしまっているように思えます。
15_brake_aft3.png

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ブレーキ構造見直し① 

15_brake_bef3.jpg
15_brake_bef2.jpg
メインのワイヤにブレーキが直接繋がっているので輪行時に突っ張ってしまい
ハンドルからワイヤを抜きづらい状態になっています。

さらにブレーキの形状と位置で下側を握るとブレーキに一発で指が届いてません。
15_brake_bef1.png

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナーのチェーン 

moblog_af1b1747.jpg
夏の北海道で発生していたチェーンが固着する不具合が
ここに来て顕在化してきたので、修理します。
固着していた部分でチェーンを切ってつなぎ直しても
全く直りません。
1コマ分 詰めてつなぎ直せば使えなくもないですが、
自転車自体は用途が用途なので、チェーン交換に踏み切ります。

cutchain1.jpg
こんな感じの工具で古いチェーンのコマをねじで押して切ります。
新しいチェーンのつなぎ目に専用のコネクトピンを圧入してつなぎます。

cutchain2.jpg
以前は 手でチェーンをくいっと曲げて手放しても、形が戻らなかったです。

cutchain3.jpg
今度は手放せばまっすぐに戻ります。そもそも何故 固着したのかは未だ不明です。
MTBの10速用チェーンは初採用ですが、そんなに信頼性が低いものなのか・・・
そうは考えにくいですね。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

静岡への強行軍 



夜の11時半まで残業した後、車で飛ばして静岡まで来ました。着いたら3時半過ぎ…。さすがに疲れました。

朝はのんびり起きて寿司でブランチします。静岡の魚は旨いですね~

昨年の12月に盗まれて発注していた新型ランドナーが来ました。思ったよりビビッドな青でホイールを小さい26HEに変更して直径で6cmも小さいから雰囲気は違います。トップ寄りのギアが使いやすくなり、3×10速でクロスレシオかつ上り坂に強いローレシオのギアも着くので足への負担は減り、トルク勝負よりケイデンス(回転数)勝負になります。重心が低く荷物の位置も下がるため安定感もかなり向上しました。盗まれたのはショックでしたが新車はイイですね。また新しい旅の歴史と思い出を作りたいですね。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

困ったことに・・・ からの 

あのランドナーが家の前で盗まれてしまいました。
randonneurss.jpg

本当に困ったものです。警察に被害届を出しているものの
盗まれて3週間が経過しました。

ということで、これを機にランドナーをフルモデルチェンジします。
静岡のショップで発注してきました。

気になる新型ランドナーのコンセプト

ホイールは思い切って小径化します。700Cは踏み出しの重さと加速の重さを感じました。
結果、車速をハイギアでキープするのがきつかったです。
ステアリング周りを刷新します。今までのランドナーで初めて手を入れる部分です。
果たしてどんな仕上がりになるか・・

盗まれたランドナーが帰ってきたらスポルティーフ的な姿に変更して、
別のコンセプトの自転車に仕立て直してみたいと思います。
帰ってきてほしいです・・・

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

サイクルメンテナンススタンド 





昇格祝いということで貰いました。サイクルメンテナンススタンドです。
フレームをクランプして宙に浮かせたままペダルもホイールも回せるため
ディレーラーなど回転系の調整もできますしブレーキのシュー当たりの調整も
目線に近い高さで出来ます。ハンドルが固定されるため前輪も安定します。
ツール置き場のトレイも付いているので使い勝手も良いです。
自転車いじりが楽しくなりそうです。

category: 自転車

cm 0   tb --   page top

ブレーキ 大幅変更 

ランドナーのブレーキと言えば、今や絶滅危惧種のカンチブレーキ。
ワイヤーを上に引き上げると、指示点についているアームが
ワイヤーにつられながら左右に動く構造です。

2003年にランドナーをフルモデルチェンジして以来 9年ぶりにブレーキを変更します。

P4110005.jpg
-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

SPD装着 (対外活動) 



職場の先輩の通勤用の自転車にSPD (Shimano Pedaling Dynamics)と呼ばれているビンディングを付けます。バネはゆるめにして着脱は楽な設定とし、シューズ側のクリート(金具)のポジションの合わせ方を説明して来ました。とにかく立ちコケしないことを願うばかりです。

category: 自転車

cm 0   tb --   page top

To be a hamster 

最近の俺は何かと空回りです。
プライベートにおいても、仕事においても。
プロジェクトの中での俺のポジション、同僚との付き合い方・・・
それなりに結果が出てきているものの、何か自分自身で下げたハードルを越えただけのように思えてしまい頑張るネタを探したいが、これと言って見つからない。そうしている間に外資系・海外拠点との共同プロジェクトに一人で飛び込まないといけなくなってくるのに何の準備もない俺の存在に気づく。俺の最大の売りだった体力すら怪しくなっている。

まるで籠の中で走り続けても、どこにも進んでいかないハムスターのように・・・
(そんなに可愛くないけど 笑)

プライベートでは、当面は自転車と旅というところに注力したいが、仕事が忙しくて通勤に自転車を使えていないので、困ったことに圧倒的に自転車の走行距離が足りない。走行性能がぐんぐん落ちてきている。自転車は移動手段であり楽しむ手段であるため、速さを競ったりトレーニングとして捉えるのは嫌いでしたが、もっとパフォーマンスを上げないとポタリングで楽しめる幅も狭くなっていくばかりです。

そこで、ローラー台を導入です。





自転車を空回りさせながら体を少しずつでも鍛えて自転車で走れる体を作りたいと思います。

そして ゆくゆくは ロードレーサーなら 1日200km or 2000mの峠を越えれる走行性能を持った俺、ツーリングなら1日100kmをコンスタントに毎日走れる体がほしいです。

category: 自転車

cm 2   tb --   page top

アップダウン ポタリング II 





今週も走りました。先週よりは距離を伸ばしたいのと、やはりアップダウンは盛り込みたいという感じのコースです。先週の俺とは走りのレベルの違いを感じます。
宇都宮→烏山のアップダウンは先週の逆走ですが 楽々とこなしていきます。烏山から南に向かうか北に向かうか迷いましたが、北に向かいました。馬頭を越えて大田原を目指します。馬頭から西に行けば先週と同じで80km程度となる見込みでしたが、さらに大回りを狙います。100〜120kmぐらいの走行距離を狙いたいですね。烏山から北上するアップダウンも快調にこなしていきます。とにかく走りが力強い感じがあります。
黒羽の道の駅での食事もなかなか旨かったです。冷や奴も大豆の味がしっかり出てますし、栃木産の蕎麦に野菜のかき揚げと蕎麦の香りと野菜の甘みを満喫です。とちおとめのソフトクリームはもう少し頑張れ。
黒羽から大田原へ行き矢板を抜けてさくらを抜けて宇都宮に帰ると108km。やはり疲れましたが、手応えは十分に感じました。ただ、まだまだ不足だと感じる部分もあります。俺の目標はもっと先 強い俺を取り戻したいものですね。那須連峰の眺めもよかったんですが、自転車の写真も景色の写真もなくグルメの写真しか無いところが俺らしさかもしれません。

今回のResult
出発時刻 10:30
到着時刻 17:10
Distance : 108.98 km
Avg Speed : 23.8 km/h
Max Speed : 50.2 km/h


今度の週末は静岡県でのサイクリング大会2連発を予定しています。

? 3/12(土) ゆるゆる遠州ロングライド(120km)
ゆるゆるってタイトルですが、ものすんごいアップダウンが多いコースです。牧ノ原の茶畑の丘を走り回りそうです。駿河湾沿いのアップダウンも襲いかかります。

? 3/13(日) ぐるっと浜名湖サイクルツーリズム(レギュラーコース:75km)
これは応募多数で抽選に落選した去年を除いて毎年のように参戦しています。浜名湖1周と150mUP程度の峠が1本というコースです。?を終えたあとで?を走る体力が俺にあるかが最大の課題です。

さてさて どうなることやら…

category: 自転車

cm 3   tb --   page top

メットをChange 



チャリ用のメットを買い換えました。(手前がNew、奥がold)
シルバーでシンプルなデザインから、ぐっさん。のブランドカラーとしている青になりました。
新型は軽くてフィット感が違います。従来のはフィット感が無くて後頭部が絶壁の俺だと前に落ちて来てサングラスで支えていましたが、今度はメットだけで頭にのってます。

新しいメットは良いですね。

category: 自転車

cm 0   tb --   page top

アップダウン ポタリング 




フロントの変速が不調で俺もトレーニング不足だが走りに行きます。インナーとアウターが使えず ローギア寄りにするとチェーンが当たります。つまり上り坂に不利な設定です。
とにかくアップダウンが多く数十mの高さで上ったり下ったりを繰り返す道を選びます。宇都宮から氏家に行きますが、これも4号線を避けます。スタートから20km強を走った喜連川(きつれがわ)温泉にある道の駅に立ち寄り昼飯にします。舞茸天と蕎麦にしようとしたら食券の券売機がやたら混んでるので、となりの定食の券売機にしました。『飛び出せ科学くん』で天然鰻の旬は冬と言ってたし選択は間違ってないはず。でも味はふつうでした(笑) 鮎の塩焼きも追加しました。顔つきからして天然鮎!?
メシを終えたら また走ります。那珂川にぶつかる馬頭(ばとう)まで行きますが、相変わらずアップダウンに削られます。那珂川沿いに南下して またアップダウンに削られ 丘を越えて龍門の滝を抜けてアップダウンの多い記憶のあった県道を駆け抜けます。景色や食を満喫したわけではないですが走りは楽しめました。

ペースとしては結果的に悪くない distance:80.5km avg:22.3km/h メシや休憩込みで出発から5時間というところでした。

走りを終えたら自転車の修理をしました。原因系は見えてきました。

category: 自転車

cm 2   tb --   page top

浜名湖⑧ 〜サイクリングのあとは温泉 


自転車のあとは温泉でしょう!
走りの途中でも立ち寄った館山寺温泉に行きます。料金は1780円と かなり高めですが、華咲の湯に行きます。前に ハナケンサンバのはなケンママさんのブログで見かけたダイダラボッチの湯です。
プライベートテレビ付きのリクライニングシートで休憩できて中で食事も出来て風呂も男女2つずつあって居放題です。
アフターサイクリングのバタバタした感じの入浴にはもったいないぐらいです。

category: 自転車イベント

cm 3   tb --   page top

浜名湖⑦ 〜一周完走 





最後は浜名湖を渡る冷たい風に苦戦し、土産に買った鰻のぼく飯おにぎり(冷凍真空パック)を片手に持ってたから走りにくくて大変でしたが、浜名湖一周73kmを走りきりました。

体の出来は全然ダメな感じで 1日160km程度を走ることを目標にすると まだまだです。今の延長ではムリです。平均速度も有り得ない遅さです。
今までの経験から走れて当たり前と思っているコースだけに 達成感よりも課題ばかりが見えてきた感じですね。

いろいろ思うところはありましたが、今回の走りを一言でまとめるなら 『うなぎ美味すぎ』 これにつきると思います。

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

浜名湖⑥ 〜 〜 ←うなぎ 




浜名湖なら 鰻でしょう。峠を下ってからは鰻を食える店を探しながら走りました。鷲津に見つからず新居まで来て見つかりました。

うな重の松 いっちゃいます。

ふっくらこんがり 鰻の味を生かしたタレが美味しいです。白焼きも付いてくるのが嬉しいです。鰻はタレの味しかしないという意見を真っ向から否定できる味わいです。鰻の隠れた繊細さを知ることができる味ですね。

category: 自転車イベント

cm 2   tb --   page top

浜名湖⑤ 〜尾奈と知波田の間の峠道 


素人以下のヘッポコな走りを披露しながら峠を上ります。何度も足が止まるイライラ感がありますが、途中から見下ろすみかん畑と猪鼻湖の眺めはいいですね。

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

浜名湖④ 〜三ヶ日 






三ヶ日で昼飯でも… と思いましたが、まだ空腹は極めた感じでもないため走ります。今回は新たな価値を探しながら浜名湖の良さを再確認し俺のメタボな体を軽くイジメるのが目的のため寄り道は欠かしません。
三ヶ日みかん最中を食います。みかんの甘酸っぱい爽やかさを餡に練り込み みかんの断面を模した最中が合います。

さすがに この寒さではみかんソフトはムリです。全国一億人の今日のアイスファンの皆様 ごめんなさい

category: 自転車イベント

cm 2   tb --   page top

浜名湖③ 〜猪鼻湖 獅子岩 




少し道に迷いつつ開拓してたら猪鼻湖と浜名湖を分ける橋まできました。

ちなみにタイトルに付いてる 〜 は浜名湖の鰻っぽいですが関係ないです。

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

浜名湖② 〜気賀 



奥浜名湖 気賀と言えば関所 そして みそまん でしょう。味噌が練り込まれた生地にあんこが合います。作りたてだから暖かいです。

みそまん サイコー

category: 自転車イベント

cm 2   tb --   page top

浜名湖① 〜館山寺温泉 


ガーデンパークを起点にして一周回ります。風がつめてぇ〜

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

狩野川100kmサイクリング! 2日目 〜100km ロングライド 

昨日に続いて今日は100kmのロングライドに参加です。思ったより疲れがありません。よく寝れて疲れも取れたのか、はたまた年食って筋肉痛が出るのが遅くなっただけなのか… とにかくいけそうです。しかし、出発時間を1時間勘違いしてて慌てていきます。受付は昨日済ませたので、何とか間に合いそうですが説明の時間にギリギリです。今日は運転しながら朝食を済ませます。
-- 続きを読む --

category: 自転車イベント

cm 3   tb --   page top

狩野川100kmサイクリング! 1日目 〜60km ヒルクライム 

週末は、 狩野川100kmサイクリング!(160km) に参加してました。伊豆の国市を拠点として、1日目は西伊豆スカイラインへと登る高低差1000mで60kmのヒルクライムと2日目には狩野川の支流を350mぐらいまで上って河口まで下って帰って来る100kmのコースとなっています。合計160kmを走り抜く大会です。
今年はトレーニング不足を極めてる1年ではありますが、これだけのコースを完走する自信は微妙なところで、簡単に完走が約束できないレベルだと思います。参加を決意したのは7月末 父の病状も大幅に悪化している時期でした。どんな結果になろうと、この時期が暇であれば走ろうと決めていました。夏休みは実家にこもりきりでしたが、そこに向けてプチ努力もしてみました。機材も少し強化してシューズも新調して臨みました。
-- 続きを読む --

category: 自転車イベント

cm 2   tb --   page top

ゴール 


昨日から2日間で160km完走しました。

まだまだ行けるという自信もあり まだまだ鍛えないといけない課題もたくさん見えてきました。

そんな手応えのようなものがあります。走れなかった夏 それを取り戻すように走れた秋の土日でした。
必ずもっと強くなってこの道に帰ってきます。

詳しくは後日ブログで。

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

狩野川100+60km 1日目 ② 



イーモバからはブログ更新できないため詳細は別途ですが、何とかコースを無事に終えて伊豆長岡で温泉です。割と早くに走り終えたし実家に干物も送りました。

明日は100kmにチャレンジです。

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

狩野川100+60km 1日目 ① 


伊豆の国市から西伊豆スカイラインに行き1000mの山越えをして60kmを走るヒルクライムな大会に参戦です。トレーニング不足なメタボリックサイクリストな俺は場違いな感じがするほど速そうな人たちばかりです。明日の狩野川沿い100kmと合わせて160kmを走る大会で上級者向けです。
強い俺と自信を取り戻すか、はたまた現実の厳しさを思い知ることになるか。どっちになるか分かりませんが頑張って時間いっぱい使い切って完走を目指したいですね。ベテランの味をしっかり出したいですね。

category: 自転車イベント

cm 4   tb --   page top

ロードレーサー 泣 






走りの劣化を機材で補うべくステム周りとシューズを見直してマイナーチェンジしました。
今回からオーバーサイズのステムを入れて固定点のパイプ径が太い分だけ剛性も高くて 交換前のアジャスタブルのステムと違って雑音もしません。アナとミックのハンドルも交換して今の流行のハンドルの天面からブラケットまでフラットなタイプに換えました。握るポジションが無断階で可変なので握りやすいです。あとプロに巻いてもらったバーテープは巻き具合もしっかりして良いですね。

そんな機材で意気揚々と走り出して8km 後輪が激しくバーストしちゃいました。終了〜

正直 今週で良かったというのもありますが 貴重な合わせ込みや上り坂の練習の機会を失ったのは痛いです。

category: 自転車

cm 0   tb --   page top

久々のロードレーサー 


先週ですが、久しぶりにロードに乗りました。ややアップライトなポジションでラフに走ってきたランドナーと比べたら姿勢はかなり前傾だし路面入力も体に来るので受け止めなければなりません。ただ、その体勢に慣れ始めた8km過ぎあたりから走りは良くなってきました。いや、思ってたほど悪くないというのが実情かもしれません。鬼怒川を下りながら南下し、二宮の鉄橋あたりで引き返そうと思ったら、橋が通行止めになってしまってました。意外と増水しやすい鬼怒川の割には川面に近いところを通っていて堤防より低いし扱いづらいものかもしれません。ここで引き返すと、脚力的な疲れはないものの足の裏が痛くなってきました。GWの走りの間でも足の裏の痛みには苦戦しました。シューズが古くて剛性もなくなってきて限界かもしれません。

SHIMANO RT81
SHIMANO RT81
夕方に自転車屋に行ってシューズを購入しました。SHIMANO RT81です。底面の剛性がMTBより高いので走りが期待できそうです。ロードレーサーはSPD-SLで歩くのを完全度外視でも良いかとも思いましたが、ロードツーリング用というものをチョイスしました。バックルがラチェットなのでしっかりしてます。
以前まではMTB用ということで歩行性重視で行きましたが、今回から走行性を重視する方向にしてみました。ツーリング中の歩行は別の薄い靴を用意するか山歩きならしっかりとトレッキングシューズを持って行くのが良いかと思います。少しロードレーサー用ということで底は堅いです。クリート(靴とペダルを固定する金具)を固定する前にソール内にアルミテープを貼り付けて底面からの浸水も抑えました。少し曲がってるなぁと思っていたポジションも直せました。

夏に走れなかった分 秋に少しずつでも取り返せていけたら良いかと思います。
一応は目標に向けて頑張っていますが、目標というのは後日と言うことで。

category: 自転車

cm 0   tb --   page top

油山ヒルクライム (第2回) 

昨日は台風で大荒れの朝だったので走りませんでしたが、
今日も油山へトレーニングに行きました。

でろーんとした蒸し暑さの中を自転車で走ります。
一昨日は、若干コースを把握できていなくて
不完全燃焼な走りとなりました。
今朝は一応はヒルクライムできるコースを調べて出発して、
展望台まで上りました。
距離も高低差もさほどないのですが、早朝が苦手ということもあり
トレーニング不足もあり、あり得ないほど苦戦です。
何度も地に足着きます。背筋が張るような感じになるし、
足にも力が入りません。絶対的な体重減と脚力の向上
両方に取り組まないと強くなれないですね。

登り切ると福岡市内が一望できます。
福岡ドームから志賀島まで見渡せます。
遠く筑紫野の方は天使の梯子のようなものが、
空から降りてきて神秘的な景色でした。

aburayama1_20100812.jpg
aburayama2_20100812.jpg


ウ○○をしたくなって下ったり、そういうグダグダは無いものの
走りはグダグダそのもの。強い俺を取り戻すためには、
まだまだ修行が必要です。

ただ早朝のヒルクライムは心拍があがりすぎて絶不調なだけなので、
距離を稼ぐような走り方に変えていった方が良いかもしれませんね。
ホントは朝と夕方に走るのが理想ですが、夕方は忙しいですね。

category: 自転車

cm 3   tb --   page top

朝のヘタレ 


今朝から少しずつでもトレーニングしたいので走り始めました。油山市民の森まで上りましたが、ハンパないヘッポコぶりを発揮して終了です。上り坂で全くトルクが無く息も上がりまくります。坂に入ると強烈に う○○がしたくなるし…。

やっぱ朝は苦手です。ああ〜

category: 自転車

cm 2   tb --   page top

寂しいような 


ランドナーのフレームの塗装剥離と錆び取りと再塗装してオーバーホールして再組みが完了して新車のような爽やかさが戻ったが、フレームサイドに何か書いてないと寂しい感じだなぁ…

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナー オーバーホールの道? 

我がランドナーのフレームの子部品再溶接&再塗装に出すべく部品をすべて外してましたが、
塗装剥離 → フレームの錆取り・小部品の再溶接 → 再溶接 を終えてフレームが帰ってきました。
randonneur_repair_comeback.jpg


それにしてもキレイに錆が落ちて再塗装されたフレームは気持ちが良いですね。
再塗装されたフレーム


まずはフレームを持ち帰りパイプの中に防錆のためのオイルを入れます。
部品を組む前にやっておきたいのです。
randonneur_repair_cre666.jpg


入れるオイルは クレ6-66です。決して かの有名なクレ 5-56のぱくりではありません
同じメーカーから発売されている 5-56の強化版にあたりマリン用で水や塩水により強く落ちにくいものです。
フレームのパイプにノズルを入れて水抜き穴や逆側の穴から出てくるまで吹き付けます。
落ちてくるオイルを下で受けます。

これで1週間程度はオイルの乾燥待ちにします。

来週にでもBBやヘッドパーツやクランクなど大物パーツの取り付けをやりたいですね。

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

携帯型ポンプ 

ツーリング中のパンクなどのトラブル対応で携帯型ポンプというのは必携です。
ランドナーは空気を入れると前輪が着脱できないため、
普通の携帯型ポンプだと空気を入れにくく
4〜5気圧程度の高圧を入れようとすると
バルブを曲げてしまったり力が足りなかったりします。

そこで地面に立てて力を入れれる形状が便利なわけです。
Panaracerミニフロアポンプ

そのタイプのポンプのパイオニアとも呼べる Panaracer ミニフロアポンプを使っているわけですが、
アタッチメントが豊富な反面 仏式バルブすらアタッチメントを使わないと駄目で、
寸法も微妙に大きくバッグにも収まらず蓋が閉めれないという弱点もあります。
panaracer_bulb.jpg

そこでTOPEAKからもライバル商品ラインナップが拡充されて(いつの間にか)、
結構 小型のものも出てきました。

今使ってる Panaracer: L340mm x W50mm x H55mm

TOPEAKのラインナップ
 ロードモーフ: L350mm x W57mm x H28mm
 ロードモーフG: L350mm x W57mm x H28mm (気圧計付き)
 MTBモーフ: L322mm x W58mm x H30mm
 ターボモーフ: L322mm x W58mm x H30mm

という高級ラインナップの中に、
ミニモーフ: L260mm x W50mm x H28mm

というのがありました。コンパクトでありながら地面に立てて体重をかけながら
気圧をかけれる設計です。これこそ俺の求めていたポンプです。
現行比で長さが 8cmも短くなるので収まりが最高に良いです。
アタッチメントも不要で 仏式も米式も対応できます。10気圧までは入ります。
Panaracerの場合はアタッチメントとノズルが空気入れてる間に固着しやすくて
使いづらいのですが、TOPEAKはそんなことは無いです。
このタイプのポンプではパイオニアだったと記憶している Panaracerだけに
巻き返しを期待したいところです。

pump_comp1.jpg

pump_comp2.jpg

まあ使用頻度は少なければ少ないほどありがたい携帯型ポンプですが、
使いやすいものが良いですね。

category: 自転車

cm 0   tb --   page top

ランドナー オーバーホールへの道? 

20091017231208
20091017231207
店員さんと3人がかりでハンドルにハンマーを打ち込んで外します。かなり焼き付いてました。
これでフレームとフォークの単品になったので溶接修理と再塗装に出します。

category: ランドナーいじり

cm 0   tb --   page top

ランドナーオーバーホールへの道 ? 

だいぶ間が空きました・・・。

秋でオフシーズンということもあり、自転車を大幅メンテしたいと思います。
-- 続きを読む --

category: ランドナーいじり

cm 4   tb --   page top

撤収 

20090727184426
芳しくない天気予報だったが最後に軽く降られる以外は雨にやられることもなく逃げ切れました。試したブレーキの具合も良く筑波山も何とか走破でき 実りあるプレツーリングでした。
最初は宇都宮まで走って戻ろうかと思ってましたが行きもさほど面白味の無い道だったし つくばリンリンロードを走り抜いた岩瀬で輪行して撤収です。

category: 自転車イベント

cm 5   tb --   page top

筑波山で昼飯 

20090727151350
20090727151349
20090727151348
20090727151346
20090727151345
少し遅めの昼食は筑波地鶏の親子丼と山菜うどんです。腹減ってるだけにウマー
天気良いから眺めが良いですね。

category: 自転車イベント

cm 2   tb --   page top

表筑波スカイライン 

20090727140507
20090727140505
土浦から朝日峠に上り表筑波スカイラインを走り抜けて筑波山スカイラインを上りきりました。20km/500mUPにも及ぶ山岳コースに真夏の太陽が照りつける厳しいコンディションでした。昨夜は風が全くない熱帯夜で眠れなかったのもありトレーニング不足もあり走りが冴えず体に力が入りません。
ただ諦めずに走り抜いた自信は再来週からの旅に少なからず影響しそうな気がします。

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

つくばりんりんロード 

20090726165327
20090726165326
20090726165325
20090726165323
車はこないし、ほぼ平地で広くて筑波山の眺めもよく ちょうど良い間隔に休憩所や駅の跡があります。確かに良いサイクリングロードです。
しかし遮るモノが何もなく向かい風と日差しにやられてヘロヘロです。真夏の昼間に走る道じゃないな これ 苦笑

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

予行練習 

20090726131704
20090726131703
20090726131701
新しいブレーキパッドを試してみました。かなり高級品です。確かにシマノよりよく利くような気がします。最大の売りはウェットコンディションでのブレーキ力の強さなので 試せれば試してみたいですね。
予行練習もかねて、今日は 宇都宮→筑波りんりんロード(筑波鉄道廃線跡)→土浦 明日は 土浦→表筑波山スカイライン→宇都宮 と走ってみます。めちゃ 暑いです。バテそうです いや バテてます。

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

巻きでお願いします 巻きで 

20090719155157
20090719155152
バーテープ(ハンドルに巻いてるテープ)を巻き直しました。一番よく握る辺りが巻きが弱く伸びて剥けてきたので新品を巻き直すしかないです。初めてBONTRAGERのを使ってみましたが、先に粘着テープもあるしブレーキレバーのあたりにちょい巻きする分も入ってます。巻いてみると他メーカーより長く余りました。ピッチも細かくしていけば良かったと思うわけで。いつも握る位置は細かくできたから良いかと思います。ただロゴマークBの位置が揃ってないのが減点です。

通常は慣れが必要な作業ですのでプロショップに依頼するか指導の下で実施してください。

category: ランドナーいじり

cm 2   tb --   page top

旅の準備 

20090412202828
20090412202825
来週末は福岡に飛ぶし 再来週からGWかもしれないので旅の準備も本格的になりました。買い出しは一通り済ませて自転車のメンテにも力が入ります。ブレーキはゴムにクラックが見えたので交換しました。7速目に入りにくくなった変速を直すべくシフトワイヤも調節しました。街を流れる田川には枝垂れ桜が咲いてて雰囲気もいいです。
そこまで自宅のガレージでやった後は、ショップに行きます。タイヤを発注して専用工具の要りそうな場所のチェックとメンテをします。店に行って自分で修理する人って稀だし顔なじみの店でしかできません。何か異常や直せない箇所が見つかればショップのメカニックに相談し依頼し部品を発注します。自転車歴14年になりますが、これが俺自身が旅の準備としてやり切った自信になり旅先でメカトラブルがあっても乗り切れるだけの技術と自信を育てるのかと思います。今回も確信を持って旅に臨めそうです。

ちなみに写真は振れ取り台と言います。ホイールがゆがんでないか基準とホイールの回転軌跡を見てスポーク(細い棒)の根本のネジを回して歪みを補正します。後輪が少し左右に歪んでいたので修理しました。

category: 自転車

cm 0   tb --   page top

富士川楽座に寄り道 

20090330130513
20090330130511
20090330130509
20090330130507
燃えつき気味の俺でしたが久々の自転車と仲間との再会で元気が戻ってきたような気がします。
ゆっくりと高速で帰りつつ富士川SAに寄り道です。富士川楽座で飯を食って土産を買います。静岡おでんに続いてB級グルメブームの予感がするモツカレーも逃さずに買います。事務職の姉ちゃんには こっこイチゴ味 その他もろもろには うなぎパイです。俺自身に茹で落花生と黒はんぺんを買います。
富士山を眺めながら定番ながら久々の釜揚げシラス丼とサクラエビのかき揚げを満喫します。

category: 自転車イベント

cm 11   tb --   page top

サイクリング→温泉→焼肉 

20090330125646
20090330125644
20090330125640
これは黄金の流れですね。館山寺温泉に寄って 展望露天風呂で疲れを癒しつつ風呂での会話で 焼肉へのモチベーションがあがり焼肉へ行きます。
運転するのでビールレスではありますが焼肉は楽しいし美味いし疲労回復にタンパク質も摂れて ニンニクも食えていいですね。

category: 自転車イベント

cm 3   tb --   page top

完走 

20090329145743
20090329145738
20090329145736
走りはイマイチで へっぽこサイクリストぶりを存分に発揮しましたが無事 完走です。風とか峠とか やられまくりましたが トレーニング不足が大きいですね。ただ厳しい場面では先頭を引くこともできたし 良いでしょう。
東で遠くから来たで賞ももらったし バイクトライアルでは俺を飛び越えてもらったし なかなか楽しく走れました。

category: 自転車イベント

cm 2   tb --   page top

浜名湖 後編 

20090329124438
20090329124436
20090329124434
20090329124432
最大の山場 超えました

category: 自転車イベント

cm 0   tb --   page top

浜名湖 前半の後半 

20090329105544
20090329105542
20090329105540
20090329105537
風は強いしトレーニング不足だし前半でかなり消耗してます。後半は峠越えもありアップダウンが多いですが楽しみたいですね。
ランチは、うなぎおにぎり うなぎコロッケ 豚汁 みかん最中 というラインナップです。美味いです。

category: 自転車イベント

cm 2   tb --   page top

おしらせ

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

年月別

リンク

検索フォーム